記事FV管理

管理部門とは?|そのやりがいや魅力、適性を持つ人の性格や求められる能力について紹介

2023/10/31 更新

管理部門(別名・バックオフィス)は会社の裏方として活躍し、会社の経営を支える重要な役割を担います。経理や総務など、この部門の活動は企業の発展や継続に不可欠です。そのため、優れた人材をこの部門に引き寄せるための努力が続けられています。

今回は、管理部門での業務の内容や魅力、そして向き合っている人の特性を解説します。管理部門に関心がある方や、転職を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

管理部門とは?主な業務内容とは?

管理部門は、バックオフィスや裏方部門とも称され、経理、人事、法務、総務などの業務が主に含まれます。売上を直接生む部署ではないですが、営業やマーケティングのようなフロントオフィスのタスクを円滑に進めるサポート役としての側面があります。その重要性は、企業の安定的な運営や利益の向上の観点からも無視できないものです。

経理・会計部門

経理・会計部門の主要な役割は、企業の財務の流れを監視・管理することです。具体的な業務内容は以下が考えられます。

  • 資金の流れの把握
  • 財務の状態の整理
  • 物的資産の金額化
  • 給与の算出
  • 税務に関する業務

日常的には、取引が発生するたびに請求書や納品書、領収書などの伝票を作成し、それを帳簿に記録します。これらのデータを集計して決算書を作成し、ビジネスの成果を数値で示す作業や、そのための分析も行います。この業務はミスが許されないため、高い責任感が求められます。また、経営や会計の専門的な知識が要求されるでしょう。

人事部門

人事部門は、社員の採用や人材の管理を中心に業務を行います。具体的な業務内容は以下が考えられます。

  • 人材の募集や選定
  • 人材の成長支援
  • 社員の業績評価
  • 労働環境の改善と向上

採用する人材の選択は、事業の発展や効率性に密接に関連しています。このため、企業がどんな人材を望むのか、また、その人が企業にとっての真の価値があるのかを正確に判断し、彼らが有意義な寄与ができるようにサポートする役割も果たしています。

総務部門

総務は、他の部署で手がけられない業務を中心に担当する部署です。このため、業務内容は幅広くなりがちです。他の部門からの質問や相談を受けることもしばしばです。具体的な業務内容は以下が考えられます。

  • 従業員の健康をサポート
  • 株主総会の実施
  • 企業の設備や用品の管理
  • 社内活動の計画・管理
  • セキュリティや防災面の確保

このように、会社内で多様なサポートを行う役割があるので、バックアップ的な性格が強くなります。会社全体をチェックし、均衡を保つ役目を果たしています。経営層や上位部門とのコミュニケーションも頻繁にあり、アドバイスを求められる場面も出てくるでしょう。

法務部門

法務部門は、会社の運営上での法律的問題を取り扱う部署です。具体的な業務内容は以下が考えられます。

  • 契約文書の整備
  • 法的課題への対策
  • 訴訟への応じる活動
  • コンプライアンスの確保
  • ビジネスパートナーや顧客との問題の対応

企業運営中には予測しきれないトラブルが発生することもあります。それを完全に防ぐのは困難です。そうした問題を法的に正しく解決するための専門的な知識が不可欠となる部門です。

管理部門のやりがいや特色

前述の通り、管理部門と言っても担当する業務は部署により異なります。しかし、その主要な役割は営業活動を背後から支えることです。一見目立たないかもしれませんが、企業においては不可欠な存在で、多くの達成感を得られる職種と言えるでしょう。

  • 多様な業務スキルを習得
  • フロントオフィスのスタッフからの感謝される
  • 企業の大きな問題点を克服できる

多様な業務スキルを習得

管理部門の業務は広範囲にわたり、様々な状況で柔軟に対応するスキルが求められます。それぞれの業務には高度な専門知識やスキルが必要とされることがよくあります。最初は多岐にわたる業務に手間取ることもあるかもしれませんが、経験を重ねることで多くのスキルを獲得し、個人の成長を実感できるのは大きな魅力と言えます。

フロントオフィスのスタッフからの感謝される

管理部門のメンバーは、一般的に外部の顧客との対話が少ないものの、社内では信頼される存在となっています。様々な部門からの質問や相談が寄せられることが多く、そのたびに感謝の言葉を得ることができるでしょう。そうした瞬間に、自分独自の貢献を実感し、達成感を感じることができます。

企業の大きな問題点を克服できる

管理部門のスタッフは、その職務上、経営層や上位のメンバーとの接触が頻繁にあります。その結果、一つの部署のみの問題ではなく、会社全般の問題を解決するための役割を担うことが多くなります。その重責は大きいかもしれませんが、企業の大きな課題に直面し、それを乗り越えるのは管理部門の特長であります。問題を解消した際には、その達成感は計り知れないものとなるでしょう。

管理部門で活躍するにはどのような人物が適しているか?

管理部門は企業においてキーとなる部署で、向きや適性が求められる職場です。以下の特性を持つ方が、管理部門での仕事に適していると考えられます。このような性格や資質を持つ方は、仕事のやりがいを感じつつ長く活躍できるでしょう。

  • 高い責任感を持つ人
  • チームをバックアップするのが得意な人
  • 他者とのコミュニケーションを楽しめる人

高い責任感を持つ人

部署による違いはありますが、些細なミスも許されない業務や、会社の全体的な問題の取り組み、法的なアドバイスなど、要する責任が高い業務が中心です。そのようなタスクに対して熱心に、そして自発的に取り組むことを好む方には、この部署がフィットするでしょう。

管理部門での業務は、企業の運営を補完する存在であるという意識を持って取り組むことができる人にとって、働きがいを感じつつ、仕事に情熱をもって取り組めるでしょう。

チームをバックアップするのが得意な人

管理部門は多くの部署からの要望や相談を受ける中心的な役割を果たしています。それゆえ、他者を助けることに満足感を得られる方にはこの部門が適していると思います。各種業務が全体のサポートとして機能しているという認識をもちつつ、日々のタスクに取り組むことで、より効果的に業務を遂行することができるでしょう。

他者とのコミュニケーションを楽しめる人

人々とのコミュニケーションを楽しむ人 管理部門では他の部門の職員との連携やコミュニケーションの機会が非常に多いと言えます。部署間のコーディネートの役割を果たすことも少なくありません。このため、対人関係を重視する方にはこの部署がフィットするでしょう。一方で、対人スキルに自信がない方にとっては、難しい職場環境と感じるかもしれません。

管理部門を目指す際のおすすめ資格とスキル

管理部門では特定の資格が必須というわけではありませんが、初めての方でも挑戦可能な職種となっています。ただし、専門的な業務も増えてくるため、転職を考える際には、ある程度の資格やスキルを持っていると、強みとして活かせるでしょう。

管理部門への転職を考えている方に、特定の資格やスキルを持つことをおすすめします。

  • 簿記検定(経理・会計)
  • 司法書士(法務)
  • 行政書士(法務)
  • 社会保険労務士(総務)
  • 衛生管理士(総務)
  • キャリアコンサルタント(人事)
  • パソコンスキル(管理部門全般)

管理部門の仕事内容上、オフィスでのパソコン操作が頻繁に求められるので、基本的なパソコン能力は欠かせません。希望する部署や職種によっては、特有の知識や技術が求められることもあるので、それに応じた資格を取得しておくと、転職の際にプラスとなるでしょう。

管理部門は会社に欠かせない存在

管理部門が営業のように売上への寄与が目立つわけではないのは確かです。ですが、企業の運営において中心的で不可欠な役職を果たしています。お客様との直接のコンタクトは少ないかもしれませんが、社内の多くの部門や経営層との関わりは深く、その役割の重大さとやりがいは計り知れません。

管理部門に転職を希望する際には、自らの強みや特技を明確にして、その企業でどう役立つかを予め考慮することが大切です。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。