記事FV人事

人事の転職成功に必要なスキルと経験を解説

2023/12/31 更新

人事経験者が転職を検討する際、成功の秘訣を知りたいのではないでしょうか。人事での経験とスキルを生かしつつ、理想の業界での着地点を見つけることが転職成功の鍵となります。

この記事では、人事経験者が転職する際に重要なスキルやポイントについて解説します。

人事経験者が転職しやすい理由について

人事経験者が比較的転職しやすいと言われますが、その理由が気になる方は多いのではないでしょうか。人事業務で身につくスキルは、企業が求める需要が多いという理由が考えられます

会社の成長に関わるスキルを有しているため

人事業務は企業の成長に直結する部分が多く、そのスキルを別の会社でも役立てることができます。人事業務は大まかに4つに分かれています。

  • 採用
  • 教育・研修
  • 労務管理
  • 制度管理

採用業務では面接でのヒアリング能力や、入社手続きなどのスキルが求められます。教育や研修では会社内の課題を見つけ出し、改善プログラムを策定する必要があるからです。労務管理や制度管理では、法律に基づいた社員の働き方を築くための経験が必要でしょう。

これら4つの業務は企業運営に不可欠であり、広範な経験を持つ人材は会社にとって価値があります。そのため、人事経験者は企業にとって欠かせぬ存在であり、就職市場でも需要が高いでしょう。

コミュニケーションスキルが備わっている

人事部門は人々との関わりが深く、高いコミュニケーション能力を持つ人が多い領域です。社内で調整役を務めることが多く、それによって人付き合いのスキルも自然に向上します。

このスキルは社会人にとって基本的な要素ですが、持ち合わせていないケースも少なくありません。単なる会話術だけでなく、トラブル解決に介入し円滑に進める能力も求められます。適切な対処ができると、仕事がスムーズになるばかりでなく、自身にとっても利点が多く生まれるでしょう。

転職の際にコミュニケーション能力をアピールすることで、相手に印象づけられ、共同で働きたいと思ってもらえる可能性が高まります。

法務知識を備えている

人事部門は企業のルール作りに深く関与し、法律についての知識が必要な場面が多いです。健全な企業運営のためには、法務知識を持つことが求められますが、これは人事だけに限ったことではありません。特に管理部門は、経験豊富な法務担当者の存在があれば、より良い企業運営につながります。法律や制度に精通するスキルは、企業運営に大きな影響を与えるため、非常に価値があるでしょう。

すべての法律や制度を把握する必要はありませんが、必要な情報にアクセスできる能力があれば、迅速に対処できます。

人事経験者の最適な転職先はどこか?

人事経験者がどのような仕事に転職できるのか、興味を持つ人が多いでしょう。過去の経験を活かし、人事以外のキャリアにも挑戦できる可能性もあります。

他社の人事部門

人事の仕事は似ているため、今までの経験を生かせるという利点があります。同じ仕事であっても、給与や昇進の見込みがある求人なら、仕事へのモチベーションも高まるでしょう。

一方で、新しい企業のルールに慣れる必要がある点がデメリットです。会社ごとに体制が異なるため、最初は仕事の進め方に戸惑う機会もあります。また、転職理由によっては、次の職場でも同じ問題に直面することも予測できます。もし業務自体にストレスを感じているなら、人事職への継続が本当に望ましいのか再検討することが重要です。

人事業務が好きで継続したい人にとって、他の企業でも同じ仕事ができることは魅力的な条件でしょう。

コンサルティング業界

コンサルタントとして企業にアドバイスを提供する仕事も選択肢の一つです。コンサルティングではクライアント企業のニーズを把握し、計画を立案し、プロジェクトを円滑に進める能力が求められます。人事で労務や制度管理に関わった経験者は、理想的な組織構築の基礎知識を持っていると見なされるでしょう。

ただし、コンサルタントとしての転職は人事経験者に人気があり、競争率が高いのが特徴です。競争が激しいということは、転職の際に経験やスキルが詳細に評価される可能性があることを意味します。競争に勝つためには現職でスキルアップし、コンサルティング業界の転職市場を十分にリサーチすることが必要です。

他業種への転職も

他の業種でも人事とは異なる職種に転職可能です。コミュニケーション能力や企業の発展に関わる経験を生かし、異なる業界で新たな挑戦もできます。人事で培ったスキルは、他の分野でも使える汎用性の高いものが多いので、就職活動の際に有利になるでしょう。

ただし、人事とは無関係の別の職種に移る場合、新たなスキルを身につける必要があります。経理や総務などのバックオフィスであっても、その分野の業務に慣れるための努力は必要です。営業など会社の利益に直結する部門であれば、新たなスキルを習得する必要性がさらに高まります。

人事の経験を重視しすぎると、新しい職場で適応するのに苦労する可能性もあるでしょう。転職先との適合を保つためには、希望する業界についての情報収集が欠かせません。

人事経験者の転職成功の秘訣

人事経験者が成功するための方法について気になる人も多いでしょう。業界で要求されるスキルを磨きながら、適切な方法で転職活動を行うことが理想の転職に繋がります。

汎用性の高い業務スキルを向上させる

汎用性の高い業務スキルを向上させることも重要です。

勤怠管理や福利厚生の手続き、給与計算や社会保険に関する業務はどの企業でも必要とされます。幅広い経験を積んでおくことで、転職後にあらゆる分野で活躍できる可能性が高まります。特定の業務だけに特化するのではなく、幅広い経験を積むことが市場価値を高めるポイントです。可能な限り多くの経験を積むことで、どの職場でも活躍できる能力を養いましょう。

会社成長のための企画立案や実行を経験しておく

会社の成長戦略を企画し、実行する経験を積むことも、転職成功の道筋の一つです。

長く人事のポジションにいると、組織の計画や運営に関わる業務を任される機会があります。組織づくりなどの全体像を見る能力は、リーダーシップを持つ人に求められるスキルです。このようなスキルをアピールすることで、会社の経営に貢献できる人材として評価されるでしょう。特にコンサルティングへの転職を考える場合は、このスキルは重要になりますので、磨いておくことが有利に働きます。

調整・交渉のスキルを身に付ける

調整や交渉のスキルを磨くことも重要です。

人事は会社と従業員の架け橋として、関係の調整を行う役割を果たします。時にはトラブルを解決することも求められますが、人との関わり合いから学んだ経験はどの場面でも貴重なものです。これらの経験を振り返り、就活でアピールする際に役立てられます。

市場ニーズを調査しておく

また、業界における市場の需要を知ることも大切です。

希望する業界で求められるスキルや人材像を把握するために、転職サイトなどの求人情報を積極的に調査するのがオススメでしょう。求人情報は就活準備に役立つ情報が記載されているので、定期的なチェックを続けることがスムーズな転職につながります。

管理職専門の転職エージェント・サイトを利用する


人事や管理職に特化した転職エージェントやサイトを活用するのもオススメです。

最近ではさまざまな転職サイトやエージェントが存在しますが、人事や管理職を専門としたサービスを利用が良いでしょう。これらのサイトでは、一般的な転職サイトでは見つけにくいポジションにも簡単にアクセスでき、手間を省けます。また、人事に詳しいアドバイザーに相談すれば、業界固有の問題にも適切に対処してもらえるでしょう。

転職活動を開始する際には、人事や管理職に特化した転職サイトを利用して、スムーズな転職を目指してください。

人事の転職に役立つ資格3選

人事の経験者が転職する際に役立つ資格を知っておくことは重要です。資格を取得することで、自身の人事としての能力を証明し、会社に貢献できる人材であることを示すことができるでしょう。

①社会保険労務士

社会保険労務士とは、国家が認める資格で、労働に関する手続きや相談に対応する専門家です。取得すると、各種保険の手続きや労働規則の策定やアドバイスが可能になります。

この資格は人事における重要な側面があり、特に労働に関する知識が求められます。合格するためには時間をかけた勉強が必要ですが、転職時に有利なアピールポイントとにできます。転職を考える際には計画的に学習し、今後の人事業務に生かしていきましょう。

②キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、相談者の将来のキャリアに関するアドバイスを行う資格です。会話から相手の興味や目標を引き出し、将来の計画をサポートします。

人事は社員との面談に関わることがあり、従業員の悩みや不安に対処する場面もあります。人事がキャリアコンサルタントの資格を持つことで、ヒアリング能力や洞察力を養い、面談の質を向上させることが期待されます。人の話を聞くスキルは広範な活用が可能なため、人事以外の職種でも有用です。

③メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント検定は、従業員の精神的な問題に関する基礎知識を学ぶ資格です。

最近はメンタル面の問題で休職や退職するケースが増えており、社会的にも対策が求められています。人材を扱う人事にとって、メンタルヘルスへの理解は不可欠です。資格取得により、働きやすい環境の整備やメンタルサポートが可能になるでしょう。この検定には3つのコースがあり、自身のレベルに合った学習ができます。

人事は経験だけでなく、転職にはスキルアップも重要

人事経験を持つ人は、その経験を強みにして転職することができますが、スキルアップも欠かせません。新たな挑戦をするためには、より多くのスキルを獲得する必要です。今の職場で幅広い経験を積みながら、希望する業界についても詳しく調べて、転職に備えましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。