記事FV
管理
2024/03/05 更新

転職成功に導く管理部門向けの転職サイト|自分に合った転職サービスの選び方も解説

「どの転職サイトが管理部門におすすめなのか?」「転職サイトの選び方について知りたい」。転職活動を始める際、適切な転職サイトの選択に戸惑うことはありませんか?

本記事では、管理部門向けのおすすめ転職サイトと、転職成功の秘訣について解説しています。

転職エージェントと転職サイトの違いについて

転職エージェントは、企業と求職者の間に立つ専門のアドバイザーがサポートや仲介を提供するサービスです。一方、転職サイトでは求職者が自ら適した企業を見つけ、自主的に求職活動を進める必要があります。

どちらもそれぞれの利点があり、併用することも一つの方法です。自分に合った方法で、効果的な転職活動を進めましょう。

管理部門におすすめの転職サイト7選

管理部門はバックオフィスや間接部門としても知られ、売上に直結する営業職などの部門をサポートします。経験者や未経験者を問わず人気のある職種であるため、転職サイトを活用することは転職をスムーズに進めるためにおすすめです。

ここでは、管理部門向けにおすすめの転職サイトをご紹介します。

①WARC AGENT|プロフェッショナル人材と企業を繋ぐ

WARC AGENTは、キャリアアップや収入増を望む求職者が集まる人材紹介会社です。

この会社の特徴的な点は、企業が直接、求職者にスカウトを送ることができるシステムにあります。求職者のスキルや経験に興味を持った企業は、積極的にスカウトを行い、理想的な候補者を見つけやすいという利点があります。また、求職者は専門のキャリアコンサルタントのサポートを受けており、そのアドバイスに基づいて転職活動を行っているため、質の高い人材が多いのが特徴です。

高収入層やキャリアアップを目指す人材が多く登録しているため、専門職やスペシャリスト向けの求人にも強みを持つこの会社は、高年収や給与アップを目指す求職者に適しています。

参考:WARC AGENT

②リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ専門の転職サイトです。ヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれるため、予想外な企業との出会いが期待できます。

また、ダイレクトスカウトと呼ばれるサービスでは、企業から直接のスカウトがある可能性もあります。企業と直接コンタクトできることで、効率的な転職活動が可能です。効率的な転職活動を希望する方や、年収800万から2,000万円のハイクラス求人を探している方におすすめの転職サイトでしょう。

参考:リクルートダイレクトスカウト

③リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索できます。匿名で自身の情報を登録しておけば、求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスも魅力的でしょう。

約30分でできる本格診断サービス「グッドポイント診断」を利用することで、自分の強みが明らかになり、自己分析にも活かせます。転職活動を効率的に進めたい方や、業界最大の求人情報から自分に合った求人を見つけたい方に最適な転職サイトです。

参考:リクナビNEXT

④doda

dodaは、転職サイトの中で特に知名度が高く、管理部門の転職において強みを持つサイトです。20代から30代半ばの若手・中堅向けの求人が充実しており、他の転職サイトにはない独自の非公開求人も提供されています。転職サイトだけでなく、エージェントサービスやスカウトサービスにも対応しており、これら3つのサービスを同時に利用できるのも強みの一つです。

経験の浅い若手や、しっかりとキャリアを築きたい方におすすめの転職サイトでしょう。

参考:doda

⑤ビズリーチ

ビズリーチは、スカウト型のハイクラス転職サイトで、30代から40代の転職実績が豊富なサイトです。主に年収600万円以上のユーザーに支持されており、企業やヘッドハンターからスカウトを受け取り、直接やり取りができるのが特徴として挙げられます。多彩なスカウトを通じて、自分の市場価値を確かめることもできるでしょう。

年収が600万以上あるハイキャリアの方や、中長期的に転職を検討している方におすすめです。

参考:ビズリーチ

⑥JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、人事・総務・労務の求人を数多く扱い、30〜50代の転職実績が豊富なエージェントです。ハイクラス・ミドルクラスの転職支援に特化し、コンサルタントによる書類添削や面接対策、内定獲得のための具体的なアドバイスをしてくれます。

グローバル転職のサポートも得意とし、海外で活躍したい・グローバルなキャリアを築きたいと考えている方におすすめです。

参考:JAC Recruitment

⑦ミドルの転職

ミドルの転職は、30代・40代層に焦点を当てたハイクラス転職サイトです。管理職・マネージャーなど、慎重に選ばれた求人が充実しています。また、会員限定で非公開求人がスカウトされ、専門的な分野に通じたエージェントのサポートが受けられる点が特に魅力です。

年収1,000万円以上の求人が16,500件以上あり、さらなるキャリアアップを望む方におすすめでしょう。

参考:ミドルの転職

⑧パソナキャリア

パソナキャリアは、求人件数が60,000件以上で、30,000社以上の取引実績を持つ転職サイトです。求人の約半数が年収800万以上のハイクラス求人であり、業界に特化したコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングが利用できます。また、独自のプラチナオファーシステムを使用して書類選考の成功率を高めることができるのもポイントです。

専門的なサポートを受けたい方や、初めて転職を考えている方におすすめの転職サイトでしょう。

参考:パソナキャリア

管理部門の転職が難しいとされる理由

経理や財務などの管理部門は人気のある職種であり、中途採用が難しいと言われています。特に未経験者の場合、経験者と比較して管理部門への転職は一層難しいと言えるでしょう。ここでは、管理部門への転職が難しい理由を3つ紹介します。

求人に限りはあるが、応募者は多い

管理部門は少数の従業員で業務を遂行するため、採用人数が制限されています。たとえ数千人の社員を抱える大企業であっても、管理部門の人員は数十名に満たないことが一般的です。この職種が人気ゆえに応募者が多く、限られた採用枠に対し他の応募者と競り合うことになります。

また、管理部門では長期間にわたり勤務する傾向があり、離職率が低いです。この安定性が管理部門への転職が難しいとされる要因の一つとして考えられます。

採用の条件が高い

経営者直属の管理部門の職位には厳格な選考が課せられ、高い採用の条件が設けられています。

さらに、管理部門の求人はほとんどが欠員の穴埋めであり、即戦力を求められるケースが多いです。そのため、未経験者よりも経験豊富で知識やスキルに優れた候補者が優位に立つことが一般的でしょう。

求人が限られ、採用条件が高いことが、管理部門への転職を難しくしています。

欠員は主に社内で対応

管理部門で欠員が発生した場合、企業は通常、社内での異動や新卒採用者の配置など、社内の体制変更によって対応します。

また、管理部門はライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるため、子育てや介護の必要が生じても働きやすい環境が整っています。そのため、管理部門への異動を希望する社員が一定数存在し、社内で必要な人員を確保できるため、外部からの中途採用募集があまり行われないのです。

管理部門の欠員は主に社内で補われることが一般的であり、それが求人の少なさと転職の難しさにつながっています。

管理部門の転職を成功させるために

管理部門への転職を成功させるためには、事前に転職対策を十分に講じておくことが大切です。経験が優遇される傾向がありますが、未経験者にもチャンスのある求人も存在するため、しっかりと対策を講じて転職活動を進めましょう。以下では、管理部門への転職における具体的な対策を3つ紹介します。

資格取得

管理部門に関連する資格を取得することで、転職に有利なポジションを築くことができます。たとえば、人事の場合は社会保険労務士やキャリアコンサルタント、経理の場合は日商簿記検定や税理士などが該当します。

管理部門の求人募集では、基本的なスキルを持った候補者が重要視されることがあります。関連資格を取得していると、評価されやすくいので、転職先で必要な資格があれば、事前に取得しておくことをおすすめします。

転職サイトは複数利用する

転職サイトを利用する場合、1つのサイトだけでなく、複数のサイトに登録することが重要です。複数のサイトに登録すれば、多様な求人と出会うチャンスが広がります。

また、各サイトの使い勝手や内容の適合性は、実際に利用してみないと分かりません。複数のサイトに登録し、自分に最適なサイトを見つけることが肝要です。

気になる求人が現れたら、迅速に応募できるように、日頃からこまめに情報をチェックしておきましょう。

狙い目はベンチャー企業

現在、ベンチャー企業の人事・総務・経理などの求人数が非常に増加しており、転職がしやすいです。特定のスキルや経験がある方は、ベンチャー企業の管理部門への転職を考えてみましょう。スキルアップへの意欲が高い方や責任感のある重要な仕事を望む方におすすめです。

ただし、売り手市場であるとはいえ、ベンチャー企業への転職は容易ではありません。その企業が将来的に成長する可能性や福利厚生の状態などを見極めるためには、情報収集や検討が必要です。

管理部門の転職サイトの選び方

数多くの転職サイトが存在しますが、どのサイトが最適なのか迷ってしまいませんか?転職活動をスムーズに進めるためにも、自身に合った転職サイトを上手に利用することが肝要です。以下では、管理部門の転職サイトの選定方法を説明します。

年収・キャリアアップ実績の確認

最初に、これまでの転職者がどれだけ成功したかを確認するために、気になる転職サイトの公式ページや口コミなどを読みましょう。

転職者の職種や業界の割合、年収向上の実績など、転職サイトごとに異なる実績があります。自分が挑戦したい業界の求人が少ない場合、そのサイトを使用してもスムーズに転職活動を進めるのが難しい可能性があります。

管理部門の転職実績が豊富であれば、そのサイトを利用することで安心感が増すでしょう。

管理部門に対応した経験豊富なキャリアアドバイザーが存在しているか、

転職を検討している転職サイトには、人事・総務・労務など管理部門に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが所属しているか確認しましょう。キャリアアドバイザーの専門知識や経験の有無は、転職活動の進行に大きな影響を与えます。

面接対策や給与・待遇の条件交渉など、サポートの内容はサイトごとに異なりますので、事前に提供されるサポートやフォローについて確認することが重要です。

管理部門の求人数

管理部門の求人数も転職サイトの選定において重要な要素です。

大手転職サイトでは管理部門の求人がそれほど多くないことが一般的です。管理部門への転職を目指す場合は、希望に合った職種に特化した転職サイトを見つけると、転職活動がより効率的に進むでしょう。気になる転職サイトがあれば、そのサイトにおける管理部門の求人数を確認してみましょう。

転職サイトを活用して管理部門への転職を成功させよう

管理部門への転職を目指す上で、転職サイトを有効に利用しましょう。

転職成功のためには、業務に関連する資格の取得や、複数の転職サイトへの登録が有益です。各転職サイトには異なる強みや特徴がありますので、自分に合ったサイトを選び、戦略的かつ効率的な転職活動を進めることで、条件に適した新たな職場が見つかるでしょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。