記事FV経営企画

経営企画の平均年収は?転職成功者の特徴や転職するメリットを紹介

2023/12/29 更新

経営企画に興味を抱く方々は多く、年収や自身の適正について知りたいと思っているでしょう。

この記事では経営企画職の平均年収や仕事内容を解説しています。また、経営企画の仕事の魅力や適性を知ることで、実際の職場でのイメージがより具体的にできるでしょう。

経営企画の平均年収は?

経営企画の平均年収は518万円です(※1)。令和3年の国民一人当たりの平均年収443万円(※2)よりも70万円以上も高いことがわかります。ただし、地域によって給与水準が異なり、国民一人当たりの平均年収は四国地方が最も低く、平均391万円(※1)となっています。

(※1)参考:経営企画の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)
(※2)参考:令和3年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-

経営企画の仕事内容ついて

経営企画について、具体的な業務内容を知らない方も多いかもしれません。仕事の実際や社内での動きをイメージすることで、経営企画の役割がより見えやすくなるでしょう。ここでは、経営企画の主な業務内容を紹介します。

1.経営戦略の立案

経営企画は企業の目標を基に、長期的な経営戦略を考えます。会社の運営は将来のビジョンを設定し、全体で目指す目標に向かっていくことです。市場や競合他社の情報を分析し、目標達成のための具体的な計画を立てます。

2.経営環境の評価

企業をより良くするためには、社内外の環境を評価することも重要です。市場や業界における自社の位置を把握し、強みや弱みなどを理解します。環境分析によって、企業にとっての新たな機会を見つけることもあります。

3.経営課題の把握と解決

経営戦略を実行する中で、各部門の計画の進行状況を把握する必要があります。計画が進んでいるか確認し、うまくいかない場合は解決策を見つける役目です。

4.事業計画の立案

経営企画は会社全体の目標設定だけでなく、ある1つの事業についても計画を作成することがあります。仕事内容は多岐にわたりますが、一部の企業では経営企画が事業計画を包括的に立案する機会も多いです。

20代で経営企画の職に就くことは可能か

経営企画は経営に近い業務であり、多様な経験や能力が要求されますが、20代でもその職に就いている人は存在します。しかし、実際に仕事をしてみると、理想との違いを感じる人も多いでしょう。ここでは、20代で経営企画をする際の利点と欠点について説明します。

20代で経営企画の職に就く利点:経営陣に近いポジションでの勤務

最初は現場業務を担当することが多い新入社員の中で、経営企画職では会社の経営に関わることができるのは大きな利点です。経営層のリアルな声を聞くことで、将来自分がリーダーとなった際の対応を想像することができます。

20代で経営企画の職に就く欠点:サポート業務に主に従事

一方で、20代のうちは先輩のサポート業務が中心になることが欠点です。企業を牽引する立場として、第一線で活躍するには長期間の経験が必要になります。経営企画のプロとして成長するまでは、事務作業や資料作成が主な業務となることが少なくありません。

経営企画の仕事で得られる効果

経営企画の業務内容を理解した後、その仕事から得られるメリットが気になるでしょう。このポジションで働くことで、企業の方向性を考える上で特有のスキルを身につけることができます。ここでは、経営企画の仕事によって得られる利点について説明します。

キャリアの発展が見込める

企業内で中心的なポジションを占めるため、将来的には役員や経営陣の一員になる可能性があります。海外への展開が進む際には、その地域の責任者として派遣される可能性もあるでしょう。また、簿記や会計の知識を有する人材は特に適していると考えられます。

さらに、経営企画で培った能力は、転職先でも活かせます。他社の同様な部門での勤務や、コンサルタントとしての活動も可能です。広範な視野を持って仕事を進めることができるため、経営企画での経験はキャリアを積みたい人にとって魅力的でしょう。

企業や社会を俯瞰する能力が身につく

経営企画は企業の方向性を決定する立場ですので、自然と企業全体を俯瞰できるようになります。以前の部署では気付かなかった、経営者の視点から見た発見が多いでしょう。

会社全体を見渡す視点を得ることで、社会全体にも目を向けられます。自社の市場での立ち位置を把握し、更なる成長を遂げるための施策を立案する機会が多いです。そのため、世界規模での経営を考える力も身につくでしょう。

さまざまな業務や従業員と関わる経験

経営企画では、部署を超えたプロジェクトを担当する場合があり、全体を統括するリーダーシップが必要です。同時に、管理職や経営陣の意思を社内に伝える架け橋の役割も担います。

業務内容は多岐にわたり、仕事を進める中で多くの従業員と関わる機会が多いです。社内で関係を築くことで業務がスムーズに進み、最終的には企業全体が良い方向に向かうことが期待されます。人々を巻き込む能力は、仕事をより楽しくするだけでなく、影響力を持つことにも繋がるでしょう。

経営企画への転職成功者の特性

実際に経営企画に転職成功する人の特性について、多くの方が興味を持っているのではないでしょうか。企業の中心で情報をまとめ、変革を促す能力を持つ人々が、経営企画での成果を期待されます。ここでは、経営企画向きの人物像を具体的に説明していきます。

幅広いビジネス知識と情報収集の能力を有する

経営企画には、会社の状況を分析し、他社との比較を行うスキルが求められます。意思決定に必要な資料を作成するためには、幅広い知識と高度な情報収集力が不可欠です。製品や技術に関する理解だけでなく、財務や会計、さらにはIT知識も業務の効率化に必要でしょう。

正確な情報収集が重要であり、的確な情報を抽出できる人物が、経営企画に向いています。

分析力と論理的思考が得意

経営企画では情報の分析から問題解決まで幅広く求められます。市場や業績などのデータを解釈し、成功要因と課題を見極め、今後の経営に活かせる人材が必要です。

また、分析した情報を周囲にわかりやすく伝えることも重要になります。ロジカルシンキングの力を持ち、周囲を納得させられる説得力がある人物は、経営企画に向いているでしょう。

プレゼンテーションのスキルが高い

情報分析から導き出された解決策を会社で実現するためには、明確にプレゼンテーションする力が不可欠です。計画の実行に際して、現状や将来の戦略を簡潔に提示することが求められます。現状と問題点を効果的に伝えられる能力を持つ人は、経営企画で広く活躍できる可能性があります。

コミュニケーション能力を有する

コミュニケーションスキルを持つ人は、経営企画においてさまざまな部門と連携する際に有利に働きます。企業の目標を達成するためには、経営陣だけでなく下位部門との協力も不可欠です。全従業員との円滑なコミュニケーションが望ましいですが、時には難しい要求をし、反感を買うこともあります。

社員に負担をかけずに効率的に業務を進めるためには、事前の調整や交渉力が必要です。人々と円滑に意見を調整できる人物は、信頼できる経営企画者として活躍できるでしょう。

魅力的な平均年収を狙って経営企画に転職しよう

経営企画にはさまざまな能力が求められます。求められる能力を伸ばしながら、経営陣に近いポジションで経験を積むことは業務範囲が広がり、キャリアアップの可能性に繋がるでしょう。

企業の方向性に影響を与える経営企画に興味を持つ方は、転職を検討する際に考慮してみてください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。