記事FV
管理
2024/06/19 更新

管理部門の志望動機の書き方|部門別のポイントと事例で転職をサポート

管理部門への転職を考えている方へ、志望動機の書き方がわからずお悩みではないでしょうか。この記事では、管理部門の各部署ごとに適した志望動機の書き方とポイントを詳しく解説します。


経験者と未経験者の双方に役立つ具体的な例文も紹介するため、どんな経歴の方でも参考にしていただけるでしょう。また、管理部門に求められるスキルや志望動機作成の重要なポイントについても詳しく説明します。


この記事を読むことで、自信を持って志望動機を作成し、面接でのアピール力を高めることができます。管理部門でのキャリアアップを目指す方は、ぜひ最後までご覧ください。

管理部門とは?

管理部門は、各部門を統率して会社の成長と拡大に貢献する重要なポジションです。一般社員とは異なる業務内容と成果が求められるため、管理職への転職活動では、必要なポイントを確実に押さえて進めることが重要です。以下では、管理部門の種類と役割、および主要な役割を担う部門について解説します。


  • 管理部門の種類と役割
  • 商品企画
  • 人事
  • 経営企画
  • 総務・庶務
  • 経理・財務
  • 法務


それぞれについて詳しく説明します。

管理部門の種類と役割

管理部門は企業の中枢を支える重要な役割です。人事、総務、経理・財務、法務など、各部門が連携し、企業の円滑な運営を支援しています。管理部門の業務範囲は非常に広く、給与計算や社員の福利厚生、法律問題の対応から予算管理や財務戦略の策定に至るまで、さまざまな業務があります。


顧客と直接関わることは少ない業務です。製品やサービスの展開といった「表舞台」からは一歩引いた位置にあるため、「間接部門」や「バックオフィス」とも呼ばれます。しかし、この裏方としての役割こそが企業の安定した運営と成長を支える基盤となっています。それぞれの部門が専門的な知識とスキルを持ち、企業の重要な意思決定にも関与しているため管理部門は企業内で極めて重要な存在です。


次に、管理部門の中でも主要な役割を担う「商品企画」「人事」「経営企画」「総務・庶務」「経理・財務」「法務」の部門について、その種類と役割を詳しく見ていきます。それぞれの特徴を理解することで、希望する管理部門への志望動機を具体的に形成する助けとなるでしょう。

商品企画

商品企画部門は新商品のアイデアを生み出し、それを形にする重要な役割を担います。市場のニーズを捉え、消費者の期待に応える商品を開発することが求められます。競合分析や市場調査を行い、トレンドを読み取る能力が必要です。また、各部署との連携も欠かせません。新商品のコンセプトを明確にし、それを具現化するための企画書を作成します。商品企画は企業の成長に直結するため、大変やりがいのある仕事です。

人事

人事部門は、企業の人材戦略を支える重要な役割を果たします。採用活動から社員の研修、評価制度の設計まで幅広い業務を担当します。優秀な人材を見つけ出し、企業文化に合った人材を育成することが求められます。また、社員が働きやすい環境を整えるための施策も重要です。労働法や労務管理の知識が必要なほか、コミュニケーション能力も欠かせません。人事は社員一人ひとりの成長をサポートし、組織全体の活性化に貢献します。

経営企画

経営企画部門は企業の戦略を立案し、その実行をサポートする重要な役割を担います。市場の動向を分析し、将来の方向性を示す計画を策定します。経営陣と密接に連携し、意思決定を支援するためのデータや情報を提供するのが主な業務です。また、コスト削減や業務効率化の提案を行い、企業の競争力を高めるための施策を実施します。経営企画には高い分析力と計画力が求められます。

総務・庶務

総務・庶務部門は、企業の日常業務を円滑に進めるための基盤を支える重要な役割です。オフィス環境の整備や備品管理、社内イベントの運営などさまざまな業務を担当します。また、社員の福利厚生や労務管理も含め、働きやすい職場環境を整えるための施策が求められます。各部署との調整やサポート業務を通じて企業全体の効率化を図る部門です。

経理・財務

経理・財務部門は企業の資金管理と財務戦略を担当する重要な役割です。日々の取引の記録や決算書の作成、資金繰りの管理を行い、企業の経営状態を正確に把握します。また、予算の策定や資金調達、投資計画の立案も行います。税務対策や監査対応も含まれ、高い専門知識が求められます。経理・財務は、企業の財政健全性を維持し、長期的な成長を支えるための基盤となる重要な部門です。

法務

法務部門は企業の法的リスクを管理し、法令遵守を徹底する重要な役割です。契約書の作成や審査、法的トラブルの対応、コンプライアンスの強化などさまざまな業務を行います。また、社内での法務教育を実施し、社員が法的知識を理解しやすい環境を整えます。最新の法改正に対応し、企業活動が法的に安全かつ効果的に行われるようサポートする部門です。

各部門の志望動機 ポイントと例文

管理部門で働く際の志望動機を作成するためには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、各部門ごとに、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。


  • 商品企画部門
  • 人事部門
  • 経営企画
  • 総務・庶務
  • 経理・財務
  • 法務部門

それぞれについて詳しく説明します。

商品企画部門

商品企画部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイントと志望動機例文

【ポイント】

  • 商品企画の具体的な経験を強調する
  • 成功したプロジェクトや実績を具体的に述べる
  • 企業の成長戦略にどのように貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでの商品企画経験を活かし、新たな市場での挑戦を求め、貴社の一員となることを強く希望します。過去には新商品のコンセプト立案から市場投入まで一貫して携わり、売上増加に貢献しました。とくに競合分析と消費者ニーズの把握に力を入れ、成功に導いたプロジェクトが自信の源です。貴社の商品企画部門では、これらの経験を基にさらなる進化を実現し、企業の成長に貢献したいと考えています。

未経験者の場合のポイントと志望動機例文

【ポイント】

  • 商品企画に対する強い興味と熱意を示す
  • 関連するスキルや学んだ知識を具体的に述べる
  • 学ぶ意欲と成長をアピールする

【例文】

これまでに学んだマーケティングや経営学の知識を商品企画に活かしたいと考え、貴社への応募を決意しました。大学では消費者行動分析を専門に学び、実践的な企画演習にも取り組んできました。未経験ではありますが新しいアイデアを積極的に提案し、チームと共に成果を上げる意欲があります。貴社の商品企画部門で必要なスキルを習得し、貢献できる存在になることを目指しています。

人事部門

人事部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイント と例文

【ポイント】

  • 人事の具体的な経験を強調する
  • 採用や研修、評価制度の構築などの実績を具体的に述べる
  • 企業の人事戦略にどう貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでに10年以上の人事経験を積み、採用から研修、評価制度の構築まで幅広く担当してきました。とくに新卒採用プロジェクトで効率的な選考プロセスを導入し、優秀な人材の確保に成功しました。貴社の人事部門では、これまでの経験を活かし、人材育成や組織開発に貢献したいと考えています。

未経験者の場合のポイントと例文

【ポイント】

  • 人事に対する強い興味と熱意を示す
  • 関連するスキルや学んだ知識を具体的に述べる
  • 学ぶ意欲と成長をアピールする

【例文】

大学で心理学を専攻し、人材マネジメントの基礎を学びました。現在は他業種で働いていますが人事の仕事に強い関心を持ち、貴社でキャリアを築きたいと考えています。とくに社員の成長を支える人事部門の役割に魅力を感じています。未経験ですが早く必要なスキルを習得し、貴社の一員として貢献できるよう全力を尽くしたいです。貴社の成長をサポートするために、自身の熱意と学びの姿勢を活かしたいと思います。

経営企画

経営企画部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイント と例文

【ポイント】

  • 経営企画の具体的な経験を強調する
  • 成功したプロジェクトや実績を具体的に述べる
  • 企業の成長戦略にどう貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでの経営企画業務で市場分析や戦略立案を通じて企業の成長に貢献してきました。とくに新規事業の立ち上げにおいて市場調査と効果的なマーケティング戦略を策定し、成功に導いた経験があります。貴社の経営企画部門では、これらの経験を活かし、より高度な戦略的アプローチを追求したいです。貴社のビジョンに共感し、長期的な成長を支える戦略作りに貢献できると確信しています。

未経験者の場合のポイントと例文

【ポイント】

  • 経営企画に対する強い興味と熱意を示す
  • 関連するスキルや学んだ知識を具体的に述べる
  • 学ぶ意欲と成長をアピールする

【例文】

大学で経営学を専攻し、戦略立案やマーケティングの基本を学びました。現在は他業種で働いていますが、経営企画の分野でキャリアを築きたいと強く思っています。とくにデータ分析や問題解決のスキルを活かして、貴社の成長戦略に貢献したいです。貴社のビジョンを実現するために、自身の熱意と学びの姿勢を活かしたいと思います。

総務・庶務

総務・庶務部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイント と例文

【ポイント】

  • 総務・庶務の具体的な経験を強調する
  • 事務管理やオフィス運営の実績を具体的に述べる
  • 企業の運営効率化にどう貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでに総務部門で5年の経験を積み、オフィス管理や設備の維持、社内イベントの企画運営を担当してきました。とくにコスト削減を目指した備品管理システムの導入により、年間経費の大幅削減に成功しました。貴社の総務・庶務部門では、これまでの経験を活かし、さらに効率的なオフィス運営と社員の満足度向上に貢献したいと考えています。

未経験者の場合のポイントと例文

【ポイント】

  • 総務・庶務に対する強い興味と熱意を示す
  • 関連するスキルや学んだ知識を具体的に述べる
  • 学ぶ意欲と成長をアピールする

【例文】

大学で経営学を専攻し、組織運営や管理業務の基礎を学びました。現在は他業種で働いていますが、総務・庶務の仕事に強い関心を持ち、貴社でキャリアを築きたいと考えています。細かな気を配りながら効率的に業務を進める力には自信があります。貴社の運営を支え、社員が働きやすい環境を整えるために、自身の熱意と学びの姿勢を活かしたいです。

経理・財務

経理・財務部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイント と例文

【ポイント】

  • 経理・財務の具体的な経験を強調する
  • 重要な実績や貢献した事例を具体的に述べる
  • 企業の財務戦略にどう貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでの経理職で10年の経験を積み、財務報告や予算管理、監査対応を担当してきました。特に、コスト削減プロジェクトで年間経費を20%削減し、企業の財務健全性に大きく貢献したことが自信の源です。貴社の経理・財務部門では、これらの経験を基に戦略的な財務管理とリスクマネジメントを推進し、企業の成長を支えたいと考えています。

未経験者の場合のポイントと例文

【ポイント】

  • 経理・財務に対する強い興味と熱意を示す
  • 関連するスキルや学んだ知識を具体的に述べる
  • 学ぶ意欲と成長をアピールする

【例文】

大学で経済学を専攻し、財務分析や会計の基礎を学びました。現在は他業種で働いていますが、経理・財務の分野でキャリアを築きたいと強く思っています。データ分析や問題解決のスキルを活かして、貴社の財務戦略に貢献したいです。貴社の財務健全性を支え、成長をサポートするために自身の熱意と学びの姿勢を活かしたいと思います。

法務部門

法務部門で働く際の志望動機を作成するには、具体的なポイントを押さえることが重要です。ここでは、経験者と未経験者それぞれの志望動機のポイントと例文を紹介します。

経験者の場合のポイント と例文

【ポイント】

  • 法務の具体的な経験を強調する
  • 契約書作成やリスク管理の実績を具体的に述べる
  • 企業の法務戦略にどう貢献できるかを明確にする

【例文】

これまでに法務部門で7年の経験を積み、契約書作成やリスク管理を中心に業務を行ってきました。とくに複雑な契約交渉や法的トラブルの解決において、企業の利益を守るために素早く的確な対応を実践しました。貴社の法務部門では、これらの経験を活かし、法的リスクの低減とコンプライアンス強化に貢献したいと考えています。

未経験者の場合のポイントと例文

【ポイント】

  • 法務に対する強い興味と熱意を示す
  • 学ぶ意欲や自己啓発の成果を具体的に述べる
  • 企業の法務戦略にどう貢献できるかを具体的に述べる

【例文】

大学で法学を専攻し、契約法や企業法の基礎を学びました。現在は他業種で働いていますが、法務の分野でキャリアを築きたいと強く思っています。とくに法的リスク管理やコンプライアンスの重要性を理解し、それを実践することに強い興味があります。貴社の法務戦略を支え、企業の健全な運営をサポートするために自身の熱意と学びの姿勢を活かしたいです。

管理部門に求められるスキル

管理部門のメンバーには幅広いスキルが求められますが、とくに重要な3つのスキルについて詳しく解説します。これらのスキルを磨くことで企業全体の効率と生産性を向上させ、成功に貢献できる人材になることが可能です。


  • コミュニケーション能力
  • ITスキル
  • タスク管理能力


それぞれについて詳しく解説していきます。

コミュニケーション能力

管理部門のメンバーにとって、コミュニケーション能力は欠かせないスキルです。企業のあらゆる部署と連携し、その活動を円滑に進めるために、さまざまな立場や視点を持つ人々とのコミュニケーションが日常的に求められます。たとえば、具体的な業務の調整から人間関係の調整、新しい施策の提案まで幅広い対話が必要となります。


話す力、聞く力、相手の立場や意見を尊重する態度、適切なフィードバックを行う能力が重要です。これらのスキルを磨くことで他部署との良好な関係を維持し、企業全体の効率と生産性を向上させることが可能です。また、コミュニケーション能力が高いとトラブル発生時にも素早く対応し、解決に導くことができます。

ITスキル

現代のビジネス環境では、管理部門においてもITスキルが重要です。日常的に必要となるメールのやり取り、報告書やプレゼンテーション資料の作成、データの分析と管理など、基本的なパソコン操作から高度なスキルまで求められます。具体的には、エクセルでのデータ分析やパワーポイントでの資料作成、新しいITツールの導入・活用能力などが含まれます。


ITスキルはツールを使いこなすだけでなく新しいテクノロジーを理解し、業務に取り入れる柔軟性も重要です。企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中で、新しいツールやソフトウェアを円滑に導入し、業務効率化や業績向上に活用できる人材が求められています。そのため、管理部門のメンバーとしては基本的なITスキルの習得に加え、最新の技術動向にアンテナを張り、継続的に学ぶ姿勢が必要です。

タスク管理能力

管理部門では、多くの業務が期限を持って進行するため、タスク管理能力が必須です。タスク管理能力とは複数の業務を同時に進めるために優先順位をつけ、スケジュールを立て、リソースを適切に配分する力を指します。急な要望が入った際に、それが現在進行中の業務にどのように影響するかを判断し、必要であればスケジュールやタスクの順序を調整するなど柔軟な対応が求められます。


また、不測の事態に対してもパニックにならず、冷静に対応するための安定した心構えも重要です。タスク管理能力を持つことで、時間を有効に使い、業務を円滑に進めることができます。これにより、他部門からの信頼も得やすくなり、管理部門としての機能をより効果的に発揮できます。管理部門のメンバーとして、このスキルを向上させることは業務の効率化と企業の成功に貢献するための基本的な要素です。

志望動機作成の重要な5つのポイント

志望動機を作成する際には、以下の5つのポイントを押さえることが重要です。これらを意識することで、採用担当者に強いアピールができる志望動機を作成できます。


  1. 結論ファーストで書く
  2. 実績を数値化しアピールする
  3. 転職理由を明確にする
  4. 転職後の目標を立てる
  5. 他者にチェックしてもらう


それぞれのポイントについて詳しく説明します。

1. 結論ファーストで書く

志望動機の書き出しは、結論から始めることが大切です。まず、なぜその企業を志望しているのかを明確に伝えましょう。結論を先に述べることで、採用担当者に強い印象を与えます。その後の内容も理解しやすくなります。


「貴社の〇〇事業に強い関心を持ち、これまでの経験を活かして貢献したいと考えています」といった結論から始めましょう。その後、具体的なエピソードや根拠を加えて、なぜその結論に至ったのかを説明します。結論ファーストで書くことで、志望動機全体が一貫性を持ち、説得力が増します。

2. 実績を数値化しアピールする

志望動機において、自身の実績を具体的な数値で示すことは非常に効果的です。数値化することで、あなたの達成度や成果が明確になり、採用担当者に具体的なイメージを持ってもらいやすくなります。


「前職での営業成績を前年比20%向上させ、部門内で最優秀賞を受賞しました」といった形で数値を示すことで、あなたの成果が一目で分かります。また、実績を数値化することで、あなたがどのように貢献できるかを具体的に伝えましょう。

3. 転職理由を明確にする

転職理由は採用担当者にとって非常に重要なポイントです。明確な転職理由を伝えることで、あなたのキャリアビジョンが理解されやすくなります。転職理由を明確にすることで、あなたが応募先企業で何を成し遂げたいのかが具体的に伝わるでしょう。


「現在の職場では〇〇の機会が限られており、貴社での〇〇事業に携わることでさらなる成長を目指したい」といった形で理由を述べます。これにより、採用担当者はあなたの転職動機と応募先企業のマッチングを確認しやすくなります。前職や現職の退職理由と転職理由に一貫性を持たせることも重要です。

4. 転職後の目標を立てる

志望動機において、転職後の具体的な目標を示すことは非常に有効です。これにより、あなたが入社後にどのように貢献するつもりかが明確になります。目標を立てることで、採用担当者はあなたがどのようなビジョンを持っているかを理解しやすくなるでしょう。


「入社後は〇〇プロジェクトに参加し、3年間で売上を20%向上させることを目指します」といった具体的な目標を掲げます。これにより、あなたの意欲や計画性が伝わり、採用担当者に好印象を与えることができます。直近の目標だけでなく、数年先のキャリアビジョンも示すとさらに効果的です。

5. 他者にチェックしてもらう

志望動機を作成したら、必ず他者にチェックしてもらいましょう。自分では見落としがちな誤字脱字や文章の不自然な部分を指摘してもらうことで、志望動機の完成度を高めることができます。


他者の意見を取り入れることで文章の流れや内容の一貫性を確認でき、より分かりやすく説得力のある志望動機に仕上げることができます。信頼できる同僚や友人や家族にお願いし、客観的な視点からのフィードバックをもらうことが重要です。


転職を考え始めたらWARCエージェントに相談!

転職を考え始めたら、まずWARCエージェントに相談することをおすすめします。専門のキャリアコンサルタントがあなたのキャリアに合った理想的な転職先を提案し、応募書類の作成や面接対策など、全てのプロセスをサポートしてくれます。また、WARCエージェントは豊富な企業情報を持っており、あなたの希望や条件にぴったりの求人を見つけることが可能です。転職活動を成功させるために、プロの力を借りて新しいステージに踏み出しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。