記事FV
その他
2024/02/06 更新

経営管理コンサルタントとは?仕事内容や必要なスキルを解説

「経営管理コンサルタント」という職業をご存知ですか?聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなことをする仕事なのかまでは理解していないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、経営管理コンサルタントの仕事内容や、経営管理コンサルタントになるために必要なスキル、メリット、転職活動の進め方についてまとめました。

経営管理コンサルタントとは

経営管理コンサルタントは企業、組織、および個人がパフォーマンスを向上させるのを支援する専門家です

多くの場合、業務の管理、利益の最大化、効率の改善、およびビジネスの全体的なパフォーマンスを改善するための方法についてアドバイスやガイダンスをするのが仕事。その際、具体的な課題・改善点をデータやインタビューから調査し、どうすれば解決できるか、企業の経営陣にプレゼンテーションしながら解決に導きます。

経営管理コンサルタントの種類

経営管理コンサルタントは、以下のようにさらに5つに分類することができます。

  • 経営戦略コンサルティング:中長期の企業の経営戦略に関する立案、アドバイスを行う
  • 事業戦略コンサルティング:マーケティング戦略や新規事業立案、営業戦略、ブランド戦略などのプロジェクトを提案する
  • 経営管理コンサルティング:企業の業務の流れをチェックし、経費を削減しながら業績を上げるための方法を提案する
  • 組織・人事コンサルティング:新入社員の採用活動を効率的に行うためのアドバイスや就業規則の見直しなど人事や労務を中心に改善提案を行う
  • 財務コンサルティング:税金や法律に関する豊富な知識を生かし、節税対策や助成金を利用するための提案、資金調達の相談などを行う

経営管理コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントの基本的な業務は、企業の状況を調査・分析し、問題を抽出して仮説検証し、最適な戦略プランを立案するまでです。その際、クライアントのニーズをよりよく理解するために、調査、インタビュー、調査を行ったり、そのニーズを満たす戦略や計画を提案したりします。提案された戦略を実施していくのはクライアント企業です。コンサルタントが調査方法や課題の構築といったプロジェクトの核となる部分を主導的に行います。

このほか、ビジネスの再構築方法や、新しいシステムの実装方法、または既存システムの変更方法などについてアドバイスをすることや、利用可能なリソースを最大限に活用する方法や、新しい市場を見つける方法について提言することもあります。

経営管理コンサルタントに必要な資格

経営管理コンサルタントとして働くのに、これがないといけないという必須の資格はありません。代わりに、知識、経験、スキルなどが総合的に必要とされます。そのため、 ほとんどの経営管理コンサルタントは、ビジネスまたは関連分野の学士号を取得するなどして知識を習得しています。そのほか、中小企業診断士、公認会計士、MBA等の資格があれば役に立つ場面もあるでしょう。いずれも取得難易度の高い資格ですから、保有していれば能力のアピールにもなります。

資格以外にも、経営企画や人事、会計・財務、法務などの専門領域の職種経験者も、その経験をいかすことが期待されるため採用に有利といわれています。

経営管理コンサルタントに必要なスキル

経営管理コンサルタントに、高度な知識や経験が必要なことはお伝えしました。資格は必要ないものの、経営管理コンサルタントとして成功するためには、多くのスキルが必要です。 ここでは、そのうちの4つを解説します。

戦略を立てる力

経営管理コンサルタントは、クライアント企業の現状を把握しながら戦略を考える必要があります。

まず、クライアント先の業務を理解し課題を分析することで、解決に向けての適切な目標を特定します。目標を達成するための各ステップにおいては、課題を解決し、成果を最大化させる戦略を立てる能力が求められます。

合わせて、例えば部署ごとなど部分的な視点だけでなく、企業の全体像を把握する能力も必要とされるでしょう。

コミュニケーション力

ビジネス管理コンサルタントの仕事は、聞くことから始まるとも言われています。戦略立案するためには確かな情報は必要不可欠です。

情報収集の目的は、クライアント企業の経営状況の把握、つまりは問題の本質を突き詰めること。

クライアントの現状を聞くこと以外にも、周辺の関係者との連携も必要になるでしょう。また、 CEOをはじめとする各責任者とのやりとりも多く、信頼関係を築き円滑なコミュニケーションをとる能力が求められるといえます。

プロジェクトマネジメント力

ビジネス管理コンサルタントは、複数のプロジェクトを同時進行で管理する場合がほとんどです。それぞれのプロジェクトのタスクが予定どおりに予算内で完了するようにマネジメントする必要があります。コンサルティングを成功させるためには、明確なスケジュールを区切って計画的にプロジェクトを進行し、限られた予算の中で最大限の成果を上げなければなりません。また、クライアント企業の業種もさまざまであるため、頭の切り替えもスムーズに行わなければなりません。

ビジネスやテクノロジーに関する知識

ビジネス管理コンサルタントは、ビジネスやテクノロジーの知識を活用しアドバイスやサポートをすることが必要になります。昨今の「DX化」や「オンライン化」によって、企業戦略の効率化や課題解決にテクノロジーの活用は必要不可欠な存在になりつつあります。一方、サービスやアプリケーションも非常に多く、さらには日進月歩で内容も変化するため、適切なものを選ぶためには、きちんと判断するための知識が求められます。

経営管理コンサルタントになるメリット

たくさんの知識や能力が求められる経営管理コンサルタントですが、やりがいや人生経験など、メリットもたくさんあります。では、経営管理コンサルタントになると何が良いのでしょうか。以下に3つのポイントを挙げています。

やりがいがある

経営コンサルタントになるメリットはたくさんあります。クライアント企業の発展のために、期待に応えられるような適切なアドバイスができたとき、また目にみえる成果が上がった時はやりがいを感じるでしょう。経営の改善は中長期的に根気強く進める必要があります。また、同じように業務を進めても、どこかで問題が発生し改善が必要になる場合もあります。それらを乗り越えて企業の課題解決に寄与できたとするなら、充実感はひとしおです。

短期間で多くの経験を積める

経営コンサルタントの仕事は携わるクライアントやプロジェクトごとに異なります。そのため、短期間でさまざまな組織や業界に触れながら、経験を積むことができるのもメリットの一つです。自分自身の知識やスキルを向上させながら、クライアント企業の問題を解決していく過程は、自己成長にもキャリアの発展にも繋がるはずです。また、経営コンサルタントの環境では、優秀な人と共に仕事をする機会も多いため、学べることも多いでしょう。

他の職種に比べると給与が高い

経営管理コンサルタントの給与は、企業や経験により大きく異なるため一概にまとめることができません。しかし、高いスキルと知見を持って成果を出し続ける仕事であるため、その分他の業種に比べ給与が高い傾向があります。経営管理コンサルタントとしてキャリアを積むと、5年程度で年収1000万円を超える人も少なくなくありません。ただし、駆け出しの頃は一時的に給与が下がってしまう場合もあるので、高い給与だけを求めて転職する場合は注意が必要です。

経営管理コンサルタントの仕事に就くには?

では、実際に経営管理コンサルタントとして仕事をするには、どのように転職活動を進めたら良いのでしょうか。ここでは、仕事の見つけ方や、仕事をするまでにやっておいた方が良いことなどを紹介します。

求人・転職エージェントを利用する

まず、経営コンサルタントになるには、転職エージェントを使うことが合理的で、近道といえるでしょう。

転職エージェントは、非公開求人の情報をはじめ企業の内部情報など、自分では探し出せない情報を保有しているため、一人で転職活動を進めるより希望に沿った企業を見つけやすくなります。

中でもWARC AGENTは専門職種に特化した転職エージェントで、経営管理コンサルタントへの転職サポートも実績豊富です。未経験で転職活動に不安を抱いている方でも、安心して進めることができます。

転職エージェントの利用を考えている人は、まずはWARC AGENTに登録をしてみてください。

資格を取得する

経営コンサルタントとして転職するために、必須の資格はありません。しかし、経営管理コンサルタントには、経営に関する高度な専門性を求められるため、現役で活躍している人は何らかの資格を保有していることが多いのも事実です。

中小企業診断士やMBA、公認会計士など経営分野の知識の基盤となる資格を取得できると、スキルアップだけでなく、より深い目線でコンサルティングができるというアピールにもなるため、取得しておくと良いかもしれません。

語学力を磨く

経営管理コンサルタントを募集している企業の中には、応募要件として英語力を挙げる場合があります。もちろん、国内案件が多く、入社の時点で必ずしも高い英語力が求められないケースもありますが、参加できる案件に制約が生まれることもあるため、語学力を磨いておいて損はありません。要件に入っていなければ、英語が苦手というだけで選考から外れることはありませんが、長期的なキャリア形成も視野に入れると、早いうちから取り組んでおくことがおすすめです。

企業の採用ページを確認する

企業の公式サイトの採用ページがある場合は、直接応募する方法もあります。求人情報が転職サイトに掲載されていなくても、企業の公式サイトでは求人を行なっているというケースも少なくありません。そのため、転職サイトをチェックしても憧れの企業の求人や、経営管理コンサルタントの求人が見当たらない場合は、企業の公式サイトをチェックしてみましょう。経営理念や業務内容などの情報もしっかり確認しておくと面接時にも役立ちます。

転職エージェントを利用し、経営管理コンサルタントへの転職の成功を

経営管理コンサルタントは、企業の課題を見出し、俯瞰した戦略を立て解決に導くのが仕事です。必須の資格はありませんが、経営に関する高度な専門性が求められるため、MBAなど経営に関する資格を取得している人も少なくありません。

また、WARC AGENTなどの転職エージェントを活用すると、無料で転職のサポートが受けられたり、自分に合った会社を紹介してもらえたりします。転職エージェントを上手に活用しながら、経営管理コンサルタントへの道を探ってみてはいかがでしょうか。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。