記事FV
バックオフィス
2024/07/08 更新

営業事務の転職にオススメの転職サイトや転職エージェント|選び方や成功するコツも解説

営業事務の転職には、特化した転職サイトやエージェントの選定が重要です。転職エージェントは非公開求人へのアクセスや、キャリアアドバイザーからの個別サポートといった多くのメリットがあります。

転職サイトは、多数の求人から自分に合ったものを選ぶ自由度が高いです。転職サイトとエージェントを併用することで、幅広い選択肢から理想の職場を見つけることが可能になります。

この記事では、営業事務の転職にオススメな転職サイトや転職エージェントを紹介。選び方や成功するコツも解説します。

営業事務の転職に強い転職サイト

営業事務の転職を考える際、転職サイトの「求人検索型」と「エージェント型」の併用が効果的です。求人検索型では自ら求人を探し応募します。

エージェント型ではキャリアコンサルタントが転職活動をサポート。求人検索型とエージェント型のサイトを使い分けることで、営業事務としての転職先を見つけやすくなります。

リクルートエージェント

リクルートグループの「リクルートエージェント」は、営業事務職への転職を考える方々に最適な転職サポートサービスです。転職支援実績No.1の信頼性を誇り、多様な職種・業界の求人情報を提供。面接力向上セミナーなど充実したサポート体制が特徴で、転職希望者の成功率を高めます。

ITエンジニアから経営企画まで幅広い職種の求人があり、IT・通信業界から金融保険業界、医療・医薬業界まで、多種多様な業界の求人情報にアクセス可能です。

リクルートエージェントは、自分のキャリアや希望に合った求人を見つけやすく、転職を成功させる強力なパートナーとなります。

doda(デューダ)

「doda(デューダ)」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職サイトです。特に営業事務職への転職を考えている方には、豊富な非公開求人が大きなメリットとなります。

dodaの独占求人は8割以上におよび、他では紹介されないような魅力的なポジションに出会える可能性が高いです。

dodaは「転職サイト」と「転職エージェント」の機能を一体化させており、自分で求人を探すことも、専任のキャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けることもできます。履歴書作成や面接対策なども充実しており、初めて転職する方にとっても心強い味方です。

営業事務職への転職を考えている方にとって、dodaを選ぶことで転職の成功が近づくでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒・第二新卒・フリーターを対象としたサポートに特化した転職サイトです。大手人材会社であるマイナビが運営するこのサイトは、20代の若手を求める企業の求人を多数掲載し、初めての転職者に適しています。

マイナビエージェントの強みは、豊富な求人情報と手厚いサポート体制。登録後、キャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者と連携し、求人の紹介から内定獲得までをサポートします。

書類選考や面接対策において、専任アドバイザーからの個別指導が受けられる点は、転職活動における大きな助けとなるでしょう。

さらに、マイナビエージェントは20代の転職市場における豊富な実績と信頼性を誇ります。大手企業との強いつながりを活かした高品質な求人情報の提供が可能です。

初めての転職やキャリア形成の初期段階にある方にとって、マイナビエージェントは理想的な選択肢の一つと言えるでしょう。

キャリアスタート

キャリアスタートは新卒、第二新卒、フリーターを対象とした転職サポートに特化したサイトです。専門のキャリアアドバイザーが転職・就活のサポートを行います。寮や引っ越し、住居などの生活面に関する相談もでき、住居に不安を感じている方にも安心して利用可能です。

キャリアスタートでは、20代の若手を対象に豊富な求人を提供しており、非公開求人にもアクセスできます。専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートを行い、求人の紹介から面接対策、内定獲得まで徹底的にサポート。

転職者は同じアドバイザーが担当するため、転職以外の日常の悩みも相談しやすく、長期的なサポートを受けられます。キャリアスタートは新卒や若手の転職者にとって心強い存在であり、その手厚いサポート体制は転職成功への大きな助けとなるでしょう。

営業事務の転職に強い転職エージェント

事務職転職を目指す方に推奨する転職エージェントを5社解説します。

WARC AGENT|プロフェッショナル人材と企業を繋ぐ

WARC AGENTは、キャリアアップや収入増を望む求職者が集まる人材紹介会社です。

この会社の特徴的な点は、企業が直接、求職者にスカウトを送ることができるシステムにあります。求職者のスキルや経験に興味を持った企業は、積極的にスカウトを行い、理想的な候補者を見つけやすいという利点があります。また、求職者は専門のキャリアコンサルタントのサポートを受けており、そのアドバイスに基づいて転職活動を行っているため、質の高い人材が多いのが特徴です。

高収入層やキャリアアップを目指す人材が多く登録しているため、専門職やスペシャリスト向けの求人にも強みを持つこの会社は、高年収や給与アップを目指す求職者に適しています。

参考:WARC AGENT

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内No.1の転職支援実績を誇る転職エージェントです。営業事務の転職を考えている方にとって、豊富な求人数と手厚いサポートが大きな強みとなります。

リクルートエージェントは1.2万件を超える事務職の求人を提供。キャリアアドバイザーが転職先の提案から面接調整、入社後の条件交渉まで、あらゆる面で支援してくれます。

リクルートエージェントの強みは、求人サービス「リクナビ」を通じて築かれた企業との強いパイプです。転職者は個人では難しい情報収集や条件交渉をスムーズに進めることができます。

企業からのスカウトサービスも利用可能で、転職の選択肢をさらに広げることが可能です。

リクルートエージェントは、自分の強みを生かした転職を目指す方や、初めての転職でサポートを受けたい方にオススメです。その手厚いサポートと求人数の多さは、営業事務職への転職を成功させる強力な味方となるでしょう。

doda(デューダ)

dodaは国内屈指の転職エージェントであり、公開求人と非公開求人を合わせると20万件超にも上ります。営業事務職向けの求人も豊富に含まれており、dodaに登録することでより多くの選択肢が得られるでしょう。

dodaのサービスは自分で求人を検索し応募するだけでなく、企業から直接スカウトを受けることもできます。

転職者が自分に最適な方法で転職活動を進められるのが、dodaの大きな魅力です。幅広い選択肢は、営業事務職への転職を考える人にとって大きなメリットとなります。

dodaでは専門のキャリアアドバイザーが、一人ひとりの転職者に合った求人の紹介から面接対策まで、手厚いサポートを実施。営業事務職への転職を成功させたい方にとって、dodaは欠かせないパートナーと言えるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代から30代の転職者に支持されている転職エージェントです。マイナビエージェントは、初めて転職を考える方にオススメで、キャリアアドバイザーが徹底したサポートを行います。

面談を通じて転職者の希望条件に合った求人を紹介し、応募書類の添削や模擬面接なども行います。平日夜間や土曜日にも営業しており、忙しい転職者でも都合に合わせて相談が可能です。

マイナビエージェントは就活サイト「マイナビ」で培われた企業との関係を活かし、独自の非公開求人も紹介します。大手企業だけでなく、中小企業の求人も豊富に取り扱っており、転職者の働きやすさを重視した転職先の選択が可能です。

リクルートエージェントやdodaと異なり、無期限でのサポートを提供している点も転職者にとって心強い特徴となります。

マイナビエージェントは自身の適性をじっくりと考え、充実したサポートを受けながら転職活動を進めたい方にオススメの転職エージェントです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職希望者への手厚いサポートで知られる転職エージェントです。利用者の年収アップ率が67.1%に達するなど、転職者のキャリアアップを強力にバックアップしています。

事務職の求人も約1,100件あり、未経験からでも事務職を目指す人に適しています。

全国各地に拠点を持つパソナキャリアでは、顧客満足度の高い丁寧な対面サポートを提供。キャリアアドバイザーによる面談では、応募書類の添削や面接指導を受けることができ、転職活動を効率的かつ効果的に進められます。

パソナキャリアは全都道府県に拠点を構えており、都市部だけでなく地方の求人にも強い点が特徴です。UターンやIターン転職を考える方にも最適な選択肢と言えます。

パソナキャリアはキャリアアップを目指す方や、地方での転職を検討している方にオススメの転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントと転職サイトは、どちらも転職をサポートするサービスです。転職エージェントと転職サイトには、それぞれのメリットがあります。両社の違いを知ったうえで活用することで、転職活動を優位に進められるでしょう。

転職エージェントの特徴

転職エージェントは転職支援の専門家であるキャリアコンサルタントが、求職者の希望や条件に合った求人を紹介し、選考の準備や企業との日程調整をサポートするサービスです。

転職相談から求人情報の提供、面接対策、書類作成のアドバイスまで、幅広い支援を無料で受けることができます。面談はエージェントのオフィスを訪れるか、電話やWEBで個々の経歴や希望に基づいた紹介が行われます。

転職エージェントを活用することで、求職者は自分に合った求人に出会う確率が高まり、効率的な転職活動ができるでしょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用する最大のメリットは、プロのキャリアアドバイザーによるサポートです。専門家が求職者の経験やスキルや希望に合わせた求人を紹介し、応募書類の添削や面接対策、条件交渉まで行います。

転職サイトでは見つけにくい非公開求人へのアクセスも可能で、より幅広い選択肢から理想の職を見つけられます。キャリアアドバイザーは求職者と企業の両方のニーズを理解しているため、より効率的な転職活動が可能です。

転職エージェントごとに特化する業界やエリアが異なるため、複数のエージェントを併用すると効果的でしょう。アドバイザーとの相性も重要であり、コミュニケーションスタイルや希望条件の変更などを適時共有することがスムーズな転職活動を促進します。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際には、いくつかの注意点があります。

エージェントによっては得意とする業界やエリア、企業規模が異なり、希望する求人がない場合もあるでしょう。転職エージェントを利用する場合には、複数のエージェントを併用することがオススメです。

キャリアアドバイザーとの相性も重要なため、希望する連絡の頻度、時間帯などを事前に伝えます。しかし、アドバイザーの意見に完全に頼るのではなく、自分自身で情報を吟味し、最終的な判断は自分で行うことが重要です。

転職サイトの特徴

転職サイトは、インターネット上で多数の求人を掲載するサービスです。求職者は自分の希望や条件に合った企業を自由に検索・選択し、直接応募することができます。転職サイトは応募者が自分で情報を収集し、自らの判断で進める点が特徴です。

転職サイトでは会員ページが用意されており、登録したプロフィールに基づいてオススメの求人が提示されたり、企業からスカウトメールが届くなどのサービスもあります。

転職エージェントと異なり、個別の専門家によるサポートは少ないものの、幅広い選択肢から自分に最適な職場を探す自由度が高いのが魅力です。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリットは、求人への応募が手軽で迅速に行える点です。多数の求人が常時掲載されており、希望に合うものがあれば、その場で直接応募できます。

転職活動を自分のペースでコントロールすることができるのも魅力です。現職との兼ね合いや個人の志向に合わせて活動のタイミングを調整できるため、ストレスなく転職活動を進めることができます。

自分で求人を探し、比較・検討できるため、多様な選択肢の中から理想の職場を見つけられるでしょう。

転職サイトを利用する際の注意点

転職サイトを利用する際には、転職活動の応募から内定後の条件交渉までを、求職者自身が自分で進める必要があります。応募書類の作成や面接対策も自分自身で準備するため、計画的に取り組むことが重要です。

自由に応募できる一方で自分の経験やスキルに合わない求人を選んでしまい、書類選考や面接でなかなか通過できない場合もあります。

転職サイトを有効に活用するためには自己分析と市場調査をしっかりと行い、自分に合った求人を見極めることが大切です。

転職サイトや転職エージェントを利用して転職を成功するポイント

転職サイトや転職エージェントを利用して転職を成功させるためには以下のポイントが大切です。

  • 転職サイトと転職エージェントを併用する
  • 転職エージェントは複数登録
  • 担当キャリアアドバイザーを見極める

それぞれ解説します。

転職サイトと転職エージェントを併用する

事務職への転職では、転職サイトと転職エージェントを併用することが効果的です。転職エージェントには「非公開求人」と呼ばれる案件があり、キャリアアドバイザーを通じてのみ応募が可能ができます。

非公開求人は一般に公開されている求人と比較して競争率が低いことが多いため、有利に転職活動を進められるでしょう。

転職エージェントは面接指導や応募書類の添削を提供し、個々の強みや経験を活かしたアドバイスを行います。サポートを活用しつつ自分でも転職サイトを利用し、求人情報をチェックすることで、転職の成功率を高めることが可能です。

転職エージェントは複数登録

転職エージェントは複数登録することで、転職活動の選択肢が広がります。エージェントには得意分野や特色があるため、複数のエージェントに登録することでさまざまな業界や職種の情報を得られます。

リクルート社の調査(※1)によると転職成功者の平均利用エージェント数は約4.2社です。多様なエージェントを利用することが、転職成功につながることを示していると言えます。

エージェント選びでは、取引企業の多さや運用年数をチェックすることが重要です。お住まいの地域に拠点を持つエージェントは、地域密着型のサポートが期待できます。

複数のエージェントを利用することで自分に合ったエージェントを見つけ、より充実した転職活動が展開できるでしょう。

(※1)参考:リクナビNEXT「転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド」

担当キャリアアドバイザーを見極める

転職エージェントを利用する際、キャリアアドバイザーの選択は重要です。理想的なキャリアアドバイザーは応募者の話に真剣に耳を傾け、提案する求人の理由を明確に説明ができます。目指す業界や職種に精通しているかどうかもチェックするべきです。

求人の推薦理由を確認することで、アドバイザーがあなたのキャリアをどれだけ考慮しているかがわかるでしょう。

推薦の根拠が不十分である場合や、希望する分野に関する知識が乏しいと感じた場合は、他のエージェントへの切り替えや担当者の変更がオススメです。

自分に合ったキャリアアドバイザーを見極めることが、転職成功の近道となります。

転職サイトと転職エージェントを活用して営業事務への転職を成功させよう

営業事務の転職には、特化した転職サイトやエージェントの選定が重要です。転職エージェントは非公開求人のアクセスやキャリアアドバイザーからの個別サポートが活用できます。自分にあったキャリアアドバイザーに出会えれば転職が成功しやすくなるでしょう。

転職サイトでは、多数の求人から自分に合ったものを選ぶ自由度が高いです。転職サイトとエージェントを併用することで、幅広い選択肢から理想の職場を見つけることが可能になります。

転職サイトと転職エージェントを活用することで営業事務職への転職に大きく近づくでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。