記事FV
法務
2024/02/02 更新

イソ弁って何?アソシエイト弁護士との違いや平均年収について詳細を解説

「イソ弁」という言葉は、弁護士業界で頻繁に聞かれる言葉ですが、その意味をご存じでしょうか。イソ弁は法律事務所で働く弁護士を指します。このように弁護士界隈では略語や専門用語が数多く存在します。

この記事では、イソ弁に興味がある方や、業務内容を知りたい方に向けて、イソ弁の詳細を解説します。弁護士業界に関心をお持ちの方は、この記事を参考にして、業界特有の用語から理解を深めてみてください。

イソ弁について

イソ弁は、法律事務所に所属する弁護士を指します

その業務は多岐にわたり、様々な仕事をこなすことが求められます。所属する事務所によっては、上司の案件を手伝うことや文書作成などの補助的な業務が一般的です。経験を積んで5年から10年程度で独立し、独自の事務所を持つケースが多いです。

イソ弁の語源は?

イソ弁の語源は、居候(いそうろう)弁護士です。法律事務所を拠点とし、弁護士活動を行うことから、居候の頭文字を取り、イソ弁という略語が誕生しました。

一般的に、居候と聞くとよくない印象を持つ人が多いと思いますが、イソ弁の場合法律事務所に雇用されている弁護士であり、弁護士業界において多くの人が経験する一般的なキャリアパスの1つです。居候と聞いて、悪い印象を持たないようにしましょう。

イソ弁とアソシエイト弁護士について

イソ弁と似た意味合いで使われているのが、アソシエイト弁護士です。名称は違いますが、イソ弁とアソシエイト弁護士2つの意味合いは同じで、どちらも法律事務所に勤務する弁護士のことをいいます

イソ弁は昔から使われている呼び名ですが、最近ではアソシエイト弁護士と呼ばれる場面が増えてきました。交渉など行う法律事務所では、国際的な表記規定にも通じるように略称を使わないほうがフォーマルであり、アソシエイト弁護士という言葉が使われるようになりました。

ちなみに、アソシエイトの語源は英語のアソシエイト(associate)「同僚・仲間」からきています。

イソ弁の業務内容

イソ弁の業務内容は、勤務する事務所によって異なります。

大手事務所では、企業法務や渉外案件など、契約書の作成やレビュー、M&Aのデューデリジェンス実施、報告書作成、特許関連業務、証券化、株主総会対策などの案件があります。上司やパートナー弁護士が受け持ったこれらの仕事を、イソ弁は手伝いながら業務を遂行します。

一方、地方の小規模な法律事務所では、一般民事や家事事件、個人事件に取り組みます。債務整理、離婚、相続、不動産、労働問題、中小企業の法務、刑事事件などが具体的な業務内容です。

イソ弁の仕事は、所属する事務所やその規模によって取り扱う案件が異なるので、自分がやりたい業務ができる事務所に所属するようにしましょう。

イソ弁の年収について

イソ弁の平均年収は、個々の年齢や経験年数、そして法律事務所のランクによって大きく異なります。

日本弁護士連合会が行った調査「近年の弁護士の実勢について」によれば、経験年数が5年未満の弁護士の平均年収は796万円(※1)です。しかし、経験を積むごとに年収は増えていきます。経験年数が5年から10年の弁護士では、年収が1,000万円を超える場合もあるでしょう。

また、法律事務所のランクによっては、経験年数が5年未満でも年収が1,000万円に達することもあります。年収の差は経験やスキルだけでなく、所属する事務所によってもかなりの差があるからです。自身のキャリアパスや所属する事務所によって、年収の上昇幅や金額は異なるため、将来のキャリアパスを描く際には年収も大きく変動することを考慮してください。

(※1)参考:近年の弁護士の実勢について(弁護士実勢調査と事件動向調査を元に)

イソ弁になる手順

ここでは、イソ弁になるために必要なステップについて説明します。イソ弁を目指す方々は、この記事を参考にして準備を進めてください。

弁護士資格の取得

まず、弁護士資格を取得する必要があります。イソ弁になるためには、司法試験を受験する必要があるのです。

司法試験の受験方法には2つのパターンがあります。1つは法科大学院を修了し、司法試験を受ける方法です。法科大学院の学習期間は、大学での専攻学部によって異なります。法学部で学んだ場合は2年間、他の学部であれば3年間が必要なので認識しておきましょう。

もう1つの方法は、予備試験に合格することです。この司法試験は、「法科大学院を経ずに法曹資格を取得するための途を開くための試験」とされ、予備試験に合格すれば、高卒や中卒でも弁護士を目指せます。

予備試験を受験する多くの人々は、専門学校で集中的に勉強をしてから試験に臨む傾向が多いです。

法律事務所で働く

多くの弁護士は、法律事務所で仕事を始め、弁護士としてのキャリアをスタートさせます。

イソ弁が個人の法律事務所に所属することもあり、先輩弁護士の仕事を手伝いながら業務を学んでいくことが一般的です。数年間の実務を積むことで、成熟した弁護士として成長し、経験を積んだ後には、イソ弁から個人の事務所を設立したり、パートナーになる道を目指す人が多いでしょう。

弁護士としてのキャリアを始めるために、法律事務所での職を探す際には、弁護士や法律に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。バックオフィスや管理部門の転職をサポートするエージェントは、専門知識を持ったコンサルタントがあなたの求人活動を手助けしてくれます。

イソ弁以外の弁護士業界専門用語

弁護士業界には、イソ弁以外にもたくさんの専門用語が存在します。

弁護士業界への就職を考えている人は、専門用語を事前に理解することで、業界に対する理解や知識を増やしてみてください。

ボス弁とは

「ボス」である弁護士を指します。

ボスは、法律事務所の経営者や共同経営者を指し、通常は所長やパートナー弁護士と呼ばれます。

ボス弁は、法律事務所で弁護士を雇用する立場にあり、事務所が認めた仕事を行う弁護士に与えられる呼称です。

ボス弁のランクは、事務所の規模によって異なり、「シニアパートナー」が最上位で、「エクイティパートナー」や「マネージングパートナー」、「ジュニアパートナー」と呼ばれることもあります。

ノキ弁とは

「軒先弁護士」の略称です。

ノキ弁は、イソ弁とは異なり法律事務所に雇用されていません。そのため、事務所からの給料をもらうことはありません。ノキ弁は、名義上は法律事務所に所属していますが、実際には独立した収益を上げる独立採算制の弁護士で、法律事務所のオフィスを借りて活動しています。

司法制度の改革により、ノキ弁の数は増加しています。一般的に、弁護士は法律事務所に所属していなければ活動できませんが、ノキ弁は法律事務所に名義上の所属を持ちつつ、独自のキャリアパスを描きながら業務を開始することが特徴です。

タク弁とは

「自宅弁護士」を指します。

司法修習を修了した後、イソ弁としての就職が難しく、ノキ弁としての選択肢がない弁護士が、自宅を事務所として使用して開業する場合、それをタク弁と呼びます。

一般的には、タク弁は法律事務所への就職に失敗し、自宅で業務を行わざるを得ない弁護士を指します。しかし、成功を収めた弁護士が自宅の一部を事務所として使用しつつ業務を行っているケースもあります。

ケー弁とは

「携帯弁護士」を指します。事務所を持たず、携帯電話だけで業務を行う弁護士です。

多くのケー弁は、自宅が狭く事務所として利用できないため、携帯電話を利用して業務を行っています。事務所がないため、クライアントとの打ち合わせは通常、ホテルのラウンジやファミレス、カフェなどで行います。

事務所がないことでクライアントからの信頼を得るのが難しく、弁護士を目指すのであれば、ケー弁は避けたほうが良いキャリアパスと言えるでしょう。

タウン弁とは

タウン弁は、小さな町に所在する法律事務所で働く弁護士を指します。

主に大都市ではなく、地方や田舎の法律事務所に勤務する弁護士を指すことが一般的です。

これらの事務所は大手とは異なり、一般的に小規模な案件を引き受け、一般民事系のトラブルや訴訟案件を扱うことが多いです。

タウン弁の特徴は、地域に密着した仕事が多く、お客様とのコミュニケーションや地域への貢献を通じて仕事にやりがいを感じることができます。

リベラル弁とは

リベラル弁は、左翼的な立場で活動する弁護士を指します。つまり、社会問題に積極的に取り組む弁護士を指します。

弁護士へのキャリアを目指そう

弁護士のキャリアをスタートさせるために、法律事務所への就職を考えている人は転職エージェントの利用がおすすめです。管理職やバックオフィスに特化した転職エージェントのため、法律事務所の求人も多数取り揃えています。専門のアドバイザーが1人ずつついてくれるので、マンツーマンでプロの目線からあなたの弁護士へのキャリアをサポートしてくれるはずです。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。