記事FV
その他
2024/05/31 更新

おすすめの転職サイト10選!選び方の詳細解説

転職サイトの効果的な使い方とは

転職の成功には、「転職サイト」の効果的な活用が鍵となります。

転職サイトを十分に理解せずに登録する人は珍しくありません。転職サイトの適切な活用方法によって、就職の選択肢が広がる理由を理解しておきましょう。

複数の転職サイトの活用

転職サイトを1つだけでなく、複数活用し、自分に合った求人を注意深く選ぶことがおすすめです。

異なる転職サイトにはさまざまな求人が掲載されており、別のサービスに登録することで、より条件の良い企業と出会える可能性もあります。また、転職サイトによっては通常の公開ではない「非公開求人」を提供することもあるため、情報の充実度が異なります。多くの求人から自分の希望に合う企業に応募することで、満足いく転職を実現できるでしょう。

どの転職サイトを利用すべきか分からない場合、最初は第一印象で選んでも問題ありません。自分の転職したい分野が既に決まっている場合、専門性を提供する「業界特化型」や「ハイクラス転職」などの転職サイトを利用すると効果的です。

転職エージェントと転職サイトの両方を活用

転職エージェントと転職サイトの両方に登録し、就職活動のスタイルに合わせて利用することがおすすめです。転職エージェントには、専門のスタッフが一人ひとりの就活生をサポートするという特長があります。専門スタッフから求人情報や面接に関するアドバイスを受けられるため、転職活動を初めて経験する人にも適しているでしょう。

一方、転職サイトの大きな利点は、自分のペースで就活を進められることです。求人探しや企業とのコミュニケーション、採用試験の日程調整など、すべてを個人で行います。転職活動に慣れてきて、迅速に採用試験に挑みたい場合に役立ちます。

転職エージェントと転職サイトはそれぞれ得意な分野があるため、どちらも登録して柔軟に活用しましょう。

転職サイトの選択方法

転職サイトの使い方が分かったら、次はどのサービスを選ぶかが気になります。転職サイトは就活期間中に何度も利用することになるので、重要なポイントを考慮して、自身に合ったサービスを見つけましょう。

求人情報の充実度を確認

求人情報が充実している転職サイトは、雇用の選択肢を増やすのに役立ちます。

以下のデータから分かるように、転職サイトによって求人数に違いがあるので注意しましょう。

  • リクルートエージェント: 380,832件(※1)
  • doda: 188,169件(※2)
  • エリートネットワーク: 22,989件(※3)

求人情報が多いからと言って、必ずしも自分に適した企業が見つかるわけではありませんが、転職活動を始めたばかりの段階では情報が豊富であることは大きな利点です。情報の多い転職サイトは、転職サイトの操作方法を習得するのにも適しているので、一度試してみる価値があります。

また、希望する業界が既に決まっている場合は、その特定の業界に焦点を当てたサイトを利用することで、スムーズに進めるでしょう。

(※1)参考:リクルートエージェント

(※2)参考:doda

(※3)参考:エリートネットワーク

サポートサービスの質を確認

サポートやサービスの質も、転職サイト選びの重要な要素の一つです。異なる転職サイトでは、以下のようなサービスが提供されることがあります。

  • 履歴書や職務経歴書の作成アシスト
  • 面接対策
  • 自己分析

転職活動において、ポテンシャルや能力はあるものの、適切なアピールが足りなくて内定を獲得できない場合があります。自身の魅力を最大限に引き立てたい方には、サポートが提供される転職サイトの利用がおすすめです。また、転職エージェントでは、専門のコンサルタントが一人ひとりの求職者に対し、求人の紹介から相談までサポートしてくれます。

必要なサービスを見つけて、希望にかなった転職を目指しましょう。

使い勝手とデザインの確認

転職サイトの使い勝手とデザインは、迅速な就職活動に不可欠です。統計によると、転職活動中の平均応募企業数は8.4社で、年齢が上がるにつれてこの数は増加傾向だとわかります。(※4)

多くの社会人は限られた時間内で求人情報を効率よく収集する必要があり、転職サイトの使い勝手や情報の見やすさが非常に重要です。また、転職サイトのデザインが使いやすい場合、求人情報を比較しやすくなります。個々のニーズに合った使いやすい転職サイトを選ぶことで、就職活動を円滑に進めることができるでしょう。

(※4)参考:マイナビ転職 転職ノウハウ 平均応募社数や選考通過・内定の確率はどれくらい?

信頼できる運営企業か確認

転職サイトには自分の個人情報を提供するため、信頼できる運営企業かどうかを確認することが重要です。転職サイトやエージェントは、個人情報を提供する過程で情報漏洩のリスクがあるかもしれません。登録情報には、名前、住所、電話番号などだけでなく、職務経歴書などの重要な情報も含まれます。職務経歴書なども個人情報の一部とみなされ、漏洩すれば不利益を被る可能性があります。また、情報が悪意のある第三者に渡る可能性もあるため、運営企業の信頼性を確認しましょう。

多くの転職サイトはセキュリティを確保していますが、安全性を確認するために運営企業の評判や個人情報の取り扱いポリシーを確認することがおすすめです。

サイトの利用料金や制約の確認

一部の転職サイトは利用料金が発生するサービスを提供しているため、事前に確認が必要です。

通常、多くの転職サイトは無料で利用できますが、一部の機能やサービスが有料の場合があります。有料サービスを利用することで、転職活動の選択肢が広がり、内定を獲得しやすくなることもあります。

多くの転職サイトは無料で充実した機能を提供していますが、必要に応じて有料サービスを検討してもよいでしょう。

おすすめの転職サイト10選を紹介

転職サイトの概要を把握したところで、実際に利用可能なサービスを以下ではおすすめの転職サイト10選を紹介します。これらの特徴を考慮しながら、自身に合ったサービスを見つけましょう。

SYNCA

SYNCAは管理部門とバックオフィスに特化した転職サイトで、経理、人事、総務などの管理職を目指す方に向いています。このサイトでは市場価値診断を受けることができ、転職時のミスマッチを防ぐのに役立ちます。

SYNCAのアドバイザーは上場経験を持つCFOが担当しており、実務経験を活かした専門的なサポートを行っています。求人情報を閲覧するために登録が必要ないため、最初は使い勝手を確かめるために利用してみる価値があり、自分の市場価値を知りたい人にもおすすめでしょう。

参考:SYNCA

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、企業と求職者との仲介を通じて転職を支援するサービスです。通常の転職サイトと異なり、専門家のエージェントが仕事の提案や面接のアドバイスなどを提供します。

また、通常の転職サイトでは見つけにくい求人情報を提供するので、応募の幅を広げることも特長です。複数の企業への応募を検討する場合、求人選びや面接日程の調整が煩雑になるケースも多いです。専門家のサポートを受けることで、多くの選択肢からスムーズな転職を実現できるでしょう。

参考:リクルートエージェント

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラスの転職を目指す人が直接企業からスカウトを受けることができるサイトです。求職者自身が企業とコンタクトを取ることができるため、主体的に転職活動を進めたい人に適しています。一流企業のヘッドハンターが求職者の職務経歴書を見て、直接スカウトしてくれる仕組みです。

スカウトしてくれた企業を評価し、現在の市場価値を測定することができるため、転職活動の出発点としてもおすすめです。ビズリーチには有料のオプションもありますが、最初は無料で試用し、使い勝手を確認してみましょう。

参考:ビズリーチ

doda

dodaは転職サイトとエージェントを組み合わせたマルチなサービスです。サイト内には、転職のスタートからゴールまでのフローチャートに便利なリンクが備わっています。現時点で何をすべきかが明確になり、使いやすいサイト構成が求職者にとって魅力的です。

業界ごとに専門のサイトが存在し、各サイトにはキャリアアドバイザーがいますので、安心して転職活動を進めることができます。特定の業界に焦点を当てて進む人にとって、おすすめの転職サイトです。

参考:doda

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系企業やグローバル企業への転職に特化したサービスです。各業界に精通したプロフェッショナルたちが、求職者の適性や能力を評価し、スムーズな転職をサポートします。JACリクルートメントのプロたちは掲載企業を訪問し、海外企業の文化や雰囲気をタイムリーに把握しています。

求人の半数は非公開情報であるため、これまでの転職活動が上手くいかなかった人にとっても、挑戦する価値があるでしょう。

参考:JACリクルートメント

エリートネットワーク

エリートネットワークは、カウンセラーと求職者が対面し、企業情報を提供するサービスを提供しています。多くのサイトではカウンセラーとのコミュニケーションは主にリモートが主流ですが、このサービスは直接対面で求職者に合ったアドバイスを受けられる珍しいものです。

転職に関するカウンセリング、面接のスケジュール調整、企業への推薦などを提供しています。退職方法についてのアドバイスも得られるため、ワンストップでの転職が可能です。転職に不安を感じており、直接指導を望む人におすすめです。

参考:エリートネットワーク

法務求人.jp

法務求人.jpは、法律分野や知的財産に興味のある人向けのサービスです。公式サイトからは勤務地、業種、年齢などの情報を入力して求人情報を検索できます。エージェントサービスに登録すると、一般的には公開されていない非公開求人にもアクセスも可能です。

エージェントを通じて給与交渉や面接スケジュールの設定などをサポートしてもらえるので、忙しい人にも適しているでしょう。最初の登録は1分で完了し、利用は無料ですので、法律分野に興味のある方は試してみてください。

参考:法務求人.jp

コトラ

コトラは、転職に関するさまざまな問題に対処するサービスです。ハイクラスの転職に対応できるだけでなく、価値観の発見やアフターフォローサービスなど、多岐にわたるサービスが選択できます。求人を見つけるだけでなく、職務経歴書の書き方に関するアドバイスも受けることができますので、転職活動をワンストップでサポートしてもらえるでしょう。

また、クラウドソーシングサービスも提供しており、フリーランスとしての活動に興味がある方にもおすすめです。

参考:コトラ

BEET-AGENT

BEET-AGENTは管理職に特化した転職サイトで、年収600万円以上や事業戦略に密接に関連するポジションの求人情報を提供しています。求職者一人ひとりにアドバイザーが割り当てられ、希望条件や提案などのサポートを受けることができます。

サイトのデザインが分かりやすく、初回手続きがシンプルなのも魅力です。成長企業の求人情報も豊富に揃っているため、会社の成長に直接貢献したいと考えている方に向いています。

参考:BEET-AGENT

パソナキャリア

パソナキャリアは、ハイクラスの転職に特化したエージェントサービスです。求人の半数が年収800万円以上で、収入を増やしたい人に向いています。他の企業にはないマッチング力を持っており、求職者とのカウンセリングを大切にしているのが特徴です。

限られた時間と労力で希望の転職に導いてくれるサービスは、忙しい社会人の強力なサポートと言えるでしょう。充実したデータベースと適正診断により、自分に合った求人を探す人にもおすすめでしょう。

参考:パソナキャリア

転職サイトを使って、転職を成功へ

転職サイトの効果的な使用方法を理解することで、希望の職に向かう道がよりスムーズになります。この記事を参考にして、転職サイトを上手に活用して、自分の目標を達成しましょう。

また、バックオフィス業務への転職を考えている方にはバックオフィス特化の転職サイトがおすすめです。特定の分野に特化した転職サイトで、迅速な就職活動を実現できるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。