記事FV法務

第二新卒でも法務職へのキャリアチェンジ可能?必要なスキルと仕事内容を解説

2024/01/31 更新

「第二新卒の方が法務職への転職は可能?」多くの人が抱く疑問について、この記事では、法務の職務内容や年収、求められるスキルや適性について紹介します。さらに、法務職に必要な実務経験や専門知識を身につけるための具体的なアドバイスも解説するので、参考にしてください。

法務の主な3つの仕事内容

法務の職務は大まかに3つに分けられます。まず、法的なリサーチと分析。企業の法的問題を理解し、それを解決するための情報を収集する必要があります。

次に、法的アドバイスとコンプライアンス。企業内で法律を遵守するための役割を果たします。最後に、法的戦略とリスク管理。企業のリスクを最小限に抑えるための戦略を立案する役割があります。これらのポイントについて見ていきましょう。

法的リサーチと分析について

法的リサーチと分析は、法務の中核的な業務です。まず、法務の役割は企業や業界に関連する法律や規制に関する情報を収集し、理解します。これは、企業が法的に正しい行動を取れるようにするための重要な段階です。

具体的な作業としては、法的リサーチや文献調査を行い、その情報をもとに関連する法的問題を分析します。その結果は、企業の意思決定や政策立案に大きな影響を与えるものです。

また、契約書や法的文書の作成や検討も重要な法務業務になります。これは、企業が法的な問題を避けたり、問題が発生した場合に適切に対処できるようにするために不可欠な作業です。

法的アドバイスとコンプライアンスについて

法的アドバイスとコンプライアンスは、法務部門が企業内や関係者にビジネス活動や意思決定が法的に適合しているかを確認し、アドバイスを提供する役割です。この役割は、法的リスクやコンプライアンスの問題を特定し、予防策や改善策を提案することも含みます。

法的戦略とリスク管理について

法的戦略とリスク管理は、法的な観点から企業のビジネス目標やリスク管理を考慮に入れ、企業の戦略を策定し実施します。その業務内容は広範で、契約や取引条件の交渉から、知的財産権の保護、そしてコンプライアンスプログラムの開発までを含むものです。

これらの活動は、法的な観点から企業の戦略的な目標を達成するための重要なサポートを担います。企業がビジネスを展開するにあたり、法的なリスクを最小限に抑えることは極めて重要です。

法務部門は、そのようなリスクを識別し、適切に対策を講じるための戦略を企業に提供します。これにより、企業は法的な問題を未然に防ぎ、ビジネスを順調に推進すが可能となります。

法務で求められるスキル

法務で必要とされるスキルや能力は、その職務内容に基づいて主に3つに分けられます。法律に関する知識と分析能力、コミュニケーション能力、そして問題解決能力と戦略的思考です。

これらの能力が備わっていることで、法務職として企業の法的課題に対処し、ビジネスの成功をサポートができます。それぞれの能力について詳しく見ていきましょう。

法的知識と分析能力について

法務職で最も重要な能力は、法的知識と分析能力です。これには、法律や規制に関する深い知識と理解が求められます。企業の業務をサポートするためには、適切な法律の理解とその適用能力が不可欠です。

それに伴い、法的文書や契約書を解釈・分析し、法的なリスクや問題を特定して対策を提案する能力も重要になります。これにより、企業は法的な問題に迅速に対処し、ビジネスをスムーズに運営ができます。

また、新しい法律や規制の情報を追跡しリサーチする能力も必要です。これは、企業が常に法的な変更に対応できるようにするための要素につながります。これらの能力を持つことで、法務職は企業の法的な課題に迅速に対処し、ビジネスの成功を後押しするでしょう。

コミュニケーション能力について

コミュニケーション能力も、法務職で不可欠なスキルです。内外の関係者と円滑なコミュニケーションを図る能力が求められます。

これは、法的な問題やリスクを専門外の人にもわかりやすく説明し、適切なアドバイスやガイダンスを提供するために必要です。法務担当者は、企業内外の関係者と協力して業務を進める必要があります。

たとえば、契約交渉や訴訟対応では、他部門や外部の法律専門家との連携が必要です。これには効果的なコミュニケーションスキルが不可欠です。法務担当者は、専門知識を持つだけでなく、他の人と情報を共有し、理解を深める能力も重視されます。

このスキルは、企業が法的な問題に効果的に対処し、その影響を最小限に抑えるために極めて重要です。

問題解決能力と戦略思考について

法務職では問題解決能力と戦略思考が重要なスキルとなります。複雑な法的問題や紛争に直面することが頻繁にあり、これらを解決するための能力が求められます。

法的な観点から問題を分析し、リスクを評価する能力は、企業が法的な問題に対応し、その影響を最小限に抑えるために必要です。また、この分析に基づいて適切な戦略やアクションプランを策定する能力も求められます。

法務担当者は、ビジネスの目標や法的要件を考慮しながら、効果的かつ合法的な解決策を見つける能力を持つべきです。これにより、法的な問題を解決し、企業のビジネス目標の達成を支援します。

これらのスキルは、法務職が企業の法的課題に対応し、ビジネスの成功を支えるために不可欠な能力です。

法務未経験者が第二新卒で転職する際に抑えておくべきポイント

法務への転職を考えている第二新卒の方が理解しておくべきポイントはいくつかあります。企業が法務で第二新卒を積極的に募集している理由、第二新卒をどのように扱っているか、そして法務転職に有利な資格についてです。

法務で第二新卒を募集している理由とは

法務部門では、法的知識や経験を持つ人材が求められます。しかし、なぜ第二新卒を特に求めているのでしょうか。その理由は主に以下の3つです。

新鮮な視点と柔軟性は欲しいから

第二新卒は、新しい環境に適応しやすく、新鮮な視点を持ち込むことができます。これは、法務の仕事が絶えず変化する法律環境に対応するのに必要な柔軟性を持つことを意味します。

キャリアチェンジの意欲があるから

第二新卒の中には、新たなキャリアパスを模索している人が多く、自身のキャリアを積極的に形成したいという強い意欲を持っています。その意欲は、学ぶ意欲や成長意欲につながり、法務の仕事に必要な専門知識を身につけるのに役立ちます。

組織に適応しやすい素質があるから

第二新卒は既に一度社会人経験を持っており、企業の組織文化やチームで働くことの重要性を理解しています。その経験は、新しい職場やチームにスムーズに適応するのに役立ちます。

起業での第二新卒の扱われ方

第二新卒者の扱いは企業によって異なります。前職の経験が比較的浅いため、経験者と比べて一部の企業では採用の優先順位が下がる可能性もすくなくありません。しかし、その一方で、多くの企業は第二新卒のポテンシャルを高く評価します。

特に、法務未経験者であっても基本的な法的知識やスキルを持っていること、新しいことを積極的に学ぼうという意欲があること、そして自身の成長ポテンシャルをアピールすることができれば、採用のチャンスは広がります。

企業は、第二新卒が前職で得た社会人経験や人間関係の構築能力、問題解決能力などを高く評価するでしょう。そのため、これらのスキルを活かして自己PRを行い、自身が法務の仕事に適していることを伝えることが重要です。

第二新卒で法務に転職する際に持っておくと有利な資格

第二新卒で法務に転職する際に有利な資格は、確かに法的知識を証明するものがあります。その中で特に価値があるのは、法学部卒業または法律関連の学位です。これは法的な問題について深く学んできた証となります。

同様に、司法試験の受験資格も大きな強みとなるでしょう。これは法務専門職への進路を示す明確な指標となります。司法試験は困難な試験として知られており、受験資格を得ているだけでもあなたの法的知識と決意を示すものとなります。また、簿記や会計関連の資格を持っていると、特に企業法務においては大きなプラス要因です。

これらの資格は、法務とビジネスの視点を組み合わせる能力を証明し、契約書作成や法的リスク管理などの作業において有利となります。

法務未経験者が第二新卒での転職を成功させるためのカギ

第二新卒での法務転職は、法的知識やスキルを持つだけでなく、適切な戦略と準備が必要です。ここでは、法務未経験者が第二新卒での転職を成功させるポイントについて解説します。

創業年数が浅い企業を狙う

創業年数が浅いベンチャー企業は新しいアイデアやダイナミックな成長を目指しており、従来の法務業務にとらわれず、新たな視点や発想で業務に取り組む能力を求めています。

第二新卒の法務未経験者は、このような柔軟性や創造性を持つ人材として、ベンチャー企業での採用機会を得やすいと言えます。また、ベンチャー企業では多角的な業務に関与する機会が多く、法務としてのスキルや経験を幅広く獲得することが可能です。

これらの理由から、ベンチャー企業を狙うことは、第二新卒で法務に転職を考えている人にとって有効な戦略となるでしょう。

履歴書・職務経歴書を工夫する

法務未経験者が第二新卒で転職を目指す際、履歴書や職務経歴書は重要な自己PRの道具となります。

法務職に必要な能力や知識をいかに持っているか、そしてそれをどう活用できるかを明確に表現することが求められます。過去の職務で得た経験やスキル、自己学習を通じて獲得した法的知識、問題解決能力やコミュニケーションスキルなどを具体的なエピソードとともに書き出すことが重要です。

また、学び続ける意欲や成長のポテンシャルを見せるために、現在進行形の学びや成長の努力を記述も効果的でしょう。

これらを工夫して表現することで、あなたの強みや可能性を採用担当者に伝えられます。

法務に関する知識を学んでおく

法務職への転職を考える際、基本的な法的知識を身につけておくことは非常に重要です。

法律の基本原則、契約法、企業法、労働法などの基礎知識はもちろん、コンプライアンスやリスク管理についての理解も必要とされます。これらの知識を獲得するために、法律関連の書籍を読む、オンラインコースやセミナーに参加するなどの自己学習を推奨します。

また、法務職に関する業界のトレンドやニュースも追うことで、最新の法的課題についての理解を深められます。このような事前の学習は、面接での自己PRや実際の業務でのパフォーマンスにつながるでしょう。

学び続ける姿勢をアピールする

法務職への転職を考える場合、法律や規制は常に変化しているため、学び続ける姿勢を持つことが必須となります。

面接などでは、自己啓発の取り組みや新たな法律の動向に対する関心を明確に示すことが求められます。転職後も法律やビジネス環境の変化に対応できる能力を持つことをアピールすることで、採用者に対して信頼感を持たせることができます。

また、専門知識を深めるための継続的な学習意欲や自己改善への姿勢も大切で、これが企業にとって魅力的な要素となるといえるでしょう。

転職サイトや転職エージェントを活用する

転職サイトやエージェントは、求職者に対して広範な情報提供とプロのサポートを行うため、最大限に活用することが推奨されます。これらの転職サービスは、法務職の採用情報を網羅しており、個々の求職者のスキル、経験、希望条件に基づいて最適な職場をマッチングします。

また、転職エージェントは専門のキャリアアドバイザーが対応しており、個々の転職計画や履歴書、面接のアドバイスを提供するため、効率的で成功確率の高い転職活動を行うことが可能です。

転職サービスを最大限に活用することで、自身のキャリアゴールに合った企業やポジションを見つける可能性が高まります。

法務未経験者が第二新卒で法務を目指す際に取得するべき資格

法務職における専門性を深めるために、ビジネス法務実務検定とビジネスコンプライアンス検定の取得を考慮することが有益です。これらの資格は、法務における基礎的な知識とスキルを確認し、専門性を証明するものです。

①ビジネス法務実務検定

ビジネス法務実務検定は、実務における法務知識とスキルの習得と評価を目指す資格試験です。具体的には、契約書の作成、紛争解決、知的財産権の管理など、ビジネスシーンで求められる法務スキルに焦点を当てています。

この資格を取得することで、法務未経験者でも法務業務に対する理解を深め、自身の能力を証明できるため、キャリアの発展につながります。

②ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定は、企業における法規制やコンプライアンスに関する知識を測る資格試験です。具体的には、法令遵守、倫理規定の理解、企業活動を適切に行うための基礎的な知識やルールについて学ぶことが目指されています。

この資格を取得することで、企業のコンプライアンス体制の支援、法的リスクの把握と管理といった重要なスキルを持っていると証明できます。これは、法務業務に携わる者にとって価値ある資格となるでしょう。

第二新卒で法務を目指すなら転職エージェントを利用して効率的に転職を

第二新卒で法務に転職を考える際は、自身のスキルと目指す職種のニーズをきちんとマッチさせることが大切です。

適切な資格の取得、法務に関する知識の学習、そして転職後も学び続ける姿勢を見せることで、あなたの可能性は大いに広がります。その道のりを支えるために、転職サイトや転職エージェントの活用も重要です。

法務への転職をお考えの方は、まずは転職エージェントの利用を検討してみましょう。


著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。