記事FVその他

転職エージェントの選び方と見つけ方を解説|おすすめエージェントも紹介

2023/11/22 更新

転職を検討する際、多くの人が転職エージェントの利用を考えるのではないでしょうか。自身に適した転職エージェントを見つけ、効果的に活用することで、スムーズな内定獲得につながります。

この記事では、適切な転職エージェントを見つける方法やおすすめのサービスをご紹介します。

転職エージェントとは何か?

転職エージェントは、求職者と企業との間で仲介役として活動し、円滑な転職プロセスをサポートするサービスです。転職サイトなどの自己応募型のプラットフォームとは異なり、転職エージェントではキャリアアドバイザーが求職者の希望に合致する求人情報を提供し、応募プロセスを補完します。

次のセクションでは、転職エージェントの2つの主要なカテゴリについて説明するので、各々の特長を把握しましょう。

一般的な転職エージェント

一般的な転職エージェントとは、多岐にわたる職種や業種の求人情報を提供する転職支援サービスを指します。求人数が豊富で、現在の職種とは異なる分野での転職を検討している人に向いているでしょう。

また、一般的な転職エージェントは、主に大手企業によって運営されていることが一般的です。転職活動の開始から内定までのプロセスをサポートし、安心してサービスを利用できます。幅広い情報収集を望む人や、未経験の分野への挑戦を検討している人におすすめです。

専門特化型転職エージェント

専門特化型転職エージェントとは、特定の業界やニーズに合わせた転職支援サービスのことです。

年収に基づいたハイクラスやミドル転職、年齢や経験に基づいた転職、あるいはITや管理職などの特定の業界に焦点を当てた転職支援が含まれます。これらの特定の要件や業界に精通したキャリアアドバイザーを必要とする場合、既に転職先の分野が決まっているか、厳格な要件を持つ場合に、専門特化型転職エージェントの利用が有効です。

転職エージェントを選ぶ際の重要ポイント

転職エージェントを活用する際に、確認すべき重要なポイントについて理解しておくことは重要です。転職活動を時間効率よく進め、成功へ導くために、最低限確認すべき事柄を把握しましょう。

エージェントの業界や職種に関する知識が豊富か

転職エージェントが提供する情報は、求職者にとって重要です。

キャリアアドバイザーから提供される情報には、希望業界の市場トレンド、企業の特徴、過去の内定傾向などが含まれます。また、入社後の問題を避けるために、企業の悪い側面についても誠実に伝えるかどうかも検討すべき要素です。必要な情報にアクセスできるかどうかを考慮して、転職エージェントを選ぶのが賢明でしょう。

キャリアアドバイザーの変更手続きの迅速さ

キャリアアドバイザーの変更が必要になった場合、変更手続きがスムーズに行えるかという点です。転職エージェントではキャリアアドバイザーとのコミュニケーションが中心的な役割を果たしますので、担当者との相性は非常に重要です。

望むようなサービスを受けられない場合、適切な対応を求めて担当者の変更を希望することがあります。ただし、変更にかかる時間や手数料などが発生することがあるため、キャリアアドバイザーの交代に関する条件についてあらかじめ確認しておくべきです。

希望を尊重し、自身の意見を聞いてくれるか

キャリアアドバイザーが、求職者の意見を尊重し、熱心にヒアリングしてくれるかという点です。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが求職者のニーズを把握し、それに基づいて求人情報を提供するのが一般的と認識しておきましょう。

求職者の声を丁寧に聴きながらサポートを行うことが大切です。もし担当者が要望を無視し、違和感を感じる場合、別の担当者に変更をリクエストするか、別の転職エージェントを検討してください。

問い合わせへのレスポンスの早さ

キャリアアドバイザーが求職者の問い合わせに、スムーズに対応してくれるかという点も考慮しましょう。転職活動を行う際、時間は限られていますので、キャリアアドバイザーからの的確な回答が重要です。

特に、転職エージェントを通じて企業と連絡をとる場合、対応が遅いと転職プロセスに支障をきたす可能性があります。余計なストレスを抱えないためにも、キャリアアドバイザーの対応スピードを確認しておくことが大切です。

転職エージェントを効果的に利用するためのヒント

理想の企業でのキャリアを築くために、転職エージェントを活用するコツを知っておくことは大切です。転職エージェントのサポートを受けつつ、自分主導で行動し、転職成功への道を切り拓きましょう。

複数のエージェントに相談

複数の転職エージェントに相談することをお勧めします。転職エージェントごとに得意分野が異なり、複数のエージェントに登録することで、必要な情報を効果的に収集できる可能性が高まります。

さらに、複数の転職エージェントに登録することで、自分にぴったりのキャリアアドバイザーに出会える可能性も高まるでしょう。その結果、転職活動の成功につながります。

希望条件を伝える

担当のキャリアアドバイザーには、希望条件を明確に伝えることが大切です。転職エージェントを通じた求人提案は、登録後の面談を通じて行われることが一般的でしょう。自分が求める条件を詳しく伝えることで、自分に合った求人案件を見つけやすくなります。

希望条件が明確であれば、多くの求人情報からの絞り込み作業が簡略化されます。また、自分の希望条件がまだ不明確な場合でも、給与や休暇などの基本条件を事前に考えておくことが役立つでしょう。

エージェントとのコミュニケーションをしっかりとる

エージェントとの効果的なコミュニケーションを重視し、自己主導型の転職を心がけましょう。キャリアアドバイザーはさまざまなサポートを提供してくれますが、転職の実行は求職者自身が行うものです。

ただ単にエージェントに任せっきりにせず、内定獲得までのプロセスに積極的に参加しましょう。内定後にギャップを感じず、後悔のない転職にするために、不安や希望事項をキャリアアドバイザーに伝えることは非常に重要です。

エージェントの評判を確認

転職エージェントを利用する前に、そのエージェントの評判を確認することが重要です。公式ウェブサイトに掲載されている情報は、一般的に良い面ばかりが強調されており、実際の利用者の声には触れにくいことがあります。

エージェントの総合的な評判や、公式情報には記載のない実際の利用体験をあらかじめ把握しておくことで、転職サポートを受ける際に安心感が増します。他の利用者の評判は口コミサイトなどで確認できるため、登録を検討する際の判断材料として活用するべきです。

前もって自己分析を実施する

自己分析を事前に行うことで、転職エージェントの利用をより効果的にすることができます。自己の希望をキャリアアドバイザーに伝える際、自分の望む条件が分からないという人も多いです。

自分の内なる希望を理解するために、転職エージェントを利用する前に自己分析を行うことは、自分に合った企業を見つけやすくするのに役立ちます。転職サイトにある自己分析ツールを利用することで、自分の強みを短時間で把握するのに役立つので、おすすめです。

おすすめの総合型転職エージェント5選

転職活動を始めたばかりの方に向け、おすすめの総合型転職エージェント5つをご紹介します。求人情報の幅広さが特徴の総合型転職エージェントに登録して、市場全体を広く探るのに役立てましょう。

1. リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが志望企業の採用実績をもとに、転職のトレンドを提供してくれます。信頼性のある情報を得て、効果的な面接対策ができるため、内定をスムーズに獲得できるでしょう。

また、リクルートエージェントは専門的な分野に特化したサポートも提供しており、各分野のプロフェッショナルがアシストしてくれます。特定の業界で転職を希望する方におすすめです。

参考:リクルートエージェント

2.パソナキャリア

パソナキャリアは、ハイクラスの転職に特化したエージェントで、非公開求人が全体の半数以上を占めます。お客様の満足度向上に向けた取り組みを行い、転職エージェントランキングで総合1位を獲得しました。初めてのカウンセリングからスタートし、他社にはないマッチング能力とサポート体制を提供しています。

企業からのスカウトも受け付けているため、現在すぐに転職を考えていないが、企業の話を聞いてみたいと思っている人にもおすすめです。

参考:パソナキャリア

3.doda

dodaは、10万件以上の求人情報を提供する転職エージェントです。

登録後のキャリアカウンセリングでは、転職時の自分の希望条件や悩みを相談できます。キャリアカウンセラーには、応募書類の提出や面接日の調整など、企業との連絡を任せることもできます。また、dodaは転職サイトも運営しており、求人情報を自分で探したい人にも適しているでしょう。

参考:doda

4.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、キャリアカウンセラーによる客観的なアドバイスを提供することを得意としています。統一された情報を作成でき、転職活動における自己アピールが向上するでしょう。

転職期間中、キャリアアドバイザーと協力して、自身のスケジュールに合わせて活動できます。スケジュール管理もサポートしてくれるので、現在の職場との並行転職を考えている方に適しています。

参考:マイナビエージェント

5.LHH転職エージェント

LHH転職エージェントは、「360度一貫型コンサルティングサービス」を得意としています。通常、キャリアカウンセラーは企業と求職者の担当が別れていますが、LHH転職エージェントでは同一のキャリアカウンセラーが両方を担当し、企業との適合度を評価します。

本社が海外にあるため、幅広いネットワークを活用して外資系やグローバル企業とのマッチングも可能です。

参考:LHH転職エージェント

おすすめの専門分野転職エージェント5選

以下では、特定の職種に転職を考えている方に向けた専門分野転職エージェントを4つご紹介します。特定の条件に合った企業を絞り込みたい方に、これらのエージェントを検討してみましょう。

1.WARCエージェント|ベンチャー・上場企業の管理部門専門のエージェント

WARCエージェント(ワークエージェント)は、「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しています。専門分野はベンチャー・上場企業の管理部門専門。利用者の中でもハイクラスである年収600万以上の方に支持されています。

参考:WARCエージェント

2.経理転職ナビ

経理転職ナビは、転職決定者数で業界トップの実績を持つエージェント会社です。

経理や財務関連の職種は、大手企業以外の求人が少なく、競争率が高いことが一般的です。また、募集期間が短い傾向にあります。経理転職ナビは業界の特徴を熟知し、最新の情報を提供しており、市場の実態を把握したい方に適しています。経理や財務系の転職を検討しているが、自分だけでは進める自信がない方におすすめです。

参考:経理転職ナビ

3.マイナビ会計士

マイナビ会計士は、総合求人情報を提供する「マイナビ」が運営する、公認会計士専門の転職エージェントです。

公認会計士として転職できる分野は、監査法人、事業会社、コンサルティングファームなど多岐にわたります。このエージェントでは、転職未経験者が7割を占めるため、初心者にもわかりやすいサポートが提供されています。また、オンラインでの個別相談も行われており、対面でなくても細やかなサポートが受けられるのが特徴です。

参考:マイナビ会計士

4.人事の転職

人事の転職は、人事部門に特化した転職エージェントで、サイト上で採用、労務、制度、育成などの詳細な仕事内容に基づいた絞り込み検索が可能です。

人事部門に精通したキャリアアドバイザーが、多くの採用事例をもとに求職者の転職をサポートしています。サイトには志望動機の作成ポイントや、未経験者にも分かりやすい業界の説明が掲載されており、情報収集だけを行いたい人にもおすすめのサービスです。

参考:人事の転職

5.法務求人.jp

法務や知的財産分野での転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーは求職者とのヒアリングを通じて、希望の働き方について協力して考えます。また、キャリアや適性を考慮した求人紹介も行っており、新たな可能性の発見につながるでしょう。給与交渉もサポートしてくれるため、理想の求人に出会えなかった方にも利用価値があります。

参考:法務求人.jp

転職エージェントを賢く利用して、転職を成功させましょう

理想の転職を実現するためには、転職エージェントの賢い活用が鍵となります。

信頼できるキャリアアドバイザーを頼りにしつつ、自分からも積極的に転職活動に取り組んで成功を掴みましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。