記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職の給料が下がるのは違法?年収実態と対処法ガイド


管理職の給料に関する悩みを抱える方は多いでしょう。「管理職になったのに給料が下がった」「名ばかり管理職で残業代が出ない」など、給与面での不満は少なくありません。これらの問題はどのような背景で発生するのでしょうか。また、対処法はあるのでしょうか。


この記事では、管理職の平均年収、給料が高い理由、給料が下がる原因と対処法について詳しく解説します。さらに、違法性の有無や残業代の請求方法にも触れます。信頼性の高い情報を基に、今後のキャリアに役立つ知識を提供しますので、ぜひ最後までお読みください。

管理職の平均年収・給料はどのくらい?

管理職の平均年収・給料は、その企業規模や業種によって大きく異なります。また、特定の有名企業では一段と高い給与が設定されることもあります。この章では、企業規模別、業種別、有名企業における管理職の平均年収・給料について詳しく見ていきます。

【企業規模別】管理職の平均年収・給料

企業の規模が大きくなるほど、管理職の平均年収・給料は高くなる傾向があります。


大規模企業は売上や利益が高く、人材に投資できる余裕があるため、給与水準も高く設定されます。


中小企業の管理職の平均年収は約500万円から700万円程度であるのに対し、大企業では800万円から1000万円以上になることが一般的です。例えば、従業員数が1000人を超える企業では、管理職の年収が1000万円を超えるケースも少なくありません。


企業規模が大きいほど、管理職の年収は高くなるため、キャリアアップを目指す際には企業の規模も重要な要素となります。


【業種別】管理職の平均年収・給料

業種によって管理職の平均年収には大きな差があり、高収入を期待できる業種も存在します。


業種ごとに収益構造や利益率が異なるため、給与水準にも差が生じます。特に、金融業界やIT業界は高収入が期待できる業種として知られています。


金融業界の管理職の平均年収は800万円から1200万円、IT業界では700万円から1000万円が相場です。一方、製造業やサービス業では平均年収が600万円から800万円程度に留まることが多いです。


業種ごとの収益構造が管理職の給与に影響を与えるため、転職やキャリアチェンジを検討する際には業界の特性を理解しておくことが重要です。


【有名企業】管理職の平均年収・給料

有名企業の管理職は、他の企業と比較して非常に高い年収を得ることができます。


有名企業はブランド力や市場での競争力が高く、優秀な人材を確保するために高い給与を支払う傾向があります。また、企業の業績が安定しているため、ボーナスやインセンティブも充実しています。


例えば、トヨタ自動車やソニーなどの有名企業では、管理職の平均年収が1000万円を超えることが多く、場合によっては1500万円以上になることもあります。また、これらの企業では株式報酬や各種手当が充実しており、総合的な報酬体系が非常に魅力的です。


有名企業では管理職の給与水準が高く、報酬体系も充実しているため、こうした企業を目指すことは高収入を得るための一つの有効な戦略です。

管理職の給料が高いのはなぜ?

管理職の給料が高い理由は、多岐にわたります。主に、給料以上の働きを求められること、勤続年数が長いこと、そして固定金額が大きいことが挙げられます。これらの要因がどのように給料に影響を与えているのかを詳しく見ていきましょう。

給料以上の働きを求められる

管理職は給料以上の働きを求められるため、その分報酬も高くなります。


管理職はチームの成果責任や重要な意思決定を担っており、その役割と責任の重さが給料に反映されます。


例えば、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの進行を統括し、チームのパフォーマンスを最大化する役割を担います。プロジェクトが成功すれば大きな利益をもたらしますが、失敗すれば責任を負うのは管理職です。このようなプレッシャーと責任を受け入れる対価として、高い給料が支払われます。


管理職には高いパフォーマンスと責任が求められるため、その対価として給料が高く設定されています。

勤続年数が長いから

管理職の給料が高い理由の一つは、勤続年数が長いためです。


勤続年数が長い社員は、その企業の文化や業務プロセスを深く理解しており、その知識と経験が評価されます。また、長期間の勤務は企業への忠誠心や信頼の証とされます。


長年にわたり企業に貢献してきた社員が管理職になると、その経験と実績が評価され、給料も高くなります。

固定金額が大きいから

管理職の給料が高い理由の一つは、固定金額が大きいからです。


管理職には基本給の他に、役職手当や業績に応じたインセンティブが支給されることが多く、これが給料の総額を押し上げます。


例えば、部長職では基本給に加えて役職手当や業績手当が支給されるため、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。これにより、基本給以上の報酬を得ることができます。


管理職には基本給の他に役職手当やインセンティブが支給されるため、総じて給料が高くなります。


これらの理由から、管理職の給料は一般職に比べて高い水準で設定されています。管理職としての役割や責任を果たすためには、その報酬に見合ったスキルと経験が求められることを理解しておく必要があります。

管理職で給料が下がるのはどのような場合?

管理職として昇進すると給料が上がると期待する人が多いですが、実際には給料が下がるケースも存在します。これにはいくつかの理由があります。ここでは、代表的な3つの理由を詳しく解説します。

「管理監督者」になると残業手当がなくなるなど給与体系が変化する

「管理監督者」としての役割に就くと、残業手当がなくなるため、結果的に給料が下がることがあります。


管理監督者は、労働基準法で定められた労働時間や休憩、休日の規定が適用されないため、残業手当が支給されないことが一般的です。このため、基本給は上がっても、手取りが減少することがあります。


例えば、一般社員としての月給が30万円で残業手当が5万円ついていた場合、管理職に昇進して月給が35万円になったとしても、残業手当がなくなるため、実質的には給料が下がることになります。


管理職になることで残業手当がなくなり、総収入が減少することがあります。

基本給+管理職手当で増額した分、税率が上がり手取りが少なくなる

基本給や管理職手当が増えることで、税率が上がり、手取り額が減少することがあります。


給与が増えると、所得税や住民税などの税率が上がるため、手取り額が期待したほど増えない、あるいは減少することがあります。


例えば、年収が500万円から600万円に増えた場合、所得税率や住民税率が上がり、増えたはずの収入が税金として差し引かれるため、手取り額が思ったほど増えないことがあります。場合によっては、控除額を含めた手取りが減少することさえあります。


収入が増えることで税率が上がり、手取り額が減少する可能性があります。

「名ばかり管理職」なので給料が上がらない

「名ばかり管理職」としての役職に就くと、実質的に業務内容は変わらないのに、給料が上がりません。


名ばかり管理職とは、管理職としての役割や責任が与えられていないにもかかわらず、役職だけが与えられる状態を指します。このような場合、昇進による給与アップが期待できず、場合によっては責任だけが増えることになります。


例えば、役職が「主任」や「課長」となったものの、実際には一般社員と同じ業務を続けており、給与もほとんど変わらないケースです。このような状況では、昇進によるモチベーションアップが図れず、不満が蓄積されることでしょう。


名ばかり管理職としての昇進では、実質的な給与アップが期待できません。


これらの理由により、管理職に昇進しても給料が下がることがあります。管理職としての役割や責任を十分に理解し、昇進後の給与体系や税制への影響を事前に確認することが重要です。


管理職になって給料が下がるのは違法な場合もある?

管理職に昇進したにも関わらず、給料が下がるケースには違法の可能性がある場合もあります。特に「名ばかり管理職」と呼ばれる状況では、法的な問題も生じることがあるでしょう。ここでは、名ばかり管理職が直面する問題とその対処法について詳しく解説します。


名ばかり管理職の場合は残業代を請求できる可能性

名ばかり管理職の場合、残業代を請求できる可能性があります。


名ばかり管理職とは、形式上は管理職であるものの、実際の業務内容や権限が管理職にふさわしくない場合を指します。このような場合、労働基準法に基づき、残業代を請求できる権利があるとされています。


例えば、「課長」としての肩書きを与えられたものの、実際には部下の管理や重大な意思決定権を持たず、一般社員と同じ業務を行っている場合です。このような場合、その社員は法的には管理職とみなされず、残業代を請求できる可能性があります。


名ばかり管理職で実質的な管理業務を行っていない場合、残業代を請求できる可能性が高いです。

名ばかり管理職が残業代を請求する方法とは

名ばかり管理職が残業代を請求するためには、具体的な手順を踏む必要があります。


適正に残業代を請求するためには、労働基準監督署への相談や具体的な証拠の収集が重要です。また、法的手続きを進めるためには、専門家の助言を受けることが推奨されます。


まず、労働基準監督署に相談し、実態調査を依頼します。次に、日々の業務内容や勤務時間を詳細に記録し、残業が発生していることを証明できるようにします。さらに、弁護士や労働問題に詳しい専門家に相談し、法的手続きを進めることが効果的です。


名ばかり管理職が残業代を請求するためには、労働基準監督署への相談、証拠の収集、専門家の助言が重要です。


管理職としての昇進が必ずしも給料の増加を保証するわけではないことを理解することが重要です。特に、名ばかり管理職の状況では、法的手段を通じて適正な給与を確保することが求められます。適切な対応を取ることで、不当に減少した給与を取り戻すことが可能です。

管理職になって給料が下がったときの対処法

管理職に昇進したにもかかわらず、給料が下がってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、成果を出して評価を上げる方法、転職・独立を検討する方法、そして自身の市場価値を知り、今の給料が適切か判断する方法について解説します。

成果をだし評価を上げる

成果を出して評価を上げることで、給料を改善することができます。


管理職としての役割を全うし、目に見える成果を出すことで、会社からの評価が高まり、給与アップの交渉材料となります。


例えば、部下の育成に力を入れ、チーム全体の生産性を向上させることができれば、その成果は会社の利益に直結します。また、新規プロジェクトの成功やコスト削減に貢献することでも、成果をアピールすることができます。これらの具体的な成果を定期的に上司に報告し、評価を得ることで、給与の見直しを提案することが可能です。


実績を積み重ねて評価を上げることが、給与改善への第一歩となります。

転職・独立を検討する

転職や独立を検討することで、より高い給与を得る機会を増やすことができます。


現在の職場での給与が見合わないと感じた場合、新たな環境で自分の価値を再評価してもらうことで、より高い給与を得ることができます。また、独立することで、自分の能力を最大限に活かし、収入を大幅に増やすことも可能です。


例えば、他の企業で同じ職種の管理職ポジションを探し、給与交渉をすることが考えられます。転職サイトやエージェントを活用して、自分の市場価値を把握し、適切な企業を見つけることが重要です。また、起業やフリーランスとしての独立も選択肢の一つです。自分のスキルやネットワークを活用して事業を立ち上げることで、収入を大幅に増やすことができます。


転職や独立を視野に入れることで、自分の価値を最大限に評価してもらえる環境を見つけることができます。

自身の市場価値を知り、今の給料が適切か判断する

自身の市場価値を正確に把握し、現在の給料が適切かどうかを判断することが重要です。


市場価値を知ることで、自分の給料が適正かどうかを判断する基準ができます。これにより、適切な給与交渉やキャリアの見直しが可能になります。


例えば、同じ業界や職種での平均給与を調査し、自分の給与と比較してみることが効果的です。インターネット上の給与情報サイトや転職エージェントのレポートを活用することで、業界の給与水準を把握できます。また、同僚や同業他社のネットワークを通じて、実際の給与情報を収集することも有効です。


自身の市場価値を把握し、現在の給料が適正かどうかを確認することで、必要な対策を講じることができます。

管理職で年収が下がった場合はWARCエージェントに相談しよう!

管理職に昇進したにもかかわらず年収が下がった場合、専門家の助けが必要です。WARCエージェントに相談すると、適切なアドバイスとサポートを受けられます。


WARCエージェントは、給与問題やキャリア相談に特化した専門のエージェントです。彼らは豊富な経験と知識を活かし、個々の状況に応じた具体的なアドバイスや解決策を提供します。


WARCエージェントの専門家のサポートを活用することで、問題を解決しキャリアを前進させる具体的なステップを踏むことができます。年収が下がった場合には、WARCエージェントに相談し、適切な解決策を見つけましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。