記事FV
人事
2023/12/31 更新

人事のキャリアアップに必須の資格とは?人事部での転職を有利にする資格一覧を公開

他の職種から人事への転身や、現職でのスキルアップを模索している方々にとって、資格取得は興味深いのではないでしょうか。人事業務に関連する有益な資格や、転職やキャリアの構築に役立つ資格について知りたいと思う方も多いはず。

この記事では、人事部での活躍に役立つオススメの資格についてご紹介します。人事でのキャリア構築を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

人事職に就くためには資格が必要なのか?

人事職に必須の資格はありません。未経験者や経験者であっても、人事の仕事には資格がなくても就業可能です。

ただし、人事に関連する免許や資格を持っていると、就職や転職、昇給やキャリアアップつながる可能性があります。未経験の場合、資格を取得することで、人事に必要な知識を効率的に学ぶことも可能です。人事の資格は必須ではありませんが、人事職に就く際に有益な要素と言えます。

人事の職務内容

企業では「ヒト」「モノ」「カネ」が重要な資源だとされますが、人事の仕事は主に「ヒト」を担当します。社員を企業の財産として活かすことが役割です。

【人事の業務内容】

  1. 採用・雇用の管理:採用計画を策定し、それに基づいた採用活動を行う
  2. 組織配置の管理:社員のスキルや属性を理解し、各部署に適した配置・異動を行う
  3. 評価制度の運用:社員の能力や業績を評価し、昇進や報酬に反映させる
  4. 人材育成・能力開発:研修などを企画・実施し、必要なスキルを持つ人材を育成する
  5. 制度や環境の整備:働きやすい環境づくりのための制度を策定・改善する

人事と労務の業務内容は本来別ですが、一部の企業では両方を兼ねることもあります。上記のうち、制度や環境の整備は労務に近い業務と言えます。

人事におすすめの資格

人事で働きたい人・働いている人におすすめの資格をご紹介します。まず資格とそれぞれの難易度を一覧にまとめました。

おすすめの資格

難易度

キャリアコンサルタント

★★★☆☆

個人情報保護士

★★★☆☆

産業カウンセラー

★★☆☆☆

人事総務検定

★★☆☆☆

メンタルヘルス・マネジメント検定

★★★☆☆

社会保険労務士

★★★★★

マイナンバー実務検定

★★☆☆☆

衛生管理者

★★★☆☆

ビジネスキャリア検定

★★★☆☆

労務管理士

★★☆☆☆

キャリアにかかわる人事系の資格と、労働環境にかかわる労務系の資格とがあります。難易度はそれぞれですが、合格率が50%以上となっているような比較的取得しやすい資格を中心に紹介しています。

資格を取得することで、経験者は自分のスキルや知識を可視化できます。未経験者は必要な知識を学ぶことができるほか、転職活動で企業に意欲をアピールするのに役立つでしょう。転職やキャリアアップにも有利になります。

1つずつ詳細を見ていきましょう。

①キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、キャリア形成を手助けする専門家であり、キャリアコンサルティングの専門知識を有する国家資格です。相談者の適性や興味を明確にし、職業の選択やスキルの向上などを自己決定する手助けを行います。人事部門では、社員の悩みを聞いたり、解決策を提案する際に活用可能です。

資格名

キャリアコンサルタント

受講料

学科8,900円/実技(論述+面接)29,900円

難易度

★★★☆☆(合格率50~60%前後)

なし

試験日程

年3回(春・夏・秋、年度により2~4回) 

公式HP

https://www.jcda-careerex.org/

未経験者におすすめの国家資格であり、労務系の経験者が人事スキルを向上させるのにも適しています。

参考:キャリアコンサルタント試験

②個人情報保護士

個人情報保護士は、個人情報保護法や安全管理の理解と企業での実践力を証明する民間資格です。2022年4月の改正個人情報保護法の施行により、全企業がこれに対応する必要性が高まりました。今後、適切な個人情報の管理がますます求められることが予想されます。この資格は、応募者や社員の個人情報を適切に管理するための知識習得が可能です。

資格名

個人情報保護士

受講料

一般11,000円/学割7,700円

難易度

★★★☆☆(合格率40%前後)

なし

試験日程

3月・6月・9月・12月(年4回)

公式HP

https://www.joho-gakushu.or.jp/piip/

オンライン受験も可能なので、地方などで受験会場に移動することが難しい場合にも適しています。

参考:個人情報保護士認定試験

③産業カウンセラー

産業カウンセラーは、心理学的なアプローチを用いて社員のカウンセリングを行う専門家の民間資格です。この資格を取得することで、社員のメンタル面での健康管理をサポートするスキルを習得でき、メンタルヘルス対策に貢献できます。なお、カウンセリング自体は免許制度ではなく、資格がなくても実施可能です。

資格名

産業カウンセラー

受講料

学科試験10,800円/実技試験21,600円

難易度

★★☆☆☆(合格率約60%)

なし

試験日程

1月(年1回)

公式HP

https://www.counselor.or.jp/

受験資格が必要であり、基本的には指定された講座を受講するか、大学院で特定の心理学関連の教育を受ける必要があります。

参考:JAICO

④人事総務検定

人事総務検定は、人事総務の実務や法律知識を体系的に学んでいることを証明する民間資格です。この資格取得で人事や総務の実務に関する知識を身につけることができます。試験に合格する他に、「特別認定講習」の受講と確認テストでも取得可能です。

資格名

人事総務検定

受講料

3級5,090円/2級7,640円/1級11,000円

難易度

★★☆☆☆(合格率非公開)

3級(人事総務・担当者レベル)・2級(主任レベル)・1級(課長レベル)

試験日程

3月・10月(年2回)

公式HP

http://jinjisoumukentei.aki

未経験の社会人や学生でも取得しやすく、3級からステップアップしていくことができます。ただし、上位の級を目指す場合は、まず3級からの合格が必要です。経験者が短期的なキャリアアップに利用するのには適していないかもしれません。

参考:人事総務検定

⑤メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定は、職場におけるメンタルヘルスケアに関する知識や対処法を身につけていることを証明する民間資格です。この資格は、メンタルヘルスのケア業務だけでなく、パワーハラスメントの予防や解決、過重労働防止にも役立ちます。

資格名

メンタルヘルス・マネジメント検定

受講料

Ⅲ種5,280/Ⅱ種7,480円/Ⅰ種11,550円

難易度

★★★☆☆(合格率Ⅰ種約20%・Ⅱ種約60%・Ⅲ種約70%)

Ⅲ種(セルフケアコース)・Ⅱ種(ラインケアコース)・Ⅰ種(マスターコース)

試験日程

3月・11月(年2回)

公式HP

https://www.mental-health.ne.jp/

この検定試験にはⅠ種、Ⅱ種、Ⅲ種の3つのコースがあり、それぞれ異なる対象に向けて設定されています。Ⅲ種は一般社員向けであり、未経験者が基礎的な知識を得るのに適しています。業務に携わる場合は、できればⅠ種を目指すことが望ましいでしょう。

参考:メンタルヘルスマネジメント検定

⑥社会保険労務士

社会保険労務士は、各種保険法や労働関連の法律に精通した専門家であることを証明する国家資格です。この資格は難易度が高く、労務管理や社会保険に関する専門家として活躍できます。

資格名

社会保険労務士

受講料

15,000円

難易度

★★★★★

なし

試験日程

8月(年1回)

公式HP

https://www.sharosi-siken.or.jp/

この資格は、CHO(最高人事責任者)などのキャリアアップを目指す方や、労務環境を改善したいと考える方にオススメです。

参考:社会保険労務士検定

⑦マイナンバー実務検定

マイナンバー実務検定は、マイナンバー制度や法律、ガイドラインに関する理解を証明する民間資格です。年金や健康保険、源泉徴収など、マイナンバー関連業務における知識が身につきます。

資格名

マイナンバー実務検定

受講料

(一般)3級7,700円/2級8,800円/1級11,000円 ※学割もあり

難易度

★★☆☆☆(合格率は非公開、3級80%前後・2級50~60%前後の予想)

3級(一般社会人レベル)・2級(管理・指導者レベル)・1級(実務者レベル)

試験日程

6月・9月・12月・3月(年4回)

公式HP

https://www.my-number.or.jp/

この検定には3つの級があります。人事職でスペシャリストとしての知識を体系的に習得したい場合は1級を、人事への転職を希望する場合は2級を目指すことが望ましいでしょう。業務に必要な制度の理解に役立つ資格です。

参考:マイナンバー実務検定

⑧衛生管理者

衛生管理者は、作業環境の管理に必要な知識を持つことを証明する国家資格です。事業場の人数に応じて企業に選任義務が課され、衛生管理や労働者への衛生教育、衛生委員会の運営などに関わります。

資格名

衛生管理者

受講料

6,800円

難易度

★★★☆☆(合格率50%前後)

級ではないが、第一種・第二種の分類あり ※詳細は以下で説明

試験日程

会場にもよるが、基本的に1か月に複数回

公式HP

https://www.exam.or.jp/index.htm

現在人事職に就いている方向けの資格です。

参考:安全衛生技術試験協会

⑨ビジネスキャリア検定

ビジネスキャリア検定は、ホワイトカラーの必要な専門知識についての検定です。人事系に関連する分野では、人事・人材開発と労務管理の2試験があります。これらは実務で役立つ知識が学べます。

資格名

ビジネスキャリア検定

受講料

3級6,200円/2級7,700円/1級11,000円

難易度

★★★☆☆(合格率3級50~60%前後・2級50%前後・1級10~20%前後)

3級(実務経験3年程度)・2級(同5年程度)・1級(同10年以上)

試験日程

10月・2月(年2回)

公式HP

https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/business/

この検定は3つの級に分かれており、経験者から初学者まで幅広く受験できます。人事・人材開発と労務管理に焦点を当てた勉強をしたい方に向いています。

参考:ビジネス・キャリア検定

⑩労務管理士

労務管理士は、社員の労務管理スキルを持っていることを証明する民間資格です。試験の受験方法は複数あり、法令遵守を基本に、採用から退職までの就業管理に役立ちます。社会保険労務士とは異なる資格であり、その独占業務を行うことはできません。

資格名

労務管理士

受講料

8,000~20,000円(所得方法による)

難易度

★★☆☆☆(合格率非公開)

2級・1級 ※詳細は以下参照

試験日程

随時

公式HP

https://jinzai.org/sikaku_howto.html

労務管理士資格は2級と1級があり、2級認定後に一定の条件を満たし、昇級試験に合格すると1級に昇格できます。オンライン講座が提供され、リーズナブルな受講料設定となっており、忙しい方や地方在住の方にも挑戦しやすいです。

参考:日本人材育成協会

人事の仕事に就きたい人は転職エージェントの利用がオススメ

人事の職に興味がある方は転職エージェントを活用してみましょう。資格が差別化に効果的であることはわかりましたが、適切な求人を見つけられなければ資格取得の意味はありません。特に人事の職種は欠員が多く、求人が定期的に出るとは限らないです。だからこそ、人事の求人情報が集まるサービスを積極的に利用することが不可欠でしょう。

未経験者でも経験者でも、資格取得は人事職への道を開く一助になります。新しい会社を探す際も、転職エージェントを活用すれば、選択肢が広がるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。