記事FV
経営企画
2024/07/08 更新

経営企画の未経験者向け・オススメ転職エージェント6選|経営企画に必要なスキルも解説

この記事では、経営企画の未経験者向けにオススメの転職エージェントを6つ紹介します。転職エージェントはそれぞれ特徴がありますので、自分の希望に合ったエージェントを見つけることが成功するカギとなるでしょう。

経営企画の仕事におすすめの転職エージェント一覧

経営企画の転職におすすめの転職エージェントは次の7つです。

おすすめの転職エージェント

特徴

対応エリア

タイプ

案件数

WARC AGENT

ハイクラス人材紹介

全国

特化タイプ

非公開

マイナビAGENT

若手向け案件が豊富

全国

総合タイプ

6万以上

リクルートダイレクトスカウト

スカウト型の転職サイト

全国

総合タイプ

約1.6万

DODA X

ハイクラススカウト型

全国

総合タイプ

2.3万

JACリクルートメント

ハイクラス求人

全国

総合

1.5万(未公開求人含まず)

アガルートキャリア

士業・バックオフィスに特化

全国

特化

非公開

転職エージェントは、どれも評判のがいいです。今回紹介するおすすめのエージェントの中でもそれぞれ特徴があります。自分の希望に合ったエージェントを見つけることが効率よく転職に成功するカギです。

転職エージェントの選び方

経営企画への転職エージェントの選定方法についてまとめます。転職エージェントを選ぶ際のポイントは以下の3点が大切です。

  1. 非公開求人を積極的に取り扱っているエージェントを選ぶ
  2. サポートが手厚いエージェントを選び、円滑な転職プロセスを確保する
  3. 目的に合わせて特化したエージェントを選び、経営企画における理想的なポジションを見つける

経営企画の求人は数が限られているため、成功裡な転職を果たすためには転職エージェントの助けが欠かせません。これらのポイントについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

非公開求人を積極的に取り扱っているエージェントを選ぶ

経営企画の職種は一般に非公開求人が多いです。これは、経営企画が企業の中長期の方針を決定する部署であり、競合他社に情報が漏れないように非公開にしているという理由があります。そのため、公開されている求人に経営企画職がなくても、非公開求人が多いエージェントを選べば、求人が存在する可能性が高まりるでしょう。

また、情報が漏れにくい傾向がある大企業や成長中のベンチャー企業が非公開求人を多く抱えるため、非公開求人が豊富なエージェントは高品質な求人を持っている可能性が高いです。

同時に、エージェントの実績や得意分野も確認することで、適切なエージェントを見つけやすくなります。初めに登録し、担当者とコミュニケーションをとりながら判断することも一つの方法です。

サポートが手厚いエージェントを選び、円滑な転職プロセスを確保する

サポートが充実しているエージェントを選ぶことも重要です。当然、サポートが充実しているほど、マッチングや採用の可能性が高まります。

エージェントが提供するサポートには、カウンセリング・アドバイス、書類の添削、面接練習、面接日程の調整、条件交渉、入社日の調整、退職サポートなどが含まれます。これらのサポートは転職成功のカギです。また、メールやオンライン、電話などのコミュニケーション手段も確認しておきましょう。

ただし、エージェントのサポートが整っていても、担当者との相性も大切です。多くの転職エージェントは担当者の変更に対応しているので、相性が合わない場合は変更を検討することもできます。

目的に合わせて特化したエージェントを選び、経営企画における理想的なポジションを見つける

目的に合った特化したエージェントを選ぶことも大切です。

経営企画の場合、バックオフィスに特化したエージェントやハイキャリアに焦点を当てたエージェントが有益でしょう。特化したエージェントは専門のノウハウや業界知識を有しており、転職活動を有利に進めることができます。

もちろん、特化していない総合的なエージェントでも、得意分野があるので確認してみましょう。自分の希望に合ったエージェントを選択することで、成功への道を広げることができます。

経営企画の仕事に求められる能力

経営企画の仕事には、さまざまなスキルが必要です。以下に、求められるスキルをいくつかご紹介いたします。

  1. 経営の視点を持って物事を考える能力
  2. 経営予算の数値を分析する能力
  3. 情報収集やそれをプレゼンする能力
  4. 会計能力やマーケティング知識

これらのスキルだけでなく、実際の業務においては、会社全体を分析したり、戦略を企画したりするための論理性や思考力も求められます。それぞれのスキルについて、詳細な内容を順に見ていきましょう。

経営の視点を持って物事を考える能力

物事を考える際には経営の視点を持つ力が求められます。

経営企画の役割は、中長期の事業方針や戦略です。この戦略は、経営者の視点で利益を最大化するために検討されます。具体的な施策を考えるには、分析力や論理的思考力が必要です。

業務に追われる中で広い視点を持つのは難しいかもしれませんが、まずは企業理念や経営の方針を理解しましょう。そして、事業全体の方向性をつかむ訓練と、実際の業務を理解することが必要です。

これらのスキルを日常的に意識して養っていきましょう。

経営予算の数値を分析する能力

経営予算の数値を分析するスキルも必要です。経営方針や戦略を構築するには、会社全体の財務状況を理解し、施策を具体的な数値の目標に落とし込む必要があります。数値を分析し、その意味を理解するには財務・会計の知識が不可欠です。財務諸表の読み方を学ぶことから始めてみましょう。

情報収集やそれをプレゼンする能力

経営企画職には情報収集やプレゼンテーションのスキルも求められます。

戦略を策定するためには、自社の状況や市場の動向、社会的な状況など多くの情報を収集する必要でsy。そして、この情報を基に戦略を立案し、経営陣や社内にわかりやすくプレゼンテーションすることが求められます。

日常的に新しい知識を得る努力や情報収集の方法を拡充させることが重要です。また、社内の各部門に関する情報も見逃されがちですが、スムーズな業務遂行のために必要でしょう。

他社内の情報は転職してみないとわかりませんが、転職前から情報を集める訓練と視点を磨いておくことが大切です。

プレゼンテーションスキルには様々なポイントがありますが、相手の知識量や理解度を量る練習や要点を短く説明する練習が有効になります。

会計能力やマーケティング知識

会計スキルやマーケティングの知識も重要です。

会計スキルは、すでに述べたように自社の現状把握に必須でしょう。また戦略には市場の動向を反映させる必要があるため、マーケティングの知識が必要となります。

ただツールやテンプレートをそのまま使うと、形式が整っているだけになりがちです。実際に利益をもたらす戦略作りには、本当の意味での知識が求められます。

会計スキルとマーケティング知識のどちらも、できれば実務を通じて習得したいところです。採用の選考対策としても、まずは現職で実績を積む方法を考えましょう。

経営企画は未経験でも転職できるのか

結論から言うと、未経験でも経営企画職に就くことはできます。

ただし実務レベルが高いのも事実。たとえば、市場や自社に対する深い理解や洞察が必要です。さらに事業全体の戦略を立案して、手段や目標を定めて予算を組むなどの業務を行わなくてはなりません。

そのため未経験の場合は、経営企画に役立つ何らかの経験が必要です。

具体的には経理や会計、マーケティング業務などの経験があるとよいでしょう。経営企画は、経理などお金に関わる面と企画との2つの面を持っているからです。関連業務の経験があれば、経営企画職として採用される可能性が高くなります。

<未経験からの転職事例>経理職から経営企画へ転職

未経験者が経理職から経営企画への転職を成功させた実例を見ると、会社全体の財務状況を理解するスキルが高く評価されます。

具体的には、財務諸表を分析し、数字が示す意味を理解する力が重要です。このスキルを示せる経験があれば、転職において有力なアピールポイントとなります。例えば、決算の担当や財務諸表の作成などの経験を積むことは、経営企画への転職においてプラスになるでしょう。

<未経験からの転職事例>営業管理の経験から経営企画へ転職

未経験から営業管理から経営企画に転職する場合は、チームをマネジメントし、高い営業成績を上げた経験が高く評価されます。

売上向上のためのノウハウは、経営企画に必要な知識の一環です。持続的な好成績を残していると、更なる評価が期待できます。また、新しい手法で成績を上げた経験もアピールポイントです。これは経営企画の「企画」に密接に関連しているといえます。

経営企画向け転職エージェント6社

経営企画向けの転職エージェントを厳選して6つご紹介します。それぞれの得意分野や特色についても解説するので、自分に合ったエージェントを探してみてください。

  • WARC AGENT
  • リクルートダイレクトスカウト
  • DODA X
  • JACリクルートメント
  • マイナビAGENT
  • アガルートキャリア

いずれもいろいろな調査で満足度が高いと評価されている転職エージェントです。1つずつ順に解説します。

1.WARC AGENT

WARC AGENTは、ハイクラス層のベンチャー転職に強い転職エージェントです。本格始動が2019年と新しいサービスなのにもかかわらず、急成長を遂げているエージェントです。「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」というビジョンと、コンシェルジュが求職者にとことん寄り添う姿勢によるものだと言えるでしょう。

コンシェルジュはそれぞれの専門領域を持ち、求職者の未来を引き出すために妥協することなく徹底的に最適な支援を行います。扱う案件も成長中のベンチャーが多く、上場済の会社も多く含まれています。

転職後の平均年収が750万円を超えるなど、ハイクラス転職を実現しています。

こんな人におすすめ!

  • キャリアアップしつつやりがいのある仕事をしたい人
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーを求める人
  • 上場ベンチャー企業に興味のある人
  • 寄り添い型のサポートを求める人
  • 役員転職を目指す人

参考:WARC AGENT

2.リクルートダイレクトスカウト

「リクルートダイレクトスカウト」は、自分から求人情報を探さなくてもヘッドハンターや企業からスカウトが受けられるサービスです。ハイクラスの求人がメインとなっており、キャリアアップを希望する人に適しています。

企業のスカウトが受けられる場合、企業がプロフィールを見ることができて在籍中の会社にバレるのでは?と不安になるかもしれません。しかしブロック設定をすれば、勤務先にバレることはありません。

人を探している企業や、提携しているヘッドハンター(コンサルタント)からスカウトが届くのが一般的なエージェントにはないサポート・サービスです。自分では想定していなかったような新しい可能性を見つけることができます。

こんな人におすすめ!

  • ハイクラス求人を探している人

参考:リクルートダイレクトスカウト

3.DODA X

「DODA X」は、ヘッドハンターからのスカウトと自力での応募の両面から転職活動ができるサービスです。登録するとエージェントからの紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きます。さらに自分で求人を検索して応募することも可能です。

応募書類の見せ方、面接対策、スカウト、面接日程の調整、待遇の交渉など基本のサポートもしっかり押さえています。スカウトはヘッドハンター経由のみで、企業が応募者の情報をチェックできない仕組みです。在職中に転職活動していてもバレないので安心して利用できます。

ハイクラス求人が多く、キャリアアップ希望の人には特におすすめのサービスです。

こんな人におすすめ!

  • ハイクラス求人を探している人
  • どうしてもバレたくない人

参考:DODA X

4.JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、マッチングの精度が高いと評価されていいます。他の転職エージェントの場合、企業担当者と求職者の担当が分かれているケースがほとんどです。しかしJACリクルートメントでは、1人の担当者が企業と求職者の両方を担当しています。そのため求職者と企業の情報をタイムリーに把握しており、マッチングの精度が高いです。

書類添削、面接対策、面接の日程調整、条件交渉、入社日程調整などにも対応。サポート体制も安定しています。

ハイクラス求人が多く、キャリアの蓄積がある人はキャリアアップを目指すことができ、外資系やグローバル企業への転職に強いのも特徴です。

こんな人におすすめ!

  • ハイクラス求人を探している人
  • 外資系を探している人

参考:JACリクルートメント

5.マイナビAGENT

「マイナビAGENT」は、専属のキャリアアドバイザーが職業紹介から内定までサポートしてくれる転職エージェントです。自分で企業を探す必要がありません。

転職サービスとしては後発ですが、求人を集めるのに力を入れており他で見かけない求人もあります。熱心な担当者が多く親身になってサポートしてくれるため、初めての転職などの場合も心強いです。

基本的なサポートも充実しており、書類添削、模擬面接、年収交渉、入社日調整に対応しています。担当者が業界ごとの専任制なので業界知識も豊富です。そのため情報提供やアドバイスにも満足できるでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 第二新卒や初めての転職など、若い転職希望者

参考:マイナビAGENT

6.アガルートキャリア

「アガルートキャリア」は、弁護士・会計士・経営人材などプロフェッショナル専門の転職エージェントです。難関資格の通信講座を運営しているアガルートによるエージェントですが、士業以外の求人も充実しています。

書類添削、面接対策、入社手続きや退職調整のサポートに対応。退職時はトラブルになることもあるので調整してくれるのはありがたいサポートです。

士業の他は専門性の高い経営人材に特化しており、経営企画職ももちろんその中に含まれます。専門性が高い分、キャリアアップ向けの案件が比較的多くなっています。大企業から外資、ベンチャーまでさまざまな案件を扱っており、希望に近い求人が見つかる可能性が高いと言えるでしょう。

こんな人におすすめ!

  • キャリアアップ希望の人

参考:アガルートキャリア

自分に合ったエージェントで、転職を成功させよう

経営企画の仕事は未経験でもチャレンジできますが、戦略的に行うことが必要です。転職エージェントを利用する場合も、ほかにも求人をチェックできるチャネルを増やしておくことがポイントとなります。

経営企画の仕事をお探しなら、転職サイトの利用がおすすめです。転職サイトには、管理部門に特化した転職サイトもあるので、経営企画の求人も豊富に掲載されています。ベンチャー系を中心に、業種・勤務地などさまざまな求人を扱っており、希望に合った求人を見つけやすいのが特徴です。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。