記事FV
知識
2023/10/28 更新

COOの役割と必要なスキルとは|CEOやCFOとの違いもリサーチ

COOとは「最高執行責任者」のこと。聞き慣れたCEOと似た役職ですが、日本ではまだ一般的ではなく、その具体的な役割について知らない方も多いでしょう。COOは、高い年収が期待でき、さらに大きな裁量権を持つことから、非常にやりがいのある職務です。

この記事では、COOの重要な役割、身につけるべきキーコンピテンシー、そしてCOOになるための道のりについて解説します。さらなるキャリアアップを目指す方は、ぜひ記事の最後までお読みいただき、そのポイントを押さえてください。

COO(最高執行責任者)の役割とは?

最高執行責任者、通称COOは、アメリカの企業に元々存在したポジションで、社員の業務における最終的な責任を負う役職です。近年、日本の企業でもCOOの導入が増えつつあります。

CEOとは異なり、COOは組織内で第2の地位にあります。企業の規模や経営陣の方針によって、CEOがCOOも兼任することもあるでしょう。

COOの役割と設置理由

COOの役割と設置理由は以下の通りです。

  • 経営者やCEOが定めた方針に従って業務を調整し進める
  • 最高経営責任者の思想に基づく運営方針を実現する

これらの目標を達成することが、COO職を設置する最も一般的な理由です。ただし、COOの存在が不要と判断される場合もあります。COOの職務は法律で義務付けられたものではなく、代表取締役であるCEOは会社設立時に必要ですが、COOの設置は会社の自由です。

COOが不要と判断される場合は、以下のようなケースが考えられます。

  • CEOが自ら経営方針を進める能力を持っている場合
  • 経営陣がCOOの役割を必要としていない場合
  • 現場の業務分担が明確であると考えられる場合

COOとCEOの違いと役割

COOとCEOは、似ている点があるものの、大きな違いがあります。

CEOとCOOの違い

役職名

CEO

COO

正式名称

最高経営責任者

最高執行責任者

日本語訳の役職名

最高経営責任者

最高執行責任者

会社内の立場

代表取締役社長

通常、経営陣の中でトップ2の立場

主な役割

会社の決定事項の最終決定権を持ち、全体的な責任を負う

CEOの指針に従って、具体的な施策を計画し実行する

会社設立に必須か

必須

任意、設立には必要ない

比喩的に言えば、CEOは家の建設プロジェクトにおいて「設計図を描く建築家」に相当し、一方のCOOは「設計図に基づいて工事を進め、指示を出す工事監督者」のような存在です。そのため、求められるスキルや役割が大きく異なります。

COOとCFOの役割の違い

また、似た役割にCFOがあります。CFOは「Chief Financial Officer」の略で、日本語で言うと「最高財務責任者」です。言葉の響きは似ていますが、具体的な関わる業務はCOOとは異なります。

COOとCFOの違い

役職名

COO 

CFO

正式名称

Chief Operating Officer

Chief Financial Officer

日本語訳の役職名

最高執行責任者

最高財務責任者

会社内の立場

通常、経営陣の中でトップ2の立場

決まりはないが年々立場が重要視されている

干渉範囲

経営計画の実行、従業員関係など、経理も含めた業務全般

財務関係の経理戦略や、投資、株式のやり取りなど、あくまで範囲は財務のみ

このように、大きな違いは財務関係に特化しているか、業務全般を担うかの点にあります。CFOは、会社の経営の基盤である財務部分を担当することが多いですが、最近ではCFOからCEOに昇進するケースも増えています。

COOのポジションと業務内容

COOの役割や具体的な業務内容は、特定の決まりがないことが一般的です。なぜなら、それはCEOが求める役割によって異なるからです。そこで、COOが通常担当する役割や業務内容をまとめました。

【COOの役割】

  • CEOの業務をサポートする
  • 組織内のバランスを最適化する
  • CEOの戦略や方針の実現をサポートする

COOは、CEOの信頼を受ける重要な存在であり、互いに連携し、考えを共有する必要があります。

ただし、CEOとCOOはお互いの業務に対してあまり干渉しないようにするべきです。それぞれの視点やアプローチが必要であり、価値観の不一致が生じることもあるでしょう。

時には、熱意が先走りすぎるCEOを抑える必要があるかもしれません。

COOの必要なスキルセット

COOとは、企業内でナンバー2のポジションであり、CEOの主要なサポーターです。CEOとは異なり、COOは実行部門を率いるため、将来を見越す洞察力よりも、即座の判断と冷静な対応が求められます。

では、COOには具体的にどのようなスキルが必要でしょうか。

COOとして成功するためには、以下のようなスキルセットが求められます。

【COOに必要なスキルセット】

  • 優れた理解力
  • 積極的な行動力
  • 的確な判断力
  • リーダーシップ資質

優れた理解力

COOは、CEOの考え方を最も深く理解しなければなりません。そのため、高い理解力はCOOの最も重要な必須スキルの一つです。

【理解力の重要性】

  1. CEOの理想を具体的かつ明確に把握し、実現に導く
  2. 分割と割り当てが必要な指示をする際、徹底的に理解する
  3. 部下が疑問や課題を抱えた場合、COOがファーストコンタクトとして対応しなければならない
  4. PDCAサイクルを回しながら、CEOと連携して戦略を微調整する
  5. COOがCEOのビジョンを理解しない場合、プラン全体が失敗するリスクがある

COOの役割において、曖昧な説明ではなく、具体的な行動と実行計画の策定が求められるため、あらゆる側面から見て理解力は特に不可欠です。

積極的な行動力

もちろん、理解だけでは事態は進展しません。実際に行動に移すことが不可欠です。COOはリーダーシップの役割において、抽象的な考えを共有するだけでなく、自ら実際に行動を示し、部下に示唆する必要があります。

そのため、理解力だけでなく、実際に行動を起こすことも肝要であり、欠かせない要素の一つと言えます。

【行動力の実際の示し方】

  1. 目標達成のためにプロジェクトを計画する
  2. プロジェクトを前進させるために適切な人材を指名する
  3. 物事が進展しない箇所に自ら介入し、課題を解決する

的確な判断力

理解力と同様に、優れた判断力も必要な資質です。COOはCEOとは異なり、日常業務の中で常に判断を迫られるポジションであるため、判断力は不可欠です。

【判断力が必要とされる状況】

  1. 目標の進捗状況を評価し、調整が必要な場合の決断
  2. 状況に応じて、戦略の変更や撤退を検討し、CEOに提案
  3. 社内の従業員が指示を待つ場面で、適切な指導を行う
  4. 余分なコストや時間の削減策を考え実行

上記のようなシナリオでは、COOはあらゆる最終的な判断を下す責任を負うことが多いため、主体的かつ俯瞰的な判断力が不可欠です。CEOよりも難易度の高い役割と言えるでしょう。

リーダーシップ資質

行動に移すために、社員たちを鼓舞し、指導するリーダーシップが不可欠です。リーダーシップには、以下のような能力が含まれます。

【COOに必要なリーダーシップの例】

  1. 説得力を持って、他の人が従う理由を提供する
  2. 不安や疑念が生じた場合に信頼を醸成し、チームメンバーに自信を持たせる
  3. 問題が発生した際に冷静に対処する姿勢を示し、安心感を提供する
  4. ささいな問題にも早く気付き、問題が大きくなる前に解決する能力

どんなに準備を行っても、予測できない出来事が発生することはあります。未知の領域に飛び込んで挑戦する際、リーダーシップはチームを鼓舞し、失敗を恐れずに前進させるための鍵となります。

COOのポジションに就く方法

COOという役割は、その重要性に比例して多くの責任が伴います。しかし、その一方で、広大な権限を持ち、充実感のある仕事でもあります。この役職は企業内で非常に重要であり、将来的な収入向上や職業の安定性が期待されます。

さらに、転職時にCOOの経験が履歴書に記載されると、有望な候補として高く評価されることでしょう。

COOとしての魅力を追求する方法は、一般的に以下の3つです。

【COOになる方法】

  1. 企業内で昇進する
  2. 他の会社に転職する
  3. ヘッドハンティングによってポジションを得る

詳細を説明する前に、各方法を検討し、自身に最適な道を選択するのが良いでしょう。

企業内で昇進する

企業内でCOOに昇進する場合もあります。この場合、異なる部署での経験や、部長クラスの役職経験が望ましいです。

社内で評価されるためには、以下の要点に気を付けましょう。

【COO候補の評価に役立つポイント】

  • 常に会社に対して責任感を持つ
  • 部下の能力を的確に評価する
  • 新しいイニシアティブに敏感で積極的に参加する
  • 提案やプロジェクトを率先して推進する
  • CEOの考えを予測し、行動に移す努力をする

COOは限られたポジションであり、CEOからの信頼を築くためのチャンスを逃さないよう努力しましょう。

他の会社に転職する

現在の職場が大手企業で昇進が難しいか、競争が激しい場合、転職を検討することも一つの選択肢です。 さらに、大企業では経験に応じた昇進が一般的ですが、ベンチャー企業では、20代の若手や経験の浅い社員にも重要な役割が与えられる可能性が高くなります。

転職を検討する際には、次のような経験が有利になることがあります。

【COOとして転職する際に有益な前職の経験】

  • どの部署でも構いませんが、重要な職位に就いていたこと
  • 会社の成績に大きな影響を与える新規プロジェクトのリーダーシップ経験
  • 自身の行動によって具体的な実績を上げている

ベンチャー企業では、COO候補に対して潜在能力や意欲を評価する傾向があります。このため、COOのポジションを目指す方にとって、魅力的な環境と言えるでしょう。

ヘッドハンティングによってポジションを得る

転職と同様に、自身の現在の職場以外でCOOとしてのキャリアをスタートさせる契機として、ヘッドハンティングが挙げられます。ヘッドハンティングは、他からの引き抜きという意味です。

自分から積極的に転職活動を行うのではなく、別の企業やヘッドハンターから、現在の職場よりも魅力的な条件での転職のオファーがあることがあります。これらの条件は、通常、年収の向上や高いポジションなども含まれます。

【COOとしてヘッドハンティングされるためにできること】

  • 外部の企業と連絡を取り合う
  • 異なる会社同士の交流イベントに積極的に参加する
  • ビジネスパートナーシップを築いて一緒にプロジェクトを遂行し、目標を達成する
  • FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用して人脈を広げる

ただし、ヘッドハンティングのオファーを受けるには、過去の職歴や実績が重要です。ヘッドハンティングは運命の出会いとも言えますが、自分から行動して新たな機会を創り出すことが重要でしょう。

COOの職位を目指すなら転職活動を!

COOは企業の成功に大きな影響を与え、やりがいのある役職です。既存のポジションではなかなか得られない高い給与、責任、そして経験を手に入れるチャンスでしょう。

新しいキャリアをつかみ取るためには、自身の強みと経験をアピールポイントにし、コネクションを広げることも重要です。過去の業績とリーダーシップを示し、COOとしてのポテンシャルをアピールしてください。その結果、COOとしての道を切り拓いてください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。