記事FVCFO

CFOになるには?転職エージェントを活用する方法や採用ルートを紹介

2023/12/31 更新

経理・財務・会計というキャリアを積んできた方や公認会計士の方にとって、企業のCFOは魅力的なポジションです。しかし、多くの方がCFOがどういうルートで採用されるものか知らないのではないでしょうか。

この記事では、CFOへの代表的な採用ルートとともに、転職サイトを活用して採用される方法、おすすめの転職サイト、転職エージェントを紹介していきます。

CFOへ転職するための代表的な採用のルート

CFOに転職するための代表的なルートは、経営陣との人脈、主幹事証券会社や監査法人などの紹介があります。また、ヘッドハンティングも代表的な方法です。CFOは会社の意思決定を担うボードメンバーの一員のため、求人がオープンになる機会がすくなく、紹介や知り合いの縁によるものが一般的でしょう。

知人や関係者の人脈から紹介

CFOへの転職では、社外役員や株主など、関係者の人脈で紹介されるケースが多いです。

株主企業や投資会社は、投資の条件としてCFOの派遣を要請されます。紹介されるのは、CFOの適性に問題のない人材であり、会社にとっては採用リスクが低いというメリットがあります。紹介された人材を採用するデメリットは、経営に対し出資先の意向に従う内容が増える可能性があるため、受け入れる会社は、経営への影響を許容できるかどうかを、経営側が判断する必要です。

対してCFOに採用される側は、企業文化や経営ビジョン、経営陣との相性などがよいかどうかをしっかり見極めが重要でしょう。

イベント開催で候補者と接触する

CFOの獲得資金を節約したいと考える中小企業やベンチャー企業では、数社共同で優秀な人材を採用するためのイベントを実施するケースが多いです。

設立から日の浅いベンチャーは、数人の経営陣の牽引力で会社を動かすことが多く、CEOやCOO、CXOなどが財務の意思決定を兼任しています。しかし、株主総会での対応や、金融機関、投資会社、エンジェル企業などとの折衝には、財務・金融の知識と経験豊かな、専門性の高いCFOが必要不可欠です。

候補者にとって、採用イベントはその場で、CEO、CXOの話を聞くことができ、さまざまなベンチャーを見て比べられる魅力的なイベントでもあります。ただし、行きたい会社があるとは限らないので、注意してください。

既存メンバーを昇格させる

大企業や、中長期的に成長を考える企業などでは、既存の社内メンバーの中から優秀な人材にCFOを任せるケースが多いです。

主に経理財務部門、経営企画部門の責任者をCFOに昇進させます。社内メンバーからの起用は、企業文化やビジョンを理解している人を充てられるため、経営陣と連携しやすいという利点があります。プロパー社員から優秀な人材を幹部候補として育成し、CFOに据えることで、育成ノウハウを企業内に蓄積することも可能です。

企業で、経理・会計、財務や経営企画で著しい実績を積んでいる人の場合は、日頃から経営者に打診しアピールしておきましょう。

顧問会計士・主幹事証券から紹介を受ける

監査を依頼している公認会計士事務所や監査法人、上場企業の場合は主幹事証券会社からの紹介でCFOを招くケースも多いです。

公認会計士は、財務のプロであり、金融機関との折衝に慣れています。また、主幹事証券会社は、担当企業の資金調達を担いながら、投資を任されるケースが多いので、会社の状況や経営の考え方を把握しています。そのため、企業の現状を理解した上で企業ににとって役立つ金融・財務のプロを紹介してくれるでしょう。

証券会社や公認会計士事務所、監査法人にコネクションがある場合は、CFOを探している企業があれば、自分を推薦してくれるように以前に話しておきましょう。

ヘッドハンターや転職エージェントなどを活用

CFOを目指すならば、ヘッドハンターや転職エージェントを活用するのが、一般的です。転職エージェントは、誰でも登録できます。職務経歴書で実績、資格、スキル等を登録すれば、担当者がその人物に適した転職先を紹介してくれるので、経験や経営企画の経験などがあれば、CFOの案件を紹介される機会も多いです。

複数の候補会社を検討できること、未経験でもCFOとしてのキャリアアップができます。一方、担当者次第で希望通りの転職先に出会えない場合もあるので、いくつかの転職エージェントに登録しておきましょう。

周囲のつながりからのリファラル採用

リファラル採用とは、一緒に仕事をしたことがある人や、クライアント、友人、知人などに紹介してもらう採用方法です。リファラル(referral)という単語には、「紹介」「推薦状」「紹介状」などの意味があります。

リファラル採用にて、CFOへの就任を目指すためには、できるだけ多くの周囲の人に、自分の実績や能力を認知しておいてもらうことです。

ベンチャーなどでは、リファラル採用を強化している企業が増えています。知人から、選考前に企業についての話がされていることで、事前に企業のビジョンや方向性に共感しスキルや知見、実績を持っている候補者に出会えるというメリットが、企業にはあります。

ただし、リファラル採用は、単なる「縁」で採用されるのはとても難しく、ポテンシャルやスキルもしっかりアピールしましょう。

CFOのポジションについて

CFO(Chief Financial Officer)は、「最高財務責任者」と訳され、企業の財務における戦略立案と執行の責任者です。企業は、資金調達、M&Aなどにより企業価値を高める必要があります。

CFOの役割は、この役目を担うために企業価値向上とROEの向上を目指します。

具体的には

  • 資金調達
  • 財務戦略の立案
  • 内部統制
  • 投資家との調整
  • 監査法人・証券会社との折衝
  • ステークホルダーとの調整、IR

などが任務です。

また、企業の生産性向上のためのコストカットやリストラクチャリングのプランも、財務状況と照らし合わせて責任者として執行します。

会社の経理部や財務部を管理しながら、会社の将来に向けた資本と資金の管理、成長のための財務戦略をCEO、COOとともに行う最高責任者なのです。

CFOに必要な資格とは

CFOになるには、資格は必要ありません。ただし、財務・会計の法令知識や金融の知識は絶対活かせるので、それらを習得し実務に役立つ資格取得を目指すのは大変有効です。CFOになるために役立つ資格には以下のものがあります。

1.公認会計士

監査、税務、コンサティングの専門家として開業できる国家資格です。中でも監査は公認会計士の独占業務であり、公認会計士は会計のエキスパートとして認められる存在になれます。

・プロフェッショナルCFO資格
ファイナンスの基礎理論、財務戦略を通じ企業価値向上への実践的な提案力があると検証されます。財務理論、財務マネジメント、経営計画等が試験範囲です。

2.MBA(経営学修士)

経営学大学院の修士課程修了学位です。企業経営に必要な財務の知識とともに、さまざまな経営上の課題への取り組みを、ケーススタディなどをもとに学べます。

具体的に学べる内容は、財務会計、事業戦略、経営戦略、マネジメント、マーケティング、ロジカルシンキング、問題解決などです。また、最近では、AIやビッグデータなどテクノロジーについても学ぶところが増えています。

3.中小企業診断士

経営コンサルタントとして中小企業の経営課題解決に向けた診断と助言を行う専門家であり、国家資格です。企業の成長戦略の策定や、実行の際のアドバイスなどが主務ですが、行政や金融機関との橋渡しなども行います。端的にいうと財務を含む経営の現状分析、成長戦略の策定を支援する仕事です。

国家試験は難易度が高いといわれています。第1次試験では、「経済楽・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目で構成されています。

第2次試験は、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例についての筆記試験、口述試験からなるものです。その後、実務補習または実務従事をクリアする必要があります。

4.日商簿記検定試験

簿記技能と実務能力を証明する検定で、経理・会計の部署には取得している方が多いです。日々の記帳・仕訳だけでなく、会計と財務会計分析についても知識が必要になります。

2級以上は、高度な商業簿記と原価計算を含む工業簿記の知識とともに、財務諸表から企業の経営状況を把握できる能力があると認められます。

CFOに求められるスキルについて

CFOに求められるスキルとはどのようなものでしょう。企業の成長戦略を財務の面からCEOとともに企画・執行するCFOは、CEOに次ぐナンバー2として経営を支える存在です。企業価値の向上を支える重要なポジションのため、高いスキルと知識、実務能力が求められます。

1.全体的な財務諸表の把握

CFOは、財務の最高責任者ですので、財務諸表の内容を把握し、管理会計資料の作成を指示し、その内容から的確な成長戦略の立案ができる能力が必要です。

経理や会計の視点ではなく、会社経営の視点でネクストステップを計画したり、資金調達や投資などの打ち手を策定する重要な立場ですので、単に、数値を処理したり分析できたりするだけでは足りません。企業経営についての知識とノウハウを持った上での把握が必須です。

2.柔軟なコミュニケーション能力

CFOには、高度なコミュニケーション能力が必要です。社内的には数々の経営課題に対するCEOとのやりとりや、現場への的確な指示など、社外には、金融機関や投資家、株主などステークホルダーへのプレゼンテーション、折衝などが大切でしょう。そこでは、攻めるためのコミュニケーションと傾聴するコミュニケーションの双方が必要になります。

また、経営の軸となる財務の最高責任者ですので、部署を巻き込んで会社を前進させる能力も必要です。カリスマ性や巻き込み力とも言われるもので、CXOすべてに求められる資質ともいえます。

3.自社へのエンゲージメント

CFOは、自社に対する誇りを持たないと務まらない仕事です。なぜなら、CEOとともに会社の成長を自分の力で推進する立場であり、理念やビジョンを共有できる経営陣が求められるでしょう。

経営陣の誰もが、自社の方向性に魅力を感じていて、会社に対し共感の薄い人は務まりません。会社を作りその商品・サービスで社会に貢献したいという気持ちは、会社に対する誇りやプライドにつながります。

CFOには、冷静な視点も必要であり、会社へのエンゲージメントは必須です。

CFO業務のやりがいとは

CFOで得られるやりがいは、会社の成長を支えているのは自分であるという誇りです。企業は、資金調達や出資先との関係構築、株主や投資家との関係が重要になります。

株主に対しては、ROEの最大化という形で答える必要があり、出資者にもしっかりと利益の形で答えなくてはいけません。M&Aや、上場の際にも、会社で中心になって動くのはCFOです。

また、CEOやCOOに比べ客観的で冷静な視点から会社を俯瞰し、経営陣はもちろん社員やステークホルダーなど多様な視点を持てます。財務という柱があるため、経営状況や成長を客観視できるのはやりがいにつながるでしょう。

転職エージェントや転職サイトを利用してCFOになることは可能

CFOへの転職では、転職エージェントや転職サイトの活用も有効です。転職エージェントは、担当のコンサルタントがつき、職務経歴書などをもとに求人を紹介してくれます。転職サイトは自分のペースで求人を参照し、自己応募もできます。

タイミングよく採用活動をしている企業に出会える

転職エージェントや転職サイトでは、その時に採用活動をしている企業とピンポイントで出会えます。

企業は良い人材を探して一定のコストを覚悟した上で、転職エージェントや転職サイトを利用しています。会社として、通常の求人と違い優秀な人材を見極めて採用を目指している企業がほとんどです。

エージェントでは、担当者が自分に合ったCFOの採用を探し、紹介をしてくれるので、その中からビジョンやCEOの人柄に共感できる企業を探せます。

人脈関係なく挑戦しやすい

転職エージェントや転職サイトを活用する利点は、人脈がなくてもCFOに挑戦できる点です。転職エージェントには、CFOを探している企業からの求人が集まっています。担当のエージェントにCFO希望であることを伝えておけば、それら求人情報のなかから、自分の経歴とマッチした会社を紹介してくれるでしょう。

また、担当者は、キャリアアップの相談に乗ってくれたり、面談のシミュレーションをしたりと、採用に向けたサポートもしてくれます。

CFOへの転職は難易度が高いので、実際に転職が決まるのは難しいですが、人脈ゼロからのチャレンジができる点は大きなメリットです。

マッチング率が高い

転職エージェントや転職サイトには、マッチングしやすいというメリットがあります。人脈やリファラル採用の場合、紹介される企業は特定されてますが、転職エージェントの場合は、複数の求人の中から、自分の職歴や実績に合う企業を紹介してくれます。また、転職サイトの公開求人ならば、社風や会社規模などを参照しながら、行きたい企業を選べます。

人脈やリファラル採用の場合は、企業文化やビジョンに自分が合わないと思っても、話が進んでしまうと断れないケースも多いです。その点、転職サイトや転職エージェントを活用したほうが、一緒に会社を成長させようと考えられる企業を慎重に選択できるでしょう。

CFOへの転職に活用できる転職サイト・転職エージェントについて

転職エージェントや転職サイトには、大きく分けて2つのタイプがあります。一つは、「人材紹介タイプ」で、もうひとつは「スカウトタイプ」です。それぞれの利点を比較し、自分に適したタイプを活用してみましょう。

人材紹介について

人材紹介型は、担当者が、企業から詳しい要望や条件をヒアリングした上で、登録している人材を紹介する仕組みです。志願者にとっては、声がかかれば、採用までの時間が短くて済みます。

人材紹介型転職エージェントには、ハイクラスな人材に絞った「特化型」のものがあります。企業がCFOを求める場合は、この「特化型」に依頼しますので、CFOを目指す人は、「特化型」のエージェントを選択するのがオススメです。

スカウトタイプについて

スカウトタイプは、登録されている人材のデータを参照し、企業の担当者が欲しい人材をスカウトします。企業の採用担当者や経営者自らが、登録者のデータを確認して選択しますので、企業の立場では理想に近い人材にオファーができます。

スカウトタイプのエージェントの場合、企業は、登録している自分のレジュメを読んで興味を持ち、ぜひCFOになって欲しいという考えでスカウトが届きます。自分の実績や能力をあらかじめ把握してオファーしてきますので、スカウトされれば、採用されやすいです。

ただし、会社との話が始まらないと、その事業内容やビジョン、企業文化などがわからないため、登録者にとってのミスマッチが生じる可能性があります。また、登録したもののスカウトがなく、担当者からの連絡もなくなるというケースもあるのが、スカウトタイプのデメリットです。

ハイブリッドタイプについて

人材紹介型とスカウトタイプの両方の機能を持ったハイブリッドタイプもあります。直接のスカウトがなくても、担当者が会社を選んで紹介してくれるので、採用される機会が増えるのが利点です。

ハイブリッドタイプは、紹介とスカウトの2つの機能のどちらかだけ利用もできます。登録し、利用してみてからどちらが自分に向いているかを判断して上手に活用するのがオススメです。

CFO転職成功のためにおすすめの転職サイト・転職エージェント4選

①WARC AGENT

WARC AGENTは、株式会社WARCが提供するハイクラス人材紹介事業です。成長企業のCFO、管理部長、常勤監査役、経理財務などの求人と、ハイクラス人材のマッチングを行います。その取り扱い企業数は1,100社以上。

転職者に寄り添ったきめ細かなコミュニケーションや精度の高い求人紹介を通じて、良質な転職体験を提供することを目的としています。また、候補者と企業の体験を最高にすることを最初の目標としており、KPIを追わない組織です。

参考:WARC AGENT

②パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業のパソナが運営する転職サイトです。ハイクラス転職に特化し、各業界専任のコンサルタントが在籍しています。

企業との繋がりが強く、各ポジションの役割、募集背景、組織構成など重要な情報を共有。転職活動を支えてくれるのが特長です。

コンサルタントに自分のスキルや経歴、キャリアプランを相談し、CFO希望であることを伝えながら、企業の紹介を受け、面接するという流れで、自分が納得できる転職を成功させることができます。

パソナキャリアには、非公開の求人情報が数多くあり、コンサルタントが最適な企業を紹介してくれますので、CFOへの転職を力強く支えてくれるでしょう。

参考:パソナキャリア

③ハイスタ

ハイスタ会計士は、経理や財務を智勇心とした管理部門や、公認会計士や税理士向けに採用支援を行う転職エージェントです。ハイスタでは非公開求人が90%を締め、さまざまな人に適合する企業を紹介されます。担当エージェントが親身になって転職活動を支えてくれるのが特徴です。

エージェントは、CFOをはじめとした管理部門が専門領域ですので、企業の内情や、経営状態なども詳しく知った上で、企業を検討してみましょう。

参考:ハイスタ

④リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。Personal Desktopという専用ページが活用でき、選考ポイントや社風など一般のサイトでは見られない情報を閲覧できます。経験豊富なエージェントが数多く在籍し、個別に転職支援を受けられると転職希望者に人気です。

業界トップクラスの求人数と、転職成功実績を誇りますので、自分に適した企業を検討し選択できるでしょう。

また、さらに上位の人材を扱うサービスとして、リクルートエグゼクティブエージェンシーを展開しており、そちらのサービスでも、CFOへの転職事例が豊富にあります。

参考:リクルートエージェント

自分に合う方法でCFO転職を目指そう

経営陣の一角を担うCFOへの転職は、通常の転職とは違い、難易度の高いです。大企業では内部からの起用が多く、中小・ベンチャーも、人脈や紹介、リファラル採用など、企業とのつながりで成功するケースが多いでしょう。

CFOへの転職を目指すならば、仕事で一緒になった企業や証券会社などの知人に、いい話があったら紹介して欲しいとあらかじめ伝えておくのが有効です。

また、転職サイトや転職エージェントには、CFOやCFO候補の非公開情報が多くあります。転職に役立つまでの人脈構築は時間がかかるため、転職サイトの利用も検討してみてください。登録は無料なので、事前に登録しておくと、スカウトのオファーを受けられ、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。