記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職のスキルアップにはeラーニングが効果的!おすすめの講座5選

管理職としてのスキルアップを目指すなら、eラーニングは非常に効果的な方法です。日々忙しく過ごす中でも自分のペースで学べるため、効率的にスキルを習得できます。

この記事では、管理職のスキルアップにはeラーニングが効果的な理由と、おすすめの講座を5つご紹介。eラーニングを活用して、管理職としてのスキルアップを目指しましょう。

管理職のスキルアップにeラーニングが効果的な理由

eラーニングは、管理職がスキルアップを図るのに効果的な方法の一つです。ここでは、「管理職のスキルアップにeラーニングが効果的」、と言われる理由について詳しく解説していきます。

リモート学習に最適

eラーニングは、リモート学習に最適です。インターネット環境さえあれば、オフィスに居ずとも学習することができます。これにより、移動時間や隙間時間を有効活用でき、業務に支障をきたすことなくスキルアップが可能となります。

さらに、オンラインの講座や教材は適宜新しい情報に更新されるため、常に最新の知識とスキルを習得できます。

また、リモート学習のプラットフォームは、対話形式を取り入れているものもあり、実際の業務に役立つケーススタディやシミュレーションを通じて、実践的なスキルを身に付けることも可能です。

そのため、学習の効果が高まり、日々の業務に直結する知識を効率的に習得することができます。

時間や場所を選ばない柔軟性

eラーニングの大きなメリットは、時間や場所を選ばずに柔軟に学習できる点にあります。管理職は多忙なスケジュールを抱えがちですが、自分のペースで学習を進められることは大きな利点と言えます。昼休みや仕事の合間、通勤時間など、ちょっとした空き時間を上手に活用することで、効率的に学習を進めることができるのです。

さらに、録画された講義を何度でも視聴できるため、自分の理解度に合わせて繰り返し学習するのも可能。加えて、モバイルデバイスからもアクセスできるので、外出先でも気軽に学習を続けられます。

こうした柔軟性により、限られた時間を最大限活用し、効率的にスキルを高めることができます。

コストパフォーマンスが高い

eラーニングは、コストパフォーマンスが高いことも魅力の一つです。従来の対面研修に比べて、受講料が安価であることが多く、交通費や宿泊費などの追加コストも発生しません。

また、企業にとっても社員が同じ内容の講座を繰り返し受講できるため、研修費用の削減に繋がります。

さらに、一度に多くの社員が同時に学べるため、全体のスキル向上を効率的に図ることができる点も魅力の一つ。。

多くのeラーニングプラットフォームでは、年間契約やボリュームディスカウントが提供されており、コストを抑えながら質の高い研修を実施することが可能です。これにより、企業全体の教育コストを最適化しつつ、管理職のスキルアップを効果的に推進することができます。


eラーニングで学べる管理職に求められるスキルとは?

この章では、管理職がeラーニングを通じて学ぶことができるスキルについて、詳しく説明します。管理職に求められるスキルは多岐に渡ります。それらを効果的に習得する方法として、eラーニングが注目されています。今回は、管理職に求められる主要なスキル「リーダーシップ」「コミュニケーション力」「問題解決力」「部下育成力」「業務遂行力」の5つについて解説します。それぞれの内容と学習方法についてチェックしていきましょう。

リーダーシップ

リーダーシップは、管理職にとって最も重要なスキルの一つです。eラーニングでは、リーダーシップの基本概念から応用まで幅広く学ぶことができます。

例えば、「効果的なリーダーシップスタイルの理解」「チームのモチベーションを高める方法」「困難な状況での意思決定力の向上」などを学べます。

また、リーダーシップの実践に必要なスキルを、シミュレーションやケーススタディを通じて学ぶことで、実際の業務に活かしやすくなります。

自己認識や他者理解を深めるためのツールや手法を学ぶこともでき、より効果的にチームを導くリーダーシップを発揮することが可能です。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、チームをまとめ目標達成に導くために欠かせないスキルです。また、管理職は、自部署だけでなく外部とも接する機会が多いため高いコミュニケーション力を要求されます。

eラーニングでは、「効果的なコミュニケーションの方法」「フィードバックの技術」「非言語コミュニケーションの重要性」などを学ぶことが可能です。

また、さまざまなコミュニケーションスタイルを学ぶことができるので、状況に応じた最適な方法を選択する力を養うこともできます。

これにより、チーム内の信頼関係を築き、結束力や社員のモチベーションが上がりますコミュニケーション力を高めることで、部下との関係性も改善され、より円滑な業務遂行が可能になります。

さらに、効果的な会議の進め方やプレゼンテーションのスキルも学べるため、管理職としての総合的なコミュニケーション力の向上が期待できます。

問題解決力

問題解決力は、部署を取りまとめる管理職にとってなくてはならないスキルの一つです。eラーニングを通じて、「問題の分析方法」「根本原因の特定」「解決策の立案と実行に至るまでのプロセス」を体系的に学ぶことができます。

eラーニングのコースの中に、具体的なケーススタディやシミュレーションがあれば、実際の業務で遭遇する問題に対する対応力を養えます。

これにより、思わぬトラブルが発生した場合でも冷静かつ迅速に対処でき、効果的な解決策を見つけることができるようになります。

また、「クリティカルシンキング」や「デザインシンキング」などの手法を学ぶことで、創造的かつ戦略的な問題解決が可能に。問題解決力を高めれば、チーム全体のパフォーマンスを向上させ、組織の目標達成に大きく貢献できるスキルが習得できます。

部下育成力

部下育成力は、管理職にとって欠かせないスキルです。eラーニングでは、「効果的な育成方法」「コーチング」「メンタリングの技術」を学ぶことができます。

これにより、部下の能力を最大限に引き出し、成長をサポートすることができるでしょう。

具体的には、「目標設定の方法」「フィードバックの技術」「キャリア開発のサポート」などを学ぶことが可能です。また、部下のモチベーションを高め、エンゲージメントを向上させるためのアプローチも学ぶことができます。

部下育成力を向上させることで、チーム全体のパフォーマンスが向上し、組織の長期的な成長に導くことができるでしょう。

業務遂行力

業務遂行力は、管理職としての実務能力を高めるために要求されるスキルの一つです。eラーニングを通じて、「効率的な業務の進め方」「プロジェクト管理の方法」「リソースの最適化」などを学ぶことができます。

これにより、業務の効率を向上させ、目標達成に向けた具体的なアクションプランを策定する力が身に付きます。また、「タイムマネジメント」「優先順位の付け方」「効果的な会議の運営方法」など、実践的なスキルも習得することが可能です。

業務遂行力を高めることで、日々の業務をスムーズに進行させ、チーム全体の生産性を向上させることができるでしょう。


管理職が受けておきたい!おすすめのeラーニング講座例

ここでは、管理職が受けておきたいおすすめのeラーニング講座例について5つ紹介します。それぞれの講座で学べる内容と、それが管理職業務にどのように活かせるかを解説していきます。具体的にどのような口座があるのか気になる方は、参考にしてみてください。


リーダーシップ講座

リーダーシップ講座では、「リーダーシップスタイル」「チームのモチベーションを高める方法」「意思決定力の向上」などが学べます。

具体的には、変革型リーダーシップやサーバントリーダーシップといった異なるリーダーシップのスタイルを理解し、それぞれの場面でどのように活用すれば良いかをさらに、シミュレーションやケーススタディを通じて、実際の業務でリーダーシップを発揮するための実践的なスキルをこれにより、リーダーとしての自信を高め、チームを効果的に導く力を養うことが可能です。

講座では、自分自身のリーダーシップスタイルを客観的に見直し、改善するためのフィードバックも得られます。この講座を受けることで、より高いレベルのリーダーシップを発揮し、組織の目標達成に大きく貢献できるようになるでしょう。

コーチング講座

コーチング講座では、部下の成長を支援するためのスキルを身に付けることができます具体的には、「フィードバックの技術」「目標設定の方法」「効果的な質問の仕方」など実践的な技術を学べますコーチングは、部下の自主性を促し、自己成長をサポートするために不可欠なスキルです。講座では、コーチングの基本的な理論から実践までをカバーし、実際の業務に応用できる具体的な方法を学ぶことができます。

例えば、部下が直面する課題に対して、適切な質問を投げかけることで、自ら答えを導き出す力を育てる技術を習得します。また、コーチングのセッションを通じて、部下との信頼関係を築き、効果的なコミュニケーションを促進する方法を学ぶことも可能です。

これにより、部下のパフォーマンスを最大限に引き出し、組織全体の成長をサポートすることができます。

ファシリテーション講座

ファシリテーション講座では、「効果的な会議の進行方法」「グループディスカッションの促進技術」を学びます。具体的には、会議の目的を明確にし、参加者全員が意見を出しやすい環境を作る方法や、議論を整理し、合意を形成するための技術を習得します。

これにより、会議の生産性が向上し、チーム全体の意思決定が迅速かつ効果的に行えるようになります。

また、ファシリテーションスキルは、異なる意見を調整して参加者の合意を得るためにも重要。

講座では、ロールプレイや実際のケーススタディを通じて、ファシリテーションの実践的な技術を磨くことができます。

その結果、日々の業務において、チームメンバーの意見を引き出し、建設的な議論を促進する力を養うことができるはずです。

プレゼンテーション講座

プレゼンテーション講座では、「プレゼンテーションの段取り」「資料の作り方」「話し方」の技術を学ぶことができます。

具体的には、「より魅力的に見せるスライドの作成方法」「聴衆を引き込むためのストーリーテリングの技術」を習得することができます。さらに、緊張を克服し、自信を持って話すためのテクニックも学べます。

講座では、練習を重ねることで、プレゼンテーションスキルを向上させることが可能です。実際のビジネスシーンを想定した練習を通じて、聴衆の関心を引き、メッセージを効果的に伝える能力を養います。

これにより、重要なプレゼンテーションや会議の場で、説得力のあるプレゼンテーションを行うことができ、プロジェクトの成功率を高められます。

また、プレゼンテーションスキルを向上させることで、社内外のコミュニケーションが強化され、より効果的な情報共有が可能になります。

ストレスマネジメント講座

ストレスマネジメント講座では、ストレスの原因を特定し、効果的に対処する方法が学べます。具体的には、「リラクゼーション技術」「タイムマネジメントの方法」「メンタルヘルスの維持方法」などが習得可能です。

講座では、自己管理の技術を学び、ストレスを効果的にコントロールする方法が学べます。これにより、自分自身のストレスを管理し、健康的な働き方を維持することに繋がるでしょう。また、部下のストレスを理解し、適切なサポートを提供するための知識も得られます。

ストレスマネジメントスキルを身につけることで、職場の環境を改善し、チーム全体の生産性と満足度を高めることができます。さらに、ストレス対策の具体的な方法を学べば、緊急時にも冷静に対応することができ、効果的なリーダーシップを発揮することにもつながります。

自分に合った管理職向けのeラーニングを選ぶポイントと活用方法

ここでは、自分に合ったeラーニングを選ぶ場合のポイントと活用方法について解説します。管理職としてスキルアップを目指すなら、自分に合ったeラーニングを選択することが重要となります。適切なeラーニングを選ぶことで、効率的に学びを深めることに繋げましょう。

選ぶポイント

まずは、自分に合ったe-ラーニングを選ぶポイントを2つ紹介します。

目的や習熟度に合わせて選ぶ

eラーニングを選ぶ前に、自分の学習目的や現在の習熟度を明確にしましょう。例えば、新しいリーダーシップスキルを身に付けたい場合や、既存のスキルを強化したい場合では、選ぶべきコースが異なります。

eラーニングでは、初心者向けの基礎講座から上級者向けの専門講座まで、さまざまなレベルのコースが提供されているため、自分のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

また、自己評価を通じて現在のスキルレベルを把握することで、適切な学習プランを立てることにも繋がり効果的に学習することができます。

どのように自己評価すればよいかわからない場合は、自己評価テストやスキルマトリクスを利用して、自分の強みと弱みを分析し、それに基づいてコースを選定すると良いでしょう。

学びたい内容に合わせて選ぶ

eラーニングを選ぶ場合、自分の学びたい内容が含まれているかを確認しましょう。管理職には多様なスキルが求められるため、「リーダーシップ」「コーチング」「ファシリテーション」「プレゼンテーション」「ストレスマネジメント」など、特定の分野に焦点を当てた講座を選ぶことで深い理解に繋がります。

各講座のカリキュラムや学習目標を確認し、自分の学びたい内容に最も適したものを選ぶことで、効果的なスキル習得が可能になります。

また、業界や職種に特化したコースもあるため、自分の職務内容に直結する講座を選べば、より実践的な知識を得ることが可能です。

例えば、IT業界の管理職であれば、プロジェクト管理やアジャイル手法に関する講座を選ぶと良いでしょう。

活用方法

続いて、e-ラーニングの上手な活用方法について3つ紹介します。

通勤時間のような隙間時間を活用

eラーニングは、時間や場所に縛られずに学習できるのがメリットの一つです。通勤時間や休憩時間など、隙間時間を活用して効率的に学びを進めることができます。モバイルデバイスを利用すれば、電車の中やカフェなど、場所を問わずに学習することも可能です。これにより、忙しい管理職でも無理なく学習を続けることができます。

さらに、短時間で完了するミニ講座やモジュールを利用することで、日々の隙間時間を有効活用して学びを深めることができるでしょう。

スケジュールに合わせた学習計画を立て、毎日のルーチンに組み込むことで、継続的なスキルアップが期待できます。

定期的に復習をする

学んだ内容を定着させるためには、定期的な復習が欠かせません。eラーニングでは、学習履歴の確認や進捗の管理ができるため、復習すべきポイントを明確にすることが可能です。

講座の内容をノートにまとめたり、重要なポイントを繰り返し視聴したりすることで、確実なスキルアップが図れます。

また、定期的にテストやクイズを行うことで、理解度をチェックし、弱点を補強することができます。復習のタイミングは、「学習後すぐに行う初回復習」「数日後の中期復習」「1ヶ月後の長期復習」と段階的に行うと効果的です。

OJTと併用する

eラーニングで学んだ内容を実践に活かすためには、On-the-Job Training(OJT)と併用することが効果的です。学んだ理論やスキルを実際の業務で試すことで、知識の定着と応用力の向上が図れます。

例えば、リーダーシップ講座で学んだ内容を基に、実際にチームをリードするプロジェクトを担当するなど、具体的な業務に取り組む機会を設けることが有効です。また、OJTを通じて得たフィードバックをeラーニングに活かし、さらにスキルを磨くこともできるでしょう。

このように、理論と実践をバランスよく組み合わせることで、効果的なスキルアップに繋がります。



管理職向けのeラーニングおすすめ5選

管理職が要求されるスキルを学習できる、eラーニングを5つ紹介します。今回は、受講者が多いものや知名度の高いものを中心に選定し、安心して学習できるサービスを選びました。コース内容はもちろん、コストパフォーマンスも重要な要素と考え、概要についてもまとめています。

どのeラーニングを選べば良いか迷っている方は、参考にしてください。

Schoo for Business

Schoo for Businessは、これまでの導入企業数は1,000社以上で、大手企業でも採用されているeラーニングサービスです。実務に直結する「オンライン研修」と、自己学習に最適な「自己啓発学習」を組み合わせています。各業界における第一人者や専門家を講師として採用し、管理職向けに実践的な内容を提供しているのが特徴です。「ビジネス」「ITスキル」「働き方」「健康」「お金」「経済」「テクノロジー」など、ビジネススキル以外の幅広い領域を網羅しているため、情報量が多いのも魅力です。用意されている動画は7,000本以上で、見放題になっています。繰り返し学習したい方におすすめです。

項目

内容

公式サイト

https://schoo.jp/biz/

運営会社

株式会社Schoo

費用

月額1,500円/ID

受講可能なコース

  • ビジネススキル系
  • OAスキル系
  • マネジメント
  • 思考・自己啓発
  • プログラミング
  • SE・エンジニア など

ネットラーニングプラザ

ネットラーニングプラザは、約130種類のeラーニングが定額で受けられる、リーズナブルなプランが嬉しいeラーニングサービスです。中でも、情報セキュリティ対策に必要な知識は、IPA独立行政法人情報処理推進機構の情報をもとに制作され、効率よく修得することが可能となっています。

全社員向け研修・階層別研修・新人社員研修に分かれているため、自分の求めるニーズと課題に応じて学習することが可能です。中でも、管理職向けには「マネジメントスキルシリーズ」がおすすめです。公式サイトには、学習内容を閲覧できるサンプル動画があるので、気になる方はチェックしてみましょう。

項目

内容

公式サイト

https://www.netlearning.co.jp/NLplaza/index.html

運営会社

株式会社ネットラーニング

費用

1社あたり月額7,000円~
(従業員数によって変動あり)

受講可能なコース

  • ビジネススキル
  • スキル診断テスト
  • Office
  • 行動基準
  • プロジェクトマネジメント(PDU取得対応)
  • マネジメントスキル
  • 語学
  • 資格試験など

AirCourse

AirCourseは初期費用が0円で、月額200円/名から受講可能な気軽に始めやすいeラーニングサービスです。大手企業からベンチャー企業まで採用しているのも魅力となっています。動画だけでなく、受け放題の動画研修もセットになっているため、現場で役立つスキルを速やかに習得することが可能です。操作も直感的にできるほど簡単で、使いやすいサービスになっています。

AirCourseの受け放題動画研修「標準コース」では、新人から管理職まで、各階層に必要な研修が揃っています。「ITスキル」「コンプライアンス」「DX」など、テーマ別の研修が幅広く用意されているのも特徴です。1つの動画が約5分ほどの構成なので、隙間時間を活用した学習にも向いているでしょう。

項目

内容

公式サイト

https://aircourse.com/

運営会社

KIYOラーニング株式会社

費用

初期費用無料
月額200円~/1ユーザー

受講可能なコース

  • ITスキル
  • コンプライアンス
  • 営業
  • 人事・労務
  • コミュニケーション
  • マネジメント
  • 業務遂行
  • 戦略 など

※階層別に様々なコースあり

ユーキャン管理職(課長・部長)向けeラーニング

ユーキャン管理職(課長・部長)向けeラーニングでは、管理職に必要なスキルを体系的に学ぶことができるのが特徴です。管理職の基本の部分から学べるので、初めて就任する方にもおすすめのサービスとなっています。

内容は、「マネジメント理論を理解できるカリキュラム」「傾聴力とコミュニケーション力が身につくカリキュラム」「部下を育成するためのノウハウ」がメインとなっていて、管理職として必要なスキルが一通り学ぶことが可能です。

また、ワークだけでなく確認テストも導入されているので、自身がどの部分の理解が浅いのかを確認することもできます。着実にスキルを身に着けたい方は、一度お試しください。


項目

内容

公式サイト

https://www.u-can.co.jp/houjin/e-learning/participant/middle_manager/

運営会社

株式会社ユーキャン

費用

要問い合わせ

受講可能なコース

  • 意思決定力講座
  • キャリアデザイン支援講座
  • 管理職向けキャリアデザイン講座
  • 課長の役割理解講座
  • 課長向けリーダーシップ講座
  • 目標設定講座
  • 問題解決講座 など

日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)

日本能率協会マネジメントセンターは、人材育成支援事業・出版事業・手帳事業の3本柱で活躍しており、eラーニングサービス「eラーニングライブラリ®」を提供しています。

コンテンツはアニメーションを活用し、難しい内容でも理解しやすいよう工夫されています。書籍や小難しい言葉が苦手な方にもおすすめです。

さらに、ミニテストがあるので、スキルが身に付いているか自己チェックすることも可能です。コンテンツは、企業のリスク対策として求められる基本的な知識・スキルから、管理職に求められるマネジメントスキルまでを網羅しています。

また、各コース本編の要点をまとめた学習資料集がダウンロードできるので、復習や振り返りにも最適といえます。

項目

内容

公式サイト

https://www.jmam.co.jp/

運営会社

日本能率協会マネジメントセンター

費用

要問い合わせ

受講可能なコース

  • マネジメント
  • 人事評価
  • パワーハラスメント
  • メンタルヘルスケア
  • 目標管理
  • リスクマネジメント
  • 労務管理
  • コーチング など

eラーニングを活用して管理職スキルを高めよう!

eラーニングを活用することで、管理職として必要なスキルを効率的に向上させることができます。管理職に求められるスキルは多岐に渡るため、自分に合ったeラーニングを選択することが重要です。目的や習熟度に合わせて講座を選択し、学習計画を立てて効率的に取り組みましょう。

さらに、OJTと併用することで理論を実践に活かし、実務能力を高めることも可能です。これらの方法を上手く取り入れて、管理職としてのスキルを向上させることができれば、チームの成果を最大化するためのリーダーシップを発揮できるようになります。eラーニングを賢く活用し、管理職としての能力を一層高めましょう。


著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。