記事FV
人事
2024/07/10 更新

人事の転職におすすめのエージェントを紹介|人事転職を成功させるための秘訣と厳しさも解説

人事の転職に強い8つのエージェントについて解説します。各エージェントにはそれぞれ独自の強みがあります。この記事で紹介するのは、人事に特化し人気のあるサービスばかりです。それぞれの特徴を比較し、自分に最適なサービスを選ぶ手助けとなるでしょう。また、転職エージェントを紹介する前に、エージェント選びのポイントや転職成功の秘訣についてまとめているので参考にしてください。

人事の転職にオススメの転職エージェント比較一覧

人事の転職に強い8つのエージェントについて解説します。各エージェントにはそれぞれ独自の強みがあります。ここでご紹介するのは、人事に特化し人気のあるサービスばかりです。それぞれの特徴を比較し、自分に最適なサービスを選ぶ手助けとなるでしょう。

転職エージェントを紹介する前に、エージェント選びのポイントや転職成功の秘訣についてまとめているので参考にしてください。

人事に強い転職エージェントの選定方法

人事に強い転職エージェントを選ぶ際の手法についてまとめます。以下の要点が挙げられます。

<人事に強い転職エージェントの選び方>

  • 人事の求人案件が豊富であること
  • 人事業界に詳しいアドバイザーが在籍していること
  • 面接や履歴書の添削などサポートが充実していること

なお、この記事で紹介するエージェントは全て上記の条件を満たしています。

それでは、それぞれの条件について詳しく解説します。

人事の求人案件が豊富であること

まず、人事の求人案件の多さがポイントです。求人が多いほど、選択肢が広がり、自分に合った条件の求人を見つけやすくなります。

さらに、非公開案件や独自の案件の数も確認しましょう。こうした案件を保有するエージェントは、質の高い求人を持っている可能性が高いです。

企業が求人を非公開にする理由は、自社の情報を外部に漏らしたくないという背景があります。この点に注目すると、大手企業や成長中の企業が多い傾向にあります。

独自の案件は、積極的な営業活動や強力な企業との関係証拠です。他社にない案件は見つけにくく、魅力的な求人が含まれることが多いです。

人事業界に詳しいアドバイザーが在籍していること

人事分野に詳しいアドバイザーの存在も重要です。専門知識のあるアドバイザーに相談できると、有益な情報を得られたり、マッチングの精度が高まります。

多くのエージェントが提供するサポート内容には、書類の添削や面接の練習、企業との面接の調整、内定後の条件交渉や入社日の調整、退職に関する相談などがあります。

人事への転職は厳しい?

人事部の転職市場の動向について把握しましょう。企業環境は労働力の流動性や減少などで急速に変化しています。これらの変化が転職市場にも影響を及ぼします。具体的には、次のような傾向です。

【人事への転職市場の動向】

  • 即戦力として活躍できる人材の需要が高まっている
  • 大企業への転職が豊富で、貴重な経験が重視される傾向がある
  • ベンチャー企業は実力を重視し、経験よりもその人物の実践力を評価する
  • 未経験者の転職も可能だが、難易度は高い傾向にある

これらを1つずつ詳しく見ていきましょう。

即戦力として活躍できる人材の需要が高まっている

少子高齢化により、人材確保が難しくなっています。同時に新型コロナウイルスなどの社会情勢も就職・転職市場に影響もあるでしょう。企業が生き残るためには、優れた人材を採用することが重要です。そのため、人事力のある人材は企業が求める存在となっています。現在、即戦力となる人材のニーズは以前より高まっていると言えます。

大企業への転職が豊富で、貴重な経験が重視される傾向がある

大企業では、長期のキャリアだけでなく、希少な経験も重視されます。例えば、同規模の企業での人事経験や、国際的な人事経験がそれに当たります。

中小企業と大企業では業務内容が異なるため、中小企業では幅広い業務を行う能力が求めらるでしょう。一方、大企業では専門性が重要で、各業務は分担されています。中小企業では多様な経験を積むことができますが、大企業への転職を考えるなら専門性を身に付けることが大切です。

ベンチャー企業は実力を重視し、経験よりもその人物の実践力を評価する

ベンチャー企業では実力が経験よりも重視されます。

通常、ベンチャー企業は体制整備中で、初めての人事担当者が採用されるケースが多いです。そのため、業務や体制整備を同時に行うことが求められ、業務量も多くなります。即戦力が求められるため、大変な面もありますが、裁量が大きくやりがいを感じられる職場です。

ただし、このような働き方は向き不向きがあるため、慎重な検討が必要でしょう。

未経験者の転職も可能だが、難易度は高い傾向にある

人事の転職は経験や実力が重視される傾向があり、未経験者の採用は容易ではありません。しかし、ポテンシャル重視の採用も行われるため、未経験者でも成功例はあります。戦略的な転職活動を行うことで、適切なタイミングで転職することができるでしょう。

人事職への転職成功の秘訣

次に、人事職への転職を成功させる方法についてまとめます。以下の4つのポイントが挙げられます。

<人事職への転職成功の秘訣>

  • 未経験者は適切な資格取得を目指す
  • 複数の転職エージェント・サイトに登録する
  • 自己分析を行い志望動機を具体的に記述する
  • 人事職への転職しやすいタイミングを見極める

これらは人事職を目指す際に重要な点ですが、未経験者の場合、特にこれらのポイントを押さえることが重要です。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

未経験者は適切な資格取得を目指す

未経験者が資格取得することは有益です。人事職への未経験からの就職は可能ですが、資格があれば有利でしょう。資格を取得することは、実務に必要な知識を得るだけでなく、自身の意欲を証明する手段にもなります。

人事職で役立つ資格として、以下の3つがあります。

  • ビジネスキャリア検定:ビジネス業務の能力を評価する資格で、人事分野の試験も含まれています。
  • メンタルヘルス・マネジメント検定:従業員の心のケアに関するスキルを身につけられる資格で、メンタルヘルス対策に役立ちます。
  • キャリアコンサルタント試験:労働者の悩みに的確なアドバイスを提供するための国家資格で、人材育成やキャリアプランの支援に役立ちます。

複数の転職エージェント・サイトに登録する

複数の転職エージェントに登録することも有益です。異なるエージェントに登録することで、求人の選択肢を広げることができます。

エージェントには、職種や業種を特化した「特化タイプ」と広範囲の案件を扱う「総合タイプ」があります。両方に登録することで、多様な選択肢を得られるでしょう。

自己分析を行い志望動機を具体的に記述する

自己分析をしっかりと行い、志望動機を明確にすることが大切です。応募する際には、自己分析を詳細に進め、志望動機をまとめるようにしましょう。具体的なアプローチとしては、以下のような視点から自己分析を行います。

  • 転職を望む具体的な理由(人間関係、給与、キャリアアップなど)
  • 人事職を志望する理由
  • その会社を選ぶ理由
  • 転職先に求める条件
  • 自身の経験やスキル
  • 強みを発揮できる分野

これらを整理し、自身のアピールポイントと企業のニーズを調和させることが重要です。企業にとって、「がんばります」という表現ではなく、自身の採用によって企業にもたらす価値を伝えることが鍵となります。

人事職への転職しやすいタイミングを見極める

人事職で転職しやすい時期を見極めることも成功の一環です。人事職での転職に有利なのは、通常は7~9月の人事の閑散期になります。繁忙期は3~6月で、新卒採用や入社がピークです。

閑散期の7~9月は社員の教育なども行いやすく、求人が増える時期でもあります。また、賞与支給後に退職する人も多く、その時期に欠員補充の求人が出るケースが多いです。こうした時期に募集し、繁忙期に向けて人員を増やす企業が多いでしょう。

人事に特化した転職エージェントの厳選8選

ここでは、人事に特化した転職エージェントを紹介します。

これらのエージェントは、先述した選び方の基準を満たしています。全てのエージェントが高い評価を受けていますが、それぞれが個別の特徴を持っています。自分に合ったエージェントを見つけましょう。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①WARC AGENT

WARC AGENT」は、ハイクラス層のベンチャー転職に強いエージェントです。サービスが2019年に始まった比較的新しいエージェントですが、急速に成長しています。「人材紹介の『負』の解消を目指す新しい転職エージェント」というビジョンと、求職者に寄り添うコンシェルジュの姿勢が特徴です。

各コンシェルジュは専門領域を持ち、求職者のキャリアを最適化するために細やかな支援を行います。取り扱う案件は、成長中のベンチャーや上場企業が多いです。転職後の平均年収が750万円を超えるなど、ハイクラスの転職を実現しています。

こんな方におすすめ!

  • キャリアアップとやりがいを求める方
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーを探している方
  • 上場ベンチャー企業に興味がある方
  • 寄り添い型のサポートを希望する方
  • 役員ポジションを目指す方


    参考:WARC AGENT

②リクルートダイレクトスカウト

次に、「リクルートダイレクトスカウト」は、自分から求人情報を探す必要がなく、ヘッドハンターや企業からスカウトを受けられるサービスです。ハイクラスの求人が中心で、実務経験がある方でキャリアアップを望む人に適しています。

企業のスカウトを受ける際には、現職場にバレるのでは?という不安もあるかもしれませんが、ブロック設定をすればその心配はありません。

他のエージェントにはないサポート・サービスで、企業やヘッドハンターからのスカウトが一般的です。予想外の新たなキャリアの可能性を見つけられます。

こんな方におすすめ!

  • ハイクラス求人を探している方

参考:リクルートダイレクトスカウト

③パソナキャリア

「パソナキャリア」は、ハイクラス向けの転職サイトで、求人の半数以上が年収800万円以上という特徴を持っています。オリコン顧客満足度調査では4年連続で1位を獲得しており、高いマッチング力が利用価値の一つでしょう。

専任のコンサルタントが企業への推薦や面接日程の調整などをサポートしてくれます。経理職の内定を獲得するまで、面接対策や年収の交渉なども手助けしてくれる点が魅力です。

こんな方におすすめ!

  • 高い年収を目指すハイクラスの人材
  • 充実したサポートと専門性の高い求人を探している方

参考:パソナキャリア

④マイナビAGENT

「マイナビAGENT」は、専属のキャリアアドバイザーが職業紹介から内定までをサポートする転職エージェントです。自ら企業を探す必要がなく、後発ながらも求人集めに注力しており、他では見かけない求人もあります。熱心な担当者が親身になってサポートしてくれるため、20代で初めて転職する方にも心強い存在です。

基本的なサポートも充実しており、書類添削や模擬面接、年収交渉、入社日調整にも対応しています。担当者が業界ごとに専任なので、業界知識も豊富です。これにより、情報提供やアドバイスも期待できるでしょう。

こんな方におすすめ!

  • 第二新卒や初めての転職を考えている20代の方など、若手の転職希望者

参考:マイナビAGENT

⑤JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、マッチングの精度が高いと評価されている転職エージェントです。他のエージェントとは異なり、1人の担当者が企業と求職者の両方を担当しています。そのため、求職者と企業の情報をリアルタイムに把握し、マッチングの精度が高いです。

書類添削や面接対策、面接日程調整、条件交渉、入社日程調整など、さまざまな面でサポートが充実しています。ハイクラス求人が多く、キャリアの積み重ねがある方にとって、キャリアアップのチャンスになるでしょう。外資系やグローバル企業への転職にも強みを持っています。

こんな方におすすめ!

  • ハイクラスの求人を探している方や外資系企業への転職を検討している方

参考:JACリクルートメント

⑥type転職エージェント

「type転職エージェント」は、首都圏のIT企業に特化した転職サイトで、キャリアアドバイザーのバックアップを受けられます。カウンセリングや求人に関する相談など様々なサポートがあります。書類作成のアドバイスや面接対策、条件交渉、円満退社のアドバイスなど、幅広いサポートも特徴的です。

特にIT関連やベンチャー系の人事で働きたい方に向いています。独自の求人も多く、条件が合う場合は積極的に登録してみてください。

こんな人におすすめ!

  • 経験が浅い20代
  • ハイクラス求人を探している人
  • 首都圏で転職を考えている方やIT系でのキャリアを望んでいる方

参考:type転職エージェント

⑦人事の転職

人事の転職は、人事に特化した転職エージェントで、株式会社HRビジョンが運営しています。国内最大のHR情報サイト「日本の人事部」を運営しており、人事に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているのが特徴です。

手厚いサポートが受けられることが高く評価されていますが、まだ求人数は少ないものの、幅広い人事関連の職種が揃っています。

こんな人におすすめ!

  • 実務経験のある方

参考:人事の転職

⑧LHH転職エージェント

LHH転職エージェントは、外資系のアデコが運営する転職サイトで、各領域に精通したコンサルタントがサポートを行います。外資系やグローバル企業の求人に強みがありますが、地方によっては求人数が少ない場合もあります。提出書類の作成から入社時期の調整まで、幅広いサポートが行われることも特徴の一つです。

こんな人におすすめ!

  • 親身な対応を希望する方
  • 外資系やグローバル企業を希望する方

参考:LHH転職エージェント

転職エージェントを利用して人事の転職を成功させよう


人事の転職は、経験者には有利ですが、未経験でも確率を上げるコツがあります。効率よく求人を見つけて、資格取得や志望動機を整理することが大切です。

転職エージェントだけでなく、転職サイトの利用も有効でしょう。複数のチャネルを使うことで選択肢が広がり、異なる求人情報を得られます。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。