記事FV
法務
2024/03/05 更新

法務への転職を成功させる5つのポイント

法務への転職は多くの人に難しいと感じられるているかもしれません。法務のキャリアを考える人であれば、まずはなぜ転職が難しいのか、その背景や特性を理解することが大切です。他の職種との違いを把握し、自分が取り組むべきことを知ることで、法務への転職をスムーズに進めるられるようになります。

この記事では、法務転職の難しさを説明した後、成功へのポイントに焦点を当てて解説します。

法務への転職の難易度は?

法務への転職に対して難易度が高いと考えられている理由を知ることが大切です。最近では職種を変えることは珍しくなく、キャリアアップを目指して計画的に転職する人も増えています。企業側も積極的に中途採用を行う動きがあります。こういった時代変化の中で、法務への転職を目指すのであれば、まずはの職種との違いを把握する必要ことが大切です。

次では、法務転職が難しい理由を解説します。

法務への転職が難しい3つの理由

法務職への転職が難しい理由は、大きく3つあります。

  1. 適切な判断が必要
  2. 高い求人倍率
  3. 高度な専門知識が必須

具体的な転職計画を立てる前に、法務職の共通した特性を確認してみましょう。

適切な判断が必要

法務の仕事は、常に決まった作業ではなく、臨機応変な判断が必要です。他の業種ではマニュアル通りの作業が多いですが、法務は問題発見から解決策の選択まで柔軟な対応が求められます。

また、法務は法律に基づいており、法改正があるたびに対応を変えなければなりません。法務ではこのように、常にイレギュラーな状況に対処する必要があり、高度な判断力が要求されます。

高い求人倍率

法務の転職市場は求人数が少なく、倍率が高いという特徴があります。多くの場合、法務部では募集が限られており、1〜2人の募集でもたくさんの求職者からの応募が殺到します。その結果、高い競争率になり、法務への転職難易度が高まっています。経験豊富な人であっても、必ずしも法務への転職が成功するとは限らないのです。

高度な専門知識が必須

法務業務は幅広く、高度な専門知識が求められます。経験者であっても、転職先でそのまま能力を発揮できるとは限りません。転職を考える際には、求められるスキルを確認し、必要なスキルを身につけることが重要です。自分の目指す方向性に向かって一歩ずつ進んでいきましょう。

法務転職を成功に導く5つの手法

法務転職の難しさを理解できた後は、法務への転職成功の秘訣が気になるのではないでしょうか。法務で必要な知識を取得するだけでなく、そのスキルを転職においてどのように活かすか、以下の解説を参考に考えてみましょう。

自己分析を通じてこれまでの経験と強みをアピールする

過去の経験や個人の強みを企業にアピールするために、まずは自己分析を行います。中途採用の場合、企業は応募者の過去の経験と培ったスキルを重視します。多くのアピールポイントを持っていると、自分の可能性を企業に伝えやすくなるでしょう。これまでの経験を整理し、自分の強みを示せるエピソードを用意してみてください。特に、課題解決に導いた経験は、自己アピールに効果的です。

法律知識を身につける

法律の知識を持っていることや、資格取得に向けた努力は転職活動での自己アピールにつながります。法務の仕事に従事するためには企業が求める法律の知識が必要ですが、未経験者はスキルを持っている人が少ないかもしれません。未経験でも、知識を獲得するための努力はアピールポイントにつながります。本記事の中で、法務転職に有利な資格を紹介しますので、今後の勉強の参考にしてください。

有利になる資格やスキルの取得

以下のような資格を取得することは、法務の転職活動でのアピール要素として活かせます。

  • ビジネス実務法務検定
  • 法学検定
  • ビジネスコンプライアンス検定
  • 知的財産管理技能検定

これらの資格は、実際の法務業務で必要な知識を身につけることができます。志望する企業や興味のある分野に応じて適した資格を選んで学習することが重要です。難易度別に段階的に取得できる資格もあるので、自分のレベルに合わせて学習を進めてみましょう。

コミュニケーション能力の向上

法務の仕事では、社内外のさまざまな人とコミュニケーションを図る機会が多いです。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。法務の現場では、法律の専門家から全くの素人まで幅広い層と関わる機会も多いです。誰にでも理解しやすい表現で意思を伝えるためには、わかりやすさや相手に合わせた柔軟なコミュニケーションが必須でしょう。日常の会話や例え話を活用したり、複雑な概念を平易な言葉で説明することで、伝達力のあるコミュニケーションを心がけ、訓練してみましょう。

法務転職に特化した転職サイトの活用

法務に特化した転職サイトの利用も、成功につながる重要なポイントです。特化型の転職サイトでは、法務関連の求人情報が掲載されるので、効率よく転職活動を進められす。業界に詳しいアドバイザーが応募者をサポートするため、特有の疑問や悩みにも迅速に対応もしてくれるでしょう。志望動機の作成から面接対策まで包括的なアドバイスを得られるので、転職に不安を抱える人にもおすすめです。

参考:WARC AGENT

未経験からの法務転職は可能か?

未経験者が法務に転職することは、難しいですが不可能ではありません。法務の転職市場では経験者が多く、募集が少ないため競争率が高いです。未経験者が転職市場で成功するためには、自分に合う求人情報を素早く見つける必要があります。

効率的に自分に合う求人を見つけるためには、法務に特化した転職サイトの活用がおすすめです。これらのサイトを使うことで、未経験者でも応募可能な求人に出会う可能性が高まります。未経験者が転職サイトを巧みに利用し、法務への転職を成功させましょう。

法務転職に役立つおすすめの転職サイト

法務転職を考える際には、使いやすい転職サイトが役立ちます。自分の転職活動にフィットするサービスを選ぶことが大切です。以下ではおすすめの転職サイトをご紹介します。

①WARC AGENT|プロフェッショナル人材と企業を繋ぐ

WARC AGENTは、キャリアアップや収入増を望む求職者が集まる転職サービスです。

このサービスの特徴的な点は、企業が直接、求職者にスカウトを送ることができるシステムにあります。求職者のスキルや経験に興味を持った企業は、積極的にスカウトを行い、理想的な候補者を見つけやすいという利点があります。また、求職者は専門のキャリアコンサルタントのサポートを受けており、そのアドバイスに基づいて転職活動を行っているため、質の高い人材が多いのが特徴です。

高収入層やキャリアアップを目指す人材が多く登録しているため、専門職やスペシャリスト向けの求人にも強みを持つこの会社は、高年収や給与アップを目指す求職者に適しています。

参考:WARC AGENT

②BEET-AGENT(ビートエージェント)

BEET-AGENT(ビートエージェント)とは、管理部門に特化した転職サイトです。事業戦略に直結する重要なポジションや、成長企業などの求人を多く扱います。専門アドバイザーとの面談では、強みの発見や向いている働き方の提案をしてもらえるので、自身の新たな可能性を見出せる可能性があるでしょう。給与交渉サポートも受けられるので、今まで満足のいく求人に出会えなかった人にもおすすめです。

参考:BEET-AGENT

法務転職を成功に導くために、転職サイトの選定方法

転職サイトの多様性は理解できたが、選択方法についても興味があるでしょう。転職サイトの特性を把握し、品質の高い情報を得ることを意識しましょう。

求人情報の品質を考慮する

初めて転職サイトを利用する場合、求人情報の量だけでなく質も注意深く見る必要があります。大手の転職サイトは求人数が多い一方で、重要な情報が欠けていることも多いです。重要な情報が不足していると、自分に適した企業を見られずに転職活動が難航してしまいます。また、あるサイトに自分が求める情報がない場合は、複数のサービスを活用しながら情報収集することも考えましょう。

口コミや評価、実績を基に選ぶ

実際に転職サイトを利用した人の意見や評価、実績を確認することも重要です。登録した転職サイトが自分にフィットするかは、実際に利用してみないとわかりません。しかし、忙しい社会人にとって、ストレスを最小限に抑えてスムーズに転職したいものです。スムーズに転職を進めるために、利用者の口コミや実績をチェックしましょう。こ利用前後の違いを最小限に抑えつつ、納得できる転職につなげられます。

専門性を重視する

法務職を目指す人には、汎用的な転職サイトではなく、専門性の高いサービスを選びましょう。一般的な転職サイトは求人数は多いが、面接準備や履歴書の専門的なアドバイスが得られにくい傾向があります。一方で、法務分野では専門的な転職サイトが多く存在し、具体的な情報を得られる可能性が高いです。法務職を目指す方は、専門性の高いサービスを活用して、質の高い転職活動を行いましょう。

企業における法務職の主な業務内容

法務への転職が成功した場合、実際にどのような業務を担当するか気になるのではないでしょうか。法務業務は主に法律関連の仕事が中心であり、企業の経営判断にも関与することを理解しておきましょう。

契約や取引に関連した法務業務

契約書の点検は、日々の様々な取引における法務の重要な役割の一つです。企業の運営には他社や顧客との取引が頻繁に行われ、条件が合意されれば契約が成立します。しかしながら、自社に不利な条件が契約書に含まれている場合、企業に大きな損失をもたらす可能性があります。法務部は相手方の提示する条件を精査し、契約の妥当性を判断する需要な役目です。

コンプライアンスに関わる法務業務

企業の信用を守るために、コンプライアンスに関する法務業務が行われます。最近では従業員の不祥事が企業のイメージを傷つける事例が少なくありません。一度傷ついた企業のイメージは修復が難しく、経営に大きな悪影響を与える可能性が大きいです。コンプライアンスはルールの整備や従業員の教育を通じて対策を促します。法務部は社内規定を策定し、トレーニングや教育を行い、企業を正しい方向に導く役割があるのです。

組織運営に関する法務業務

法務部は子会社の設立や株式関連など、組織の運営に関わる法務業務を担当します。子会社を設立する際には、役員や株式に関する会社法の基本事項を検討する必要があります。十分な情報が整っていないと設立が困難になるため、事前の準備が欠かせません。外部の専門家の協力を必要とする場合もあり、法務部は連絡や相談に対応する役目です。組織に関する法的知識が求められるため、専門家との対話が求められます。

訴訟や紛争、債権回収に関する法務業務

法務部は社内外で問題が発生した際に、訴訟や紛争、債権回収などの対応を担当します。社内外での問題は、顧客からのクレームや従業員からのパワーハラスメントの告発など多岐にわたります。問題が訴訟や紛争に発展した場合、解決を円滑に進めるために外部機関の協力が必要となることも多いです。外部機関を巻き込んで解決を図る際には、法務部が専門家との連絡を取り持つ役目もあります。

労働や労務に関する問題への対応

労働や労務に関連する問題、例えばパワーハラスメントや未払い給与などについて対応します。問題が発生しないよう、ルールの整備や相談窓口の設置も法務の役割です。もし社内で問題が起きた場合、外部機関と連携し速やかに対処する必要があります。労働基準監督署や弁護士との連携を図り、問題を最小限に抑えることが重要です。

知的財産権に関する法務業務

知的財産権は企業の製品やアイデアを保護する法律であり、法務部がその管理を担当します。企業の活動において、商品やアイデアは重要な資源です。その管理が疎かになると、経営に影響を及ぼす可能性があります。法務部は特許権や商標権、著作権などに関し、外部の法律専門家と協力して対応する役目です。また、他社の知的財産権を侵害すると賠償金を支払うことになる場合も考えられます。法務部は企業の代表として、自社の対応に気を配る意識が求められます。

株主総会に関する対応

会社に出資する株主が集う株主総会の対応は、法律に基づいて法務部が行います。株主総会の開催には法律で定められた手続きが多くあり、円滑な進行には事前の準備が欠かせません。法務部は株主総会の通知や議事録作成、当日の進行など、総会全体の運営を担当します。議事録には収益や予算、決算に関する情報を含める必要があり、そのための情報収集には総務や経理との連携が重要です。

自己分析から強みを把握し、法務転職に効果的な転職サイトの活用を

法務分野の業務幅が広いため、転職先を選ぶ際には自分自身の特性や志向を考慮することが不可欠です。自己分析を通じて自らの強みを把握し、満足のいく転職につなげましょう。

さらに、法務への転職を希望する方には、管理職の転職サイトの活用がおすすめです。管理職に特化したサービスを利用し、効率的な転職を実現してください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。