記事FV
管理
2024/05/31 更新

職場の人間関係を改善する!管理職ができるアプローチ6選

職場内の良好な人間関係は、業務の生産性の向上に直結します。一方で、人間関係がぎくしゃくすれば、従業員のモチベーション低下や、離職などの重大なトラブルに繋がる可能性が出てきます。

管理職には、職場の人間関係を良好に保つ役割が期待されています。本記事では、職場の人間関係の重大性や改善のためのアプローチ方法について解説します。

職場の人間関係を改善するのも管理職の役割

管理職には、部下同士のコミュニケーションを円滑にし、良好な人間関係を保つ重要な役割があります。人間関係がぎくしゃくしていると、チームワークが損なわれ、業務の効率が低下してしまいます。


例えば、人間関係がぎくしゃくしている社員間では、コミュニケーションが不足する傾向にあります。そのため、「作業効率が落ちてプロジェクトの進行が遅延する」といったトラブルが発生することも。そうならないよう、部下間で発生したトラブルについて、管理職は早急に対処することが求められます。


人間関係が良好であれば、コミュニケーションが活発に行われ、お互いに助け合いながら仕事を進められます。

管理職として、業務をスムーズに進行させるためにも人間関係の改善には積極的に取り組むことが必要です。

管理職による職場の人間関係改善が重要になる理由

人間関係のトラブルは小さなことから始まり、放置すれば長期化し「従業員の離職」「生産性の低下」といった重大なトラブルに繋がる可能性があります。ここでは、管理職による職場の人間関係改善が重要になる理由について解説します。

離職に繋がる

職場の人間関係が悪化すると、社員の離職率が急激に上がる可能性が高まります。特に、管理職が人間関係の改善に積極的に取り組んでいない場合、社員は職場に居づらくなり、結果として退職を選ぶことが多いです。例えば、上司と部下のコミュニケーションが円滑でない場合や、同僚間での対立が解消されない場合、社員はストレスを感じやすくなります。このような状況が長期間続くと、社員のモチベーションが低下し、最終的には会社を去る決断をすることに繋がります。管理職が率先して職場の人間関係を改善することで、社員の定着率を高め、優秀な人材の流出を防ぐことができます。

生産性が下がる

職場の人間関係が悪化すると、生産性の低下にも直結します。社員同士の協力やコミュニケーションが不足すると、仕事の効率が下がり、プロジェクトの進行が遅れることが多くなります。例えば、チーム内での連携がうまくいかないと、情報共有がスムーズに行われず、ミスや手戻りが増える可能性が懸念も。管理職が人間関係の改善に努めることで、チームの結束力が高まり、仕事の流れがスムーズになり、生産性が向上します。また、良好な人間関係は社員の士気を高め、モチベーションを維持するためにも重要です。結果的に、企業全体のパフォーマンス向上に繋がります。

仕事でのトラブルに繋がる

職場の人間関係が悪化すると、仕事上のトラブルが増える可能性が高まります。例えば、コミュニケーション不足による誤解や、意見の対立が原因でプロジェクトが頓挫することが考えられます。また、対立がエスカレートすると、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントといった深刻な問題に発展する可能性も。管理職が積極的に介入し、人間関係の改善を図ることで、このようなトラブルを未然に防ぐために重要です。社員一人ひとりが安心して働ける環境を作ることは、仕事の質を高めるだけでなく、企業の信頼性を向上させるためにも不可欠といえます。


管理職が人間関係改善に向けチェックすべきポイント

職場の人間関係を改善するためには、管理職が積極的に関与し、具体的な行動を取ることが重要です。以下では、管理職が人間関係改善に向けてチェックすべきポイントについて詳しく解説します。これらのポイントを意識して、職場の雰囲気を良好に保ち、社員一人ひとりが安心して働ける環境を整えましょう。

部署内の人間関係を把握する

まず、管理職は部署内の人間関係を正確に把握することが重要です。社員同士の関係性や、どのようなグループが形成されているかを知ることで、潜在的な問題を早期に発見できます。例えば、特定の社員が孤立している場合や、特定のグループ内でトラブルが発生している場合、それを放置すると問題が拡大する可能性があります。こうした問題を防ぐためには、定期的なミーティングや、一対一の面談を通じて、社員の声を直接聞くことが効果的です。管理職には、日常の観察を通じて部署内の雰囲気を感じ取り、必要な対策を講じることが求められます。

公平な目で評価する

管理職は、社員を公平に評価することが求められます。偏った評価や贔屓は、職場の人間関係を悪化させる要因です。例えば、特定の社員だけを優遇するような評価や、逆に特定の社員に厳しく当たるような評価は、他の社員からの不満を招きます。正当な評価がされていないと感じると、職場全体のモチベーションが低下し、人間関係に悪影響を及ぼします。評価基準を明確にし、透明性を持たせることで、公平な評価を実現することが重要です。また、フィードバックを定期的に行い、社員が自身の成長を実感できるようにサポートすることも、管理職が担うべき役割です。

普段と違う違和感を見逃さない

管理職は、日常的な業務の中で普段と違う違和感を見逃さないことも大切です。例えば、普段は明るく振る舞っている社員が急に元気がなくなったり、特定の社員同士が突然口を利かなくなったりするなど、些細な変化にも敏感である必要があります。これらのサインを見逃さずに、早期に対応することで、大きなトラブルに発展する前に問題を解決することが可能です。定期的なコミュニケーションを通じて、社員の心の変化をキャッチしやすくする環境を作ることが求められます。また、社員の方から気軽に相談できる雰囲気を作ることも大切です。


管理職ができる人間関係改善に向けたアプローチ6選

職場の人間関係を改善するためには、管理職が積極的に行動を起こすことが不可欠です。以下に、管理職が実践できる具体的なアプローチを6つ紹介します。これらの方法を取り入れることで、社員同士の信頼関係を築き、より良い職場環境を作りましょう。

積極的にコミュニケーションをとる

管理職は、積極的にコミュニケーションをとることが重要。日常的な会話や定期的なミーティングを通じて、社員の意見や考えを聞く姿勢を持つことが大切です。オープンなコミュニケーション環境を作ることで、社員は自分の考えを自由に表現でき、職場の一体感が高まります。特に、一対一の面談を定期的に行うことで、個々の社員が抱える悩みや課題を早期に把握し、適切なサポートを提供することができます。また、非公式な場でのコミュニケーションも大切で、ランチやコーヒーブレイクを利用してリラックスした雰囲気で話をすることも効果的です。

ポジティブな言動を心がける

管理職は、常にポジティブな言動を心がけることが重要です。ポジティブな言葉や態度は、職場全体の雰囲気を明るくし、社員のモチベーションを高めます。例えば、社員が良い成果を出した時には、積極的に褒めることを忘れないようにしましょう。また、問題が発生した際も、建設的なフィードバックを心がけ、社員が前向きに捉えられるようなアドバイスを提供することが大切です。ポジティブなリーダーシップを発揮することで、社員が安心して働ける環境を整えることができます。

業務負荷が大きくないか気を配る

管理職は、社員一人ひとりの業務負荷が適切かどうかに気を配る必要があります。過度な業務負荷は、社員のストレスを増大させ、人間関係の悪化を招く要因となります。定期的に業務量を確認し、必要に応じてタスクの再分配やサポートを行うことで、社員が無理なく働ける環境を提供することが重要。また、社員が抱える業務について話し合う機会を設け、困っていることや改善点を共有できる場を作ることも効果的です。これにより、業務負荷の均等化と職場全体の調和を図ることができます。

教育体制を整備する

管理職は、社員の成長をサポートするために教育体制を整備することが重要です。社員が自身のスキルアップやキャリア成長を実感できる環境を提供することで、職場のモチベーションが向上し、人間関係も良好になります。例えば、定期的な研修やワークショップを開催し、最新の知識や技術を学ぶ機会を提供するのも効果的です。また、メンター制度を導入し、経験豊富な社員が新人や若手社員をサポートする体制を整えることもおすすめ。教育体制の充実は、社員のエンゲージメントを高め、長期的な職場の安定に繋がります。

風通しの良い職場環境を目指す

風通しの良い職場環境を目指すことも重要なアプローチの一つです。管理職は、社員が自由に意見を述べられる環境を作り、意見交換が活発に行われるように促すことが求められます。例えば、定期的な意見交換会やブレインストーミングセッションを開催し、社員がアイデアを自由に共有できる場を設けることが効果的です。また、社員自らいつでも管理職に相談できる雰囲気を作ることも大切。風通しの良い職場環境は、社員の信頼関係を強化し、組織全体の協力体制を向上させます。

合同で取り組むイベントを企画

社員同士の交流を深めるために、合同で取り組むイベントを企画することも効果的です。例えば、チームビルディングのためのワークショップや、社外でのレクリエーション活動を定期的に実施することが有効。これにより、社員同士のコミュニケーションが活発になり、職場の一体感が強まります。また、普段の業務では見えにくい一面を知ることで、お互いの理解が深まり、職場の人間関係が改善されます。イベントを通じて得られるポジティブな体験は、日常の業務にも良い影響を与え、職場全体の雰囲気を明るくしてくれます。


管理職として職場の人間関係を改善に向け取り組もう!

管理職が職場の人間関係を改善することは、業務の生産性をあげるための重要な業務です。積極的に、人間関係改善を図ることで、社員の離職や業務の遅延といった、企業にとってのリスクを未然に防ぐことができるでしょう。些細なことでも、人間関係に関するトラブルを放置しないことが大切です。

社員が安心して働ける環境を作り、職場全体のパフォーマンス向上を目指しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。