記事FV
その他
2023/11/22 更新

趣味を職業に転換するメリットとは?ポイントやステップを解説

趣味を職業に転換したいと考える人にとって、実際にその分野で働く際に気をつけるべき点が重要です。趣味を職業にしたいと考える人の中には、期待と現実のギャップに悩むこともあるでしょう。趣味を職業に転換する際には、メリットとデメリットをよく理解し、適切な対策を講じることが成功の鍵です。

この記事では、趣味を職業に転換する際に留意すべきポイントを掲げ、収益を得るためのステップについても詳しく説明いたします。

趣味と仕事の異なる点

趣味と仕事の大きな違いとして、責任や制約の有無が挙げられます。仕事は自分以外の誰かのために行う行為であり、働く場所や時間が決まっているケースが一般的です。仕事を依頼する人の都合に合わせて、連絡の取りやすい時間帯に指定の場所で働かなければなりません。近頃ではリモートワークやフレックスタイム制が導入される企業が多いものの、一般的には会社に出勤し決められた時間まで働きます。

一方、趣味はほかの誰かのためではなく、自分が満足するために行うので場所や時間に制約はありません。他人が介在するわけではないので、趣味活動を行う場所や時間は自由です。

趣味と仕事の相違を生み出す要因の一つに、他者の存在が挙げられるでしょう。

趣味を職業に転換する利点

趣味を仕事に転換しようとする人にとって、仕事に取り組む際の利点は重要な要素です。自分の好きなことを仕事にできると、他の一般的な職業よりも情熱的に取り組むことができるという利点があります。

①モチベーションの維持

趣味を職業に転換する際の利点として、他の分野での仕事よりもモチベーションを保ちやすいことが挙げられます。通常の仕事では、指示に従ったり不条理な要求に応じたりする必要があるため、モチベーションを一貫して維持するのは難しいです。

一方、趣味は本来好きな分野であるため、難しい状況でも充実感を感じることができます。小さな問題や忙しさにも耐えられ、モチベーションを高く保ちやすく、維持しやすいでしょう。

②スキル向上

趣味には集中して取り組むため、自然とスキル向上がしやすいという特長があります。一般的に、スキル向上に取り組むことは「苦痛」や「困難」を伴うと思われがちです。しかし、趣味は自身が好きなことであるため、熱心に取り組むことがプラスの意味で報われることが多いです。

スキル向上にプレッシャーを感じる必要もなく、自然な成長を経験することができることもあります。趣味でのスキル向上が評価され、仕事の機会が増える可能性もあるでしょう。

③仕事での充実感と達成感を味わえる

趣味を職業に転換すると、仕事において目標を達成し、仕事に取り組む過程で充実感と達成感をより強く感じられるようになります。通常の仕事は会社の方針や目標に従わなければならないため、自身の目標ややりがいを見つけにくく、意欲を維持しにくい場合があります。

一方、趣味を仕事にすると、自身で目標を設定し、その達成までの道のりを楽しむことができます。自分で設定した目標を達成する喜びは、働くことを苦にせず、日々の業務に積極的に取り組むことができるでしょう。

④仕事におけるストレスが軽減される

趣味を職業に転換すると、通常の仕事よりもストレスを感じにくくなる傾向があります。通常の仕事には人間関係や目標達成に対する圧力など、ストレスの原因となるさまざまな外部要因が存在します。

趣味を仕事にすると、仕事そのものを楽しむことができるため、ストレスを感じにくくなります。万一ストレスを感じたとしても、自分の好きなことに時間を割り当てることができるため、ストレスの克服が容易になると言えるでしょう。

⑤プライベート生活にもポジティブな影響を及ぼす

趣味を仕事にすることで、プライベート生活にも良い影響を与える可能性があると言えます。自身の趣味を活かして働くことで、その分野における新しい情報やトレンドに敏感になります。

その結果、他の人がなかなかアクセスできないような最新情報をいち早く手に入れることができるでしょう。これにより、趣味活動がより充実し、プライベート生活全般にポジティブな影響をもたらす効果もあります。

趣味を職業に転換することの不利な点

趣味を仕事に転換する過程には、メリットだけでなくデメリットも存在します。好きなことを仕事にすることに関わる現実的な側面についても、事前に理解しておきましょう。

①収入減少の可能性

趣味を仕事に転換すると、収入が減少する可能性があるため、事前に留意が必要です。好きなことで生計を立てるには、その分野が市場で需要が高い必要があります。

また、趣味を収益化するには、特定のスキルを習得する必要があります。趣味の分野が一般に認知され、プロのスキルを習得できるようになるには時間がかかります。趣味を職業に転換しても、最初は望むほどの収入が得られないことを覚悟しておくべきです。

②趣味の純粋な楽しみが損なわれる可能性

趣味を仕事にすると、趣味を純粋に楽しむことが難しくなる可能性もあります。通常、社会人が趣味に没頭する時間は仕事以外の余暇の中にあります。制約のない時間やリソースを趣味に注ぐことは、多くの人にとって生きがいの一環となっているでしょう。

趣味を職業にすると、日々その分野について考えることが増え、結果として趣味が日常生活から失われるかもしれません。このため、趣味に対する期待感や情熱が薄れ、生活全般が楽しくなくなる危険性があるので、慎重に検討すべきです。

③オンとオフの境界が曖昧になる

好きなことで働くと、日常のオンとオフを区別しにくくなるという問題が生じます。通常の仕事では、退社することで業務に関連することを終了させ、自然にオフモードに切り替えることが一般的です。

趣味を職業にすると、趣味と仕事の区別が不明確になり、働いているという気分が抜けにくい状況が頻繁に発生します。このため、オンとオフを切り替えることが難しく、仕事のストレスが解消されにくいと感じる人は案外多いでしょう。

④理想と現実の齟齬

実際に趣味を仕事にしようとすると、理想と現実との間に齟齬を感じ、苦しむ人が多いことがあります。"好きなことを仕事にする"という言葉は、一般的に「楽しそう」「モチベーションが高まりそう」という良い面にフォーカスされがちです。

しかし、実際には、前述の通り収入やライフワークバランスの調整など、理想と現実のギャップに苦しむ人が少なくありません。以前の仕事のほうが良かったと後悔する可能性まで考え、今後の職業選択について検討すべきでしょう。

⑤割り切りができなくなる危険性

趣味を職業として成功させるためには、その分野での知名度を高め、一定の売上を維持する必要があります。

持続的な売上を確保するためには、趣味を単なる個人の楽しみから大衆に提供できるものへと変える必要があるでしょう。そのためには、自身のこだわりに柔軟に対応することが求められ、趣味がビジネスとしてのプレッシャーにさらされることもあるかもしれません。その結果、趣味が失われてしまう可能性もあるので、慎重な検討が必要です。

趣味を職業に転換するために

趣味を仕事にするために実施するべきことです。これらの重点を守り、事前の準備を十分に行うことで、理想と実際のギャップを最小限に抑えることができるでしょう。

自分の目標を明確に設定

趣味を仕事にする場合、自分の目標をはっきりと設定しておくことは後で方針がぶれるリスクを軽減するのに役立ちます。趣味や好みには個人差があり、同じ趣味を持つ人々でも、その趣味を職業として追求する方法や目的は違います。

たとえば、「洋服が好き」と言っても、その具体的な理由や取り組みたい分野は多岐にわたります。自分がなぜその趣味を好きなのかを分析し、具体的な目標を設定することで、仕事の方向性を明確にできるでしょう。

市場調査を実施

趣味を仕事にする前に、市場調査を入念に行い、需要を把握することも重要です。趣味を職業に転換する場合、その分野に需要が存在することは大前提です。

自分が追求したい分野においてどれだけの需要があるかを事前に調査する必要があります。近年では、SNSやオンラインのプラットフォームを利用して簡単に市場調査が行えます。インターネットを活用して市場の傾向や動向を確認してみましょう。

自分の適性を評価する

自分の適性をしっかりと評価し、どのように仕事を進めるかを考えましょう。例えば、自分の店を経営することを検討している場合、商品の調達だけでなく顧客とのコミュニケーションも重要です。もし人との対話が得意でない場合、実際の店舗経営で顧客とのやり取りにストレスを感じる可能性があるかもしれません。

しかし、実店舗を経営することが難しい場合でも、オンラインショップの運営はうまくいくことがあります。自分の適性を正しく評価することで、一見難しいと思えることでも成功できるケースも多いです。

趣味を仕事にする際のステップ

趣味を実際に仕事にする際、何から始めるべきかが気になるかもしれません。最初に自分ができることから始めて、着実にスキルを向上させていくことで、大きな目標を達成することができるでしょう。

スモールスタートをする

最初に小さなステップから始めることは、モチベーションを保つのに役立ち、失敗のリスクを減らすのに役立ちます。将来の目標が高いことは素晴らしいことですが、初めての月で現在の収入の5倍を目指すなど、はっきりと大きな目標を設定することはおすすめしません。

趣味を仕事にする初めの段階では、失敗は避けられないことですし、あまりにも大きな目標は挫折感を生む可能性があります。最初はリスクの低い副業から始め、着実に進歩していくことが良いでしょう。

段階的にスキルアップを目指す

趣味を仕事にする際は、無理のない目標を設定し、段階的にスキルアップしていくのがおすすめします。選んだ分野でスキルがまだ不十分な場合、最初から大きなプロジェクトを引き受けることは難しいでしょう。最初は低単価の仕事から始め、一つずつの仕事に真剣に取り組んでみてください。このように仕事をこなしていくうちにスキルが向上し、段階的に高単価の仕事を得る可能性が高まります。

人間関係を築く

仕事を引き受ける過程で人脈を広げることは、働く機会を拡大する手助けとなります。趣味を職業にする初期段階では、自身の仕事に関連する人脈を持っていることはまれです。人間関係の構築は個人事業主にとって非常に重要であり、有用な仕事の機会が新たに生まれることもあります。ボランティア活動やイベントへの積極的な参加を通じて、人脈を広げることで成功への道が開けるでしょう。

趣味を仕事に転換する前に、自己分析を徹底に

趣味を職業にする際に重要なのはメリットとデメリットをよく理解し、現在の職場を離れるべきかを熟考することです。また、その趣味がなぜ好きなのか、どの分野で働きたいのかなど、徹底的な自己分析が必要です。

趣味を仕事に転換することは、綿密な計画次第で実現可能です。真剣に検討しているなら、今からできる準備を行っておきましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。