記事FV
CFO
2024/07/08 更新

CFOにおすすめな転職エージェント4選|採用ルートや必須スキルを解説

経理や財務系、会計のキャリアを積んできた人にとって、企業のCFOは魅力的なポジションではないでしょうか。しかし、一般的にCFOがどのようなルートで採用されるのか知らない人は多いでしょう。

この記事では、CFOへの代表的な採用ルートとともに、転職サイトを活用して採用される方法やおすすめの転職エージェントを紹介します。

CFOの代表的な採用ルート

CFOの採用ルートは、紹介やヘッドハンティングのような人脈伝いの方法が主流です。CFOがどのような場面で採用されるのか、詳しくみていきましょう。

知人や関係者からの紹介

知人や関係者からの紹介は、CFOへの転職において一般的なルートです。信頼できる人脈を通じて人材を紹介されるため、企業と候補者双方のリスクが低く安心感があります。信頼や実績のある候補者が紹介されるため、選考プロセスもスムーズです。

経営陣のネットワークを持っている人や業界内のイベントに積極的に参加する人は、顔を覚えてもらいやすく採用の機会にも恵まれやすいでしょう。

イベントを通しての採用

CFOの採用経費を多く割くことが難しい中小企業やベンチャー企業では、数社合同イベントに参加し候補者を探す場合があります。とくに、設立から日の浅いベンチャー企業では、CEOやCOO、CXOがCFOをやむを得ず兼任することがあります。しかし、株主総会の対応や投資家との交渉には、財務の専門知識を持つ人材が必要です。

採用イベントを通して候補者と直接話をすることで、企業側は相性のよい人材を低コストで見つけられるというメリットがあります。

既存メンバーを昇格させる

大企業や中長期的に成長を考える企業では、既存の社員からCFOを抜擢するケースが多くあります。中でも、経理や財務部門、経営企画部門の責任者をCFOに昇進させるケースが主流です。

既存社員は企業文化やビジョンを深く理解しているため、経営陣と連携しやすいことが特徴です。優秀な人材を幹部候補として教育しCFOに据えることで、育成ノウハウを企業内に蓄積できるというメリットもあります。

顧問会計士や主幹事証券会社から紹介を受ける

監査を依頼している公認会計士事務所や監査法人、上場企業の場合は主幹事証券会社からの紹介でCFOを招くケースもあります。公認会計士はさまざまな企業の財務状況をよく知っているため、信頼できるCFO候補者の紹介が可能です。また、主幹事証券会社は企業の資金調達や投資業務を担うため、会社の状況や経営方針をよく理解しています。

両者は企業の実情をよく理解しているため、金融や財務のプロを紹介することが可能です。

周囲のつながりからのリファラル採用

リファラル採用とは、会社のCFOのポジションをその企業に所属する知人から紹介してもらう採用方法です。リファラル(referral)という単語には「紹介」「推薦状」「紹介状」などの意味があります。

企業情報を知人伝いに受け取れるため、会社のビジョンや方向性を理解してから選考に進めます。CFOポジションの紹介を受けたら、自身のポテンシャルやスキルをアピールできるように準備しておきましょう。

転職エージェントの活用

人脈伝い以外でCFOを目指すなら、転職エージェントを活用するのが得策です。転職エージェントに実績や資格、スキルなどを登録すれば、アドバイザーがその人に合った企業を紹介してくれます。財務や経営企画系の経験を持っている人であれば、CFOのポジションを紹介される機会も多いでしょう。

複数の候補の中から企業を検討できることや、人脈がなくてもCFOに挑戦できることが大きな強みです。

CFOはどのようなポジション?

CFO(最高財務責任者)とは、その名のとおり企業の財務責任を負うトップのことです。組織内で財務および経理業務を統括し、取締役会や経営陣に対して財務関連の戦略を提供します。

具体的には、以下の業務を行います。

  • 資金調達
  • 財務戦略の策定
  • 内部統制の整備(上場へ向けて)
  • 証券会社や監査法人との交渉

以下の記事では、CFOの概要についてさらに詳しく解説しています。

CFOの年収は?

Indeed(※1)によると、CFOの平均年収は約930万円となっています。(2024年5月時点)ただし、この数字はあくまでも全体の平均であるため、より正確に年収を把握するには企業規模別にチェックする必要があります。


以下の記事では、CFOの年収を企業規模別に解説しています。

(※1)参考:Indeed「日本でのCFOの平均給与」

CFOに必要な資格や学位とは

CFOになるための必須資格や学位はありませんが、取得により知識やスキルの習得に役立ちます。ここでは、CFO業務に役立つ資格や学位について紹介するので、自身のスキルアップにお役立てください。

1.公認会計士

公認会計士は、会計と監査のプロフェッショナル資格のことです。財務会計論や管理会計論、監査論や企業法など会計についての高度な知識が求められます。

公認会計士試験は難易度が非常に高いですが、監査を行える唯一の資格という強みがあります。会計や監査の業務を経験した後、経営コンサルタントとして活動しCFOを目指すのもおすすめです。

2.MBA(経営学修士)

MBAとは、経営学大学院の修士課程修了学位のことです。企業経営に必要な財務知識とともに、経営上の課題解決方法をケーススタディなどをもとに学べます。

MBAを取得すると、財務やマーケティング、経営戦略などCFOとしての幅広い視点を養うことができます。MBA取得までに至る過程は、CFOに求められるリーダー的視点や問題解決能力アップの助けになると考えられます。

3.中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題解決を目指すコンサルタント向けの国家資格です。試験では、財務分析や経営戦略、マーケティングや人事管理など幅広いスキルについて問われます。

中小企業診断士を取得すると、中小企業特有の課題を的確に対処する力が養われるでしょう。中小企業のCFOを目指していて、経営管理を学びたい人にオススメです。

4.日商簿記(2級以上)

日商簿記は、ファイナンスの基礎知識を証明する資格です。

中でも日商簿記2級以上は、経営管理に役立つ知識を取得できるため経理への転職に有利であるともいわれています。CFOへのキャリアパスを構築するために、まずは経理や財務で経験を積みたいという人におすすめな資格です。

5.CFO資格試験

プロフェッショナルCFO資格試験は、企業価値を上げるための具体的なアドバイス力が問われる試験です。財務理論や経営計画、マネジメントなど、CFOとして必要なスキルを客観的に評価します。

CFOを目指す人のみならず、金融機関の融資や外部リレーションの専門家、財務担当者など、企業価値向上に関心を持つ幅広い層にオススメな資格です。

ただし、合格後に日本CFO協会から退会すると資格が失効するため、受験前に入会要項をよくチェックしましょう。

6.FASS検定

FASS検定(Finance Accounting Skill Standard:経理・財務スキル検定)は、経理・財務の実務に特化した検定です。資産、決算、税務、資金の4つの分野から成り立っており、それぞれをA〜Eの5段階で評価します。

FASS検定の受験により、CFOに必要なスキルを習得できるだけでなく、実力を客観的に評価する手助けにもなるでしょう。また、自身のスキル状態を把握し、次なる目標を設定する際にも有効です。

CFOに必要なスキルとは?

会社の未来に影響を与えるCFOには、高度な専門知識とスキルが求められます。

【CFOに必要なスキル】

  • 財務、経理、税務に関する専門知識
  • 投資家との交渉力
  • マネジメント能力
  • 経営者としての判断力

会社の数字を正しく読むためには、財務知識は必ず持っておく必要があります。なお、社内外との関わり方や交渉力、経営陣の一員としての判断力など総合的なスキルが必要な役職です。

以下の記事では、CFOが持っておきたいスキルについて詳しく解説しています。

CFO業務のやりがいとは

CFOで得られるやりがいは、経営陣の一員として会社の成長を支えているという誇りを持てることです。企業の経営を存続させるには、資金調達や出資先との関係構築、株主や投資家との関係性が重要になります。

出資先との関係性が良好であれば、資金全体に対する利益率が数字で成果として現れます。会社の数字を動かしているという実感を持てると、よりCFOのやりがいを感じられるでしょう。

また、CFOはCEOやCOOと協働しながら、会社のために何ができるかを考える立場でもあります。財政面からのアドバイスにより企業がよい方向へ向かうと、成功が自分の努力の結果であると感じられ、さらなる達成感を得られるはずです。

CFOになるには転職エージェントがおすすめ

CFOになるには、転職エージェントの活用がおすすめです。ここでは、転職エージェントの活用によりCFOになれるチャンスがある理由を解説します。

自分のタイミングで企業を探せる

転職エージェントはオンラインによる転職活動プラットフォームのため、自分のタイミングで効率よく企業を探せます。オフラインイベントを通しての転職は、時間や金銭的な制約が多くいつでも参加できるとは限りません。

転職エージェントはオンラインからいつでも登録できるので、思い立ったタイミングですぐに転職活動をスタートできます。オンラインでサポートを受けられるため、地方在住であっても働きながら転職活動を進められます。

人脈がなくてもCFOに挑戦できる

転職エージェントを利用すれば、人脈がない人でもCFOに挑戦できます。CFOはポジションが空いている企業で働く知人や、採用イベントの参加企業から声がかかり採用される流れが一般的です。しかし、CFOにつながる人脈を持っている人は少ないうえ、自分が転職したいタイミングでポジションが空くとも限りません。

転職エージェントには、CFOを探している企業からの求人が日頃から掲載されています。また、業界に精通した担当アドバイザーを通して、自分の経歴にマッチする会社を見つけられるというメリットがあります。

マッチング率が高い

転職エージェントは、ほかのCFOを目指す方法と比べて企業とマッチングしやすいというメリットがあります。人脈伝いやリファラル採用の場合、紹介される企業が限定されるため希望条件に合う企業が見つからないこともあるでしょう。

転職エージェントの場合は、求人数が多いため自分の職歴や実績に合う企業に出会える確率が上がります。社風や待遇などを自分のペースで検討できるため、自身にマッチする企業を効率的に探し出せます。

CFOへの転職に活用できる転職エージェントのタイプは3種類

CFOへの転職に活用できる転職エージェントは、以下の3タイプに大別されます。

  • 人材紹介型
  • スカウト型
  • ハイブリッド型それぞれの特徴を比較し、自分に合ったタイプの転職エージェントを活用しましょう。

人材紹介型

人材紹介型とは、転職エージェントの担当者が転職者の希望条件に合った企業を紹介してくれるタイプです。転職希望者は自分の希望条件に合った複数の会社にエントリーできるため、企業探しの手間が省けます。

中でも、ハイクラス人材専門の転職エージェントに登録すれば、CFOのような重要ポジションに絞った転職活動が可能となります。

スカウト型

スカウト型は、企業の担当者が登録者のデータをチェックし、スカウトという形で人材を採用する手法です。登録者はレジュメを入力し待っているだけでいいので、時間がない人や自身のスキルや経歴を評価してほしい人に向いています。

企業側は登録者の実績や能力をあらかじめ把握してからオファーするため、スカウトを受ければ採用されやすいことが特徴です。ただし、会社との面談をしない限りは双方の希望条件のすり合わせができないため、スカウトを受けた時点で内定とは限らない点に注意しましょう。

ハイブリッド型

転職エージェントには、人材紹介型とスカウト型の両方の機能を備えたハイブリッド型もあります。万が一スカウトが来なくても担当者による企業紹介があるため、採用の機会が確保される点がメリットです。

なお、ハイブリッド型は、紹介とスカウトのどちらかだけを利用することもできます。一度ハイブリッド型に登録し、どの方法が自分に向いているかを判断するのがオススメです。

CFO転職にオススメな転職エージェント4選

ここからは、CFOへの転職を成功に導くオススメの転職エージェントを紹介します。​​

タイプ

対象地域

特徴

WARC AGENT

人材紹介型

全国

ベンチャー・IT企業中心

パソナキャリア

ハイブリッド型

全国

幅広い年齢・職種の転職者に選ばれている

ハイスタ

人材紹介型

全国

公認会計士・会計士・弁理士に特化

リクルートエージェント

ハイブリッド型

全国

転職支援実績No.1を誇る

①WARC AGENT|プロフェッショナル人材と企業を繋ぐ

WARC AGENTはこんなサービス!

タイプ

対象地域

特徴

人材紹介型

全国

ベンチャー・IT企業中心

WARC AGENTは、株式会社WARCが提供するベンチャー・IT求人中心のハイクラス向け転職エージェントです。成長企業のCFOや管理部長、常勤監査役、経理や財務などの求人が1,100件以上揃っています。

また、WARC AGENTは候補者と企業のマッチング体験を何よりも大切にしており、具体的な数値目標にとらわれない組織です。転職者に合わない企業を無理に紹介するようなことはせず、きめ細かなコミュニケーションによりマッチング精度の高い求人紹介を実現しています。

参考:WARC AGENT

②パソナキャリア

パソナキャリアはこんなサービス!

タイプ

対象地域

特徴

ハイブリッド型

全国

幅広い年齢・職種の転職者に選ばれている

パソナキャリアは、株式会社パソナグループが運営するハイブリッド型の転職エージェントです。人材紹介型とスカウト型の両方の強みを持っており、各業界専任のコンサルタントがハイクラス転職をサポートします。登録企業との繋がりが強く、各ポジションの役割や募集背景、組織構成などのレアな情報を共有します。

また、非公開求人を豊富に取り扱っているため、自分に合ったCFOポジションが見つかりやすいでしょう。

参考:パソナキャリア

③ハイスタ

ハイスタはこんなサービス!

タイプ

対象地域

特徴

人材紹介型

全国

公認会計士・会計士・弁理士に特化

ハイスタ会計士は、公認会計士や税理士、弁理士向けのサポートが強みの転職エージェントです。非公開求人が全体の90%を占めるため、一般には公開されていないレアな求人に出会えます。

士業に焦点を当てたサポートを受けられるため、今まで気になる求人に出会えなかった人にもオススメです。士業資格や会計系のキャリアを持っている人は、ぜひ登録してみましょう。

参考:ハイスタ

④リクルートエージェント

リクルートエージェントはこんなサービス!

タイプ

対象地域

特徴

ハイブリッド型

全国

転職支援実績No.1を誇る

リクルートエージェントは、日本最大級の規模を誇る転職エージェントです。登録すると、専用ページから選考ポイントや社風など一般のサイトからは見ることのできない情報にアクセスできます。

経験豊富なアドバイザーが多数在籍しているため、個別サポートが充実していることも特徴です。業界トップクラスの求人数と転職成功実績を誇るサービスで、自分に合う企業を検討しましょう。

参考:リクルートエージェント

CFOの採用ルートを知り、自分に合う方法で転職を目指そう

CFOの採用ルートは、内部採用や人脈からの紹介、リファラル採用など、企業とのつながりに依存するケースが多いのが事実です。関係者との人脈を増やすには、日頃からイベントや会合に参加し信頼関係を築く必要があるでしょう。

ただし、関係者との人脈がない人でも転職エージェントを利用し効率的にCFOへの転職を目指すことも可能です。豊富な求人から希望条件にマッチする企業を探し、満足のいくキャリアを実現しましょう。

なお、CFOへの転職を考えるなら、管理部門に特化した転職サイト「WARC AGENT」がおすすめです。CFOの求人はもちろん、内部監査、経理、財務などCFOへのキャリアパスに有利な職種も多く取り扱っています。気になる人は、サイトへ無料会員登録を行いましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。