記事FV
経営企画
2023/10/31 更新

30代で経営企画への転職を成功させる方法|必要なスキルやキャリアパスを解説

30代は、キャリアの発展にとって重要な時期です。営業部や事業部でリーダーシップの経験やプロジェクトの担当経験を積む中で、経営企画に興味を持つ人も多いでしょう。

この記事では、30代で経営企画への転職を希望する方々のために、必要なスキルや経験に焦点を当て、転職へのステップを紹介します。

経営企画への転職の難易度はどれくらい?

経営企画への転職は非常に難易度が高いです。経営企画は経営に最も近い部門で、会社の中長期的なビジョンを策定し、活動計画を作成し、進捗を監視し、改善策を実施する役割を果たします。

このポジションでは、会社全体を俯瞰し、客観的なデータを活用し、社内で円滑な調整を行うスキルが求められます。組織内で協力的で優れた調整力を持つ人材が成功する部門です。まず、大手企業と中小企業またはスタートアップの状況で難易度が異なる点について詳しく説明しましょう。

大企業や上場企業における経営企画への転職難易度

大手企業や上場企業における経営企画への転職は非常に難しいでしょう。なぜなら、これらの会社では新卒社員から優秀な候補者を選んで、将来の幹部や経営者として育てているからです。そのため、競争が激しいと認識しておきましょう。また、これらの大企業には優秀な人材が多く応募してくるため、競争が激しいことも理由の一つです。

しかし、一方で、即戦力を求めるケースもあります。その場合、大手会計事務所での経験者や大手企業の経営企画経験者、監査法人、コンサルティングファーム、金融機関出身者などを採用するケースがほとんどです。

大企業では、経営企画に関連する幅広い業務に精通した人材が求められます。中期経営計画や年度計画の策定、取締役会や経営会議、株主総会の資料作成と進行、予算実績管理、事業開発や経営戦略の策定だけでなく、新規事業分野でのM&A経験や、各事業部門ごとの中長期計画の立案などが求められるでしょう。

中小企業や新興企業での経営企画への転職難易度

中小企業やベンチャー企業において、経営企画のポジションを求める際には、大手企業とは異なる資質やスキルが必要です。

中小企業では、経営陣が必要とする業務を多岐にわたって担当する場合があります。正確なデータ分析と即座の判断力が求められ、経営陣との協議を通じて業務を調整するスキルが必要です。その点で、大手企業での経営企画経験者よりも、中小規模の企業で社長や経営陣と共に問題解決に取り組んだ経験が有利とされます。

スタートアップ企業の場合、経営陣のビジョンや理念が強調されることが多いため、そのビジョンに共感しながら企業の将来像を共に構築する資質が求められます。また、論理的思考力やクリティカルシンキング、効率性が重視されるため、これらに優れた人材や、他の人々を巻き込みながら計画を実行するスキルに長けた人材が高く評価されることがほとんどです。

経営企画への転職を有利にするための職歴とは?

経営企画のポジションに求められる資質には、経営全体の課題を客観的に把握する能力や、論理的思考、クリティカルシンキングなどのスキルが含まれます。転職活動でアピールできる職歴や経験には以下のものがあげられます。

コンサルの経歴

コンサルティングファーム出身者は、経営企画において歓迎されるポジションの一つです。その理由は、企業戦略、M&A、組織改革などに関する幅広い経験を持つ人材が多いという特徴があげられます。特に財務系のファーム出身者は、事業実績の検証や財務状況の分析などに必要なスキルが期待されるでしょう。彼らはファームでの経験を通じて業務の幅広い側面に触れており、即戦力としての期待が高いです。

企画部門や経営戦略の経歴

事業会社で戦略や企画部門での経験も、経営企画において有益です。事業企画部門では、会社の方針に基づいて具体的な計画を策定し、推進するスキルを培っていますので、事業に関する具体的な課題解決の経験が豊富なため、現場に近い位置にある企画部門の経験は、経営企画の仕事にも適しています。

さらに、戦略企画部門では市場調査と分析のスキルが鍛えられており、これらも経営全般を考える際に非常に役立ちます。また、マネジメントやコミュニケーションのスキルも、経営企画の仕事において価値のある要素です。

会計関連職種での経験

経営企画の役割において、財務諸表を分析し経営関連の指標を抽出し、数値をもとに経営陣への分析結果や提案を伝えることが求められます。これによって、中長期の戦略計画や年次の予算策定に寄与するでしょう。

投資銀行、会計事務所、監査法人などでの経験は、財務データの解析が主要な業務ですので、経営企画部門でもその経験とスキルが活かされます。同様の理由から、経理部門出身者も経営企画への転職に有利な場合があります。

新規事業開発やマネジメントの経験

新規事業の立ち上げやプロジェクトマネージャーとしての経験は、経営企画への転職にとって有利な要素です。企業が初めて進出する新たな事業領域に関わり、プロジェクトをリードした経験は、経営企画への転職において魅力的な要素となります。

新しい事業を展開する際には、市場調査や将来の見通し、技術トレンドなどの情報を収集し、分析する能力が重要です。事業の成功には計画的な投資と収益の確保が欠かせません。新事業を成功に導いた責任者としての経験は、希少な資格を示し、経営企画職への転職において十分なアピールポイントとなります。

30代の経営企画ポジションで必要なスキル

30代の経営企画職において、求められるスキルは、業務の迅速な処理能力と組織全体を俯瞰できる資質が求められます。必要なスキルは以下の通りです。

ストラテジック・シンキングの重要性

将来の展望に基づいて戦略的に思考する能力は、経営企画において極めて重要です。

マクロな動向、市場、社会環境などについての情報を収集し、分析する能力が求められます。また、経営陣のビジョンと実際の事業運営との調和を保ちながら、適切な戦略を策定するスキルも必要であり、経営戦略の立案には客観的で理論的な思考が重要です。このようなストラテジック・シンキングは、現在の職務を通じて磨かれることもありますので、長期的な視点を育てる訓練を行いましょう。

リーダーシップの重要性

30代に差し掛かると、個人の業務だけでなく、チームでの協力も求められる局面が増えてきます。

経営企画の仕事は多岐にわたり、大企業では分業体制をとることが一般的です。そうした状況で、大規模なプロジェクトのリーダーに任命されることもあるでしょう。その際には、チームメンバーを統率し、協力させるリーダーシップや、効果的なコミュニケーションのスキルが必要です。将来的には新しいメンバーの育成も担当することがあるでしょうから、教育への適性も重要でしょう。

プレゼンテーションの重要性

経営企画の役割において、担当プロジェクトの経営陣への報告が頻繁に必要になります。加えて、株主総会、取締役会、経営会議などで、主要な内容を明確に伝達する機会も増えてきます。要約力や説明力が評価されるほか、大勢の前でのプレゼンテーション経験や、効果的なビジネスプレゼンテーションの実績も求められるでしょう。

株主などのステークホルダーに対して論理的かつ効果的に情報を伝えたり、具体的なケースで事業部を説得したりするプレゼンテーションスキルの高さが要求されます。

連携と適応力

経営企画の主な職務には、他部署との交渉や情報収集、経営陣への説明などが含まれます。計画を実行する際には、各部署のスケジュールと業務を調整し、全社的なビジネス課題の解決に向けて協力を得る必要があります。チームプレイヤーとして、同僚の意見を真剣に受け止め、最適な解決策を見つける柔軟性と協調性も重要です。

経営陣の意向を簡潔に伝えつつ、相手の状況に合わせて調整を行うスキルなども含め、これらは経営企画において求められる調整力といえるでしょう。

30代に経営企画職に転職するためのポイントは?

営業経験やチームマネジメントなどのバックグラウンドを持つ方が、経営企画職に興味を持ち、キャリアを築きたいと考える場合、どのようなスキルや経験を積んでおくべきでしょうか。30代で経営企画職を目指す際に、考慮すべき経験には以下が挙げられます。

ビジネス知識の取得

経営企画職では、ビジネス用語やコンセプトに精通していることが求められます。日々進化するマーケティング、組織論、経営判断などの知識について、常に最新情報を追跡し続ける必要がです。最新の経営関連書籍を月に数冊少なくとも読む習慣を身につけることや、日々のアップデートを行うことが大切でしょう。また、日経系やForbesなどのウェブニュース、ビジネスニュース、スタートアップ関連情報などを日常的にチェックすることも欠かせません。

スキルの向上

経営企画のポジションでは、高度なスキルが必要です。大企業では、各事業部の最新の売上データや営業データを素早く処理し、包括的なレポートを作成するスキルが求められます。さらに、経営会議、取締役会、株主総会などのプレゼンテーション資料の作成も担当します。分かりやすい資料を作成する能力が重要です。

その他にも、プレゼンテーションスキル、コミュニケーションスキル、戦略策定能力などが必要でしょう。また、仕事によっては企業法務に関する知識も必要となる場合があります。これらのスキルは現在の職務にも応用できるものであるため、積極的に向上させていくことが大切です。

職務経験の積み重ね

経営企画への転職を考える際、ただ知識やスキルだけでなく、これまでの職務経験も重要です。特に中小企業やスタートアップでは、これまでのビジネス経験が注目されることがあります。例えば、営業部門で新規市場の戦略的開拓に成功した、事業企画で予想を上回る成果を上げた、競合他社に対抗する優れた実績を積んできたなど、現在の職務での実績は重要です。

計画策定の能力、チームマネジメントのスキル、プロジェクトの実行力、予算管理のスキルなど、優れた実績は経営企画の求人応募時においても有利に評価されます。

人脈構築の重要性

経営企画への転職を成功させるためには、幅広い人脈を積極的に築くことが役立ちます。

経営陣や各部門のリーダーとのコミュニケーションが不可欠です。業界内だけでなく、異業種の人々とのネットワークを構築することで、自社の成長に寄与するアイデアや新サービスに関する情報が得やすくなります。

交流会などの場で積極的に人脈を広げ、情報の収集を促進し、経営企画の実務で常に最新のビジネス知識を取り入れる環境を整えることも重要です。これにより、人脈を通じて多くの可能性が開かれるでしょう。

転職に向けた準備

30代で経営企画職への転職を検討する際は、転職活動を早めに開始することが重要です。経営企画キャリアのプランを練り、転職候補の情報収集を行い、面接に向けた戦略を練りましょう。また、職務経歴書を作成する際には、リサーチと分析能力、予算管理、問題解決経験などを明確に示す準備が必要です。経営企画の経験が不足している場合でも、営業や管理経験を強調し、計画性と論理的思考能力について説明できるよう準備しましょう。

経営企画に転職後のキャリアパス

30代で経営企画に転職する場合、その後のキャリアパスが気になることでしょう。経営企画職を志向するなら、将来的には経営陣への道も含めたキャリアプランを考慮することが重要です。一般的な経営企画の経験者が進むキャリアパスについて、以下で紹介します。

経営企画部門の上級ポジションへの昇進

最も一般的なキャリアパスの一つは、経営企画部門で上級職や管理職に昇進することです。経験を積むことで、単なるデータ分析だけでなく、将来の事業や組織に対する戦略的提案ができる立場に進むこともできます。マネージャー職になると、年収が1,000万円を超えることもあるでしょう。ただし、会社によっては、経営企画部門の中での異動が行われることもあります。

経営企画の職務の一環として、会計や財務業務に関わることもあります。そのため、一部の人々は日商簿記1級や中小企業診断士などの厳しい資格を取得ケースも多いです。柔軟性を持ち、キャリアについて綿密に考えることが大切でしょう。

経営者対応のポジションへの転職

経営企画部門では、中期経営計画や年度計画、予算策定など、経営に密接に関連した業務を経験できます。進捗の把握、分析、部署間の連携を通じて、企業の方向性を確立する重要なポジションです。経営者に近い視点から企業を見ることができるため、経営者や投資家に近い職種への転職も視野に入れることができます。

経営企画で培った経験とスキルは、企業経営に関する専門職とみなされることが多く、そのためには、取締役、CFO(最高財務責任者)、COO(最高執行責任者)、CEO(最高経営責任者)などのポジションへの転職や異動も可能です。また、M&AやIPOなどの大規模プロジェクトのリーダーシップ経験を積むこともできるため、ベンチャーキャピタルや投資ファンドなどで活躍する機会も考えられます。

自己独立または起業の機会

経営企画での実績を積むことで、会社の成長に貢献できる能力を高めることができます。起業にはいくつかのアプローチがあり、その中には事業会社の設立とコンサルティングが含まれます。

事業会社を設立する場合、市場分析、マーケティング戦略、成長戦略などの立案が自身でできるでしょう。財務管理、資金調達、投資家へのプレゼンテーションも得意分野として活かせます。これらのスキルを活用して、成長企業の形成を目指すことがほとんどです。

一方、コンサルティングの道を選ぶ場合、公認会計士、中小企業診断士、日商簿記一級、税理士などの資格を基盤に起業することがあります。財務や会計に加え、クライアントの経営課題を解決する手助けを行うことで、仕事の幅が広がるでしょう。

30代で経営企画への転職を成功させる方法

経営企画は、スタッフ部門の中でも特に注目される職種です。このポジションでは、経営者の方針を具現化するために、市場情報を収集し、中長期の経営計画を策定し、事業部や営業部の目標達成を監視し、評価して改善する役割を担います。そのため、経営企画への転職は非常に難しいです。このポジションに必要な能力には、全社全体を俯瞰的に見る視点や、財務データや事業に関する様々な数字を正確に解釈し、計画を策定する能力が含まれます。

経営企画への転職を成功させるには、経験がある場合は有利ですが、財務、会計、コンサルティング、戦略策定などのバックグラウンドも評価されるでしょう。特に中小企業やベンチャー企業では、経営企画の業務範囲が広いため、異なるビジネス分野での経験やスキルを生かすことができます。経験がない場合でも、ビジネススキルと幅広い知識があれば、比較的スムーズに転職することができるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。