記事FV
管理
2024/05/31 更新

【例文あり】管理職のキャリアプランを職種別で書き方を紹介

管理職のキャリアプランを立てることは、個人の成長と組織の成功にとって極めて重要です。しかし、職種によって求められるスキルや経験は異なるのも事実。効果的なキャリアプランを作成するには、各職種に特化したアプローチが必要です。

この記事では、職種別に管理職のキャリアプランの書き方を、具体的な例文を交えながらご紹介していきます。

キャリアプランの作成を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

管理職のキャリアプランを立てることは、個人の成長と組織の成功にとって極めて重要です。しかし、職種によって求められるスキルや経験は異なるのも事実。効果的なキャリアプランを作成するには、各職種に特化したアプローチが必要です。


この記事では、職種別に管理職のキャリアプランの書き方を、具体的な例文を交えながらご紹介していきます。


キャリアプランの作成を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

管理職のキャリアプランとは?

管理職のキャリアプランとは、管理職としての役割を果たすために必要なスキルや経験を計画的に習得し、組織内での成長と昇進を目指すための具体的な計画を指します。


これは単なる職務の遂行だけでなく、長期的なキャリアビジョンを考慮したもの。自身の強みや弱みを理解し、成長のためのステップを明確にすることが重要です。


この章では、管理職のキャリアプランの概要について見ていきましょう。

管理職のキャリアプランの概要

管理職のキャリアプランは、長期的な視点で自身のキャリアを設計し、具体的な目標と達成手段を明確にするプロセスです。


このプランは、現在の役職や業務内容だけでなく、将来的に目指すポジションや達成したい成果を考慮したもの。キャリアプランの策定には、自身の強みや興味を理解し、どのようなスキルや経験が必要かを明確にすることが求められます。


また、キャリアプランは一度立てたら終わりではありません。定期的に見直しや修正を行うことで、変化するビジネス環境や自身の成長に対応することが重要です。


以下で、「キャリアビジョン」と「キャリアパス」との違いについても確認しましょう。

キャリアビジョンとキャリアプランの違い

キャリアビジョンとは、「自分が将来どのような職業や役職に就きたいか」「どのようなキャリアを築きたいか」という長期的な目標や夢のことを指します。


一方、キャリアプランは「そのビジョンを実現するための具体的な行動計画やステップを示すもの」。キャリアビジョンは理想や目標であり、キャリアプランはそれを達成するための道筋です。


ビジョンがないとプランは成り立たず、プランがないとビジョンは実現しません。そのため、両者は相互に補完し合う関係と言えます。


キャリアビジョンを持つことで明確な目標が定まり、キャリアプランを立てることでその目標に向かって計画的に進むことが可能になるのです。

キャリアパスとキャリアプランの違い

キャリアパスとは、「ある特定の職業や役職に到達するための一般的な道筋やステップのこと」を指します。例えば、技術職からマネージャー、そして部長へと昇進する一連の経路がキャリアパスです。


一方、キャリアプランは個々の具体的な目標と、それを達成するための具体的な行動計画を示すもの。キャリアパスが一般的なロードマップであるのに対し、キャリアプランは個人にカスタマイズされた詳細な計画と言えます。


キャリアパスは組織全体や業界の標準を反映するものであり、キャリアプランは個人の強み・弱み・興味・目標に基づいて設計されるものです。

管理職におけるキャリアプランの重要性

管理職としてのキャリアプランは、個人と組織の両方にとって非常に重要です。


個人の視点では、キャリアプランは自己成長や自己実現のための具体的な道筋を示し、目標達成へのモチベーションを維持する手助けとなります。


組織の視点から見ると、管理職が明確なキャリアプランを持つことで、組織内での適切なポジショニングや人材の最適配置が可能に。これにより、組織全体のパフォーマンス向上に貢献します。


この章では、管理職におけるキャリアプランの重要性について詳しく解説していきます。

自己成長や自己実現のための指針

キャリアプランは、自己成長や自己実現のための具体的な指針となります。


リーダーシップ・コミュニケーション能力・問題解決能力など、多岐にわたるスキルが求められる管理職。キャリアプランを立てることで、これらのスキルを計画的に習得し、自己成長を促進することが可能になります。


さらに、キャリアプランは長期的な目標設定を含むため、自己実現のための具体的なステップを明確にできるのもメリット。


例えば、特定の資格取得や専門知識の習得・プロジェクトのリーダー経験など、具体的な目標を設定しそれに向かって努力することで、管理職としてのキャリアを積み重ねられます。


このように、キャリアプランは自己成長と自己実現のための重要な指針となってくれるのです。

組織内でのポジショニング

管理職が明確なキャリアプランを持つことは、組織内での適切なポジショニングに大きく貢献します。


キャリアプランを通じて、自身の強みや専門性を明確にし、それに基づいて最適な役割やポジションを見つけることが可能。例えば、技術部門での専門知識を持つ管理職は、技術戦略の立案や技術チームのリーダーとしてのポジションが適しています。


また、キャリアプランは、組織のニーズと個人の目標を一致させる手助けとしても有効。管理職は自分のキャリア目標を達成しながら組織の目標達成にも貢献でき、双方にとってウィンウィンの関係が築けます。


組織内での明確なポジショニングは、個人の仕事の満足度やパフォーマンスを向上させ、組織全体の成功にもつながるのです。

モチベーションの維持と向上

キャリアプランは、管理職のモチベーションを維持し、向上させるための強力なツール。明確な目標とそれを達成するための具体的な計画を持つことで、日々の業務に対する意欲が高まり、自己効力を感じやすくなります。


キャリアプランには中長期的な視点が含まれるため、短期的な困難や挫折に対しても粘り強く取り組む姿勢を保てるのがメリット。また、キャリアプランを進める中で達成感を得ることで、さらに高い目標に向かって挑戦する意欲が湧き上がります。


例えば、特定のプロジェクトを成功させることや新しいスキルを習得することなど、具体的な達成項目を設定することで、達成感と自己成長を実感できます。

管理職としてのキャリアプランの作り方

管理職として効果的なキャリアプランを作成するには、以下の4つのステップが重要です。


  • 自己分析
  • 目標設定
  • 必要なスキルの獲得
  • 人脈の構築


この章では、管理職としてのキャリアプランの作り方について詳しく解説していきます。

自己分析を行う

自己分析は、キャリアプランを作成する第一歩。まずは、自分の強みと弱みを明確にすることが重要です。


【自己分析を行うポイント】

  • 強みと弱みの特定
  • 価値観とモチベーションの明確化
  • これまでの経験の振り返り


管理職としてのキャリアプランを作成する際は、強みを最大限に活かしつつ、弱みを克服するための具体的な対策を立てるのがポイント。例えば、フィードバックや自己評価ツールを用いて、自分のスキルや特性を客観的に見直すことが有効です。


また、自分の価値観やモチベーションを理解することで、情熱を持つ分野や最も成果を上げられる環境を把握できます。

さらに、これまでの経験を振り返ることで、成功や失敗から学び未来のキャリアプランに生かすことも可能。どのようなスキルや知識が不足しているかを特定し、今後の成長に向けた具体的なステップを計画できます。

目標設定をする

目標設定は、キャリアプランを考える上でのスタートラインです。


【目標を設定するポイント】

  • 短期的な目標の設定
  • 中長期的なキャリアビジョンの策定
  • 目標達成のためのアクションプランの作成

まずは、短期的な目標を設定することが大切。直近の1年以内に達成したい目標を明確にし、新しいスキルの習得や現在のプロジェクトの完遂など、具体的で測定可能な目標を設定しましょう。


次に、中長期的なキャリアビジョンを考えます。3〜5年後の中長期的な目標を設定し、将来的に目指すべき役職や専門領域を明確にしましょう。

また、目標達成のための具体的なアクションプランも必要です。これには、どのような経験や資格が必要か、具体的なステップを計画することも含まれます。

段階的に目標を設定していくことで、効果的なキャリアプランを作成できます。

必要なスキルを習得する

管理職として成功するためには、必要なスキルを計画的に習得していくことが不可欠。まずは、管理職に求められるスキルを把握しましょう。


【必要なスキルを習得するポイント】

  • 管理職に求められるスキルの把握
  • スキルギャップの特定
  • 能力開発計画の立案と実行

管理職に求められるスキルを把握したら、次は現在の自分のスキルセットと求められるスキルとのギャップを特定します。自己評価やフィードバックを活用し、自分のスキルレベルを客観的に評価することで、どのスキルが不足しているかを明確にしましょう。


また、研修やセミナーに参加したり実務を通じて経験を積んだりなど、能力開発計画を立案・実行することも重要です。計画を実行することで、必要なスキルを効果的に習得し、管理職としてのキャリアを確実に進めることが可能になります。

人脈を築く

管理職として成功するためには、人脈を築くことが重要です。


【人脈を築くためのポイント】

  • 社内外のネットワーク構築
  • メンターやロールモデルを見つける
  • 部下や後輩の育成を通じた信頼関係の構築

まずは、業界のイベントやセミナーに参加したり他のプロフェッショナルと交流を深めたりして、社内外のネットワークを構築していきましょう。


また、信頼できる相談相手やロールモデルを見つけることも重要です。自身のキャリアにおいて助言を得られるような人を見つけることで、キャリアプランの作成や実行において大きなサポートを受けられます。


さらに、部下や後輩の育成を通じて信頼関係を構築することも大切。部下や後輩に対してリーダーシップを発揮し成長をサポートすることで、自身の信頼度を高めるとともに、組織内での影響力を強化。これにより、キャリアプランの実行が円滑に進み、管理職としての成功につながっていきます。

管理職におけるキャリアプランのNG例

キャリアプランは、管理職としての成長と成功を支える重要なツールですが、誤ったアプローチを取ると逆効果になることがあります。


【管理職におけるキャリアプランのNG例】

  • 実現可能性が低い目標の設定
  • 具体性に欠けるプラン
  • プライベートを優先したプラン


以下で、それぞれのNG例について詳しく解説していきます。

実現可能性が低い目標の設定

キャリアプランにおいて、実現可能性が低い目標設定は避けるべきです。


例えば、短期間で非常に高い役職に昇進することや、現実的には取得が困難な資格を目標にすることは、モチベーションの低下や失敗の原因に…。反対に、過大な目標は、プレッシャーとなり達成できなかった場合の失望感が大きくなるので要注意です。


そのため、目標設定は「SMART原則(Specific, Measurable, Achievable, Relevant, Time-bound)」に基づいて、現実的かつ達成可能な範囲で行うのがおすすめ。現実的な目標を設定することで、計画的にステップを踏みながら成長を実感し、自信を持ってキャリアを進められます。

具体性に欠けるプラン

具体性に欠けるキャリアプランも、管理職としての成長を妨げる要因となるので避けましょう。


例えば、「スキルを向上させる」や「リーダーシップを強化する」といった曖昧な目標では、具体的に何をすべきかが明確にならず、行動に移すことが難しくなります。


具体的なプランを立てるためには、詳細なステップと行動計画を含めることが必要。例えば、「次の1年間でプロジェクト管理の資格を取得するために、月に1回の研修に参加する」や「部下のフィードバックを基に、月に1回リーダーシップ研修を実施する」など、明確で具体的なアクションを設定しましょう。


具体的なプランは、進捗を確認しやすく達成感も得やすいため、モチベーションを維持しやすくなります。

プライベートを優先したプラン

キャリアプランにおいて、プライベートを優先しすぎることもNGです。


もちろん、仕事とプライベートのバランスを取ることは重要ですが、キャリアプランの中で過度にプライベートを優先すると、管理職としての成長や成果を妨げる可能性があります。


例えば、仕事上で重要なスキルを習得するための時間を割かずに、趣味や家族との時間を優先しすぎると、結果としてキャリアの停滞を招くことに…。バランスの取れたプランを作成するためには、仕事の目標とプライベートの時間を両立させる方法を考えることが必要です。


具体的には、効率的な時間管理を行い業務時間内で最大限の成果を上げることで、プライベートの時間も確保できます。こうしたバランスの取れたアプローチが、長期的なキャリアの成功と幸福感をもたらします。

管理職の面接でのキャリアプランの伝え方

管理職の面接において、自分のキャリアプランを効果的に伝えることは、採用担当者に自分のビジョンと計画性をアピールするために重要です。


この章では、キャリアプランを面接で伝える際のポイントを解説していきます。

自己分析に基づいた明確な目標設定

面接でキャリアプランを伝える際には、自己分析に基づいた明確な目標設定を示すことが重要です。


まず、自分の強みと弱みを理解し、それに基づいて現実的で達成可能な目標を設定しましょう。例えば、「私の強みはリーダーシップと問題解決能力です。これを活かし、次の3年間でプロジェクトマネージャーとしての経験を積み、5年後には部門の責任者として戦略的な役割を果たしたいと考えています」と、具体的に伝えることが大切です。


明確な目標を示すことで、採用担当者に自分の計画性と意欲をアピールできます。

組織の目標とのすり合わせ

キャリアプランを伝える際には、組織の目標との整合性を示すことも重要です。自分のキャリアプランが組織のビジョンや目標とどのように一致しているかを説明しましょう。


例えば、「御社の成長戦略に共感しており、特に新市場開拓のプロジェクトに強い関心を持っています。私のキャリアプランでは、新市場開拓のプロジェクトをリードし、組織の成長に貢献することを目指しています」と述べることで、自分の目標が組織の成功にどのように貢献するかを明確に示せます。


これにより、採用担当者に対して自分が組織にとって価値ある存在であることをアピールできます。

具体的なアクションプランの提示

面接では、具体的なアクションプランを提示することも重要です。目標を達成するためにどのような具体的なステップを踏む予定かを詳細に説明しましょう。


例えば、「プロジェクトマネジメントの資格を取得するために、現在オンラインコースに参加しています。また、月に一度、業界のセミナーに参加し、最新のトレンドを学んでいます」といった具体的なアクションを示すことで、計画性と実行力をアピールできます。


具体的なアクションプランを提示することで、採用担当者に対して自分が真剣にキャリアプランを実行する意欲を持っていることを伝えられます。

過去の実績と経験の活用

最後に、過去の実績と経験をキャリアプランの中でどのように活用するか具体的に説明しましょう。


これまでの経験から学んだことや達成した成果を基に、今後のキャリアプランをどのように構築しているかを示すのがポイントです。


例えば、「以前の職場でプロジェクトリーダーとして成功した経験を活かし、次のステップとして部門全体のマネジメントに挑戦したいと考えています。そのために、現在のスキルをさらに磨き、新しい挑戦に備えています」と述べることで、過去の実績が今後のキャリアプランにどのようにつながっているかを明確に示せます。


これにより、採用担当者に対して自分の経験が新しい役割でどのように活かせるかを理解してもらえます。

職種別キャリアプランの書き方例文

キャリアプランは、職種ごとに具体的に書くことで自分の目標や行動計画を明確にしやすくなります。


以下で、「マネージャー」「営業職」「技術者」「マーケティング職」、それぞれのキャリアプランの例文を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マネージャーの例文

現在、私はプロジェクトマネージャーとしてチームをリードしています。


今後3年間の目標は、チーム全体の生産性とパフォーマンスを向上させるためのリーダーシップスキルをさらに磨くことです。


具体的には、以下のアクションプランを実行します。


まず、リーダーシップ研修や管理職向けのセミナーに定期的に参加し、最新のマネジメント手法を学びます。それから、社内でのメンターシッププログラムに参加し、経験豊富なマネージャーからの指導を受けたいです。


また、チームメンバーとの定期的なフィードバックセッションを設け、彼らの意見を積極的に取り入れながら、チームの一体感を強化します。5年後には、部門全体のマネジメントを担当し、組織全体の成長に貢献することを目指しています。

営業職の例文

私は現在、営業担当として新規顧客の開拓と既存顧客の関係強化に取り組んでいます。


今後2年間の目標は、営業成績を20%向上させることです。


この目標を達成するために、まずは営業スキル向上のための研修プログラムに参加し、最新の営業技術やトレンドを学びます。次に、社内のトップセールスパーソンとの定期的なミーティングを設定し、彼らの成功事例やアプローチを学びたいです。そして、自分の営業手法に取り入れようと考えています。


また、デジタルマーケティングの知識を深めるためにオンラインコースを受講し、デジタルチャネルを活用した新しい営業戦略を導入するのも目標です。


長期的には、営業チームのリーダーとして、新たな市場開拓や大規模なプロジェクトを担当し、組織の成長に貢献することを目指します。

技術者の例文

現在、私はソフトウェアエンジニアとして開発プロジェクトに従事しています。


今後2年間の目標は、フルスタックエンジニアとしてのスキルを習得し、プロジェクト全体をリードできる技術者になることです。


具体的なアクションプランとして、まずはフロントエンドおよびバックエンド開発の研修コースに参加し、技術スキルを強化します。それから、オープンソースプロジェクトに貢献し、実践的な経験を積みながら最新技術のトレンドを学びたいです。


また、社内の技術勉強会に積極的に参加し、他のエンジニアと知識を共有しコミュニケーションを深めていくことも考えています。


5年後には、技術リーダーとして新しい技術プロジェクトを主導し、革新的なソリューションを提供していきたいです。

マーケティングの例文

現在、私はマーケティング担当として、キャンペーンの企画と実行を担当しています。


今後3年間の目標は、デジタルマーケティングの専門知識を深め、データドリブンなマーケティング戦略を立案できるスキルを身につけることです。


具体的には、まず「Google Analytics」「SEO」「SNS広告の専門コース」を受講し、データ分析のスキルを習得します。それから、業界のカンファレンスやウェビナーに参加し、最新のマーケティングトレンドや技術を学びたいです。


また、社内のクロスファンクショナルなプロジェクトに参加し、他部門との連携を強化しながら、マーケティング戦略の実行力を高めます。


5年後には、マーケティングチームのリーダーとしてブランドの成長戦略を策定し、組織全体の目標達成に貢献していきたいです。

キャリアに迷ったらWARCエージェントに相談しよう

キャリアの方向性に迷ったときは、WARCエージェントに相談するのがおすすめです。


WARCエージェントには、経験豊富なキャリアコンサルタントが在籍。自己分析・目標設定・スキル開発のサポートから転職先の紹介まで、幅広く対応しているため、安心してキャリアの悩みを相談できます。


プロの視点からアドバイスを受けることは、自分のキャリアに自信を持ち、次のステップへと進むための具体的な行動計画を立てる上でとても重要です。


キャリアの道筋に迷ったら、まずはWARCエージェントに相談してみましょう。


著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。