記事FV
経営企画
2023/12/29 更新

20代で経営企画担当者へと転職を目指す方へ|成功のための戦略とコツを解説

経営企画は特に人気のポジションです。20代の方々の中には、「将来的に経営企画に挑戦したい」「経営企画で必要なスキルは何だろう?」と考える方も多いのではないでしょうか。

大企業において、経営企画は将来のリーダー候補を育てる場でもあります。経営企画にチャレンジしたい、転職先として経営企画を検討している20代の方々に、経営企画の業務内容と成功例をご紹介します。

経営企画の仕事内容について

経営企画は、経営者に近い位置で、全社的な計画を立案し、事業や営業の業績を管理・分析する部門です。経営者の意向を具体的な事業展開に結びつける、極めて重要な役割を果たしています。

経営戦略の立案について

経営戦略を立案することは、経営企画担当者にとって非常に重要な業務です。将来の3〜5年間の成長を見据え、企業の「ヒト、モノ、カネ」のリソースを活用する戦略を立てます。企業の核となるビジョンや方針を明確にし、具体的な方向性を示すための極めて重要な作業です。

外部環境の変化などにより戦略の見直しが必要な場合、迅速な対応が求められます。そのため、目標の再評価や業務の改善を行うためには、事業部の現場との調整が欠かせない仕事でもあります。単なる机上の戦略立案ではなく、企業の実際の動きを反映させる必要があり、冷静な分析と円滑なコミュニケーションが不可欠です。

事業計画の策定について

次に、事業計画の策定についてです。経営戦略に基づき、新規参入などを含む企業が実施する事業計画を作成します。ここでは、担当する単独の事業の計画・推進を担当する場合もあります。経営戦略では中長期的な計画を立てますが、具体的な目標達成までを考慮した計画の立案です。

外部環境と内部環境の分析、目標設定、目標達成のための課題抽出、解決策とアクションプランの具体的な作成が求められます。事業計画は予定通りに進むことはまれで、その都度修正や改善が必要です。計画を策定するだけでなく、数値による進捗管理や状況把握、必要に応じた修正も経営企画の重要な役割となります。

業績の管理について

経営企画の役割には、各事業部が進める事業の状況や業績を、事業計画を基にして管理・分析することも含まれます。定期的に売上やコスト、利益、付加価値生産性などを評価し、計画が目標に近づいているかどうかのチェックです。企業の長期的な活動をベンチマークし、課題を見つけることも業績管理の重要な部分ともいえます。

目標を達成するのが難しい場合は、関係者の意見を聞き、事業部と協力して改善策を出します。計画を立案した責任者として、現場の意見や改善提案を取り入れ、全社員が計画遂行に向けて協力する役割を果たすのです。

課題解決もまた、経営企画の任務です。計画通りに進んでいない場合や問題が生じた際、その原因を分析し、改善や解決策を見つけ出す必要があります。

課題解決について

課題解決には段階的なアプローチが求められることもあります。売上が高くても付加価値生産性が低い場合、業務の効率化のために計画の細部を調整が必要です。社内システムの改善が大きな変化をもたらす場合もあるので、最新の営業支援システムやDXの知見も必要求められます。

新規事業の立ち上げについて

新規事業の立ち上げも重要な戦略の一環です。企業成長には事業ポートフォリオの強化が必要であり、新規事業への参入もその一部に含まれます。

新規事業の始動には、市場の情報収集と分析が欠かせません。分析がしっかりしていないと、事業がうまく進まないこともありますので、責任は重いです。新規事業を経営会議に提案し、承認されれば事業計画を策定します。

自社のリソースを新規に配分するため、組織の再構築やメンバーの選出も重要です。人員の採用が必要な場合は、人事部と連携し、社内のリソースを調整します。計画を柔軟に修正しながら、臨機応変に対応するリーダーシップが求められます。

20代の経営企画担当者には何が求められるか

20代の経営企画担当者は、通常は30代以上の仕事をサポートする役割を担うことがあります。ビジネスでの経験やスキルは重要ですが、経営企画に適した能力が求められます。

①積極性と責任感

20代では、主にサポート業務が中心になるケースも多いです。具体的には、経営会議の資料作成や事前の確認、業績分析データの入力と評価などが該当します。計画策定においても、アイデアや方針よりも基礎となるデータや数値の取り扱いが中心です。

サポートであっても、数値の取り扱いや分析は企業経営の基盤を成す重要な要素であり、正確性が求められます。経験を積むことで、自社の経営上の課題や事業の改善策を理解できるようになるでしょう。積極的に多岐にわたる業務のサポートを引き受ける姿勢と、任された業務に対する責任感が重要です。

②学習意欲と積極性

経営企画では、経営戦略、経営計画、事業計画など多岐にわたる業務を担当します。業務遂行には多様な知識が必要であり、仕事をしながら学び続けることが求められます。わからないことや未経験のことを学ぶ意欲と、自主的な学習の姿勢が必要です。

たとえば、先輩に業務に関連した書籍を尋ねることや、ビジネスニュースのチェック、経営分野の情報収集など、積極的に学習を続けられるかどうかが重要でしょう。

③分析力と論理的思考力

経営企画の業務では、財務諸表や経営指標、各事業部の業績など、経営計画の進捗確認から評価まで、数値分析が重要です。

また、環境分析が不十分だと経営計画に支障が生じることがあります。経営企画担当者は、市場動向や環境分析に必要な統計データや、売上や利益などの業績データを正確に読み解き、分析する力が求められます。

そのため、主観や思いつきではなく、論理的に考える能力も重要です。結論から説明する帰納法や、状況分析から論じる演繹法、MECE(ミーシー)といったフレームワークの活用が有効でしょう。フレームワークを使いこなすためには、日常的に身近な事象をフレームワークに適用して訓練することも効果的です。

④コミュニケーションスキル

事業計画の立案や業績確認の際、ヒアリングするのは経験豊富な営業社員や事業部幹部です。また、報告する相手は30代から50代の上司たちであり、経営陣の前でプレゼンテーションすることも求められます。

実際に動く現場の優秀な人材や経営陣の限られた時間で、必要な内容を聞き出し、わかりやすく説明するには、高度なコミュニケーション能力が必要です。要点を絞り、誤解を招かないように伝える技術は不可欠とされます。

⑤クリエイティブ思考力

ビジネスイノベーションを起こすためには、論理的思考だけでは不十分です。ときにはこれまでにない発想やアイデアが求められます。

クリエイティブ思考とは、過去の事例や慣習、常識にとらわれない独自の発想です。企画会議の最初にブレストや雑談を行うのは、自由な発想が生まれる可能性があります。

資質に左右されるクリエイティブ思考ですが、訓練で身に着けることも可能です。たとえば、散歩しながらの思考、新しい体験を積極的にすること、異なる要素を結びつける思考を繰り返すことが挙げられます。

⑥プロジェクトマネジメントスキル

経営企画では、全社の事業計画を管理しますので、複数のプロジェクトが同時進行します。それらを効率的に管理できる能力が、推進役である経営管理担当者には求められます。

特に20代のうちは、先輩の担当プロジェクトをサポートする機会が多いため、日々の進捗確認やデータの収集・分析などの業務が重なるケースが多いです。そのため、自己管理も含めたプロジェクト管理が求められるでしょう。

ガントチャートの扱いなど基本スキルとともに、各担当者との密な連絡、遅延・未達の確認などを迅速に行い解決策を策定することが必要です。事業の流れをスムーズにし、担当者の負荷を減らす役割を担うのも経営企画の役目といえるでしょう。

20代で経営企画へのキャリアチェンジを成功させるためには

20代で経営企画に移るためには、基本的な経営戦略と、ビジネスについての深い理解が大切です。古典的な書籍から最新のものまで、マネジメントやマーケティングに関するビジネス書から学ぶようにしましょう。

1.経営戦略に関する知識の習得

経営戦略に関する知識が重要です。経営企画では、企業全体の財務状況を把握することが不可欠です。財務や会計に関する知識を基本から学んでおきましょう。

過去の企業の経営戦略についても理解が必要です。経営における基本的な理論や、古典的な経営者の著作から最新の経営者の考え方まで、幅広く学びましょう。また、ビジネス経営における基本的な知識も必要です。会計や組織、人事に関する基礎的な知識を獲得しておくことが望ましいでしょう。

時代の変化が速い今日では、最新の情報や技術トレンドに敏感であることが求められます。書籍だけでなく、ネットニュースやセミナー、他の業界の専門家との対話などを通じて、常に知識を更新し続けることが重要です。

2.ビジネスの基礎知識の確認

ビジネスの基本的な知識をしっかり押さえているかどうかも確認しておきましょう。

筆記試験や面接では、基礎的な用語や概念を把握していることが重要です。ビジネス書やセミナー、オンラインの講座を利用して、基本的な知識を身につけることが必要です。経営企画に関することだけでなく、営業や製造についての基礎的な知識も深めておきましょう。

経営企画は企業全体の活動を対象とするため、幅広い分野に関する知識が求められます。

3.データ分析能力の向上

統計から数値を取得して分析、グラフ加工するなどは経営企画の業務で日々発生します。Excelやデータ分析ツールの扱いを習得しておきましょう。

また、経営企画のデータ分析に求められるのは、現状の数値を分析し、経営者に対し「因果」と「ネクストアクション」を説明です。「因果」は、現状分析の際に、目標達成ができていない原因は何か、どう作用しているかの仮説。「ネクストアクション」は、勝率が高い次の手になります。

Excelやデータ解析ツールを活用してデータ分析する能力はもちろん、会社を俯瞰する視点で分析結果を活用することを意識しましょう。

20代で経営企画へ転職した後のキャリアパスとは

経営企画でキャリアを積むことで、会社経営に必要な基本的な知識とノウハウを蓄積可能です。経営指標や経営計画に必要な財務管理を身に付けることができるので、会社の中枢に近い部署で活躍できます。

経営企画のスペシャリストとしてキャリア歩む

経営企画は、企業全体を俯瞰できる部署です。会社の進路を決定する重要な経営計画を立案し、各事業の計画を策定・管理します。

キャリアパスとして、経営企画部署で経験を積み経営者や事業部の信頼を獲得し、ポジションを上げるという選択ができます。経営企画部署の管理職は、経営者の懐刀として有用です。将来的には、取締役や執行役員などボードメンバーとして会社の意思決定をする立場に進む可能性もあります。

経営企画を経験後、マネジメントのキャリアを目指す

大手企業では、経営企画を経験した幹部候補を、事業部門に管理職として配置することが多いです。事業で実績を上げてから、経営陣に引き上げるという人事になります。

経営企画を経験することで、全社的な視点が身につき、事業部門の運営にも経営視点が付加されるため貴重な人材として扱われます。ビジネスモデルや経営戦略に対する深い理解が育まれることも、有利です。財務や会計に明るいため、財務、経理、会計などの部署で管理職を目指す人もいます。

事業部門や海外拠点などへキャリアチェンジ

経営企画からは、希望して事業部や海外拠点に異動する人も多いです。経営企画では海外拠点のヒアリングも盛んで、会社全体のグローバル戦略にも理解が深いため、海外拠点への異動も多いといわれています。

また、事業部門への異動も多く、直接事業部門にいかないまでも、事業企画のポストに着任するケースも多いです。経営企画での経験を積むにつれ、計画を立案、遂行する立場から、日々の営業で利益を上げる部署を率いてみたいという希望を持つ人もいます。

海外拠点などでの経験を積み、経営企画に管理職として戻ることもありますし、経営メンバーとして任命される人もいます。

転職や起業などを模索する

転職の場合、経営企画経験があると、大企業やスタートアップ企業の経営陣やコンサルティングファーム、監査法人などに行くのも有利になります。

会社全体を俯瞰する視点を持つ経営企画の経験を活かし、コンサルタントとして起業する人や事業で起業する人も多いです。スタートアップは、会社の将来を見通す力と、市場分析力、意思決定の迅速さが求められますので、経営企画での経験は大きな力になります。

20代で経営企画への転職を成功させよう

経営企画は、企業活動の根幹である中長期経営企画や新規事業立ち上げ、経営会議や株主総会のサポートなどを行う部署です。経営陣に近いところで、そのビジョンや方針を実現すべく事業部を動かす旗振り役ともいえるでしょう。

業務は、20代のうちはサポートが中心で、資料作成や数値分析が主になります。経営企画は、経営陣への入口ですから、無理をしてでも転職を成功させる価値のあるポジションです。そのため優秀な人たちが目指しており競争も激しいことが予想されます。

経営、ビジネス、財務、データ分析の知識とスキルを習得するとともに、全体を俯瞰して客観的に考える能力を磨き、目指しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。