記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職は何歳から?管理職の平均年齢と昇進に求められる必要スキルとは

「管理職になるには何歳が理想なのか?」、「昇進するためにはどんなスキルが必要なのか?」と疑問をお持ちではありませんか?


この記事では、そんな疑問をお持ちの方のために管理職の平均年齢や男女別の年齢推移、会社規模による違いを詳しく解説。また、外資系企業と日系企業の昇進スピードの違いや、管理職に求められる具体的なスキルとその習得方法についても触れます。


この記事を読めば管理職に必要なスキルと資質を理解し、キャリアアップに向けた具体的なステップを知ることができます。早く管理職に就きたい方にはぜひ参考にしてください。

管理職の平均年齢は何歳?

まず、管理職の平均年齢を見ていきます。以下の3つのポイントに注目してください。


  • 男女別:管理職の年齢推移
  • 会社規模による管理職の年齢の違い
  • 外資系と日系企業の管理職の年齢の違い


それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

男女別:管理職の年齢推移

男女別の管理職の年齢推移や企業規模による管理職の年齢の違いについて見ていきましょう。役職ごとの男女別年齢推移は以下のようになっています。


年度

係長級

課長級

部長級

2011年度

男性:43.6歳

女性:43.4歳

男性:47.4歳

女性:47.4歳

男性:51.8歳

女性:52.0歳

2016年度

男性:43.9歳

女性:44.1歳

男性:47.7歳

女性:48.8歳

男性:52.3歳

女性:52.7歳

2021年度

男性:45.1歳

女性:45.9歳

男性:48.7歳

女性:49.0歳

男性:52.8歳

女性:53.1歳


男女別の管理職の年齢推移を見ると、男性の平均年齢は女性よりもやや低い傾向があります。厚生労働省の調査によると、管理職になる平均年齢は以下の通りです。


  • 係長の平均年齢は男性が45.1歳、女性が45.9歳。
  • 課長の平均年齢は男性は48.7歳、女性は49.0歳。
  • 部長の平均年齢は男性が52.8歳、女性は53.1歳。


このデータから、男性が女性よりもやや早く管理職に就く傾向が明らかになっているのです。これらは、育児や家事などの家庭内の役割分担が影響していると考えられます。しかし、近年では働き方改革や育児休業制度の充実により、女性も管理職に就きやすくなりました。女性のキャリアアップを支援する企業も増加しており、今後は男女の差が縮まることが期待されています。

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査の概況

会社規模による管理職の年齢の違い

次に、会社の規模による管理職の年齢の違いを見ていきましょう。一般的に、大企業では管理職に昇進する年齢が高くなります。これは年功序列や長いキャリアパスが一般的で、昇進に時間がかかるためです。


一方、中小企業やスタートアップ企業では管理職に就く年齢が若くなることが多いです。これらの企業では若手社員にも多くの責任が与えられ、早い段階で管理職に登用されることがあります。20代後半から30代前半で管理職になるケースも珍しくありません。とくにスタートアップ企業では会社の成長に伴い、若手社員が早く重要なポジションに就くことが期待されます。

外資系と日系企業の管理職の年齢の違い

外資系企業と日系企業では、管理職に昇進する年齢に大きな違いがあります。外資系企業では能力主義を重視するため、優れた業績を上げた社員は早く昇進することが一般的です。そのため、外資系企業では30歳前後で管理職になることも珍しくありません。


一方の日系企業では、年功序列や終身雇用が根強く残っているため、昇進には時間がかかる傾向があります。課長に昇進する平均年齢は40歳前後であり、部長に昇進するのは50歳前後となることが多いです。しかし、最近では日系企業でも能力を重視する傾向が強まりつつあり、若手社員の早期昇進が増えてきています。


このように、外資系企業では能力次第で早期に昇進できるため、若くして管理職を目指す方には魅力的な環境と言えます。一方の日系企業では安定したキャリアパスがあり、長期的にじっくりとキャリアを築きたい方に適していると言えるでしょう。


管理職の主な役割

管理職になれば、プレイヤーとしての業務を行いつつ、新たに管理職としての業務も兼務するのが一般的です。管理職を目指す人にとって、適性の有無も重要な要素となります。

ここからは、管理職の具体的な役割について詳しく見ていきましょう。


  • 経営理念や事業戦略の浸透
  • 業務管理
  • 部下の育成やマネジメント
  • 社員と経営側の橋渡し


それぞれについて解説していきます。

経営理念や事業戦略の浸透

管理職には、企業の経営理念や事業戦略を浸透させる重要な役割があります。経営陣が掲げるビジョンやミッションを理解し、それを部下に効果的に伝えることが求められます。ビジョンの共有は、ただの情報伝達ではなく、共感や納得を得るための説明力も必要です。


新しいプロジェクトが始まる際には、その背景や目的をしっかりと説明し、チーム全体の理解を深めることが重要です。部下が経営理念や戦略を理解し、自分の役割を認識することで組織全体の一体感が高まり、生産性も向上します。

業務管理

管理職には、日々の業務管理を効率的に行う能力が必要です。具体的には、プロジェクトの進行管理、受発注管理、予算の進捗管理など、さまざまな業務をスムーズに進める役割が期待されます。


営業部門の管理職であれば受発注管理や請求管理を適切に行い、チームの業績を把握する必要があります。また、部下のパフォーマンスを定期的に評価し、必要に応じてフィードバックを行うことも大切です。現場を理解し適切な指示を出すことでチーム全体の効率とモチベーションが向上します。

部下の育成やマネジメント

管理職にとって最も重要なスキルの一つが部下の育成やマネジメントです。部下の特性やキャリアビジョンを理解し、それに基づいて成長をサポートすることが求められます。


具体的には部下のスキルや家庭事情などを把握し、適切な目標設定と評価を行います。また、定期的なフィードバックを通じて部下の内発的な動機付けを行うことが大切です。部下と一緒にキャリアビジョンを描き、共に成長する姿勢を持つことで信頼関係が築かれ、チームのパフォーマンスも向上します。

社員と経営側の橋渡し

管理職は社員と経営側の橋渡し役として重要な役割を担います。経営陣が立てた戦略や目標を理解し、部下にわかりやすく伝えることで、組織全体が同じ方向に進むように導くことができます。


また、管理職は社員の声を経営側に伝える役割も担っています。チームメンバーからのフィードバックや改善要望を集め、経営陣に提案することで職場環境の改善や業務効率の向上につなげることが可能です。このように、管理職は双方の橋渡し役として、組織の一体感を高める役割を果たします。


管理職に求められるスキルと資質

管理職は誰にでも務まるものではありません。部下の上に立つ人物としてのスキルが備わっていなければ、部下からの信頼を得られず、チームとしての機能が損なわれる可能性があります。ここでは、管理職に求められるスキルと資質について解説します。


  • リーダーシップとマネジメントスキル
  • コミュニケーション能力
  • 実務管理能力
  • 課題発見力と解決力


それぞれについて詳しく説明します。

リーダーシップとマネジメントスキル

管理職として成功するためには、リーダーシップとマネジメントスキルが欠かせません。リーダーシップはチームを導き、目標に向かって進む方向を示す力です。管理職は部下を鼓舞し、チーム全体を動かすエネルギーの源となる必要があります。


マネジメントスキルはリーダーシップと密接に関連しており、業務の計画、実行、監督、評価を通じてチームが効率的に目標を達成できるよう導く能力です。プロジェクトの進行状況を常に把握し、必要な調整を行うことや部下のパフォーマンスを適切に評価してフィードバックを行うことが求められます。リーダーシップとマネジメントスキルを磨くことで、チームの成果を引き上げ、組織全体の成長に貢献することが可能です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、管理職にとって最も重要なスキルの一つです。効果的なコミュニケーションは、情報の伝達や問題解決を円滑に行うために欠かせません。管理職は上司、同僚、部下と効果的なコミュニケーションを取る必要があります。


部下の意見をしっかりと聞き、適切なフィードバックを行うことが大切です。また、経営陣との会議では現場の状況や必要なリソースを的確に伝える能力が求められます。これにより、経営陣との信頼関係が築かれ、組織全体の目標達成に向けた協力が得られるでしょう。コミュニケーション能力を高めることで、管理職としての信頼性が向上し、チームのパフォーマンスも向上します。

実務管理能力

管理職には、管轄する組織や部門の実務管理能力が求められます。実務管理の方法は業種によって異なりますが、実務に精通していることが重要です。具体的な業務としては、プロジェクトの進行管理、予算の進捗管理、受発注管理などが挙げられます。


営業部門の管理職の場合、受発注管理や請求管理の適切な実施が必要です。これにより、業務の効率化やミスの削減が期待されます。また、部下のパフォーマンス管理も実務管理の一環です。部下の業務状況を把握し、適切な指導やフィードバックを行うことで、チーム全体のパフォーマンス向上につながります。現場を理解し、適切に指示を出すことで部下の信頼を得ることができるでしょう。

課題発見力と解決力

管理職には、組織内の課題を発見し、解決に導く力が求められます。真の課題を見極め、主体的に対応することが重要です。たとえば、「生産性の低下」という表面的な問題の背後にある根本的な原因を見つけ出し、適切な対策を取る必要があります。


課題が明らかになったら、解決に向けて行動することが求められます。場合によっては他部署との調整や経営層への提言も必要です。たとえば、工場ラインの生産性向上のために、設備の改善や人員配置の見直しを提案することが考えられます。これには、部門を横断した調整能力や交渉力も必要です。課題発見力と解決力を高めることで組織全体の効率化とパフォーマンス向上に貢献できるでしょう。

管理職に必要な能力を身につける方法

管理職を目指すなら、ただ与えられた仕事をこなすだけでは不十分です。昇格のチャンスが巡ってきたときに上司から推薦をもらえるよう、普段から次の4つの取り組みを心がけましょう。


  • 管理職に必要な経験を積ませる
  • eラーニングを活用する
  • 必要な研修を実施する
  • マネジメントスキル向上に役立つ書籍を読む


それぞれについて詳しく説明していきます。

管理職に必要な経験を積ませる

管理職を目指すには、実践的な経験を積むことが非常に重要です。具体的な業務を通じて、リーダーシップやマネジメントスキルを磨いていく必要があります。たとえば、プロジェクトのリーダーを任されることで、チームをまとめる力や問題解決能力を実践的に身につけることができます。


さらに、他部署との連携や社内調整の経験も重要です。異なる部門と協力しながらプロジェクトを進めることで広い視野を持ち、柔軟に対応する能力が養われます。こうした経験を積むことで、管理職に必要なスキルが自然と身についていくのです。

eラーニングを活用する

管理職を目指すためのスキルアップには、eラーニングの活用が効果的です。オンラインで実施されるさまざまなコースを利用することで、自分のペースで学習を進めることができます。リーダーシップやコミュニケーションスキル、プロジェクト管理など、管理職に必要なスキルを体系的に学ぶことが可能です。


eラーニングの最大のメリットは、時間や場所を選ばずに学べることです。忙しい日常の中でも通勤時間や休日を利用して効率的にスキルアップが図れます。さらに、最新のビジネストレンドや技術を学ぶことができ、常にアップデートされた知識を持つことができます。

必要な研修を実施する

管理職に昇進するためには、必要な研修を受けることも大切です。企業が用意する研修プログラムを活用して、実務に直結するスキルを学びましょう。マネジメント研修では、部下の指導方法や業務管理の手法など、具体的な事例を通じて実践的なスキルを習得できます。


また、外部の研修機関が実施するプログラムも利用すると良いでしょう。とくに業界のトレンドや最新のマネジメント手法を学べる研修は、自己成長に大いに役立ちます。研修を通じて得た知識やスキルを実務で活かし、管理職としての実力を高めていきましょう。

マネジメントスキル向上に役立つ書籍を読む

管理職を目指す方にとって、マネジメントスキルを向上させる書籍を読むことは非常に有益です。書籍からは、理論だけでなく実践的なアドバイスや成功事例を学ぶことができます。高田貴久著の「問題解決あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術」は、課題発見力と解決力を高めるための具体的な手法が紹介されています。

また、大島洋著の「管理職の心得リーダーシップを立体的に鍛える」は、リーダーシップを発揮するための考え方や方法論を詳しく解説しています。これらの書籍を通じて、マネジメントスキルを総合的に高めることができるでしょう。

早く管理職に就きたいならWARCエージェントにお任せ

管理職への昇進を早めたいと考えているなら、WARCエージェントにご相談ください。WARCエージェントは、キャリアアップを目指す方に特化したエージェントサービスを展開しています。豊富な求人情報と専門のキャリアアドバイザーが、あなたにぴったりのポジションを見つける手助けをします。さらに、昇進に必要なスキルや資格の取得支援も行っており、早く管理職に就くための最短ルートを案内します。キャリアの成功を全力でサポートいたします。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。