記事FV
コンサルタント
2024/03/28 更新

戦略コンサルタントへの転職は難しい?未経験からの転職難易度についても解説

戦略コンサルタントという名前だけを聞いても、具体的にどういう仕事をするのかわからない方が多いでしょう。

戦略コンサルタントは、キャリアアップや年収アップを目指したい若者の転職先で人気を集めている職業です。しかし、幅広い知識が問われるうえ業務内容もさまざまで未経験者にとって壁が高く感じられます。

本記事では、戦略コンサルタントの仕事についてや必要な知識、面接対策やオススメの転職エージェントを紹介します。

戦略コンサルタントとは?

一般的に戦略コンサルタントは、複数人のチームで行い経営者や経営陣など、企業の経営方針を決める人たちへヒアリングを行いますその後、事業計画や新規事業案などを提案し、クライアントの企業の経営や成長をサポートする仕事です。以前までは提案だけで終わるコンサルタントがほとんどでしたが、近年は提案を実行するためのマネジメントまで行う所が大半を占めています。

クライアントの業種や業態によって必要な知識が変わり、業務内容もさまざまです。時には、各分野の専門家に意見を聞く場合もあります。戦略コンサルタントは、かなり専門性が高い職業であり自分たちの意見で会社の経営が大きく変わる場合があり、責任重大ですがクライアントの経営が軌道に乗った時に達成感が得られる仕事です。

戦略コンサルタントの仕事内容

戦略コンサルタントは、企業の経営陣に対してヒアリングを行い問題の特定や分析をし、事業計画や新規事業立案と提案を行い、計画実行のマネジメントを行う仕事です。計画実行までサポートし、最終的な成果の確認まで行います。一連のコンサルティング業務で浮き上がった課題やデータや情報を分析し、今後のコンサルティングに活用します。細かい仕事内容は、マーケティング・組織開発・戦略パートナーシップ・会計・人事など、範囲と専門性はクライアントの業務内容によってさまざまです。

戦略コンサルタントは、クライアントの課題解決・目標達成に向けて実行可能な戦略を提案するだけではなく、実行のサポートまで行います。また、企業の今後を考えると止めておく方が良い場合は、はっきりと伝えることもあります。仕事内容は企業の業種や状態だけではなく、社会情勢により変化し、高い柔軟性や市場の変化に迅速に対応する能力が必要です。時には、社会情勢の変化に応じて戦略を修正しなければならない場合があります。戦略コンサルタントは、情報収集能力・分析力・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力が問われる職業です。そして企業の経営陣を引っ張るリーダーシップ能力で、企業の経営成長や成功へと導きます。

戦略コンサルタントの年収相場

戦略コンサルタントの年収相場は、経験・地域・所属するコンサルタントファームなどさまざまな要因で変わってきます。一般的にコンサルの初年度新卒の年収は、400万円~700万円といわれています外資系コンサルタントファームの場合、初年度から700万円を超える人もいるようです戦略コンサルタントはコンサル業界の中でも年収が高く、相場は900万円~1,500万円です。コンサル業界は実力主義が主流で、経験が浅くても結果を出せば年収はどんどん上がり、3年目に1,000万円を超えることも夢ではありません。個人差が大きい業界なので、早く出世する人、下積みが長い人でかなり差が出ます。外資系コンサルの場合は、年収2,500万円を超える人も中にはいます

戦略コンサルタントのやりがい

戦略コンサルタントは正解が見えない課題に向かい、課題解決への分析や戦略提案、サポートを行うため、成功した時に大きな達成感を得られます。また、戦略コンサルタントはチームで行い、チームワークを構築し結果を出すことで自己肯定感を得られる点がやりがいです。所属するコンサルタントファームによっては、海外案件もあり、グローバルな環境での仕事から得られる経験や達成感を抱く方もいます。

クライアントの業種や業態によって幅広い知識を身に付けられたり、学びの機会が得られたり、経験ができたりするのもやりがいへとつながっています。

戦略コンサルタントのやりがいは、問題解決や結果を出すだけではなく、幅広い知識の習得・日々変化する環境への対応力・チームで行うことで得られる達成感などもメリットです。

戦略コンサルタントに向いている人の特徴

戦略コンサルタントに向いている人の特徴は、コミュニケーション能力が高い人です。企業の経営陣へのヒアリングや円滑に仕事を進めるために、チームメンバーとの適切なコミュニケーションが欠かせません。また、構築した戦略をクライアントに確実に伝える時にもコミュニケーション能力が関わってきます。

他にも、問題解決時に必要な論理的思考力や分析力が高い人や、日々変化する社会情勢に対応できる柔軟性・適応力が高い人も戦略コンサルタントに向いています。クライアントに戦略を伝える時にはわかりやすくだけではなく、メリットなどを説明して説得力のあるプレゼンができる、プレゼンテーション能力が高い人も戦略コンサルタントには必要です。

戦略コンサルタントへの転職は難しい?

多くの戦略コンサルタントファームは多様なスキルを求められる職業であり、転職は簡単ではありません。有名大学やビジネススクールで経済学・経営学を学び、知識を得ている人が有利な職業です。

戦略コンサルタントは求人が多く、専門知識や実務経験を積んでいればチャンスがあるため、実際に戦略コンサルタントへ転職している人もいます。

戦略コンサルタントの面接は「ケース面接」で、面接官から特定の課題が出され、一定時間考えた後、面接官に回答するやり方です。その場で面接官から受ける質問に対して、矛盾しないように気を付けながら自分の考えを伝えていきます。

戦略コンサルタントへの転職における具体的な対策

戦略コンサルタントへの転職には、他の職種への転職とは少し違った対策が必要です。今回は以下の4つポイントを挙げて詳しく解説していきます。

  • 書類選考対策
  • Webテスト対策
  • 面接対策
  • ケース面接対策

とくに、面接の部分が他の職業と異なって特徴的ですので、これから戦略コンサルタントへの転職を考えている方、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。戦略コンサルタントへの転職は難しいですが、対策をしていれば自信につながります。

書類選考対策

戦略コンサルタントの書類選考では、自己分析を徹底的に行い自分の強みや戦略コンサルタントとして働きたいという熱意を伝えるのが大切です。過去の経験やリーダーシップなどの実績をもとに、思考力や問題解決力、チームで業務を行うため協調性などをアピールしなければなりません。

「なぜ戦略コンサルタントとして働きたいのか」「なぜその企業で働きたいのか」「働いたら自分の強みをどのように活かせるか」を伝えられるかがカギとなります。

また、面接先の企業の文化や方針に合った書類作成をする必要があります。そのために企業の調査と分析は欠かせません。何を伝えたいのかわかりやすい文章と、誤字脱字がないよう気を付けて作成しましょう。

Webテスト対策

戦略コンサルタントの選考には、通常Webテストが含まれます。内容はレベルが高く、中には全体の約10%しか通過できないコンサルティングファームもあるほど、脱落者が多い項目です。内容や試験形式は各コンサルティングファームによって異なり、対策をしなければ高学歴でも油断できません。対策用に問題集が発売されていたりサンプルの問題があるので、自分が希望するファームの形式に合った問題集を使い、論理的思考力を高め繰り返し演習する必要があります。

また、繰り返し問題を解くと制限時間内にすべての問題に取り組めるよう、タイムマネジメント能力も身につけられます。実際のテストで役に立つスキルになるので演習で身につけましょう。

面接対策

戦略コンサルタントの面接対策は、はじめに企業や業界の情報収集と分析をし、理念や方向性、戦略の把握が大切です。また、業界に関する出来事も把握しておきましょう。

また、自己表現対策として、自己紹介や志望動機、過去の経験や実績に基づいた具体的なエピソードも必要です。特にリーダーシップの経験はアピールポイントとして有利に働くので「困難な状況の時どのように対処したか」などを具体的に伝えて自己表現を行います。

また、チームで行う戦略コンサルタントには積極性・柔軟性・協調性も問われるので、こちらも具体的なエピソードを用いてアピールするのが大切です。

練習を重ね、質問に対する回答をたくさん用意すると自信につながります。少しでも緊張をほぐし、最高の状態で自分をアピールしましょう。

ケース面接対策

戦略コンサルタントの選考フローには、ケース面接と呼ばれる独特の項目があります。ケース面接では、面接官からお題が出され、一定の時間考えて面接官に答えを意見を伝えます。実際の業務で必要な論理的思考力と問題解決能力を評価するためです。ケース面接の対策は、フレームワークなどのツールを利用し、問題を整理し論理的に分析します。

次に仮説を立てる能力を身に付けるために問題点を見つけ、数値を用いた分析や仮説の検証、推測を行い的確な解決策を見つけます。答えを伝えるときも、面接官との対話を大切にし、コミュニケーション能力をアピールしましょう。また、時間内に答えを出せるように何度も練習し、タイムマネジメントも養っておく必要があります。

未経験でも戦略コンサルタントへ転職できる?

未経験でも戦略コンサルタントに転職することは可能ですが、特定のスキルや専門知識の習得が必要です。とくに、論理的思考力・問題解決能力・コミュニケーションスキルは欠かせません。未経験からの転職の場合は、関連業界でのインターンシップで経験を積むと、転職の成功に一歩近づきます。

また、戦略コンサルタントへの転職に強い転職エージェントを利用するのもオススメです。未経験から戦略コンサルタントへ転職するには、慣れないケース面接の練習を重ね、自分に合ったパターンを見つけ武器にするのが大切です。慣れないことが多いですが、転職エージェントの方は親身に相談に乗ってくれますし、模擬面接を何度もしてくれます。転職成功者やエージェントから体験談やアドバイスをもらい、たくさんのことを吸収しておくと、成功へ近づきます。

未経験から戦略コンサルタントへ転職する際に注意すべきこと

特殊な業界の戦略コンサルタントへの転職は、他の業界と比べ難易度が高く、必要なスキルや対策も変えていかなければなりません。戦略コンサルタントへの転職で注意する点を以下の4つに分けて詳しく解説します。

  • 転職するならできるだけ早めに動く
  • 学歴や社歴が重要視される現実は受け止める
  • できるだけ英語力を磨いておく
  • 取得できる資格などは取得しておく

厳しいこともお伝えしますが、すべて大切なことなので戦略コンサルタントへ転職を考えている方は参考にしてみてください。

転職するならできるだけ早めに動く

戦略コンサルタントへ転職を考えている方は、早めの行動が大切です。自分の目指すキャリアを明確にしたり、どの企業でどんな経験を積みたいかを考えたりして、自分を見つめ直すことが重要です。

早めに動くと履歴書や職務経歴書などの書類の完成度を高めたり、面接の練習や対策をしっかりとできて自信がついたりするので、より効果的に自己アピールを行えます。

また、ゆっくりと求人を見れるので、自分が行きたい企業や自分に合いそうな企業と出会える可能性が高くなります。

充分な情報収集と分析する時間が取れ、市場を把握し、さまざまな求人と出会えるため早めの行動が重要です。履歴書や面接での自己PRを充実させ、自分が行きたい企業やポジションに一歩近づきましょう。

学歴や社歴が重要視される現実は受け止める

コンサル系の職業は「学歴フィルター」が設けられている場合が多い点を理解しておく必要があります。特に外資系や戦略コンサルタントは学歴を重視する傾向があり、国内大学では東京大学・京都大学・一橋大学・早稲田大学・慶應大学・旧帝大などの有名大学卒業者がメインターゲットです。

しかし、学歴フィルターがかかるのは書類審査のみで、適性検査をも受けているコンサルファームでは、フィルターが緩和される傾向にあります。大卒でないと厳しいといわれますが、諦めるにはまだ早いです。書類選考さえ通れば、人間性やスキルを重視されるため、書類選考が最初の大きな壁です。書類選考に通るためにも書類を充実させたり、適性検査があるファームを選んでみてください。

できるだけ英語力を磨いておく

戦略コンサルタントとして働く場合、英語力も必要です。戦略コンサルタントは海外案件が多く、外資系コンサルタントファームでは海外支社と連携を取るなど、グローバルな環境で英語がビジネス用語になっています。通常の会話はもちろん、日常会話ではあまり使わないビジネス用語も覚える必要があるので、早いうちから対策しましょう。スクールやオンライン学習でリスニング・スピーキング・ライティングをバランスよく鍛える必要があります。

留学やワーキングホリデーなど、常に英語と触れている環境に行くのもオススメです。今後は戦略コンサルタントに限らず、さまざまな業界で英語が話せると重宝されるので、キャリアアップの面でも英語学習は有効です。

取得できる資格などは取得しておく

戦略コンサルタントになるために必須の資格はありませんが、持っておくと有利な資格はあります。特に、「中小企業診断士」は戦略コンサルティングに限らず、コンサル業界全体で有利になるので取得するのがオススメです。他にも、「公認会計士」や「税理士」といった「士業」はコンサル業界で重宝されます。

また、グローバルな仕事環境なのでTOEICやTOEFLの英語系の資格も持っておくと有利です。MBA(経営学修士号)は求人に歓迎要件として書かれてあることがあり、かなり有利に転職を進められます。以前は高額な費用を払って海外でしか取得できませんでしたが、現在は国内の大学院や週末・夜間のカリキュラムで働きながら取得できる環境が整っています。

転職サイトや転職エージェントは最大限活用する

戦略コンサルタントは特殊な業界で必要な知識や対策が多く、自分だけで動くとかなり厳しいため、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントの中でも、戦略コンサルタントに強い転職エージェントを利用する必要があります。戦略コンサルタントに強いエージェントには、コンサル系の求人がたくさんあり選択肢を増やせます。業界の事情に詳しく、有益な情報をたくさん得られたり、情報を活かした対策が可能です。

戦略コンサルタント独特のWebテストやケース面接対策は、戦略コンサルタントに強いエージェントでないと充分な対策ができません。ただ転職エージェントを活用するだけではなく、どのエージェントにお願いするかを初めに吟味する必要があります。

戦略コンサルへの転職にオススメの転職サイト・転職エージェント

戦略コンサルタントへの転職は、戦略コンサルタントに強い転職エージェントを利用する必要があります。エージェント選びに失敗すると、コンサル系の求人が来なかったり、必要な対策ができないなど、遠回りになってしまいます。今回はオススメのエージェント5社を紹介するので、参考にしてみてください。

WARC AGENT|プロフェッショナル人材と企業を繋ぐ

WARC AGENTは、キャリアアップや収入増を望む求職者が集まる人材紹介会社です。

この会社の特徴的な点は、企業が直接、求職者にスカウトを送ることができるシステムにあります。求職者のスキルや経験に興味を持った企業は、積極的にスカウトを行い、理想的な候補者を見つけやすいという利点があります。また、求職者は専門のキャリアコンサルタントのサポートを受けており、そのアドバイスに基づいて転職活動を行っているため、質の高い人材が多いのが特徴です。

専門職やスペシャリスト向けの求人にも特化しているため、高年収や給与アップを目指す求職者に適しています

参考:WARC AGENT

アサイン

アサインは創立から約8年とまだ新しいですが、20代〜30代の若手ハイエンド層に特化していて、急成長しているエージェントです。コンサルはもちろん、大手IT企業など急成長している注目の企業の求人が豊富にあります。

実際に利用した人の口コミには、求人を紹介してくれないといった声がありますが、じっくりカウンセリングをしてその人に合った求人を紹介してもらえます。また、最初の面談では求人を紹介せず、カウンセリングの結果によっては転職を進めない場合もあるようです。厳しく感じますが、転職者の今後を一緒に考えてくれる、転職者に寄り添ったエージェントです。アサインの担当者は、規定の基準を設けているので、どなたに当たっても当たり外れがないようになっています。

エグゼクティブリンク

エグゼクティブリンクは、コンサル業界やパスタコンサル業界専門の転職エージェントです。コンサル業界に特化したエージェントなので、ケース面接などコンサル業界独特の選考フロー対策に強く、未経験者の転職実績もあります。公開求人数だけで約5,000件あり、その他未公開求人も多数あります。都内の求人が多いですが、全国対応です。実際に利用した人の口コミでは、選考フロー対策が手厚かったという声が多数ありました。

また、スムーズに転職できたという声もあり、働きながらでも転職が可能です。そのため、コンサル系に転職する場合、特に未経験者はやはりコンサル系に特化した転職エージェントを利用するのが成功への近道となっています。

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)出身者が創立し、コンサル業界出身者が多く在籍しているコンサル業界に特化した転職エージェントです。ムービンはハイキャリア求人が多く、コンサル経験者がハイポジション経験者でないと利用しにくいですが、面接練習や書類添削など徹底した選考フロー対策を行っています。中には、未経験からコンサル業界への転職に成功した方もいます。コンサル業界出身のノウハウを持った担当者が多数いるのが特徴です。そのため、今後コンサル経験者でより難易度の高いコンサルティングファームへの転職・ハイキャリア・ハイポジション・年収アップを考えている方にオススメのエージェントです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、ハイクラス向けの転職エージェントで、コンサル業界に強く、求人を多数持っています。ハイクラス向けのエージェントで、転職者の学歴や職歴によっては、紹介できる求人がない場合があります。現役のコンサルタントやコンサルタント経験者で、よりハイレベルなコンサルティングファームへ転職したい方、コンサルでの経験を活かして他のキャリアへ転職したい方にオススメのエージェントです。コンサル業界に強いので、ケース面接対策もしっかりサポートが受けられます。

実際に利用した人の口コミには、未公開求人が多いという声があり、選択肢が増えて自分に合うファームに出会えるチャンスが増えるメリットがあります。

戦略コンサルタントへの転職を成功させよう

戦略コンサルタントへの転職は、必須とされている資格はなく未経験でも可能ですが、学歴や職歴によっては難しい可能性があります。特に外資系コンサルティングファームでは、有名大学を出ていないと転職が難しく感じるかもしれません。

しかし、国内コンサルティングファームでは適性検査の結果次第でチャンスはあります。早めに行動し、求人を吟味したり面接やWebテスト対策を行い、有利とされている資格や英語の勉強をして、少しでも周りと差をつけておくのが重要です。勉強は大切ですが、学んだことをどのように活かすかが一番大切です。自分が目指すものを決めて、正しいエージェントを選んで夢に近づきましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。