記事FVスタートアップ

スタートアップへの転職のリアル|後悔しないためのメリットと注意点

2023/10/27 更新

革新的なビジネスモデルで急成長するスタートアップで働く人たちに、憧れを抱く人もいることでしょう。スタートアップ企業で働くことには、実際どのようなメリットがあるのでしょうか。ここではスタートアップ企業の魅力について、以下のポイントについて紹介します。

スタートアップ企業とベンチャー企業の違い

スタートアップ企業の具体的な定義は存在しないものの、一般的には、新しいビジネスモデルを創造し、急成長を遂げる企業を指すことが一般的です。

同様の概念である「ベンチャー企業」という用語は、幅広い用途で使用され、単に設立年数が浅いか、社員数が限られている企業も含まれることがあります。スタートアップ企業もベンチャー企業の一部であり、通常、企業の規模や設立年数ではなく、新しいビジネスモデルや解決できる社会的課題の重要性に焦点を当てるケースが多いです。

スタートアップ企業に転職して働くメリット

急成長する企業が採用する革新的なビジネスモデルに関わる仕事に魅了される人も多いでしょう。スタートアップ企業での職務には、具体的にどのような利点があるのでしょうか。以下では、スタートアップ企業の魅力を次のポイントで紹介します。

スタートアップ企業に転職するメリット

  • 挑戦と充実感
  • 自由な環境と未知の可能性
  • 経営陣との直接対話の機会
  • 柔軟性と主体性を重視した働き方

挑戦と充実感

スタートアップ企業では、通常、社員数が比較的少ないため、各社員は大きな役割を果たすことが求められます。時折、自身の意見が企業の経営戦略や業績に直接的な影響を及ぼす可能性も多いです。

一方、一般的な企業では、入社後に先輩や上司の指導のもとで何年も平社員として勤務し、少しずつ会社内での役割や責任を担うポジションに昇進していく過程が一般的でしょう。

これを良い面と捉えるか、悪い面と捉えるかは、個人の視点に依存することもあるでしょうが、責任あるポジションでの仕事は、企業の成長を実感し、仕事への満足感を高めることにつながる可能性があります。

自由な環境と未知の可能性

新しいビジネスモデルの開発に伴い、これまでの企業環境では考えられなかったような経験が可能となることがあります。急成長するスタートアップ企業は社員たちのモチベーションと情熱も高く、通常の大企業では味わえない雰囲気の中で働けるでしょう。

また、働き方も一般に柔軟で、自分たちでルールを築き上げる環境で働けます。したがって、自身のライフスタイルに合わせた自由な働き方が実現可能です。 こうした理由から、スタートアップ企業は未知の要素が多く、多くの可能性を秘めていると言えます。

経営陣との直接対話の機会

スタートアップ企業は社員数が少ないため、各社員が重要な役割を果たし、社長や経営陣と直接対話し、意見を述べる機会が多いです。そのため、経営陣の考え方、会社の運営、全社的な決定などに関する知識を、身近で学ぶ機会があります。

大企業では社長や幹部と一般の社員との接触が限られており、重要な意思決定に参加する機会はほとんどありません。

会社の決定やその結果を身近で体験できることは、大きな利点と言えます。また、将来的に起業や独立を考えている人にとっても、貴重な機会となります。将来起業や独立を考えている人にとっても、得がたいチャンスでしょう。

柔軟性と主体性を重視した働き方

スタートアップ企業が急成長するためには、社員は会社の状況や変化に対応し、柔軟に行動し、進化し続ける姿勢を持つ必要があります。通常の企業のように与えられたタスクを機械的に実行するのではなく、状況に応じて自分の役割を再評価し、臨機応変に業務に取り組みましょう。

毎日同じ作業を繰り返すだけでは充実感を感じない人にとって、楽しさややりがいを持ちながら働く機会が提供されるのでおすすめです。

スタートアップ企業への転職を考える際の注意点

一見メリットばかりのように見えるスタートアップ企業ですが、転職前に知っておきたい注意点もあります。スタートアップ企業への転職を検討している人は、デメリットとなり得る要素を理解したうえで総合的に判断するようにしましょう。転職してからの後悔やミスマッチの防止にもつながるため、ぜひ参考にしてください。

【スタートアップ企業に転職するときの注意点】

  • 年収が下がるリスク
  • 制度が整っていないリスク
  • 成功の不確実性

年収が下がるリスク

大企業では経験に応じた給与の増加が一般的であり、それに対比して、スタートアップ企業への転職では年収が減少するリスクがあるかもしれません。ただし、スタートアップ企業は急成長の機会を提供する一方で、成長が保証されるわけではない点に留意すべきです。

しかしながら、スタートアップ企業の求人の中には、大手企業への転職に比べて有利な給与条件を提供する場合もあります。また、事業が成功し急成長した場合、収入も大幅に増加する可能性があるため、年収が増加する可能性も大きいです。

制度が整っていないリスク

スタートアップ企業はしばしば設立直後において、給与や福祉制度が十分に整備されていない場合があります。ただし、これらの要素は企業の発展に伴って改善されることが一般的です。

福祉制度に関しては、各企業ごとに差異があるため、求人情報や企業情報を綿密に調査し、確認しておくことが重要でしょう。

成功の不確実性

スタートアップ企業は、ビジネスの成功や事業の軌道に乗るかどうかが予測困難な場合があります。社員たちは成功や急成長を目指し、革新的なビジネスモデルで挑戦しますが、必ずしも大成功を保証されているわけではなく、資金不足や経営破綻のリスクも存在します。

無計画に進むわけではなく、会社のビジョンを十分に理解し、共感できる転職先を検討することが大切です。スタートアップ企業では、同じビジョンを共有する仲間が集まることが成功に欠かせない要素の一つでしょう。

スタートアップ企業での適性を考える条件とは?

スタートアップ企業は、大企業とは異なる労働環境を提供するため、適性について考える必要があります。先に挙げたメリットと注意点を考慮し、以下の条件を満たす人々がスタートアップ企業に向いているでしょう。

スタートアップ企業への転職が向いている人

  • やりがいのある仕事がしたい
  • 実現させたいビジネスモデルがある
  • 成長意欲が高い人
  • 自分の考えをしっかり発言できる
  • ビジネスや経営について肌で感じたい人
  • 変化に柔軟に対応できる

反対に以下に当てはまる人は、スタートアップ企業に向いていないといえるでしょう。

スタートアップ企業への転職が向いていない人

  • とにかく安定性を重視したい人
  • マニュアル通りにコツコツと作業したい人
  • 変化が苦手な人
  • 自発的に発言することが苦手な人
  • コミュニケーションを密に取ることが苦手な人
  • 大きな責任を負いたくない人

スタートアップ企業への転職後の後悔は少ない?

スタートアップ企業への転職は後悔の対象となるでしょうか?

スタートアップ企業は魅力的でありながら、その斬新さや他の企業とは異なる側面があるため、転職に迷うことがあるでしょう。多くの人が「スタートアップ企業への転職は後悔するのではないか」と疑問を抱くかもしれません。そこで、経済産業省が実施したアンケート調査結果を紹介しましょう。

アンケートによると、スタートアップ企業での転職後に後悔したと回答した人は、101人中わずか1人でした。さらに、大企業からスタートアップ企業への転職者のうち、9割以上が仕事の自由度と楽しさが向上したと報告しており、スタートアップ企業の特徴を理解したうえで転職すれば、メリットが大きいと感じられることが示唆されています。

参考:経済産業省「スタートアップへの転職前後での、年収、自由度、家庭等の変化のリアル」

スタートアップへの転職を成功させよう

スタートアップ企業は革新的で急成長する場所で、多くの人が魅力的な転職先と考えています。スタートアップへの転職を成功させるには、記事で紹介した内容を理解し、実践してみてください。

スタートアップはリソースが限られていることが多いため、情熱やコミットメントを持って仕事に取り組む姿勢は絶対に評価されます。スタートアップへの転職は挑戦的かもしれませんが、成功すれば非常に充実感のあるキャリアになることでしょう。



著者画像

株式会社WARC

向井 達也

レバレジーズに入社し、IT領域を中心とした人材紹介事業に従事。その後ベンチャー企業の紹介事業においてグロースフェーズに携わり、2020年WARC入社。現時点でのキャリアやスキルを掘り下げ、潜在的な希望を引き出すキャリアアドバイスを心がける。ベンチャー、スタートアップにおける情報システム部門に強みを持ち、国家資格キャリアコンサルタントを保有。