記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職に求められるコミュニケーション能力|必要性と高め方について解説

管理職に求められるコミュニケーション能力は、業務の円滑化やチームのパフォーマンス向上に直結します。しかし、効果的なコミュニケーションを取るためのスキルや方法を知らない管理職も少なくありません。

本記事では、管理職がコミュニケーション能力を高める必要性と、その具体的な方法について解説します。コミュニケーションのコツや注意点、身につけるべきスキルなどを学ぶことで、信頼される管理職を目指しましょう。今すぐ実践できるテクニックが満載です。

管理職にコミュニケーション能力が求められる理由

管理職は、部下との信頼関係を築き、業務を円滑に進めるためにコミュニケーション能力が不可欠です。ここでは、管理職にコミュニケーション能力が求められる具体的な理由を解説します。管理職にコミュニケーション能力が求められる理由は次の5つです。


  • 業務を円滑にさせるため
  • リーダーシップを発揮するため
  • 部下のモチベーションをアップさせるため
  • 情報の伝達と共有が求められるため
  • 他部署との業務調整の窓口になるため

業務を円滑にさせるため

管理職にとって、部下との適切なコミュニケーションは業務を効率的に進める上で欠かせません。明確な指示や的確なフィードバックを与えることで、部下の作業を正しい方向へ導くことができます。また、部下の意見や提案に耳を傾け、双方向のコミュニケーションを促進することで、業務の改善点を見つけ出すことも可能となります。

管理職がコミュニケーションを重視することで、チーム全体の生産性が向上し、業務がスムーズに進むようになります。さらに、管理職は部下との信頼関係を築くことで、問題が発生した際にも迅速に対応できるようになります。部下が抱える課題や悩みを共有し、一緒に解決策を探ることで、チームワークが強化され、業務の質も向上するのです。

管理職がコミュニケーションを通じて部下をサポートすることで、チーム全体が円滑に機能し、目標達成に向けて進むことができます。このように、業務を効果的に進めていくためには、管理職のコミュニケーション能力が不可欠なのです。

リーダーシップを発揮するため

管理職がチームをまとめ、目標達成に向けてリーダーシップを発揮するためには、部下との信頼関係の構築が不可欠です。そのためには、明確なビジョンを共有し、部下を動機付けるコミュニケーション能力が求められます。管理職が自らの考えを分かりやすく伝え、部下の意見に真摯に耳を傾けることで、チームの一体感が生まれるのです。

また、部下の成長を支援し、適切な評価を与えることで、部下のやる気を引き出すこともできます。加えて、管理職は自らが模範となり、行動で示すことも重要です。コミュニケーションを通じて、管理職自身の考えや価値観を部下に伝え、共感を得ることで、部下はより積極的に管理職の指示に従うようになります。

リーダーシップを発揮するためには、管理職のコミュニケーション能力が鍵を握っています。部下との信頼関係を築き、効果的なコミュニケーションを実践することで、チームをまとめ、目標達成へと導くことができるのです。

管理職がリーダーシップを発揮し、チームを導くことで、組織の成長と発展が実現するのです。

部下のモチベーションをアップさせるため

管理職が部下のモチベーションを高めるためには、適切なコミュニケーションが不可欠です。部下の努力を認め、感謝や称賛の言葉をかけることで、部下のやる気を引き出すことができます。また、部下の意見やアイデアに耳を傾け、積極的に取り入れることで、部下の自主性を尊重し、成長を促すことも可能となります。

管理職が部下とのコミュニケーションを大切にすることで、部下のモチベーションが向上し、チームの業績アップにつながります。さらに、管理職は部下のキャリア開発を支援することも重要です。部下の強みや弱みを把握し、適切なアドバイスやフィードバックを与えることで、部下の成長を後押しできるのです。

管理職が部下の成長を支援し、モチベーションを高めることで、部下は仕事に対してより積極的に取り組むようになり、組織全体の生産性も向上します。このように、部下のモチベーションを高めるためには、管理職のコミュニケーション能力が重要な役割を果たすのです。

情報の伝達と共有が求められるため

管理職は、組織内の情報を正確かつ迅速に伝達し、共有する役割を担っています。重要な方針や決定事項を部下に分かりやすく説明し、理解を得ることが求められます。また、部下からの報告や相談に適切に対応し、必要な情報を的確に伝えることも大切です。管理職が情報の伝達と共有を効果的に行うことで、組織内のコミュニケーションが活性化し、業務の効率化が図れます。


加えて、管理職は部下だけでなく、上司や他部署とも積極的に情報共有を行う必要があります。組織全体の方針や目標を理解し、自部署の役割を明確にすることで、スムーズな業務遂行が可能になります。他部署との情報交換を通じて、新たな視点や発想を取り入れられるでしょう。


管理職が情報の伝達と共有を重視することで、組織内の連携が強化され、業績向上につながるのです。

他部署との業務調整の窓口になるため

管理職は、自部署と他部署との間の業務調整を行う役割を持っています。他部署との連携を強化するためには、相手の立場を理解し、良い関係を築くためのコミュニケーションが不可欠です。管理職が他部署の担当者と積極的にコミュニケーションを取り、情報交換や課題解決に取り組むことで、スムーズな業務調整が可能になります。


また、他部署との良好な関係を維持することで、組織全体の連携が強化され、業績向上につながるでしょう。さらに、管理職は自部署の立場だけでなく、組織全体の利益を考慮した調整を行うことも重要です。他部署の事情や制約を理解し、柔軟な対応を心がけることで、円滑な業務遂行が可能になります。


管理職が他部署との業務調整を効果的に行うことで、組織内の協力体制が強化され、全体最適な結果を生み出せるのです。

管理職が円滑にコミュニケーションを取るためのコツ

管理職が部下やチームメンバーと効果的にコミュニケーションを取るためには、いくつかのコツを押さえておくことが重要です。ここでは、管理職が円滑にコミュニケーションを取るためのコツを詳しく解説します。管理職が円滑にコミュニケーションを取るためのコツは次の3つです。


  • 相手の話を聞く事に集中する
  • 伝えたい事を明確にする
  • コンスタントにコミュニケーションを取るよう意識する

相手の話を聞く事に集中する

管理職が円滑にコミュニケーションを取るためには、まず相手の話に耳を傾けることが重要です。部下や同僚が話している時は、アイコンタクトを保ち、うなずきながら積極的に傾聴しましょう。相手の言葉に対して適切なリアクションを示すことで、相手は自分の意見が尊重されていると感じ、より開示的になります。


また、相手の話を最後まで聞き、内容を正確に理解することで、的確なフィードバックや提案を行えます。管理職が相手の話に集中し、傾聴する姿勢を示すことで、コミュニケーションの質が向上し、信頼関係の構築につながるのです。加えて、相手の非言語的なサインにも注意を払いましょう。表情や身振り、語調などから、相手の感情や真意を読み取れるでしょう。

伝えたい事を明確にする

管理職は、部下やチームメンバーに対して明確かつ具体的な指示を出す必要があります。伝えたい事を明確にするためには、簡潔で分かりやすい言葉を選ぶことが大切です。専門用語や抽象的な表現は避け、具体例を交えながら説明しましょう。また、重要なポイントは繰り返し伝えることで、相手の理解を深められます。


さらに、視覚的な資料を活用することで、情報がより明確に伝わります。管理職が伝えたい事を明確に示すことで、部下やチームメンバーは目的や役割を正しく理解し、スムーズに業務を遂行できます。結論から先に述べ、その後に理由や背景を説明するなど、相手が理解しやすい順序で情報を提示しましょう。

コンスタントにコミュニケーションを取るよう意識する

管理職は、部下とのコミュニケーションを継続的に行うことが重要です。定期的な1on1ミーティングを設定し、部下の業務状況や悩みを把握しましょう。また、日常的にフィードバックを提供することで、部下のモチベーション向上や成長を支援できます。テレワーク環境下では、意図的にコミュニケーションの機会を作ることが必要です。


目的に応じて、適切な頻度やツールを選択し、円滑なコミュニケーションを維持しましょう。管理職がコンスタントにコミュニケーションを取ることで、部下との信頼関係が強化され、問題の早期発見と解決が可能になります。さらに、コミュニケーションの頻度だけでなく、質にも注意を払いましょう。部下の話に耳を傾け、適切なアドバイスや支援を提供することで、より深い信頼関係を築けます。

管理職が気を付けたいコミュニケーションをとる際の注意点

管理職は、部下や同僚とコミュニケーションを取る際、立場の違いから生じる問題に注意する必要があります。ここでは、管理職が気を付けたいコミュニケーションを取る際の注意点について詳しく解説します。注意点は次の3つです。


  • 威圧的にならないよう配慮する
  • 感情的にならず落ち着いて話す
  • 自分の意見を押し付けないよう注意する

威圧的にならないよう配慮する

管理職は、権威を持つ立場から威圧的な態度を取ってしまうことがあります。しかし、威圧的な態度は部下の意欲を削ぎ、信頼関係の構築を妨げます。威圧的にならないためには、柔らかい口調で話すことを心がけましょう。また、オープンなボディランゲージを使い、相手に対して開かれた姿勢を示すことも大切です。


部下の意見を尊重し、対等な立場でコミュニケーションを取ることで、威圧的な印象を与えません。管理職が威圧的な態度を避け、部下との信頼関係を築くことで、チームの生産性向上につながります。部下の自主性を尊重し、意見を引き出すような質問をすることも重要です。部下が自由に発言できる環境を整えることで、より良いアイデアが生まれ、チームの成長につながるでしょう。

感情的にならず落ち着いて話す

感情的になってしまうと、冷静な判断ができなくなり、誤解や対立を生む原因に。管理職としての責任を果たすためには、常に落ち着いて話すことが求められます。感情をコントロールするためには、深呼吸を行い、一時的な休憩を取ることが効果的です。また、事前に話す内容を整理し、論点を明確にしておくことで、感情的になりにくくなります。


管理職が冷静にコミュニケーションを取ることで、部下も落ち着いて対応できるようになり、生産的な議論が可能になります。さらに、感情的になりそうな場面では、相手の立場に立って考えてみることも大切です。相手の感情を理解し、共感することで、より良い対話につなげられるでしょう。

自分の意見を押し付けないよう注意する

管理職は、部下に対して自分の意見を押し付けず、対話を通じて意見を共有することが大切です。一方的な意見の押し付けは、部下の自主性を損ない、創造性や意欲を低下させる可能性があります。意見を押し付けずにコミュニケーションを取るためには、オープンクエスチョンを使い、相手の意見を引き出すことが有効です。


また、部下の意見をまず聞き、その上で自分の考えを述べるようにしましょう。意見交換を促し、部下の主体性を尊重することで、より良いアイデアが生まれる可能性が高まります。意見が対立した場合でも、相手の考えを否定せず、建設的な議論を心がけることが重要です。互いの意見を尊重し、最善の解決策を見出すためにコミュニケーションを重ねることで、チームの団結力が高まるでしょう。

管理職が身に着けたい!具体的なコミュニケーション能力を解説

管理職は、部下や同僚、上司、他部署など、多方向とのコミュニケーションが求められます。ここでは、管理職に必要なコミュニケーション能力について解説します。管理職が身につけたいコミュニケーション能力は次の5つです。

  • 傾聴スキル
  • 説明・プレゼンスキル
  • 質問力
  • フィードバック力
  • コーチングスキル

傾聴スキル

管理職は、部下や同僚の話をしっかりと聴くことで、相手の意見や感情を理解し、信頼関係を築けます。傾聴スキルの基本である「アクティブリスニング」では、相手の話に集中し、適切なリアクションを示すことが重要です。


うなずきや相づちを打ち、相手の話を中断せずに最後まで聴く姿勢を示しましょう。また、相手の言葉を要約して復唱することで、理解を深めやすくなるでしょう。傾聴スキルを身につけることで、部下や同僚との信頼関係が強化され、コミュニケーションがスムーズになります。

説明・プレゼンスキル

管理職は、自分の考えや指示を明確かつ効果的に伝える能力が求められます。説明力とプレゼンテーションスキルを向上させるためには、まず要点を簡潔にまとめることが大切です。また、強調したい部分では声のトーンを変えたり、間を取ったりすることで、相手の注意を引けるでしょう。


視覚的な資料を活用することも効果的です。グラフやチャートを用いることで、複雑な情報を分かりやすく伝えられます。さらに、聞き取りやすいやや高い声で話すことで、相手に内容が伝わりやすくなります。

質問力

管理職は、適切な質問を通じて相手の意見や考えを引き出し、理解を深めることが重要です。効果的な質問の仕方として、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを使い分けることが挙げられます。


オープンクエスチョンは、相手の考えを広げる質問で、「なぜ」「どのように」といった言葉で始まります。一方、クローズドクエスチョンは、具体的な情報を確認するための質問で、「はい」か「いいえ」で答えられるものです。状況に応じて適切な質問を選ぶことで、対話が円滑になり、部下の意見やアイデアを引き出せます。

フィードバック力

管理職は、部下の成長を促すために適切なフィードバックを行う必要があります。効果的なフィードバックを行うためには、具体的な内容を伝えることが重要です。「〜が良かった」「〜を改善するとよい」といった具体例を示すことで、部下は自分の行動を振り返り、改善点を理解しやすくなります。


また、ポジティブな点と改善点をバランスよく伝えることで、部下のモチベーションを維持しながら、成長を促せるでしょう。タイミングにも配慮し、できるだけ早い段階でフィードバックを行うことが大切です。

コーチングスキル

管理職は、部下の潜在能力を引き出し、成長を支援するためにコーチングスキルを活用することが求められます。コーチングでは、質問を通じて部下の自己発見を促すことが重要です。「どのような結果を目指しているか」「そのためにどのような行動が必要か」といった質問を投げかけることで、部下は自分で考え、答えを見つけ出せます。


また、目標設定のサポートを行い、定期的に進捗を確認することで、部下の成長を促せるでしょう。コーチングスキルを身につけることで、部下の主体性を尊重しながら、その成長を効果的に支援できます。

管理職がコミュニケーション能力を身に着けるための方法

管理職に求められるコミュニケーション能力を身につけるためには、日常的な実践と学習が欠かせません。ここでは、管理職がコミュニケーション能力を身に着けるための方法を詳しく解説します。管理職がコミュニケーション能力を身に着けるための方法は次の3つです。

  • 積極的にコミュニケーションを取るよう心掛ける
  • ビジネス書から学ぶ
  • 外部研修を受講

積極的にコミュニケーションを取るよう心掛ける

管理職は日常的に積極的にコミュニケーションを取ることで、部下との信頼関係を築き、問題の早期発見や解決を図れます。具体的には、定期的なミーティングや1on1を実施し、部下との対話の機会を確保しましょう。また、オープンドアポリシー(オフィスで偉い人などのドアを常に開けておくことでコミュニケーションを取りやすくする方法)を導入し、部下が気軽に相談できる環境を整えることも重要です。


日常的な挨拶や声かけを欠かさず、部下とのコミュニケーションを積極的に図ることで、管理職は部下との距離を縮め、円滑なコミュニケーションを実現できます。さらに、部下との非公式な場でのコミュニケーションも大切です。


休憩時間や社内イベントなどを活用し、部下とのカジュアルな会話を通じて、より深い信頼関係を築けるでしょう。管理職が積極的にコミュニケーションを取ることで、部下のモチベーションや業績の向上にもつながります。

ビジネス書から学ぶ

ビジネス書は、管理職がコミュニケーション能力を向上させるための有益なアプローチです。著名なビジネス書籍から、コミュニケーションの基本原則や実践的なテクニックを学べます。例えば、デール・カーネギーの「人を動かす」や、スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」などは、管理職にとって必読の書籍と言えるでしょう。


ビジネス書を読んだ後は、学んだことを実践に移し、フィードバックを行うことが大切です。また、読書会やディスカッションを通じて、他の管理職との意見交換を行うことで、学びをさらに深められます。


ビジネス書から得た知識を、自分なりに咀嚼し、現場で活用する方法を考えることが重要です。管理職は、ビジネス書を通じて継続的に学び、自己研鑽に努めることで、コミュニケーション能力を高めていけるでしょう。

外部研修を受講

外部研修は、管理職がコミュニケーション能力を体系的に学び、実践的なスキルを身につけるために有効です。研修プログラムを選ぶ際は、内容や講師の質、研修後のフォローアップ体制などを確認しましょう。例えば、アサーティブコミュニケーションやコーチングスキルに特化した研修などがおすすめです。


また、ロールプレイングやグループワークを取り入れた参加型の研修は、学んだスキルを実践する機会となります。外部研修で得た知識やスキルを、職場で積極的に活用することで、管理職のコミュニケーション能力は着実に向上していきます。さらに、外部研修は管理職同士のネットワーキングの場としても活用できるでしょう。


他社の管理職と情報交換を行うことで、新たな視点や気づきを得られるでしょう。外部研修を通じて得た学びを、自社の組織文化や課題に合わせて適用していくことが、管理職のコミュニケーション能力向上につながります。

コミュニケーション能力を高めて信頼される管理職になろう

本記事では、管理職に求められるコミュニケーション能力について、その必要性と高め方を解説しました。


管理職がコミュニケーション能力を身につけることで、業務の円滑化やリーダーシップの発揮、部下のモチベーション向上などが実現します。円滑なコミュニケーションを取るためのコツや注意点、具体的なスキルについても紹介しました。


管理職がコミュニケーション能力を高めるには、日常的な実践とともに、ビジネス書や外部研修を活用することが有効です。管理職の皆さんは、本記事で得た知識を活かし、信頼される管理職を目指してください。



著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。