記事FV人事

人事部に特化した転職サイト・エージェントのおすすめ9選|選び方と成功のポイントを紹介!

2023/10/29 更新

人事部への転職を考えている場合、転職活動を効率的に進めるために、適切な転職サイトやエージェントを活用することが大切です。ただし、多くの転職サイト・エージェントから、どれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

そこで、この記事では人事向けのおすすめ転職サイトを紹介します。人事部への転職を希望する人や、転職サイトやエージェントの選び方に関する情報を求める人に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

人事部に特化した転職サイト・エージェントのおすすめ9選

まず人事部向けのおすすめ転職サイトを紹介します。各サイトの特徴やメリット、おすすめポイントなどを詳細に紹介しますので、どのサイトを選ぶか迷ったときの参考にしてみてください。

SYNCA

SYNCAは管理部に特化した求人が揃う転職サイトです。人事だけでなく、総務や労務など管理部を中心とした豊富な求人が掲載されており、効率的な転職活動をサポートします。

スキルを可視化し、タグとして表示する「市場価値診断」サービスも利用できます。これにより、自分のスキルにもとづいて適正年収を把握し、自己分析を深めるのに役立ちます。さらに、企業へのアプローチは応募とスカウトの両方から可能で、多くの選択肢から理想の求人を見つけられるのも魅力です。人事部への転職をスムーズに進めたい人におすすめのサイトとなります。

こんな人におすすめ!

効率的に人事部に特化した転職活動を行いたい人

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは本人情報を登録後、匿名レジュメを見たヘッドハンターが転職希望者の代わりに最適な仕事を探し、企業からの直接の誘いを受けることができるのが特徴です。スカウトを送った企業と直接連絡を取ることができ、転職活動を効率的に進めることができます。自分が知っている範囲だけでなく、今まで考えたことのない新たなキャリアの選択肢を見つけることができるでしょう。

さらに、年収800万円〜2000万円の非公開のハイクラス求人が豊富に揃っており、年収アップさせたい人にとって魅力的なポイントです。

こんな人におすすめ!

非公開のハイクラス求人を効率的に見つけたい人

MS Agent

MS Agentは、人事から経理、法務など管理部門や士業を中心とした転職エージェントです。この転職エージェントは、30年以上の実績を持ち、管理部と士業に特化した転職サイトとして、豊富なノウハウを活かしてサポートを提供しています。専門的な知識を持つキャリアアドバイザーが、キャリアに合わせたサポートを提供するため、初めて転職活動を行う人でも安心です。

さらに、このエージェントでは非公開求人が90%と非常に多く、MS Agentにしかない求人情報が充実しています。年収面では、52%の人が年収500万円以上であり、年収交渉もMS Agentが代行し、スムーズに年収アップを目指すことができるのがポイントです。

こんな人におすすめ!

キャリアアドバイザーのサポートを受けながら年収アップを目指したい人

マイナビAGENT

マイナビAGENTは、求人情報の紹介から内定まで、専属のキャリアアドバイザーが無償でサポートする転職支援サービスです。利用者に寄り添い、親身になってサポートするため、不安なく転職への一歩を踏み出せるでしょう。

このサービスは、希望する求人を提案してくれるだけでなく、応募書類の添削や模擬面接などのサービスも提供しており、転職成功に向けて貢献します。「リモートワーク」「フレックス出勤」具体的な条件を指定して求人を探すことができ、自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことができるのがポイントです。さらに、非公開求人が多く揃っており、選択肢を広げたい人にも適しています。

こんな人におすすめ!

非公開求人が豊富でサービスも充実している転職サイトを利用したい人

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、業界や職種に精通したコンサルタントが約1,200名在籍しており、経験と能力に合わせた転職活動をサポートしています。コンサルタントが企業を直接訪問することが特徴で、企業の文化、価値観、事業戦略などについて、ほかでは得られないリアルな情報をタイムリーに把握できるのが特徴です。

国内の大手企業はもちろん、外資系や海外進出している企業など、約25,000社の企業との取引実績があり、グローバルな視野での転職活動に役立ちます。一人ひとりに合った専門性の高いキャリア戦略を行っていますので、内定に至るまで安心して転職活動を進めることができるでしょう。

こんな人におすすめ!

国内大手だけでなく外資系への転職も希望している人

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービス開始から19年以上の歴史と31万人以上の転職支援実績を誇る転職サイトです。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、キャリアプランの相談から求人の紹介、応募書類の作成、面接のアドバイス、内定、入社までのすべてをサポートしてくれます。

本人が持つスキルの価値を最大限に評価されるよう、企業との微調整や交渉も行ってくれるため、仕事を続けながらの転職活動もスムーズに進むでしょう。

こんな人におすすめ!

現職に在籍しながら効率的に転職活動を進めたい人

エルキャリ

エルキャリは、経理、財務、人事、労務などの管理部の職を中心に転職支援を行なっているサイトです。大手企業からベンチャーまで、幅広い種類の求人を取り扱っており、多くの管理系の専門家に転職支援してきたコンサルタントが転職アドバイザーとして対応します。

IT企業や製造業を始めとした一般的な事業企業の求人だけでなく、士業事務所や医療法人など、幅広い選択肢から自分に合った求人を見つけることができるのが特徴です。経験者はもちろんのこと、20代・30代の若手の転職にも強く、ワークライフバランスに合わせた相談にも親身になって応えてくれます。

こんな人におすすめ!

管理部門を中心とした幅広い職種から求人を探したい人

人事の転職

人事の転職は人事の転職を専門にサポートする転職エージェントサイトです。このサイトでは、人事に詳しいキャリアアドバイザーが、豊富な採用事例やキャリアパターンをもとに、将来のキャリアに向けた提案を行っています。

実際の人事のリアルな声を聞くことで、課題や志向、さまざまなキャリアパターンを蓄積しており、転職希望者の悩みに寄り添ってくれるでしょう。また、未経験からでもチャレンジできる求人も充実しており、今後人事部を目指す人にもおすすめのサイトです。

こんな人におすすめ!

未経験でも応募できる人事部門に特化した転職サイトを探している人

LHH転職エージェント

LHH転職エージェントは、2022年のオリコン顧客満足度®調査で「ハイクラス・ミドルクラス転職顧客満足度 高評価」を獲得した転職サイトです。人事をはじめとする管理部に加えて、営業、販売、サービスなどバリエーション豊かな求人が揃っています。

各職種に詳しい専門のコンサルタントが、希望を聞き、適切な求人を紹介してくれます。どの求人が自分に合ったものか悩んでいる人も、理想の企業を効率的に見つけることができるでしょう。

こんな人におすすめ!

専任コンサルタントからの手厚いサポートを受けたい人

人事部向け転職サイト・エージェントの選び方

人事部向け転職サイトは多くあるため、どれを選ぶべきか悩むことがあるでしょう。このような状況では、最初に転職サイトを選ぶ上でのポイントを確認することが大切です。

【転職サイトを選ぶ際のポイント】

  • 業界に精通しているサイトを選ぶ
  • 質の高いサポートが充実しているサイトを選ぶ
  • 複数の転職サイトに登録する

上記のポイントを意識すれば、自分に最適な転職サイトを見つけやすくなります。詳細については以下で紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

業界に精通している転職サイトを選ぶ

特定の業界に特化した転職サイトは、特定業種に関する求人数が多く、選択肢が広がります。たとえば、求人広告には記載されていない企業の雰囲気や募集の背景など、詳細な情報を提供してくれる転職サイトは、その業界に精通しているといえます。

さらに、転職サイトは特化型と総合型の2種類があり、業界に精通した転職サイトを選ぶなら特化型がおすすめです。特化型とは、特定の業界を中心に求人情報を提供しており、実際の職場の様子や社内の雰囲気などリアルな情報が入りやすく、業界出身のコンサルタントが多く在籍しているところが魅力です。

一方、総合型はさまざまな業界・職種の求人情報を網羅しています。異業種への転職を考えている場合に役立つかもしれませんが、あらかじめ希望する業界が明確な場合は、専門知識を備えた特化型の転職サイトを利用する方が効率的でしょう。

質の高いサポートが充実しているサイトを選ぶ

質の高いサポートを受けられるサイトを選ぶことは、転職活動を効率的に進める上で大切なポイントです。転職活動中には、自己分析、応募、面接のスケジュール調整など多くのタスクがあり、1人だと手が回らないこともあるでしょう。そうした場合に、サポートサービスを活用することで、転職活動に伴うストレスを軽減できます。

たとえば、自己分析に役立つ診断サービス、ユーザー情報をもとに企業からオファーが来るスカウトサービス、専門家による企業との適正なマッチングサービスなど、転職サイトの提供するサービスはさまざます。自分のニーズに合ったサービスを提供しているか確認した上で利用してみてください。

複数の転職サイトに登録する

複数の転職サイトに登録することで、求人の選択肢の幅を広げることができます。「求人が最も多いサイト」「特定の年齢層に強いサイト」といったように傾向の異なるサイトをピックアップしておけば、求人の二重応募を避けることができます。また、各サイトに掲載されている非公開求人を比較し、より多くの求人に応募できるメリットもあります。

さらに、コンサルタントサービスを利用する場合、各社の担当者から異なる視点のアドバイスをもらえます。複数の視点から検討することで、新たな転職の機会が開けるかもしれません。

人事部への転職成功のためのポイント

最近、成長企業を中心に、未経験から人事部に転職にも前向きな姿勢が見られるようになりました。しかし、人事部への転職には専門的な知識も必要であり、成功に向けたポイントを把握して行動することが重要です。

【人事部への転職成功のためのポイント】

  • 未経験者は資格取得が有利
  • 人事に転職しやすい時期は7〜9月

上記のポイントを押さえることで、転職成功の可能性を高めることができるでしょう。詳細を確認し、転職活動に取り入れてみてください。

未経験者は資格取得が有利

人事部への転職は未経験でも可能ですが、資格を取得していると転職の際に有利になります。以下のような資格がおすすめです。

【人事部門への転職に役立つ資格】

  • ビジネスキャリア検定:ビジネスパーソンの専門知識を活用した実務能力を評価するための資格
  • メンタルヘルス・マネジメント検定:心の問題を持つ復職者への支援の仕方など、従業員の心のケアに役立つスキルを得られる資格
  • キャリアコンサルタント試験:働く人の悩みに的確なアドバイスを行うための国家資格

上記の資格は、人事部での仕事に必要な知識を身につけるのに役立ちます。本格的に転職活動を始める前に、資格取得を目指してはいかがでしょうか。

人事に転職しやすい時期は7〜9月

人事部は、1月から始まる採用活動や4月からの新入社員の入社業務など、春は非常に忙しい時期です。春のピークを過ぎると業務に余裕ができますが、冬になると人事評価や年末調整などで再び忙しくなるので、転職活動を行う場合、7〜9月がおすすめの時期となります。

さらに、7〜9月は教育に十分な時間を確保できるため、未経験者にとっても転職がしやすいでしょう。転職を検討する際には、人事部の忙しい時期に注意を払いつつ、求人情報をチェックすることが大切です。

人事への転職成功の鍵は転職サイトの選択

人事部門への転職を検討しているなら、業界に精通し、質の高いサポートを提供している転職サイトを選ぶことが大切です。複数の転職サイトに登録することで、選択肢の幅を広げ、自分にぴったりの企業を見つけるのも意識するとよいでしょう。

さらに、各転職サイトには独自の特徴があるので、比較しながら使いやすいものを見つけることがおすすめです。特に管理部を中心とした転職サイトは人事関連の求人情報が充実している傾向があるため、積極的に活用してみてください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。