記事FV
経営企画
2023/12/30 更新

経営企画で年収1,000万円達成のための必要なこと|給料アップ実現のためのコツを紹介

ビジネスパーソンにとって、年収1,000万円以上は重要な目標です。多くの人が「経営企画ならば、年収1,000万円は可能だろうか」「会社員として1,000万円の年収を得る方法は何か」と考えることでしょう。

この記事では、経営企画のポジションで年収1,000万円を目指せるか、そのためにはどのようなアプローチが必要かを解説します。

経営企画で年収1,000万円を達成することは可能なのか

経営企画で1,000万円以上の年収を実現するのは可能でしょう

経営企画は企業の中心であり、経営者のサポート役として重要な役割を果たす部署です。数学的な能力や財務、会計の理解と言った、高いスキルを持つ社員が求められます。

こういった特徴からも、経営企画は他の職種の平均年収よりも高い傾向があり、そのため年収1,000万円に到達するケースも多く見られます。

ただし、年収1,000万円に到達するかどうかは、個々の能力や勤務環境、企業の規模、担当業務、経験年数など多くの要因に影響されます。たとえば、外資系ITや金融業界では20代で年収2,000万円を稼ぐケースもありますが、これは個々の能力や状況によるでしょう。

経営企画で年収1000万円もらえるには何歳?

経営企画の平均年収は624万円(※1)です。また、男性の平均は680万円、女性の平均は499万円です。これは一般的な職種に比べて高いといえるでしょう。

年代

平均年収

20代

437万円

30代

602万円

40代

769万円

50代〜

890万円

経営企画の年収については、企業文化、企業の規模等で大きな差があります。20代でも外資系金融やIT企業などでは年収2,000万円に到達するケースもあれば、大企業で経営企画職で年収1,000万円を超えるためには、マネージャー職になることが必要な場合など、さまざまです。

上場企業で、課長級への昇進は最短で33.9歳、標準で39.4歳、部長級への昇進は最短で40.1歳、標準で47.0歳というデータがあります(※2)。部長クラスで年収1,000万円を超える場合は47歳程度、課長クラスで年収1,000万円を超える場合は、39歳程度ということになります。もちろん会社によって給与体系は違いますので、あくまでも一例です。

(※1)参考:平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】

(※2)参考:役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向

経営企画へ転職する人の平均年齢

経営企画および事業企画へ転職した人々の平均転職年齢は、35.0歳です(※3)。20代後半で転職する人が26%、30代前半が29%であり、25歳から34歳の範囲が最も多い年齢層です。その後は40歳以上の転職者が25%を占めています。

25歳から34歳の範囲では、ポテンシャルを見込んでの採用があり、40代以上では職務経験とマネジメント、リーダーシップなどが期待され、即戦力として採用されていると考えられます。

(※3)参考:経営企画/事業企画とはどんな職種?仕事内容/年収/転職事情を解説

経営企画の業務内容とは

経営企画は年収1,000万円以上を目指すこともできる魅力的な部門ですが、実際の業務内容はどのようなものでしょうか。

経営陣の代理で、企業経営に関連する実務を担当するのが経営企画の役割です。業務は幅広く、戦略立案から新規事業の立ち上げに至るまで携わり、財務・会計、計画策定、進捗分析、マーケティングなど多岐にわたる知識とスキルが要求されます。

戦略企画の立案

経営企画では、経営陣の意向とビジョンに則り、企業の経営戦略を策定し、それに伴う中長期経営計画を立案します。

企業にとって、経営戦略と経営計画は業務の根幹で非常に重要です。戦略の策定には、外部環境と市場の分析、財務諸表からの経営指標を利用した分析が必要で、各事業の計画や目標を練り上げることが求められます。現代は変化の速い時代であり、計画通りに進まないことが少なくありません。その際には、各部署との調整を行いつつ、素早く解決策を打ち出す能力が求められます。これは、経営企画において調整能力が重視される理由です。

予算の立案・管理

企業活動の基本は、人材、資産、資金を活用して利益を生むことにあります。投資に対する利益が高ければ、それは高い生産性の証です。経営企画の目的は、生産性を最大化し、利益を最大化するための企業経営を行うことにもあります。

そのため、予算は極めて重要です。経営企画は、経営戦略に基づいて予算を立案し、その管理を行います。人員計画やICTへの投資などを決定し、その効果の目標設定も経営企画の仕事です。

経営企画は中長期的な視点で企業の資源の動きを管理する役目ともいえるでしょう。

業績分析と報告

業績分析は、重要な経営企画の仕事です。経営企画において、各事業の業績を理解することが必要不可欠でしょう。

経営分析は、財務諸表をもとに収益性、安全性、生産性、成長性を分析するものです。自社の現状を把握し、問題点や課題を見つけ、それらの改善策を考えることが目的として行われます。業績の一つである売上や利益は、収益性分析の指標であり、多くの課題は業績分析から発見できます。

取締役会や経営会議、そして株主総会において、さまざまな分析結果や今後の課題を報告することも経営企画の役割です。

プロジェクトの管理

企業の活性化や生産性向上のためには、業務効率化のためのICT導入(DX化、自動化、AI化など)や組織改変、新規事業開発が不可欠です。これらのプロジェクト管理も経営企画の仕事となります。

たとえば、DXの推進ではIT部門や事業部門と協力して進められますが、その進行管理や橋渡しを担うのは、経営企画のケースが増えています。経営企画は、営業、製造、ITなどの全社的な部署と連携し、現場の声を聞きながら調整し、プロジェクトの推進を中心に行う役割があるのです。

データ解析と競合調査

経営戦略や経営計画の策定には、さまざまなデータ解析が必要です。外部環境の変化は統計データなどから洞察され、競合分析には競合他社の財務報告書や発表内容、業界誌やビジネス関連の最新情報も収集されます。

必要に応じ、市場調査や業界トレンドの定期的な調査を行い、ベンチマークをします。そのため、調査設計やデータ集計能力が基本的なスキルとして求められるでしょう。

新規事業の立ち上げ支援

企業の成長には、新しい分野への進出が必要なことがあります。新規事業の立ち上げには、入念な市場分析や競合分析、商品やサービスの開発、そして事業計画が欠かせません。

新規事業は中長期的な収益化を目指し、社内リソースを割り当てて行われるため、経営企画は業績の予測を含め総合的に検討します。また、新たな部署の人員計画や製造部門の調整なども重要です。経営企画の活動によって、各部門が連携し新たな事業をスムーズに展開できる状況を整えます。

経営企画で年収1,000万円を実現するために必要なスキル

年収1,000万円を目指す経営企画での道筋は、管理職としてのステップアップが効果的です。企業によって異なりますが、部長クラスに昇進すると年収が大幅にアップすることがあります。また、外資系IT企業やベンチャー企業では、経営企画での経験とスキルが転職において有利に働くでしょう。

リーダーシップとプレゼンテーション能力

まず、同僚よりも優れた仕事をすることが必要です。リーダーシップが最も評価されやすい要素といえます。積極的にチームリーダーやプロジェクトリーダーとして活動し、チームの運営能力を実証することが重要です。

同時に、経営会議や取締役会、株主総会などでのプレゼンテーション能力も求められます。分かりやすい資料作成や限られた時間での説明が評価されやすいです。

ビジネス戦略の習熟度

現在、ビジネス環境は迅速な変化を遂げています。Web3.0やAIなど新たなビジネス枠組みを理解し、情報収集することは重要です。それだけでなく、それらを自社事業に具体的に活用するイメージを持つことが必要でしょう。

競合分析や市場分析から、たとえばOMO(Online Merges with Offline)などの新たな戦略を展開することも要求されます。日々のマーケティング動向やDAO(Decentralized Autonomous Organization/分散型自律組織)などの最新の組織モデルを研究することで、革新的な提案を行い、評価されるでしょう。

ビジネスの数値分析や企画書作成スキル

経営計画を立案する際には、財務諸表による経営分析が不可欠です。経営企画の基礎的なスキルのひとつともいえるでしょう。収益性、安全性、生産性、成長性などの分析には、数値分析が必要であり、それには必要な数式や関数をスムーズに操作できる能力が求められます。

さらに、分析結果をわかりやすくプレゼンテーションすることが肝要です。分かりやすい企画書を作成し、明快にポイントを伝える能力も評価されます。

経営視点を持ち、リスクマネジメントのスキルを習得

自社の安全性分析は、経営企画の中でも重要な要素です。財政基盤が健全かどうかを評価する際に役立ちます。収益性と安全性は経営において極めて重要です。短期および長期の安全性分析から問題点を見逃さず、財政リスクを早期に見抜き対策を練ることが肝要でしょう。経営リスクを把握する能力がなければ、事業推進や新規事業、人員計画などに支障をきたします。

経営陣や事業部門に対して適切な解決策を提案し、迅速に実行する能力も、経営企画の重要な役割です。

経営企画で年収1,000万円を目指すためのキャリアパス

これまで、経営企画の業務内容や必要なスキルと知識について説明してきました。経営企画は企業を動かす部署であり、経営者に近い位置で仕事をします。そのため他の職種よりも高い評価を受ける機会が多く、キャリア形成において理想的なポジションです。

マネージャー以上の職位への昇進

まず、経営企画部門内で管理職を目指すことが重要です。課長クラスや部長クラスに進むことで年収も大幅にアップします。たとえば20代で年収500万円の企業であれば、経営企画の課長で年収1,000万円を超えることも可能です。

経営企画に配属された人材は、さまざまな部署での経験を積ませる方針があります。営業や製造などで経験したのち、経営企画に復帰し、マネージャーに昇進するというケースも多いでです。

高度な専門知識を持つスペシャリストを目指す

経営企画では、経営分析のスキルや経験を高めることができます。さまざまな業務やプロジェクトを担当し、経営のスペシャリストとして成長します。

そのようなスキルや経験、知識は、企業内での地位を固めるだけでなく、優れた経営企画担当者は業界全体で認知される可能性も高いです。

スペシャリストとしての希少性を高めることで、ベンチャーや外資系企業からのヘッドハンティングの対象になる可能性もあります。年収1,000万円を目指す場合は、自身の価値を高め、認知されるよう努力することが近道です。

経営幹部へのキャリア

経営企画から執行役員や取締役に進む道は珍しくありません。そして経営幹部になれば、年収1,000万円を得る消すは多いです。

経営統合やM&A、ベンチャーなど、画期的なプロジェクトの成功や、経営者の右腕として的確な意思決定を行い、企業の収益性を向上させた経験があれば、取締役会メンバー入りの機会も早まるでしょう。

経営者は、会社を成功に導く能力を持つ人材を大切にします。実績を積み重ね、信頼を築くことで、経営幹部への道が開けるでしょう。

経験を活かして40代で経営企画への転職を成功させよう

企業の規模や文化によりますが、経営企画で年収1,000万円を目指すことは可能です。経営企画は企業を動かす上で重要なポジションであり、経営分析や計画立案、戦略策定など、高度な業務を担当します。

マネージャー以上を目指すためには、経営層からの信頼を得ることが必要です。常に会社全体を考え、革新的なアイデアを取り入れたり、優秀なチームを形成したり、各部署との効果的な連携を実現したりすることで社内での評価を高めることができます。

達成できるかどうかは環境や自己の努力次第ですが、経営企画において年収1,000万円を目指すことは可能なポジションだと言えます。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。