記事FV
人事
2023/12/31 更新

人事には英語力が必須?人事の仕事で必要な英語力と英語力向上のための方法を解説

「人事の仕事における英語力の必要性は本当にあるのか?」「どの程度の英語力が要求されるのか?。このような疑問を持つ方に向けて、この記事では人事業務での英語活用と必要な英語力について解説します。

さらに、英語力を活かせる人事職の転職先も紹介しているので、英語学習の重要性を理解してみましょう。

人事の仕事に英語は必要なのか?

人事の仕事に英語力が必要かどうか、その答えは企業の規模や業種、国際性によって異なります。しかし、現代のビジネス環境がますますグローバル化する中、人事における英語力の必要性は確実に高まっています。

大企業やグローバルに展開している企業では、多国籍の人材を雇用する必要があります。彼らと円滑にコミュニケーションを取るためには、英語力は非常に重要です。採用面接、業務の説明、評価のフィードバック、社内のルールや規則の共有など、すべて英語で行う場合もあります。

また、人事としての仕事は人材管理だけでなく、社員教育や企業文化の醸成にも関わります。これらの業務においても、多様なバックグラウンドを持つ社員たちと円滑にコミュニケーションを取るために、英語力が求められるでしょう。

一方、小規模企業や主に国内で事業を展開している企業では、日常的な業務で英語を必要とする機会はそれほど多くありません。しかし、英語を話す外国人とビジネスを行う機会が増えてきている現代社会では、いずれの規模・業種の企業でも、少なくとも基本的な英語力が求められる傾向があります。。

最終的に、英語力を身につけるかどうかは、キャリアパスとそれを追求する上で英語がどれだけ重要な役割を果たすかによります。一般的には、より大きな視野でビジネスを見るため、そして自分自身の市場価値を高めるために、英語力は非常に有用なスキルと言えるでしょう。

人事の業務で英語が必要な状況

人事業務において英語力が必要な実際のケースを探ってみましょう。主に、グローバル展開をしている大手企業での勤務、海外企業との取引、または将来的な国際展開を目指している企業での仕事が該当します。

これらの場面では、日常的に英語を使用する機会が多くあり、英語力を有することで業務の効率と品質を大幅に向上させられます。以下のセクションで、それぞれのケースについて見ていきましょう。

大手企業の国際展開における状況

大手の国際展開をしている企業では、多国籍な従業員とのコミュニケーションが日常的に必要です。このため、人事業務では英語が求められるケースが数多く存在します。

たとえば、国際的な採用活動がその一つです。面接や履歴書、契約書のチェック、作成、確認などは、多くの場合英語で行われます。特に採用面接では、直接的な英語でのコミュニケーション能力が必要です。

さらに、社内での人材育成や教育プログラムの開発にも、社員のキャリア開発を支援するための英語力が求められます。社内研修やキャリア開発プログラムの立案、多様な社員間でのスキル交換の促進など、これらの業務を円滑に進めるためには、英語でのコミュニケーションが欠かせません。

また、海外のパートナー企業やグループ企業との人事戦略の調整や、国際的な法律や規制に関する理解にも英語力が必要です。

これらの例から、国際展開している大手企業において、人事部門で活躍するためには、高度な英語力が不可欠でしょう。

海外と取引している企業とやり取りする状況

海外とのビジネス取引がある企業においても、人事部門では英語力が必要です。これは、海外のビジネスパートナーと円滑なコミュニケーションを取るために求められます。

たとえば、海外から派遣されるスタッフや共同プロジェクトの協力者との人事面での調整には、英語でのコミュニケーションが不可欠です。彼らの労働条件の調整や契約書の作成、勤務時間や休日の調整などがこれに含まれます。

同様に、海外取引を行う企業では、英語での文書作成や会議への参加が要求されるでしょう。これらの状況では、リーディングとライティングのスキル、そして会話能力が重要です。

さらに、海外パートナーとの共同プロジェクトでは、必要な人材の採用活動も行われることがあります。採用活動でも応募者との英語でのコミュニケーションや面接、履歴書のチェックをします。

したがって、海外取引を行う企業で人事として活躍する際には、さまざまな場面で英語力が必須でしょう。

海外展開を目指している企業に勤める状況

海外進出を目指す企業では、英語力を持つ人事スタッフが重要です。海外展開の成功には、異なる文化への理解や適応、国際的な人材の獲得・活用、グローバルな業務展開が求められます。

国際進出を計画する企業は、異なる文化や市場に対応できる人材を採用し、適切に育成・統合できる能力が必要です。そのためには、海外の人材市場を理解し、適切な人材を見つける能力や組織への統合力が不可欠でしょう。これらの業務を遂行するためには、英語を使ったコミュニケーション能力が重要です。

同時に、海外展開の戦略策定や準備段階では、海外の法律や労働規制、人事政策についての理解も求められます。そのためには、英語での情報収集や研究が必要です。

さらに、海外展開に伴うパートナー企業との交渉も欠かせません。このプロセスでも、英語でのコミュニケーション能力が大きなアドバンテージとなります。

そのため、将来的に海外展開を目指す企業では、人事部門のスタッフに高い英語力が要求されるでしょう。

人事が英語を身につけることで得られる利点

人事が英語を習得することで得られる利点は何でしょうか。一般的に、収入の増加、仕事の多様化、そして海外企業との交渉への参加が期待されます。それぞれの利点を詳しく見てみましょう。

収入増加の可能性

英語のスキルを身につけることで、人事部門の従事者はキャリアにおいてより多くのチャンスを掴むことができ、それにより結果的に収入が増加する見込みがあります。

まず、英語力を持つことで、国内外の大手企業やグローバルに展開している企業での人事職に転職する機会が広がるでしょう。これらの企業では、多国籍の従業員や海外のパートナーと円滑なコミュニケーションを取ることが求められます。そのため、こうした企業で働く人事担当者の給与は通常高めに設定されています。

さらに、既存の職場においても、英語力は昇進や給与増に直結もするでしょう。特に、国際ビジネスを行う企業では、英語を使ったコミュニケーション能力が業務遂行における重要な要素となります。そのため、高い英語力を持つ人事スタッフは、リーダーシップのポジションや重要なプロジェクトの一員に選ばれやすく、それが収入の増加に繋がるのです。

このように、英語力の習得は、人事職としてのキャリアアップや収入の増加に大いに寄与します。

業務選択の幅が広がる

英語力を身につけることで、人事部門での仕事の選択肢が大きく広がります。特に、グローバルな企業であれば、その可能性はさらに広がるでしょう。

まず、国際的な人材の採用活動が挙げられます。多国籍な才能を見つけ出し、採用するためには、英語でのコミュニケーション能力が欠かせません。英語力があれば、国境を越えて最適な人材を探し、評価し、採用できます。

また、英語力を持つことで、海外のパートナー企業との連携や、海外拠点との協力もスムーズに進められるようになります。たとえば、海外パートナーとの人事制度の調整や、海外拠点との労働環境の最適化など、さまざまな業務を円滑に進めることが可能です。

さらに、企業のグローバル展開に伴い、各国の労働法規や文化、習慣を理解し、それを考慮に入れた人事戦略を立てることが求められます。このような業務においても、英語力は大いに役立つでしょう。

英語力を身につけることで、人事部門での業務の幅は大きく広がり、さらに充実したキャリアを築くことができます。

海外企業との商談に同席ができる

英語力を身につけることで、人事部門のスタッフは海外企業との商談に同席する機会が広がります。これは、自らの業務に大きな影響を与えるだけでなく、企業全体のビジネス展開の可能性につながるでしょう。

人事部門は、組織内の人材を最大限に活かすための重要な役割を果たしています。そのため、人事の視点から人材戦略や組織文化、働き方の提案が商談の場で求められることが多いです。英語力があると、国際的なビジネスの場でも自信を持って意見を表し、企業のビジョンや戦略を相手に伝えられます。

さらに、商談では、従業員の福利厚生や組織文化、教育制度など人事部門の関与する領域について議論する際、英語力を持つことで、これらの議論に直接参加し、具体的な提案が可能です。

また、国際的なビジネスの場に出ることで、他企業や業界での最新の人事戦略や働き方のトレンドを学び、自社に取り入れる機会も得られます。

英語力を身につけることは、人事部門のスタッフにとって大きなチャンスを提供します。単に海外企業との商談に参加する以上に、自己スキルの向上と企業全体への貢献の機会を意味します。

人事における英語力の標準

企業のビジネス環境や人事部門の役割に応じて、人事部門で要求される英語力の具体的な基準は異なります。ただし、一般的にはビジネス英語のコミュニケーション能力が重要視されるでしょう。これには、電話やメールでの対外的なコミュニケーション、商談や会議での発言、そして多様な文化背景を持つ人々と円滑に交流する能力が含まれます。

英語力を証明する具体的な手段として一般的なのは英語の資格です。たとえばTOEICのスコアでは、ビジネスでの英語使用には一般的に750点以上が求められます。特に、海外との頻繁なコミュニケーションがある場合やグローバル企業の場合は、TOEICスコアが850点以上、ときには900点以上が望ましいとされるケースも多いです。

ただし、このスコアは一つの基準に過ぎず、英語を実際に使えるかどうかが重視されます。そのため、資格だけでなく、実務経験や海外での生活体験も評価につながります。

また、ビジネスシーンでの英語能力を測るためには、TOEICの他にも、ビジネス英語を対象としたBULATS(ビジネス言語テストサービス)や、実際のビジネス場面でのコミュニケーション能力を評価するTOEIC Speaking and Writing Testなどが参考にされるこ場合も多いです。

これらの試験で高得点を目指すだけでなく、積極的に英語を使う機会を作り出し、実際のビジネス状況で使える英語力を身につけることが大切でしょう。

英語力を身につけるための人事の行動

英語力を向上させるためには、具体的な行動が必要です。自分が目指すレベルや状況によって、最適な学習方法は異なります。今回は、英語力向上のために有効な4つのアプローチを紹介します。これらを組み合わせることで、あなたの英語力が更なる向上を遂げることができるでしょう。

資格を取得する

まず、資格取得は具体的な目標を設定し、学習の進捗を可視化する効果的な手段です。特に、人事分野で求められるTOEICやTOEFL、IELTSなどの資格は有用といわれています。

目標設定によって、学習へのモチベーションが高まります。具体的なスコアを目指すことで、自己成長を実感できるでしょう。そして、資格取得は自分の英語力を示す有力な手段であり、就職や昇進に有利に働きます。

また、資格試験の勉強は、英語の4つのスキル(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)を均衡よく向上させるのに役立ちます。たとえば、TOEICはリーディングとリスニングが主ですが、TOEFLやIELTSではスピーキングとライティングも重要です。

さらに、過去問題を解くことは、ビジネスシーンで遭遇する可能性のあるさまざまな状況を体験し、ビジネス英語の語彙や表現を効果的に学ぶ機会となります。

英会話スクールに入る

英語を習得する上で、学校で学んだ知識を実際の対話の場に活用する経験は非常に重要です。そのために英会話スクールへの通学は、極めて効果的な学習方法となります。

まず、英会話スクールではプロの講師があなたの英語力を正確に把握し、それに基づいてレッスンを進めてくれます。このような個別指導は、自分の弱点を特定し、それを改善するための具体的なフィードバックを得られる大きなメリットです。

次に、英会話スクールでは、他の学習者と一緒に学ぶことで、実際の対話の場に近い環境を体験できます。他の学習者との英語によるコミュニケーションは、単に教科書を読むだけでは得られないリアルな会話力を養えるでしょう。また、他の学習者と共に学ぶことで、刺激を受けて自分自身も成長する機会が増えます。

さらに、英会話スクールでは、ビジネス英語に特化したクラスも提供されていることが多いです。これらのクラスでは、実際のビジネスシーンで使われる表現や会議でのディスカッションの進め方など、職場で直接役立つスキルを習得ができます。

ただし、英会話スクールは経済的な負担が伴います。それを踏まえて、自分のライフスタイル、学習スタイル、そして予算に合ったスクールを選ぶことが大切です。それでも、現実のコミュニケーションシーンで自信を持って英語を使う能力を習得するためには、英会話スクールへの投資は大いに価値があります。

外国人の友だちを作る

外国人の友人を作ることは、自然な英語を身につける絶好の機会と言えます。なぜなら、母国語となる英語でのコミュニケーションを通じて、テキストブックでは学べない生の表現やフレーズ、文化的なニュアンスを吸収することが可能だからです。

また、外国人の友人を作ることで、英語を学ぶモチベーションも高まります。友人とのコミュニケーションを円滑に進めるために自然と英語力を向上させたいと感じるでしょう。さらに、適度なプレッシャー感もあり、それが効果的な学習を後押しします。

また、外国人の友人との交流を通じて、さまざまな視点や価値観に触れられる点も魅力です。これはビジネスの場でも非常に重要な要素であり、特にグローバルな環境で働く場合には、異なる文化的背景を理解することが求められます。

言語交換パートナーや国際的な交流イベントなどを通じて外国人の友人を作ることは、ただ英語を学ぶだけでなく、自身の視野を広げ、多文化理解を深める機会にもなります。また、リアルな英語の使用状況に慣れることで、英語を「使う」スキルも鍛えられるでしょう。このように、外国人の友人を作ることは多方面にわたる利点があり、英語力向上の一環として是非検討してみてください。

休みの日に自己学習をする

英語を身につけるためには、日々の継続的な学習が不可欠です。そして、その中でも特に、休みの日に自己学習を行うことは非常に効果的でしょう。なぜなら、自己学習は自分自身のペースで進めることができ、焦ることなく、理解するまで時間をかけることが可能だからです。

また、自分で学習計画を立て、それに従って学び進めることで、自己管理能力も同時に鍛えることができます。これは、人事の業務においても重要なスキルです。さらに、休日の自己学習では、語彙力や文法の理解だけでなく、リスニングやスピーキングなど、実際に使うための各種スキルをバランス良く鍛えられます。

特にスピーキングについては、アウトプットの機会を増やすことで劇的に向上します。たとえば、自分で文章を作り、それを声に出して読む、あるいは録音して再生してみる、などの活動は、英語の発音やイントネーションを磨くのに役立るでしょう。

休日の自己学習は、あなた自身の英語力を向上させるための効果的な手段であり、新たな知識を吸収し、それをアウトプットすることで、理解を深め、スキルを強化できます。ただし、学習はマラソンのようなものです。無理をせず、自分のペースを保ちながら、長期的な目標に向かって一歩一歩進めてみましょう。

英語力を身につけられるオススメの資格3選

英語力を身につけ、それを人事の仕事に活かすために、具体的な目標があると学習意欲も上がります。そこでオススメしたいのが、英語資格の取得です。それぞれの資格がどのような内容で、どのように役立つのかを解説しますので、ぜひ自身の目標設定や学習計画の参考にしてみてください。

①英検

「英検」は、日本で最も一般的な英語能力テストの一つです。公益財団法人日本英語検定協会が主催し、年に数回実施されています。初級レベルの5級から最上級の1級までの7つのレベルが設けられており、自分の英語力に合わせてレベルを選択できます。

英検は主に日本人の英語学習者を対象にしており、リーディングやリスニング、ライティング、スピーキングなど、英語4技能を総合的に評価します。特に上級レベルでは、ビジネスや学術の場で必要となる高度な英語力が求められます。

人事において英語を活かす上で、英検はとても有効な資格です。その理由として、1つ目は、英語の4技能が総合的に評価されることで、バランスの良い英語力を身につけられる点が挙げられます。2つ目は、特に上級レベルでは実践的な英語力が求められるため、人事として海外の人事や労働法、文化の理解に役立つ英語を身につけるられるからです。3つ目は、英検の結果は一般的に企業での英語力の証明として広く認知されているため、転職や昇進の際に有利に働くことが多いという点があります。

これらの理由から、人事の仕事における英語力を身につけるためには、英検の取得が非常にオススメです。

②TOEIC

「TOEIC」(Test of English for International Communication)は、ビジネスの場における英語コミュニケーション能力を評価する試験です。米国の教育試験サービス(ETS)が開発し、世界中で受験されています。TOEICは、最高スコアが990点で、主にリーディングとリスニングの2つの技能を評価する試験です。また、TOEIC Speaking & Writing Testという別の試験も存在し、こちらはスピーキングとライティングの能力を評価します。

TOEICはビジネス英語に特化して設計されているため、人事職において英語力を求められるケースでは特にオススメです。特に、国際的な業務でコミュニケーションを行う際や、海外とのやり取りが多い企業で働く人事担当者にとっては、TOEICのスコアが実務経験と共に高く評価されます。

また、TOEICのスコアは企業や教育機関で広く認知されており、特に就職や転職活動の際に有利です。特定のスコア以上を取得することが求められる企業も多く、英語力を客観的に証明できる手段として非常に重宝されます。

さらに、定期的に試験を受けることで自己学習のモチベーション維持や進捗の確認にもつながるでしょう。これらの理由から、人事の仕事で英語力を身につけるためには、TOEICの取得が非常にオススメです。

③TOEFL

「TOEFL」(Test of English as a Foreign Language)は、アメリカのETS(Educational Testing Service)が開発し、運営している英語の能力を評価する試験です。その目的は、非英語圏の人々が英語を母国語とする国で学問を追求するための英語能力を測ることにあります。

TOEFLはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションで構成されており、これらの領域での英語運用能力を総合的に評価します。これにより、実際の英語を使ったコミュニケーション環境での能力が評価されます。

人事職における英語力を身につけるためにTOEFLがオススメな理由として、まず一つに、TOEFLが「実践的な英語力」を評価する試験であることが挙げられます。特にスピーキングとライティングのセクションでは、自分の意見を表現したり、あるトピックについて議論するといったスキルが求められます。これらのスキルは、国際的なビジネスの場で必須とされるものであり、人事担当者として海外のパートナーや社員と対話を行う上で必要不可欠です。

また、TOEFLは海外の大学進学を目指す学生だけでなく、海外企業への就職や転職、海外での生活を考えている人々にとっても認知度が高く、信頼性があります。そのため、TOEFLのスコアが高ければ、自身の英語力をアピールする際の信憑性が増します。

最後に、TOEFLは学術的な英語を扱うため、ビジネスだけでなく、学術的な情報を理解するための英語力も身につけられます。これらの理由から、人事の仕事で英語力を身につけるためには、TOEFLの取得が非常にオススメです。

人事の役割も国際化し、英語力はますます求められている

現代のビジネス環境では、人事の役割も国際化しており、英語力は重要になっています。特に、グローバルに展開する大手企業で働く場合や、海外とビジネスを行う企業、そして将来的に海外展開を目指す企業では、人事担当者には高度な英語能力が求められます。

また、英語力を身につけることで、仕事の幅が広がり、年収アップの可能性が高まり、海外企業との商談に参加するチャンスも増えます。英語力を身につけるための有効な方法としては、英語の資格取得、英会話スクールへの参加、そして自分自身の休日に自己学習を行うなどが効果的です。

特に、英検、TOEIC、TOEFLといった英語資格は、英語力の証明として国際的に認知されており、自身のスキルアップに繋がります。これらを活用し、人事としての役割を最大限に発揮できるよう、英語力を磨いていきましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。