記事FV人事

人事経験者の転職術|人事経験者が転職が難しくないといわれる理由と活かせるスキルを解説

2023/12/31 更新

人事経験を持つ方が転職を検討する際、成功への手順を知りたい人は多いでしょう。人事での経験とスキルを活かしつつ、目指す業界での重要ポイントを押さえることで、転職成功につなげられます。

この記事では、人事経験者の転職における強みと必要なスキル、ポイントについて解説します。

人事経験者の転職が難しくない理由について

人事経験者は転職しやすいといわれるものの、その理由が気になるところです。人事が業務で得られるスキルは、会社を問わず需要が多いことが要因の一つといえるでしょう。

会社の成長に関わる業務のスキルを持っているため

人事の業務は会社の成長に直接関わる内容が多く、培ったスキルを別な企業でも活用できるからです。人事の仕事は主に以下の4つに大別されるといわれています。

  • 採用
  • 教育・研修
  • 労務管理
  • 制度管理

採用活動では面接でのヒアリング能力や、入社における各種手続きを行うスキルが求められます。教育や研修では自社の課題を見つけ出し、補強していくためのプログラム策定が必要です。労務や制度管理では、法律に沿って社員の働き方を作る流れを経験します。

上記4つの仕事は企業活動をする上でなくてはならない業務であり、幅広く携わった経験があると会社に貢献できる人材として評価されやすいです。つまり、人事経験者は会社にとって必要な存在であり就活でも需要があるといえます。

コミュニケーション能力の高いため

人事は人と関わる部門であり、コミュニケーション能力に長けている人が多いものです。
職場内の調整役として社員と話す機会が多く、人との関わり方が自然と磨かれることも少なくありません。

コミュニケーション能力は社会人の基本スキルでありながら、備わっていない人が多いことも事実です。ただ単に人と話すスキルではなく、トラブルが起きた際に両者の間に立って物事を進める能力なども求められます。重要な場面で根回しができて、仕事がスムーズにしやすいという自分にとってのメリットも多いです。

転職の選考時にコミュニケーション能力をアピールできると、一緒に働きたいと思ってもらえる可能性があるでしょう。

法務知識があるため

人事は会社のルールを作る立場として、法律の知識を求められるケースが多くあります。健全な会社運営のための法務知識は、人事だけが持っていればいいというわけではありません。特に経営陣に近い立場である管理部は、法務に携わった経験のある人がいればいるほどよりよい会社運営に繋がります。法律や制度を扱うスキルは、会社運営に直結する部門で貢献度の高い能力であるといえるのです。

法律や制度を全て記憶しておく必要はなく、わからないことがあった時の情報へのアクセス方法を知っていればすぐに対応ができます。

人事経験者にすすめの転職先

実際に、人事経験者はどのような仕事に転職できるのか気になる人は多そうです。業務経験を生かして、人事職以外の仕事に挑戦できる可能性もあるでしょう。

他社の人事職

人事職に勤めると、業務が似通っているので今までの経験を生かしやすいというメリットがあります。今と同じ仕事内容でも給与アップや昇級の可能性がある求人なら、働くモチベーションにも繋がるでしょう。

デメリットとしては、会社独自のルールがある場合は慣れる必要がある点です。会社の体制が異なるため、最初のうちは仕事が上手く進まないと感じることがあるかもしれません。また、転職する理由によっては、次の会社に入ってからも同じことで悩む可能性があります。業務自体へストレスを感じている場合は、人事への転職で本当にいいのかを再考しましょう。

人事が好きで続けたい人にとって、他の会社でも引き続き働くことは好条件であるといえます。

コンサルティング関連

企業活動へのアドバイスを行う、コンサルティングの仕事に就くという選択肢があります。コンサルティングにはクライアント企業へのヒアリングを行い計画を立て、スムーズに案件をこなす力が必要です。人事で労務や制度管理に携わった人は、コンサルタントとして理想の組織を作るための基礎知識が備わっていると考えられます。

ただし、コンサルティングへの転職は人事経験者に人気で、競争率が高いことも特徴の一つです。倍率が高いということは、転職の選考で経験やスキルなどを注意深く見られる可能性があります。競争に勝つには今の職場でスキルアップをしながら、コンサルティング業界の転職市場の研究が重要です。

他業種への転職

コミュニケーション能力や会社の成長に携わる仕事経験を生かして、他業種へ挑戦することもできます。人事で求められるスキルは別な分野でも活かせる汎用性のあるスキルが多いので、就活時のアピールポイントになるでしょう。

ただし、人事に関係ない他業種への転職の場合、新たなスキルを身につける必要があります。バックグラウンドオフィスと呼ばれる経理や総務などの管理職であっても、独自の業務に慣れていかなければなりません。営業職など現場で直接会社の利益に繋がる部門であれば、なおさら一からスキルを積み上げていかなくてはいません。

人事職での経験を重視するあまり、入社後に苦労する人も多いようです。転職後のミスマッチを防ぐためにも、希望する業界のリサーチが求められます。

人事経験者が転職を成功させるためのポイント

人事経験者が何をすれば転職に成功できるか、気になるところです。業界で必要とされるスキルを磨きつつ、適切な方法で就活を行うことで理想の転職を目指せるでしょう。

汎用性の高い業務スキルを磨く

人事の仕事内容の中でも、汎用性の高い業務スキルを磨いていくことが転職のコツとして挙げられます。勤怠管理や福利厚生の手続き、給与計算や社会保険に関する業務などはどの会社にも必要です。転職後にどの分野を担当してもいいように、それぞれを広く経験しておくとよいでしょう。一つの業務の専門性を高めるよりも、カバーできる範囲が広いほうが市場価値が高まるともいわれています。どの職場でも活躍できるように、今の職場でなるべく多くの経験を積んでおくことをおすすめします。

企業成長に関する立案・実行を経験しておく

会社の成長に関わる企画を作成し、実行する経験を積むことも転職を成功させる方法の一つです。人事に長く在籍していると、計画や組織作りなどの運営業務を任されることがあります。組織作りのような会社全体を高い視野から見渡すスキルは、さまざまな部門のリーダーに求められる能力です。転職の際にアピールすると、会社経営に貢献できる人物であると評価してもらえる可能性があるでしょう。
コンサルティングへ転職する際には特に重要なスキルなので、磨いておくと強みになります。

交渉スキルを磨く

人事は会社と従業員の間に立ち、関係を調整しながらよい方向に導くという役割が期待される部門です。従業員同志の仲を取り持つために、お互いが譲れるポイントを探す交渉スキルを求められることもあります。時にはトラブルの解決を求められ苦労も多い部門ですが、会社に勤める限り人の間に立つ経験はどの職場でも無駄にはなりません。

今までの経験を振り返り、人の間に立った時にどのように解決してきたかを書き起こしておくと就活での自己アピールの助けになるでしょう。

市場のニーズを調査する

自分が転職を希望する業界において、どのような人材が求められているかを把握しておくことも必要です。市場のニーズを知るには、転職サイトなどで実際の求人を探してみるとわかりやすいでしょう。求人情報には応募者に求められるスキルや経験が書いてあるので、参考にしながら就活の準備をすることがおすすめです。

また、求人情報が出る時期も業界によって異なるため、狙いを定めた就活が鍵となります。定期的に求人情報をチェックし、スムーズな転職活動に繋げましょう。

専門職専用の転職エージェント・サイトを利用する

近頃はさまざまな転職サイトやエージェントがありますが、人事や管理職専門のサービスを利用することがおすすめです。全職種対応型の転職サイトでは探しにくい求人にもアクセスしやすく、調べる手間を省くことができます。困った時には人事に詳しいアドバイザーに相談すれば、業界ならではの悩みにも対応可能です。

人事の転職に役立つ3つの資格

人事経験者の転職に役立つ資格があれば、前もって知っておきたいものです。資格を取得することで、人事として会社に貢献できる人物との評価をもらえる可能性が高まるでしょう。

①社会保険労務士

社会保険労務士とは、従業員が働く上での手続きや相談業務を行える国家資格のことです。取得すると各種保険に関する手続きや、就業規則の作成および指導を行えるようになります。

社会保険労務士の資格は人事の仕事に繋がる部分が多く、特に労務の知識を養えることが大きなポイントです。合格するためには多くの時間を勉強に費やす必要がありますが、転職の競争を勝ち抜くためのアピールポイントにもなります。転職時期を見据えながら計画的に学習し、今後の人事業務の充実に役立てましょう。

②キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、相談者に対して今後の働き方へのアドバイスを行える国家資格のことです。相手の会話から興味や関心、目標を聞き取ることで将来の目標を一緒に考えます。

人事は社員面談に立ち会うことがあり、従業員の悩みや不安に接する場面も少なくありません。人事がキャリアコンサルタントの資格を取得すると、ヒアリング能力や洞察力を身につけることができ面談の充実に役立つと考えられます。人の話を聞く力は汎用性の高いスキルであるため、人事以外の転職を考える人にもおすすめです。

③メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント検定とは、従業員に起こりやすい精神面の不調に関する基礎知識を学習できる資格です。近頃はメンタルを崩して休職や退職を余儀なくされる人は珍しくなく、社会的にも対策が求められています。人材を専門とする人事にとって、メンタルヘルスへの理解は切り離せないものです。人事が資格を取得することで、働きやすい環境を作りやメンタル不調者への対応ができるようになるでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定には3つのコースがあるので、自分が目指すレベルに取り組むことができます。

人事は転職はスキルアップも重要

人事経験者は今までの経験を土台にして新たなチャレンジができますが、スムーズな転職にはさらにスキルアップが必要です。今の職場で広く経験を積みながら、希望する業界の研究にも力を入れて転職に臨みましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。