記事FV
バックオフィス
2024/03/22 更新

営業事務と一般事務の違いは?業務内容の違いや向いている人を比較

事務系の仕事の種類は多いですが、それぞれの仕事内容について詳しく知る方は少ないのが事実です。営業事務と一般事務も混同されやすい仕事の1つですが、所属する部署と仕事内容は大きく異なります。

これから就職・転職を目指す方はそれぞれの違いをよく理解しておきましょう。この記事では営業事務と一般事務の違い・魅力・求められるスキルから、それぞれの仕事に向いている方の特徴まで紹介します。

営業事務と一般事務の業務の違い

営業事務の仕事は営業担当者のサポートで、一般事務は書類整理・データ入力・電話対応などが主な仕事内容です。それぞれの仕事内容については以下で解説します。

営業事務の主な業務内容

営業事務は、外回りをしている営業担当者が仕事をしやすいようにサポートをするのが主な役割です。仕事場所はオフィス内ですが仕事の範囲は幅広く、PC作業から顧客対応まで行います。具体的な業務内容は以下に挙げるようなものです。

  • 見積書・契約書・請求書などの作成
  • データ入力作業
  • プレゼン資料の作成
  • 在庫管理・納期調整
  • 顧客との窓口対応・メール対応・電話応対
  • 営業担当者や顧客のスケジュール管理

営業事務の仕事はほとんどがPCでの作業で、一般事務でも行う書類整理などの業務もあります。しかし、どうしても不在がちになる営業担当者に代わって顧客対応をする必要があるので、事務系の仕事でも社外の方とコミュニケーションを取る機会が多いのも特徴です。

一般事務の主な業務内容

一般事務は社内で発生する事務作業全般を担います。営業担当者に特化してサポートする営業事務と異なり、一般事務は社内の職員全員が円滑に仕事ができるようにサポートする仕事なので、さまざまな部署に配属されるのも特徴です。一般事務の主な業務内容を以下に紹介します。

  • 書類作成と書類の管理
  • データ入力
  • 作成した書類のチェック
  • 書類のファイリング
  • 備品管理
  • メール・電話対応
  • 来客対応
  • 郵便物やFAXの仕分け・処理

実際にどのような仕事をするかは会社によって異なるので、求人や面接時によく確認しましょう。一般事務でも来客対応の仕事がありますが、来客と直接コミュニケーションを取る機会は少なく、会議室などのセッティング・部屋の案内・お茶出しを行うのが主な役割です。

営業事務と一般事務で求められるスキルや資格の違い

営業事務と一般事務では、求められるスキルが異なります。役立つ資格も異なるので、就職や転職のために資格取得を検討している方は、目指す職種に合う資格を取りましょう。この下で解説するので、参考にしてください。

営業事務に求められるスキルや資格

営業事務の仕事では、高いコミュニケーションスキルとPCスキルが求められます。PCはWord・Excelの一般的な操作だけでなく、表計算などより高度なスキルを身に付けておきましょう。PowerPointで資料作成ができると、職場で重宝される人材になれます。営業事務で持っていると役に立つスキルや資格は、以下に挙げる通りです。

スキル

  • 高いPCスキル(Word・Excel・PowerPoint)
  • 速くて正確なタイピング
  • 正確な事務処理能力
  • 一般的なビジネスマナー
  • スケジュール管理能力
  • 高いコミュニケーション能力
  • マルチタスクをこなす能力

資格

  • MOS
  • 日商PC検定(2級以上)
  • 日商簿記(2級以上)
  • TOEIC
  • 秘書検定(2級以上)
  • ビジネス・キャリア検定(2級以上)
  • ビジネス実務法務検定(2級以上)

一般事務に求められるスキルや資格

一般事務で求められるスキルは、PCスキル・ビジネスマナー・コミュニケーションスキルです。どのスキルも一般レベルで問題ありませんが、高ければ高いほど仕事を円滑に進められるようになるでしょう。一般事務で役立つスキルや資格を以下に紹介します。

スキル

  • Word・Excelの一般的な知識と技能
  • 正確かつスピーディな事務処理な能力
  • 一般的なビジネスマナー
  • コミュニケーション能力
  • スケジュール管理やタスク管理の能力

資格

  • MOS
  • ITパスポート資格
  • 日商マスター
  • 日商簿記(2級・3級)
  • 秘書検定(2級以上)
  • 文書情報管理士(2級以上)
  • ビジネス文書検定(1級・2級)
  • TOEIC(700点以上)

一般事務を目指すのに資格を取るなら、ビジネス文書の作成方法や読み方が身に付くものがオススメです。職場のIT化が進む現代社会では、PC関係の資格も有利に働きます。日商マスターは、日商PC検定の上位資格です。

営業事務と一般事務でそれぞれ向く人の特徴を比較

営業事務と一般事務では、求められる人物像が異なります。営業事務なら臨機応変な対応が得意で誰とでもコミュニケーションが取れる方、一般事務なら協調性やおもてなしの気持ちを持つ方です。それぞれの仕事に向く方の特徴を以下に詳しく紹介します。

営業事務に向く人の特徴

営業事務は、営業担当者のサポート役から文書作成まで幅広い業務を担います。以下のような性格や特徴を持つ方なら、現場で活躍できるでしょう。

  • 他人の世話をするのが好き
  • 記憶力が優れている
  • 相手の立場を考えながら自発的に動ける
  • イレギュラーな事態が起きても動揺しない
  • 計画を立てたり調整したりするのが得意

営業事務では、マニュアル通りにこなす仕事より、その場の状況に応じて自分で判断して解決する力を求められる場面が多い仕事です。営業担当者に代わって顧客対応をしたり、イレギュラーに飛び込んできた仕事をこなす機会もよくあります。

一般事務に向く人の特徴

一般事務の仕事は、周囲の方に気配りをしながらデータ入力のような単純作業をこなす必要があります。社内の方が何を必要としているか、何に困っているかを考えながら仕事ができる方は非常に重宝されるでしょう。一般事務の仕事に向く方の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • デスクワークが好き
  • 根気強く、細かい作業をするのが好き
  • 几帳面で正確に作業ができる
  • 周りの方に気配りができる
  • さまざまな方とコミュニケーションが取れる
  • 穏やかで明るい性格の持ち主

一般事務の仕事でも、電話や対面で社外の顧客に対応する場面はあります。誰とでも感じよく関われる方なら活躍の場が広がるでしょう。また、一般事務の仕事はルーチンワークばかりではありません。イレギュラーな事態も発生するので、臨機応変に対応する力も必要です。

営業事務と一般事務それぞれの魅力

営業事務と一般事務は、どちらも魅力のある仕事です。それぞれの魅力についてこの下で解説します。

営業事務の魅了

営業事務の仕事は、事務系の仕事でありながら関わる方が多いのが特徴です。多くの方は「誰かの役に立った。」と感じられたり、企業の売り上げが上がったりしたときにやりがいを感じています。ほかに挙げられる魅力は、以下のようなものです。

  • 営業チームの仕事に貢献できる
  • 自分の仕事が顧客満足度の向上につながる
  • 業務の簡略化、効率化に取り組める
  • 顧客の満足感を直接見る機会がある
  • 事務職と営業職の知識が同時に身に付く

厚生労働省による令和4年賃金構造基本統計調査によると、営業事務の平均年収は471.4万円です(※1)。しかし、年収は長く勤めて経験を積むほど上がっていきます。雇用形態も正社員だけでなく、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員と幅広いので、ライフステージや家庭の事情に合わせて働き方を選びやすいのも魅力です。

(※1)参考:厚生労働省職業情報提供サイト「営業事務」

一般事務の魅力

一般事務の仕事は、一年を通じて仕事量が安定していて、ワークバランスを取りやすいのが最大の魅力です。多くの方は職場の方から感謝されたときにやりがいを感じています。ほかに挙げられる一般事務の魅力は以下のようなものです。

  • 残業が少ない
  • プライベートと両立しやすい
  • 働きながらPCスキルやビジネスマナーを身に付けられる
  • 結婚・出産などのライフイベントがあっても長く働ける
  • 別の事務系職種に転職しやすい

一般事務は未経験であっても採用されやすい仕事です。事務系の職種でキャリアアップを目指すなら、一般事務から始めましょう。厚生労働省による令和4年賃金構造基本統計調査によると、平均年収は490万円程度です(※2)。雇用形態は営業事務と同じで、正社員・パート・アルバイト・派遣社員・契約社員とあります。

(※2)参考:厚生労働省職業情報提供サイト「一般事務」 

営業事務と一般事務ではサポートする相手が異なる

営業事務は営業担当者のサポート、一般事務は社内の職員全員のサポートが主な仕事です。どちらもオフィスワークですが、アクティブで高いコミュニケーションスキルを持つ方なら営業事務を、デスクワークが好きで根気強い方なら一般事務を目指すと活躍できるでしょう。

営業事務や一般事務は資格がないとできない仕事ではありませんが、持っていると仕事がしやすくなったり、就職・転職が有利になったりする資格があるのは事実です。MOSや日商PC検定などPC関係の資格や秘書検定は、どちらの職種でも使えるのでぜひ取得しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。