記事FV労務

労務専門の転職サイト7選|選び方と労務に適した人の特徴を解説

2024/02/26 更新

労務職への転職を目指している方におすすめの転職サイトを紹介します。

労務職に強い転職サイトや、外資系に強い、求人数が多いなど、転職を進めるうえで検討対象に入れておくべき8つの転職サイトです。

労務転職におすすめの転職サイト7社比較一覧

労務職への転職を検討している方に向けて、労務向けおすすめの転職サイト7社を比較一覧で紹介します。労務職に特化した転職サイトや、外資系企業に強いサイト、求人数が多いサイトなど、転職を進める上で考慮すべきポイントを加えて、選択肢を絞り込む手助けとなるはずです。

転職サイトは多岐にわたりますが、それぞれが独自の強みや特長があります。サービス内容を理解した上で、登録を検討するサイトを選ぶことが重要です。

労務向け転職サイト

 上記で紹介した労務向けの転職サイトについて、サービスの特徴や強み、求人数やサイトを利用するメリットなどに注目して比較します。参考にしてください。

1.SYNCA

SYNCAは、人事・総務・労務などの管理部門やバックオフィスへの転職に特化した転職サイトです。

ベンチャー企業やスタートアップ企業などからの求人が多いため、転職を希望される方は新規事業への理解や多様な働き方に対する知識や即戦力がある人材が求められるます。SYNCAでは、アンケートに答えることでご自身の市場価値を診断するサービスや応募者のスキルと企業が必要とするスキルを可視化するサービスがあり、雇用のミスマッチが起きるのを防止できるようになっているので、自分に適した転職先を見るけられます。

こんな人におすすめ!

  • ベンチャー企業やスタートアップ企業を目指したい人
  • これまでの枠に囚われない働き方をしたい人

参考:SYNCA

2.パソナキャリア

パソナキャリアは総合型の転職エージェントです。さまざまな業種の求人を取り扱っており、5万件の掲載があります。

パソナキャリアには「認定シニアコンサルタント」制度があり、業界経験者などの事情にくわしいコンサルタントが求職者からの要望や相談に親身になって応えてくれます。 転職セミナーや転職相談会を無料で受けられ、転職後も1年間は無料でパソコンやスマホを使って勉強できるサービスもパソナキャリアの強みです。

こんな人におすすめ!

  • ハイクラス人材として高年収を目指したい人
  • 専門性の高い求人が揃い、サポートも充実した転職サイトを探している方

参考:パソナキャリア

3.マイナビAGENT

マイナビAGENTは、全国各地からの幅広い業界・職種の求人を取り扱っています。 マイナビAGENTを通してのみ求人を行っている企業もたくさんあるので、他社にはないような求人案件とであえる機会が多いです。

転職サポートも充実していて、転職先が決まるまで何度でも履歴書の添削や面接対策などのサポートを無料で利用できます。業界・職種別に専任のキャリアアドバイザーがいて、よりピンポイントで的確なアドバイスがもらえる点もマイナビAGENTのメリットでしょう。

こんな人におすすめ!

  • はじめて転職活動をおこなう人

参考:マイナビAGENT

転職活動で悩んでいる人におすすめ転職サイト

4.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、公開・非公開あわせて約60万件以上の求人を取り扱っています。業界・業種が幅広いのが特徴です。転職先の選択肢が豊富にあるので、求職者の多様なニーズに合致した求人が見つかる可能性が高いでしょう。

各業界・職種に特化した専門アドバイザーが在籍しており、書類添削や面接対策などの手厚いサポートが受けらることも可能です。職務経歴書エディターやエージェントレポートといった独自のサービスもあり、転職希望者の中でも特に忙しい方に重宝されています。

こんな人におすすめ!

  • 転職活動に時間をかけられない人

参考:リクルートエージェント

5.JACリクルートメント

JACリクルートメントは、海外の企業や外資系企業への転職に特化した転職エージェントです。

利用者の年齢層は30代-50代と高めで、大手企業による管理職への求人も多く求職者には転職後の好待遇がきたいできるでしょう。コンサルタントも各業界や職種への理解度が高く、的確なアドバイスが受けられる点も魅力的です。個室やオンラインでの面談・キャリアプラン相談などサービスも充実しているので安心して利用できます。

こんな人におすすめ!

  • 同じ業種からキャリアアップを目指す人
  • 管理職への転職を希望する人

参考:JACリクルートメント

6.アサイン

株式会社ASSIGNは、若手の管理職への転職を支援している転職サイトです。

キャリアアドバイザーには、コンサルタントの業務についていた方が多くいて、的確なアドバイスを受けられます。転職希望者1人1人にじっくり面談を行い、転職しないことも含めたキャリアプランの提案をしてくれます。 面接対策と志望動機の作成に注力しているので、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。独自開発したキャリアシミュレーションアプリによるキャリアプランの提案を行っている点も大きな特徴です。

こんな人におすすめ!

  • 20~30代前半の若手社会人
  • 自身に適したキャリアプランがわからない人

参考:株式会社ASSIGN

7.BEET AGENT

BEET AGENTは管理部門・バックオフィスの転職に特化した転職エージェントです。 業務内容や法律などにくわしい転職アドバイザーが職務経歴書の添削や面接対策など手厚いサポートを行い、市場価値診断まで実施する点がメリットとしてあげられます。

こんな人におすすめ!

  • 管理部門でキャリアアップを目指す人
  • 職務経験の長くスキルの幅が広い人

参考:BEET AGENT

労務転職で転職サイトを利用するメリット

労務職への転職を考える場合、転職サイトを利用することによる利点は以下の4つです。

転職サイトを活用するメリット

  1. 非公開の求人情報が提供される
  2. 履歴書の添削や面接に関するアドバイスが得られる
  3. 業界や職場の実情を把握することができる
  4. 転職に関する悩みや不安を相談できる

1. 非公開の求人情報が提供される

企業が転職サイトなどに掲載する求人には、通常の公開求人とは異なり、転職サイトへの登録後に担当者と面談を行う中で紹介される非公開求人があります。

求人を非公開にする背景には、求職者からの応募が殺到するのを避けるためや、機密情報を守るためなどがあげられます。

非公開求人には主に大手企業の求人や管理職向けの求人が含まれます。転職サイトを通じて多くの非公開求人と出会うことで、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

2. 履歴書の添削や面接に関するアドバイスが得られる

履歴書の添削や面接のアドバイスは、選考対策に重要です。転職サイトでは、各業界や職種に詳しいアドバイザーやコンサルタントがサポートしてくれ、適切なアドバイスを得ることができます。業界や職種、企業ごとの状況を考慮に入れたアドバイスにより、企業の採用担当者への説得力が大幅に向上し、転職活動の成功可能性が高まります。

初めての転職活動や未経験の業界への転職を考えている場合でも、アドバイスを受けながら進めることで、安心して転職活動に専念できるでしょう。

3. 業界や職場の実情を把握することができる

業界や職場の実情を知ることもできます。特に管理部門への転職に特化したサイトでは、業種や職種ごとに専門のアドバイザーが在籍しており、社会情勢や企業内の事情に詳細な情報を提供してくれます。これにより、事前に具体的な情報を得ることで、転職希望者は各企業での働き方をより具体的にイメージでき、雇用のミスマッチのリスクが低減します。

4. 転職に関する悩みや不安を相談できる

転職の悩みや不安を相談できる点も重要です。キャリアアドバイザーは履歴書や面接の対策だけでなく、求職者の不安や悩みに応じた相談会や座談会を提供しています。希望に近い条件での就職や、待遇の向上に関する不安などがある場合、親切なサイトでキャリアアドバイザーに相談することで、転職活動がスムーズに進むでしょう。

労務向け転職サイトの選び方

労務向けの転職サイトを選ぶ際には、以下の要素を比較しながら選択すると良いです。

労務の転職に適している転職サイトを選ぶ際のポイント

  1. 担当者が業界に深い知識を持っている
  2. サポートが十分に提供されている
  3. アドバイザーとの相性が良い
  4. 求人の数や非公開求人が多い

担当者が業界に深い知識を持っている

業界に詳しいアドバイザーは、その業種や職種について具体的なアドバイスを提供できるため、はじめてその業界・職種に挑戦する利用者にとっては、転職活動において明確な目標を設定できます。

業界に詳しいアドバイザーを選ぶ上で、業界や仕事内容に関する詳細な情報を提供してくれるかどうかを確認は重要です。

サポートが十分に提供されている

転職活動は職務経歴書の作成、面接対策、交渉などさまざまなプロセスがあります。しかし、現職が忙しい場合や転職活動を秘密にしたい場合など、十分な時間を割くことが難しいです。

その際、履歴書や面接の練習、交渉のアドバイス、相談会や求職者セミナーなどの手厚いサポートがあれば、時間をかけずにスムーズに転職活動を進めることができます。

アドバイザーとの相性が良い

アドバイザーとの相性は、求職者の転職活動への意欲や転職成功への効率性にも影響を与えます。

アドバイザーとは共に協力して転職活動を進めるため、良いアドバイザーを見つけることが成功の鍵です。良いアドバイザーを見つけるためには、複数のサイトに登録して面談を受けることが一番の方法でしょう。

アドバイザーとの相性が良いと、求職者は不安や悩みを気軽に相談しやすくなり、緊張せずに転職活動を進めることができます。

求人の数や非公開求人が多い

求人数や非公開求人が豊富な転職エージェントは、転職希望者が良い求人に出会いやすくなります。

非公開求人には好待遇や管理職向けの求人も多く含まれていますので、労務職への転職を検討する方にとっては、非公開求人が多いエージェントの利用がおすすめです。

企業によっては特定のエージェントにのみ求人を出す場合もあるため、複数のエージェントに登録しておきましょう。

労務の転職を成功させるポイント

ここまでは労務の転職活動においてより良い転職エージェントの選び方について8つのおすすめエージェントを紹介しました。ここからは労務の転職を成功させるコツについて、志望動機の書き方や自身のスキルをアピールする方法を解説します。

労務の転職活動を成功させるには、以下のポイントを押さえておきましょう。

労務の転職を成功させるコツ

  • 希望の勤務先での業務内容を理解し、熱意を示す深い志望動機を考える
  • 管理部門に特化した転職サイトを活用する
  • 未経験の場合は関連スキルをアピールする

希望の勤務先での業務内容を理解し、熱意を示す深い志望動機を考える

労務の転職を成功させるためには、転職先の企業の仕事内容をしっかりと理解しなければなりません。

労務の業務内容は、従業員の給与計算や福利厚生・安全管理など労務管理が主な内容です。勤務先の仕事内容を理解していないと混乱や摩擦を引き起こす可能性があり、責任のある職種です。

労務の転職希望者は以上のことを踏まえ、深い志望動機を人事担当者に説明しなければなりません。

未経験から労務へ転職する際の志望動機例
働き方の多様化が謳われるようになった近年、自分の働き方について興味を持ち、より働きやすい環境を求める人が増えています。こうした中で個々の従業員との対話を通して、よりより労働環境を整え提案していく労務管理の仕事にやりがいを感じています。前職では他部署のメンバーと密な連携をとりながらプロジェクトを成し遂げ、人と接することや協力することの重要さを実感した私が、経験を活かして貢献できる仕事が労務の仕事だと考えています。従業員のひとりひとりと真摯に向き合い、柔軟な取り組みをしている御社だからこそ、より先進的な労務管理の提案・構築・運用に尽力できるのではないかと思い、応募しました。

同じ職種から転職する際の志望動機例
現在の会社では6年間にわたって労務管理の部門に在籍しており、社員とのコミュニケーションを大切にしながら、改善点を見つけ出すことを得意としています。新型コロナ感染症が流行り始めた時期には、いち早く社員の声を取り入れリモートワーク制度を推進し整備しました。コロナ禍でも社員の生産性を下げることなく乗り切ることができました。御社が取り組んでいるCSR活動には大変共感する点が多く、データ分析による戦略を重視しているという点にも興味を持ちました。問題点を見つけ出し適切なアプローチを探ることを繰り返した経験から、CSR活動や戦略向上に貢献できることは多いのではないかと感じ、応募させていただきました。

管理部門に特化した転職サイトを活用する

労務の転職活動を成功させるためには、管理部門に特化した転職サイトを使った方がより効率よく質の高い求人に出会うことができます。管理部門に強い転職サイトには管理職への厳選された求人が多数あり、総合型の転職サイトと比べると管理部門の求人を早く見つけられるでしょう。

特にSYNCAは管理部門に強い転職サイトの例です。人事・総務・労務など管理職の転職を目指している方の強い味方になります。

未経験の場合は関連スキルをアピールする

労務の仕事に就くには、必ずしも労務で働いた経験がなければいけないわけではありませんが、労務経験者の方がより信頼されやすく転職も容易に進むのは間違いありません。

労務未経験者が労務の仕事に就く場合は、ビジネス能力検定、社会保険労務士、DCプランナーなど、法や年金制度に関する資格を取得していると、採用担当者へのアピールになります。

転職サイトを利用して労務への転職を成功させよう

労務の転職を成功させるためには、転職サイトを活用して転職活動を進めることが有利で、より効率的かつ質の高い求人に巡り合うことができます。特に業界に詳しいアドバイザーが在籍し、サポートが充実している、求人数や非公開求人が多いなどの条件を満たすサイトがおすすめです。複数のサイトに登録することで、より優れた求人との出会いの可能性が高まりますので、急いで転職活動を進める方は積極的に利用してみることをオススメします。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。