記事FV
人事
2023/12/31 更新

人事コンサルタントの年収事情|仕事内容や必要スキルも紹介

人事コンサルタントに関心を持つ人々の中には、平均年収に興味があるのではないでしょうか。まず、人事コンサルタントがクライアント企業の人事部門をどのように支援しているのかを理解しましょう。それによって、年収に対する理解がより深まるはずです。

この記事では、人事コンサルタントの年収について明らかにしつつ、仕事内容や求められるスキルを解説します。

人事コンサルタントの平均年収について

人事コンサルタントについて調べている人にとって、平均年収は気になるポイントの一つです。世の中の平均を知ることで、業界の理解に役立てましょう。

人事コンサルタント平均年収は500万円台後半

求人ボックスによると、人事コンサルタントの平均年収は522万円(※1)でした。地方別に見ると、関東で545万円、近畿で498万円、その他で451万円となっています。

(※1)参考:求人ボックス 給料ナビ 人事コンサルタントの仕事の年収・時給・給料

人事コンサルタント初任給の平均は20万円台後半

JobQ Townによると、人事コンサルタントの初任給は22〜45万円(※2)と業種によって差があるようです。企業規模によって求められる業務の範囲が大きく異なることも、初任給に差があることの一つの要因と考えられます。

(※2)参考:JobQ Town 【2023年版】人事コンサルタントの年収│仕事内容や企業ランキング!

人事コンサルタントの業務内容

人事コンサルタントの業務内容を把握は重要です。この仕事では、企業が外部支援を必要とする人事の側面を把握し、コンサルティング業務を理解することが求められます。

人事戦略を策定

具体的な仕事内容の一つに、人事戦略の策定があります。人事戦略は、会社の目標達成のために人材を活用した計画を立てることを指します。主に次のようなことが含まれます。

  • 採用方法の検討
  • 従業員の育成
  • 部署の構成
  • 配置人数

人事コンサルタントはこれらの要素を考慮し、クライアント企業の成長を促す仕組みを提案します。クライアントの要望は多岐にわたり、「離職率の低下」「専門技術の習得」など企業ごとに異なるため、緻密なニーズへの対応と調整が必要です。

採用活動の支援

採用支援は、新しい才能を獲得する企業の方法を助言する業務です。組織の成長には、求める資質を持つ人材を採用は必須条件になります。広告の作成や募集戦略、採用試験の進め方など、多岐にわたるアドバイスを行います。

最近では、採用業務を代行する人事コンサルタントも存在しています。アドバイス以上に、実際の業務を代行するニーズが増えているようです。

人材育成や研修

人材育成や研修にも関与しています。多くの企業は従業員の成長のための研修を提供していますが、その効果に満足していない企業もあります。人事コンサルタントは、目標達成に必要な研修プログラムを提案し、実装します。適切な研修は従業員の働きやすさだけでなく、長期的な成長に貢献します。

評価制度構築

評価制度の構築も役目です。これは社員の業績や能力を評価し、報酬などに反映させるための枠組みづくりになります。人事コンサルタントは、現行の評価基準を見直し、適切なアドバイスを行います。明確な評価制度は、モチベーション向上だけでなく、公平かつ効果的な評価につながるでしょう。

人事制度の見直し・改善

人事制度とは、社員を管理する取り組み全般を指し、前述の評価制度にも関連する仕組みです。人事制度は企業の規模や業務の変化によって、見直しが必要になるケースも少なくありません。

特に、テレワークが中心となっている企業も増え、目に見えない働きぶりの評価方法が検討されつつあります。ほかの企業の事情に詳しい人事コンサルタントが市場のトレンドや社員のニーズを取り入れ、柔軟に対応していくことが必要です。

その他業務や労務管理

労務管理とは社員の働き方に関する手続きの総称のことで、具体的には以下のような業務を行います。

  • 給与計算
  • 勤怠管理
  • 社会保険手続き
  • 福利厚生

労働時間や給与に関する取り決めは、社員が働く上で気にする部分でもあります。特に近頃はブラック企業問題として、長時間労働や給与不払いなどの問題が指摘されるケースは少なくありません。社員とのトラブルに発展しないよう、人事コンサルタントが企業へ向けて明確なルールと正確な手続きへのアドバイスを行う場合もあります。

人事コンサルタントに必要なスキル

人事コンサルタントの仕事内容を理解したところで、業務で求められるスキルについて気になる人は多いのではないでしょうか。企業の人事担当のアドバイス役として、高い視座が求められることを理解してください。

人事制度や労務管理の知識

人事コンサルタントとして働く上で、人事制度や労務管理に関する知識は欠かせません。企業が人事コンサルタントに依頼するのは、プロ目線のアドバイスを求めているからです。企業の人事担当の期待を越えられるアドバイスをするためには、業務に関する基本知識が備わっていることは大前提となります。

特に労務は法律に基づいて判断する必要がある上、ルールのアップデートにもスムーズに対応することが必要です。

コミュニケーション能力

コミュニケーションは、会社を目標達成に導く人事コンサルタントに重要な能力です。会社の仕組みを変える際、社員からの反対意見が足かせになり改善が難しいケースは少なくありません。人事コンサルタントには、よりよい会社経営には何が必要で、なぜ仕組みを変えなければならないかを論理的に説明する能力が必要です。

具体的には専門知識を噛み砕いて解説するスキルを持つ人や、相手に伝わる話し方ができる人が求められます。

プロジェクトマネジメント能力

プロジェクトマネジメントとは、業務をスムーズに遂行するための能力をいいます。人事コンサルタントは複数の業務を掛け持つことも多く、それぞれを同時進行するスキルが必要です。すべきことを一目で把握できるようなスケジュール管理や、わかりやすい進捗状況の記録が求められるでしょう。

また、チームの雰囲気がいいと全体進行がスムーズに進むことが多いものです。

関わる社員たちの士気を高めることも、人事コンサルタントに求められる役割の一つだと考えられます。

データ分析能力

人事コンサルタントには、データ分析スキルが必要です。クライアント企業に最適な方法を考えるには、人事に関するデータを比較し計画へ反映させる作業が求められます。データを的確に捉え、企業の人事担当が実践しやすい計画を立てるスキルが重要でしょう。

データ分析能力は経験を積むことで磨かれるスキルでもあるので、最初のうちは一つひとつの案件を着実にこなしていく姿勢が重要です。

人事コンサルタントに活かせる資格

人事コンサルタントとして働く上で役立つ資格があれば、知っておきましょう。人事コンサルタントに関連する資格の難易度はさまざまなので、自分の段階に合った内容で理解してください。

①人事総務検定

人事総務検定とは、人材管理の知識や実務について評価する資格です。年金関連の知識や給与計算のスキルについても問われるので、取得すると人事コンサルタントの実務に役立つと考えられます。

難関国家資格と比べると取得しやすいとも言われているので、次節で紹介する社会保険労務士のステップアップとして勉強しておくのがオススメです。階級は1〜3級の3段階に分かれているので、自身が取り組みたい級からチャレンジしましょう。

②社会保険労務士

社会保険労務士とは、労働規則の整備や社会保険に関する手続きを行える国家資格です。人事においてルール整備業務は労力を要する仕事の一つであり、トラブルに繋がらないために慎重な検討が求められます。人事コンサルタントが社会保険労務士を持っていると、就業規則等のルール整備を一手に引き受けることができるでしょう。

また、社会保険労務士は社会保険のプロでもあり、手続きや相談対応からも企業へ貢献することができます。

参考:社労士試験の難易度|仕事内容や年収・やりがい・将来性について詳しく解説

③労働法務士 

労働法務士とは、労働法の知識を広く学べる検定です。扱う知識は多岐にわたり、雇用に関する法律や外国人労働者受け入れの内容まで幅広く学べます。現時点では労働法全般の知識に自信がなく、人事で法律について理解したいと考える人に向いていると言えるでしょう。労働法務士試験の対策としてネット上で講座を視聴できるので、気になる人はチェックしてみてください。

人事コンサルタントの将来性について

人事コンサルタントの将来性は高く、今後はクライアントからの多様なニーズに応えられる人材がより求められるでしょう。近頃の経済不安の中で、いかに効率的な経営ができるかを考える企業は少なくありません。

また、今後は海外展開を目指す企業も増えることが予想され、ニーズにさらなる広がりが見られると考えられます。人事コンサルタントは会社の資源である人材を最大限に生かし、企業の悩みを解決する職業です。既存の業務にとどまらず、クライアントからの幅広い要望に応えるための努力が求められるでしょう。

未経験から人事コンサルタントに転職は可能

人事職に近い業務経験を持つ人は、未経験であっても人事コンサルタントへの転職は可能です。人事コンサルタントへの転職には、人事部での経験が必須であると考える人は少なくないでしょう。

確かに人事部での経験は転職において有利になり得ますが、近頃ではポテンシャル採用をする企業もあります。特に、人材サービス会社の営業職や、組織に関わる業務経験を持つ人を評価する企業が増えています。今の会社で人事に関連する業務を受け持つチャンスがあれば、積極的に引き受けて経験値を高めることがオススメです。

また、現在人事部で働いている人は、人事評価制度や報酬制度にも関わるようにしておきましょう。コンサルタントとして求められるため、多い分野での経験を積んでおくことは転職時のアピールポイントとなります。

人事コンサルタントに転職して年収アップを目指そう

人事コンサルタントは企業の人材管理をフォローするプロとして、基礎知識からデータ収集まで実用的なスキルを備えた職業です。人事コンサルタントに興味のある人は、自分の経験やスキルを活かした転職で年収アップを狙いましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。