記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職の残業100時間超を防ぐための法規制と対策

現在、多くの企業で管理職の長時間労働が問題となっています。月100時間を超える残業は、深刻な健康リスクを伴います。

このような状況を改善するため、日本政府は残業時間の上限規制を強化しました。企業は労働時間管理の見直しや職場環境の改善を求められています。

しかし、法規制だけでは不十分です。この記事では、法規制の内容と企業が取るべき具体的な対策について解説します。

管理職の残業問題の現状

管理職の残業問題は、現代の労働環境において深刻な課題です。


特に、日本の企業文化では、管理職が長時間労働を余儀なくされるケースが多く見られます。これは、業務の多忙さや責任の重さに加え、労働時間の自己管理が難しいためです。


管理職の過度な残業は、社員のモチベーション低下や健康問題を引き起こし、企業の生産性や競争力にも悪影響を及ぼします。


このような状況を背景に、政府や企業は働き方改革を進め、管理職の労働環境を改善するための取り組みを強化。しかし、実際の現場ではまだまだ課題が多く、具体的な対策の実施が求められています。


この章では、管理職の残業問題の現状について深掘りしていきます。

管理職の残業に上限はある?

管理職の残業時間には、一般的な労働者と異なる規制が適用されることが多いです。


労働基準法上では、管理監督者として認められる管理職は、時間外労働や休日労働の適用除外とされています。これは、管理職が自らの裁量で働く時間を決定できるとみなされているためです。


しかし、実際には多くの管理職が長時間労働を強いられており、過労死やメンタルヘルスの問題が深刻化しています。


企業が管理職の労働時間を適切に管理し、健康を守るためには、法的な枠組みだけでなく、企業文化や労働環境の改善が不可欠。適切な業務分担や効率的な業務プロセスの導入が、管理職の過重労働を防ぐための鍵となります。

深夜残業がもたらす健康リスク

深夜残業は、管理職に深刻な健康リスクをもたらします。


まず、長時間の深夜労働は、体内時計を乱し「睡眠障害」や「生活リズムの崩壊」を引き起こす可能性が高いです。これにより、慢性的な疲労や集中力の低下、免疫力の低下が生じ、心身の健康に悪影響を及ぼします。


さらに、深夜の労働環境はストレスが高まりやすく、メンタルヘルスの問題も増加。深夜残業が続くと、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まるという研究結果も出ています。


こうしたリスクを軽減するためには、企業が深夜残業を削減し、適切な休息を確保するための方針を導入することが重要。健康的な働き方を促進することで、管理職の健康維持と生産性向上を図れます。

労働基準法や働き方改革における管理職の労働時間規制

労働基準法で「管理監督者」として認められ、時間外労働や休日労働の規制対象外とされている管理職。しかし、働き方改革の一環として、管理職の労働時間管理も注目されています。


働き方改革関連法により、全ての労働者に対する労働時間の見直しが求められ、これは管理職も例外ではありません。


具体的には、労働時間の適正管理や健康管理のための措置が義務付けられています。例えば、企業は管理職の労働時間を把握し、過重労働を防止するための対策を講じる必要があるのです。


また、管理職自身も自分の労働時間を適切に管理し、無理のない働き方を実践することが求められます。これにより、労働環境の改善と健康維持を両立させることが可能になるのです。

管理職の労働時間の把握と義務

管理職の労働時間の把握は、企業にとって重要な課題となっています。


特に、長時間労働や過重労働が問題となる中、労働時間を適切に管理することは、労働者の健康維持や企業の生産性向上に直結。管理職は、自らの裁量で働くことが多いため、労働時間の把握が難しい場合があります。


しかし、これを怠ると健康リスクが高まり、企業にとっても大きな損失の原因に。法的な規制や企業の責任が強化される中で、管理職の労働時間管理はますます重要性を増しています。

労働安全衛生法の改正による義務化

労働安全衛生法の改正により、管理職の労働時間の把握が義務化されました。改正の背景には、長時間労働がもたらす健康リスクの深刻化や、過労死の増加があります。


従来、管理職は時間外労働や休日労働の適用除外とされることが多かったため、労働時間の管理が曖昧になりがちでした。しかし、近年の働き方改革の一環として、管理職の労働時間も適正に管理する必要性が強調されています。


これにより、企業は管理職の労働時間を正確に把握し、健康管理を徹底することが必要に。この改正は、労働者の健康維持と労働環境の改善を目的としており、企業の責任が明確化されることで、より健全な労働環境の実現を目指しています。

労働時間の把握方法

企業が管理職の労働時間を正しく把握するためには、いくつかの方法があります。


  1. タイムカードによる管理
  2. パソコンの使用記録
  3. 自己申告
  4. 勤怠管理システムの活用

など


タイムカードは労働時間を記録する確実な方法ですが、管理職の外出先での業務や柔軟な勤務時間への適用は難しい場合があります。一方、パソコンのログイン・ログアウト時間やアプリケーションの使用時間を記録する方法は、デスクワークが多い管理職に有効ですが、全ての業務に適用できるわけではありません。

自己申告による勤務時間の記録は、自己管理意識を高める効果がありますが、正確性に欠けるリスクもあります。最新の勤怠管理システムを導入することで、リモートワークやフレックスタイム制度にも対応可能な労働時間の自動記録・管理が可能になります。これらの方法を組み合わせることで、管理職の労働時間をより正確に把握し、健康的な労働環境を構築できます。


管理職の定義と役割

管理職は企業組織内で重要な役割を果たし、部門や課の業務運営を統括する責任を担っています。


彼らは戦略の策定や部下の指導・育成、業務の効率化を推進し、組織全体の目標達成に貢献。管理職の役割は多岐にわたり、組織の成長や健全な労働環境の維持に不可欠です。


この章では、管理職の定義と役割について詳しく見ていきましょう。

管理職とは?

管理職とは、企業や組織内で一定の権限を持ち、部門や課の運営を担当するポジションにある人のこと。具体的には、「部長」や「課長」などの役職が含まれます。


「業務計画の策定や進捗管理」「部下の評価・育成」「組織内の調整役」などを担っているのが管理職。他にも、企業の方針や戦略を現場に浸透させる役割も果たします。


これにより、部門全体のパフォーマンスを向上させ、企業全体の目標達成に貢献。管理職は、自らの業務だけでなく、部下の業務のサポートや指導にも注力することが求められます。

管理監督者との違い

「管理監督者」とは、労働基準法において特別な扱いを受ける役職を指し、通常の労働者とは異なる規制が適用されます。管理監督者は、経営者に近い立場にあり、自らの裁量で労働時間を決定できるため、労働時間の規制や割増賃金の適用除外となることも。


一方、「管理職」は一般的にはこの特別な扱いを受けない場合が多く、労働時間の管理や割増賃金の対象となります。つまり、管理監督者は法律上の特別な地位を持ち、管理職はその範囲に含まれる場合と含まれない場合があるのです。


企業は、管理職を管理監督者として扱う場合、法的要件を満たしているか確認することが重要です。

「名ばかり管理職」について

「名ばかり管理職」とは、名目上は管理職とされているものの、実際には管理監督者としての権限や責任を持たない労働者を指します。


このような状況は、労働基準法に違反する可能性があり、労働者の権利を侵害する重大な問題です。


名ばかり管理職は、通常の労働者と同様に労働時間管理が必要であり、割増賃金の適用も受けるべき。しかし、企業がこれを怠ると、過重労働や未払い賃金の問題が発生します。


この問題に対しては、労働基準監督署への申告や裁判による権利の主張などの法的措置を取ることが有効です。


また、企業は内部の労働環境を見直し、真の管理職と認められる適切な権限と責任を付与することが求められます。

管理職の残業時間を減らすための3つの戦略

管理職の残業時間を減らすことは、企業の生産性向上や従業員の健康維持に不可欠です。


この章では、効果的な3つの戦略をご紹介。


  1. ワークライフバランスの推進
  2. テクノロジーの活用
  3. 組織改革の必要性


以下で、それぞれの戦略について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. ワークライフバランスの推進

ワークライフバランスの推進は、管理職の残業時間を減らすための基本的な戦略です。


企業は、柔軟な勤務時間やリモートワークの導入を積極的に進めることで、管理職が仕事と私生活のバランスを取りやすくすることが重要。これには、フレックスタイム制度の導入や短時間勤務の許可、育児や介護のための休暇制度の拡充が含まれます。


また、企業文化として、定時退社を推奨する雰囲気を醸成し、長時間労働を是正する取り組みも効果的。管理職自身がワークライフバランスを重視する姿勢を見せることで、部下にもその重要性を伝えられ、組織全体の働き方を見直すきっかけとなります。

2. テクノロジーの活用

テクノロジーの活用は、管理職の業務効率を大幅に向上させ、残業時間を減らすための強力な手段です。具体的には、業務の自動化やデジタルツールの導入が挙げられます。


例えば、「プロジェクト管理ツール」や「コミュニケーションツール」を導入することで、業務の進捗管理や情報共有が効率化。また、「AI」や「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を活用することで、定型業務やデータ処理を自動化し、管理職がより戦略的な業務に集中できる環境を整えます。


さらに、クラウドサービスの活用により、場所に縛られない柔軟な働き方が可能となり、業務の効率化と時間管理の向上が期待できます。

3. 組織改革の必要性

管理職の残業時間を減らすためには、組織全体で取り組むべき改革が不可欠です。


まず、企業は労働時間の適正管理を徹底し、過重労働を防止するための体制を整えることが必要。これには、労働時間の見える化や適切な業務分担が含まれます。


また、業務プロセスの改善を図り、無駄な業務や非効率な手順を排除することも重要です。マネジメント層が労働環境の改善に主体的に関与し、従業員の意見を積極的に取り入れるのも大きなポイント。


定期的な労働環境調査やヒアリングを実施し、現場の声を反映した改革を進めることで、働きやすい職場環境を実現します。


これらの取り組みを通じて、管理職の負担を軽減し、持続可能な労働環境を構築することが可能です。

残業時間削減の成功事例2選

残業時間削減に成功した企業の具体例は、他の企業が取り組みを始める上での参考になります。


以下で、「東日本電信電話株式会社」と「住友商事株式会社」の成功事例をご紹介。ぜひ、チェックしてみてください。

時間外労働が13%減少した「東日本電信電話株式会社」

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、働き方改革の一環として、時間外労働の削減に取り組みました。


その結果、時間外労働を13%減少させることに成功。この成功の要因の一つは、「労働時間の見える化」と「管理の徹底」です。


NTT東日本は、労働時間のリアルタイム把握を可能にする勤怠管理システムを導入。各従業員の労働時間を常にモニタリングしました。


また、業務の効率化を図るために、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を導入し、定型業務の自動化を推進。さらに、ワークライフバランスを重視した働き方を推奨し、テレワークやフレックスタイム制度の導入を進めることで、従業員が柔軟に働ける環境を整備しました。


これにより、従業員の健康維持と生産性向上が実現され、時間外労働の削減に繋ったのです。

法定労働時間外勤務を2014年度比で1割強削減した「住友商事株式会社」

住友商事株式会社は、法定労働時間外勤務を2014年度比で1割強削減することに成功しました。


住友商事が取り組んだのは、働き方改革と労働環境の整備です。


まず、労働時間の管理を徹底し、各部署における労働時間の見直しを実施。これにより、無駄な業務や非効率なプロセスの削減が図られました。


また、業務の標準化とマニュアル化を進め、誰でも業務をスムーズに遂行できる環境を整備。社員の意識改革にも注力し、残業をしない働き方の推進とその重要性を全社員に周知しました。


これに加え、テクノロジーの活用も行われ、コミュニケーションツールやプロジェクト管理ツールの導入により、業務の効率化と情報共有の迅速化が実現。これらの取り組みの結果、住友商事は法定労働時間外勤務の削減に成功し、社員のワークライフバランスの向上と企業の持続的な成長を達成しました。

管理職の方も適正な勤怠管理を実施しましょう

管理職の方も適正な勤怠管理を実施することが求められます。自身の労働時間管理を怠ると健康リスクが高まり、組織全体のパフォーマンス低下につながります。適正な勤怠管理を行うことで、過重労働を防止しワークライフバランスを保つことが可能です。

また、管理職自らが適正な勤怠管理を実践することで、部下にもその重要性を示し、組織全体の働き方改革を推進するきっかけとなります。タイムカードや勤怠管理システムを活用し、管理職も健康で持続可能な働き方を実現しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。