記事FV人事

人事職の志望動機を書くコツを例文付きで解説

2023/12/31 更新

人事という職種は、高い専門性が求められ、経験が公正な評価を任されているポジションです。経営企画や財務・経理と並んで人気のある管理部門ではないでしょうか。「志望動機をどう書けばいいのかわからない」「自分のスキルやキャリアをどうアピールしたらいいのか」といった悩みを抱える人も多いです。

本記事では、人事職への応募に際して、志望動機の書き方に焦点を当て、評価されるポイントについて解説していきます。

志望動機を書く前に人事業務の確認

志望動機を記述する前に、人事部門の主な業務内容を確認しておきましょう。

人事部は、人材採用や教育、評価に始まり、経営方針に基づく組織改変や人員配置など、社員に関連する業務を担当しています。また、勤怠管理や給与計算、福利厚生の管理も人事の肝要な業務です。社員に関わる多岐にわたる業務を担当している部署といえるでしょう。

人材採用

採用は、代表的な人事部署の業務であり、経営計画と各部署のニーズに従って計画的に実行します。人事部は、会社説明会などの開催、求人広告の出稿、採用試験の設計、面接の実施などを主導的に進める役目です。

人材の採用は、自社の将来を左右する重要な業務になります。会社の経営理念やビジョン、働き方、目指す姿、企業文化を反映し、自社に適した人材を選ぶ必要があります。考え方や働き方のトレンドが変化するため、採用の専門家としての視点を持ち、常に新しい理論や情報を収集し、経営層や他の部署に適用するのも人事の役割です。

人員配置

人材の能力や資質を最大限に生かすために、適材適所の配置を行います。組織改変や統合も人事が進めます。

人材配置の最適化は会社にとって極めて重要です。優れた若手をリーダーに抜擢したり、社員の意向を尊重した社内公募や社内FA制度の検討・実施、異動や転勤のための越境学習など、対応範囲は広範になります。

組織の編成は、経営側の方針と連携して行います。ときには株主と経営陣の判断により、企業が持株会社と子会社に分割されるような大規模な変更を行う場合もあると認識しておきましょう。その場合も人事は人員を適切に配置しなければなりません。

中長期的な会社の方針や計画への理解が求められるとともに、人事のプロとして改善策や優れた人材の活用についての提案力も必要です。多数の部署が抱えるニーズと、会社の人材リソースのバランスを考慮しながら配置するため、各部署とのコミュニケーション能力や調整能力の高さも求められます。

社員評価

社員の実績や能力を公平に評価するシステムを構築するのも人事の業務です。人事評価手法を選択し、客観性と公平性を確保した評価が求められます。

評価は、社員の働き方や姿勢、目標達成の能力と結果を示し、昇進や給与、賞与に影響を与えます。社員自身が納得しなければ、最悪の場合、離職につながることもありますので、客観的で説得力のある評価が重要です。

一方で、伸ばせると考える社員のモチベーションを高めたりエンゲージメントを向上させ、能力を更に発揮してもらう機会でもあります。人事評価には、目標管理評価、コンピテンシー評価、360度評価など手法はさまざまです。それぞれ評価の基準や内容が異なります。

経営側と協議しながら方法を選定し、社員が納得しやすい評価方法を確立することが重要です。

社員教育

人材育成は重要な業務であり、新卒採用者向けの研修プログラムの立案や社員教育の構築、リスキリングと資格取得のサポートなども含まれます。

具体的には、新入社員研修やリーダー、管理職、幹部候補などのポジション別の研修、機密保持やコンプライアンス、ハラスメントなどの重要テーマに焦点を当てた社員教育があります。プログラムの企画やスケジュールの調整、講師の選定、運営などが必要ですが、常に状況を把握し、最新情報を取り入れることが肝要です。

OJTも各部署での運用計画が必要であり、社員のサポートを図るためにメンター制度を導入する場合もあります。

さらに、社員の自主的なスキルアップや資格取得の支援、キャリア開発支援も人事の業務です。自発的な学習を促進し、社員が自らスキルを向上させる風土を育むことも重要です。

社員管理

労務管理分野も企業の基盤や組織設計、人材育成と並んで重要です。給与計算はその基本的な業務であり、社員の安定した労働環境の構築は人事の役割になります。福利厚生などの待遇やメンタルヘルス管理も重視されています。

以前は個々の企画や開発職の労働時間は個人の裁量に任されていましたが、現在では会社全体での管理が求められています。リモートワークに関しても、PCの稼働時間管理などで過労を防ぎ、働きすぎを防止するシステム導入も検討が必要です。

労務管理は、精神的、肉体的な安定した労働環境の構築に直結し、人事部の注力すべき分野の一つともいえるでしょう。

人事志望の動機を作成する際の3つの要点

人事を志望する場合、専門的なスキルや知識を身につける意欲だけでなく、人間的な魅力も重要です。人事業務において、人との関わりや会社への貢献姿勢が必要でしょう。

人間関係構築の好みを示す

人事は社員との継続的な関わりが求められる仕事です。会社における重要な人材の管理を担当する部門であり、人との関係性を築くことが好きであることや、人間関係を大切にすることが求められます。

新卒採用の説明会では多くの学生と接します。面接や採用後の入社手続きや研修で関わる機会が多いです。また、社員の成長を見守りながら相談や悩みに対応することもあります。

人員配置時には、社員一人ひとりの状況を理解する力が大切です。社員の将来にも心を配ることが、現代の人事に求められます。

会社への貢献度

会社のリソースである人材を担う人事職を志望する際は、自身が会社の成長や将来にどれだけ貢献できるかを示す必要があります。

そのためには、自らの経験や考えを整理して示すことが重要です。営業職で新人のOJTを担当し、優れた営業社員に育てた経験や、開発部門で後輩の悩みに向き合った経験など、人材育成やエンゲージメント向上に関連する具体的な例が示せます。また、チームリーダーとして業務効率化を進めた経験も評価されるでしょう。

同時に、志望する企業で人事職に就くことへの意気込みや熱意も重要です。志望企業への熱意を示すことは志望動機の重要な要素になります。

情報収集能力の必要性

人事部門では、人材育成や労働環境の最新の傾向や、企業が直面している外部環境に関する情報を収集し理解する能力が必要です。

専門分野の知識も不可欠です。人事業務には法令やガイドラインに関する知識が必要であり、日常業務だけでなく、幅広い分野の情報収集が要求されます。

例えば、経営や人事に関連した書籍を積極的に読む習慣やビジネスニュースを追うことは大きなアピールポイントになります。また、人材育成や組織開発をテーマにしたセミナーや講演会に参加することも有益です。

人事職の志望動機

人事職は専門性が求められるため、未経験者はこれまでの経験を示し、それがどのように人事業務に役立つかを説明する必要があります。自らの経験や実績、若手育成における取り組みなどを示し、人間的な能力も強調しましょう。

志望する企業の情報や特徴を調査し、その企業で人事として働きたいという熱意を表現することも重要です。

志望動機の具体的な明確さ

人事職を志望する理由を明確に示すことが必要です。採用担当者は、営業や開発出身者がなぜ人事を志望するのかを推測するでしょう。説得力のある動機が求められます。

組織経営に興味を持つようになった経緯や、実務経験から人事の重要性を認識したことなどを整理し、自身の動機を明確にしてください。同時に、志望する企業に対する考えや理由も重要な評価基準です。その企業や業界、ポジションの魅力を整理し、将来の展望を明確に示しましょう。

人事やその企業に関心を持った動機

営業や開発、企画などの職務を通じて経験を積んだ人が、なぜ人事に関心を抱くようになったかは、その人を評価する上での重要なポイントです。

実務での「こうすれば社員の不満が解消できる」「こうしたら優れた後輩が退職しなかったのでは」といった経験が、人事職を志すきっかけとなった場合、自らの職務経験や業務での気づきが良い出発点になります。

それに加えて、人事の職務内容や必要な専門知識への理解があれば、実地経験を持つ人材として評価されるでしょう。

人事で活かせる強みやスキル

人事業務には、コミュニケーション能力、問題発見・解決スキル、企画立案・推進能力、調整力などが求められます。これらのスキルは他の職種でも身につくものですので、人事職を目指す人は、これらのスキルを強調することが重要です。

過去に高い評価を受けた企画や、販売戦略、業務における課題解決などを具体的に説明しましょう。その中から、採用や人材育成に役立つ要素を抽出して提示することが大切です。

人事分野は専門性があるため、一般的なアイデアに囚われない独創的な考え方や企画力が評価されます。そうした発想力や企画能力があれば、人事職に適しているとみなされる可能性が高いでしょう。

人事の志望動機のNGパターン

人事部は会社の人材をコントロールする責任があります。戦略的な位置づけで、「誰をチームに加えるべきか」を判断する重要なポジションです。だからこそ、知識、経験だけでなく、人を見極める能力も必要なエリート部門だといえます。

人事部門は経営に大きな影響を与えますから、明確な志望動機が不可欠です。もし志望動機が漠然としていたり、どの企業にでも当てはまるようなものだと、魅力的なスキルを持っていても効果的ではありません。

曖昧な表現や志望動機

人事部は安定しており将来性もあり、非常に魅力的な職種のひとつです。人事経験者や他の管理職経験者を含め、優秀な人材が競って求められます。しかし、表現や志望動機が曖昧だと、インパクトがなく、意志が伝わらず評価が低くなる危険性があります。

NG例

私は大手電機メーカーで営業推進を五年間勤めました。多数のプロジェクトを経験し、チームの売上にも貢献しました。仕事のなかで、後輩のOJTや他部署の新人のメンターなどを経験しています。それらの経験から、人を育てる人事職に興味を持ちました。採用や研修の企画にも興味があります。貴社の人事に関わることで、会社の成長に貢献できると思っています。

全体的に抽象的で具体性がないため、普通の志望動機になっています。どんなプロジェクトを経験したか、その内容と果たした役割が重要なのに、表現が抽象的です。また、後輩の育成を通して、どうして人事部署を志すことになったかの意識変遷が曖昧になっています。

自分が果たした役割、習得したスキルセット、人事の仕事内容に対する理解と何をしたいか、を具体的に表現しないとインパクトがなく埋もれてしまいます。

自社以外にも当てはまる志望動機

応募する企業に対する理解が足りていないと、どの会社にも当てはまる志望動機になってしまいます。「この会社だから、この会社の人事の仕事をやりたい」という動機が伝わる内容を作りましょう。

〈NG例〉

人材が担当する採用、配置、教育、労務管理の仕事は、貴社にとって、もっとも重要なものであると考えます。私は、メーカーの営業推進部署で五年の経験があります。主に社内横断で製品の営業戦略や販促施策を策定する部署です。その間、支社のチームを率いて、11名のメンバー一人ひとりと徹底的に話し合い、彼らの特徴や長所に合わせて、営業先と営業戦略を一緒に考えてきました。結果、全国3位の成績を記録することができました。その経験から、人を育てることに興味と関心が向くことになりました。貴社の人事パーソンとして、深く学習しながら、より多くの人材と向き合いたいと思いました。

どうしてその会社を志望するかについての記述がないため、人事を募集していたから志望したということしか伝わらないです。他の企業にも同様のプレゼンテーションをしていると思われ、最終的に採用者を選択する際に不利になります。

書類に記載している経歴と関係がない

未経験からの人事への転職を志す場合、人事以外での職務経歴のなかから強みを提示することがひとつの武器になると考えます。社風とのマッチや性格、熱意などとともに、人事を改革するきっかけになることも採用者が期待しています。
履歴書や職務経歴に書かれている内容は、その人の可能性の蓄積。履歴書に書かれていないことのアピールは、たとえ人事に関することでもプラスにはなりません。

〈NG例〉

私はつねづね営業職を続けるうちに、組織や人材育成の分野に興味がわき、「ラーニング革命」をテーマにした〇〇大学の〇〇先生の公開セミナーに出席したり、組織論、人材育成の専門書を勉強したりしています。人事考課の最新動向も勉強しています。
貴社のようにグローバルに展開するIT企業で、組織の最適化や人材育成プログラム、最先端の福利厚生など、ニュース性も高く話題になるような仕事ができたらと考えています」

採用側が知りたいのは、営業職として何に取り組み、何を改革し、どういう結果を出しか、です。それが失敗した場合でも、アピールする内容になります。実体験した職務だからこそいえる内容を聞きたいので、知識のひけらかしを望んでいるわけではありません。

言いすぎなアピール

職務経験をアピールする際に注意したいのが、過剰な自己評価をアピールすることです。確かに新規事業開発や新規部署の立ち上げ、営業チームの成績向上、に関わったことは、貴重な体験として評価されます。しかし、自分のスキルや知見がすべてを左右したという内容だと、聞いている側は「自己中心的で自己評価の高い人だ」という印象を受けてしまいかえってマイナスな印象になりかねません。

〈NG例〉

私は、自治体向けの営業チームのリーダーをしていました。地域の活性化や海外からの観光誘客などの事業を、企画提案から事業推進まで担当しました。私が策定した企画は、コンペでの勝率4割を超えていました。チームに的確な指示をし、念入りな事前調査、データ収集をさせ、綿密で効果ある計画を策定したからです。私は、その職責を任されてから、社内外から能力の高いメンバーを集めました。
また、私のプレゼンテーションもわかりやすく端的であると評判がよく、事業実施段階では担当者からの信頼も厚かったです。
私には、チームメイキングの能力と、コミュニケーションスキル、リサーチ能力、企画構成力などが高いと思っています。この能力を貴社の人事という舞台で役立てたいと思います」

「私が」という視点が強すぎると、企業に馴染まないと評価されます。チームの努力が実った手柄であって、一人では実現しなかったはずなのに、「私」が成功を導いたという語り口になってしまっています。

スキルと実績をアピールするのは大事ですが、チームをどう率いたのか、失敗したポイントを含めてアピールしたいものです。

人事の志望動機パターン

志望動機が重要なのは、その人の人柄が見えるからです。専門性の高い人事分野に営業や企画、開発といった別職種から志望することを、採用側は歓迎しています。

20代ならば素質さえ感じられれば、実務やスキルは後から学んでもらってもいいと思っている場合が多いです。転職するまでの仕事への取り組み方や、そこで身につけた知見とスキルがわかり、志望先の企業を選択した理由と、今後、どういう活躍したいか、それを端的に表現してください。

人事を中途の経験者で志望する例

人事経験者の場合は、前職で担当した業務経験を中心にシンプルに書くのが効果的です。担当してきた人事の業務を具体的に書き、どうしてその企業を志望するかという点もきちんと書きましょう。

例文

私は五年間、情報機器メーカーの人事部で採用と人材育成を担当しました。特に、社員教育では、一人ひとりが持つ個性や特徴を活かし業務に役立つスキルを伸ばすことを大切にして向き合いました。ちょうどOJTのマニュアルを全社で見直す時期にチームの一員として担当できましたので、すべての部署の業務教育について深く勉強できたことが良い経験になりました。具体的には、一人ひとりの特徴や多様な働き方を均一に考えていた製造部門で、人材をタイプ分けし、能力を最大限にできるOJT環境を考案したのです。その経験は、企業の人材について大きな学びを与えてくれました。
貴社は、従業員の多様性を大事にし、ダイバーシティに積極的に取り組んでいます。また、女性や現場からの経営部門や役員への起用も多く、先進的な労働環境を提供しています。すべての部署とさまざまな人材の特徴を活かす経験を活かし、貴社で人事の一員として働かせていただきたく存じます。

人事を中途の未経験者で志望する例

未経験者は、人事にとっては新鮮な刺激を受けることが楽しみな応募者です。他企業の営業職などで経験を積んできた人材が人事を目指すことは多くはありません。

志望動機は、自身が積み上げてきた経験と実績と、人事を目指すきっかけと意気込みが伝わるよう心がけましょう。

例文

製菓メーカーの営業を7年間経験してきました。人事の方とは、リーダー研修、スキルアップ研修などで接触する機会が多かったです。菓子は、大手スーパーやコンビニチェーンなどで有利なフェイスを獲得したり、キャンペーンを投下したりという手を打つことで売上は大きく左右されます。その経験により、粘り強さと納得するまで話し合う力をつけました。
人事部の調整により、開発部門と広報と営業で新商品開発プロジェクトを実施することもありました。広報は、最新のSNS受けする商品の特徴などに詳しく、開発部門とともにその知見に関心しました。SNS映えする商品はおかげさまでヒットしました。部署の壁を越えた協業がもたらす効果を実感するとともに、人事の方の発想に驚かされました。
貴社は飲料メーカーとしてグローバルに展開しています。飲料は菓子とはまったく別の業種ですが、消費者に届けて消費者を幸せにするという点では共通していると考えます。今まで、営業でつちかったスキルを活かしながら、従業員の方の能力が最大限に発揮され、良い化学反応を起こす組織のデザインに従事したいと考え、人事を志望しました。

人事を新卒で志望する例

新卒では、基本的に学習に対する姿勢、いままで培ってきた性格や資質によるポテンシャル採用が多いです。これまでの経験を振り返り長所と考えるところを経験と絡めて説明するのが有効的でしょう。

例文

私が貴社の人事を志望するのは、「輝いて働いてこそ、社会を輝かせることができる」という貴社の理念に共感したからです。従業員を大切にしている会社であることを表しています。私は、学生時代にWEBデザイナーのアルバイトをしていました。社員の方は、いつも話しかけてきてくれ、休みの希望や仕事の悩みなどを相談できました。みなさん親身になって解決策を考えてくれました。私は、その経験から、働く環境や人のつながりの大切さを身にしみて知りました。
働く人が、ちゃんとリラックスできて追い込まれず孤独にならない、そういう会社で働きたいと考えたのです。一人ひとりが輝く会社である貴社で、働く一人ひとりと真摯に根気強く向き合う人事の仕事がしたいと考えました。

しっかりと志望動機を準備し、人事職に転職しよう

人事は、会社の「ヒト」に関することを管理する魅力的な仕事です。転職には、はっきりとした志望動機が求められます。未経験の方でも、他部署での経験やスキルを活かせることを示すとともに、人事に興味をもったきっかけ、思いを伝えることが大事です。

採用担当者の目に留まり、競争相手よりも強い印象を与えることができる志望動機を作るため、自分の経験やスキルをしっかりと見極め、現在の自分に影響を与えた出来事を振り返るようにしましょう。

採用側は、専門的な知識や経験は入ってから学んでもらおうと考えている場合が多いです。まずは、ビジネスパーソンとしての自分のスタンスとビジョンをしっかりとプレゼンテーションしましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。