記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職の平均年収は?ボーナスや年齢別の平均や給料アップの方法を解説

管理職は、組織の中で重要な役割を担う立場です。部下のマネジメントや業務の統括など、高い責任が求められるでしょう。その分、管理職の年収は一般社員よりも高い傾向にあります。


本記事では、管理職の平均年収やボーナス、年齢別の年収データを詳しく解説します。また、管理職の年収が高い理由や、職種別・役職別の年収の違いについても触れます。


管理職の年収に関する情報を網羅的に掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

管理職の年収が高い理由と平均との比較

ここでは、管理職の年収が高い具体的な理由について詳しく解説します。管理職の年収が高い理由は次のとおりです。

  • 高度な専門性とスキルに対する報酬
  • 組織への貢献度と責任の重さ

高度な専門性とスキルに対する報酬

管理職には、その職務を遂行するために高度な専門知識とマネジメントスキルが要求されます。これらのスキルは、長年の経験と実績を通じて培われるものであり、的確な意思決定を下す能力として評価されるのです。例えば、IT部門の管理職は最新技術動向を理解し、その導入と活用方法を部下に指導する必要があります。


また、営業部門の管理職は市場動向を予測し、適切な販売戦略を立案することも求められるでしょう。さらに、財務部門の管理職は会社の財務状況を分析し、経営陣に的確なアドバイスを提供しなければなりません。このように、管理職には各部門特有の専門知識に加え、リーダーシップやコミュニケーション能力など、高度なマネジメントスキルが必要とされます。


これらの専門性とスキルの高さが、一般社員よりも高い給与水準に反映されているのです。

組織への貢献度と責任の重さ

管理職は、組織の業績に直結する重要な役割を担っています。部下の育成やチームのマネジメントを通じて、組織力の強化に貢献することが求められるのです。また、プロジェクトの進行管理や重要な意思決定など、高い責任と権限が付与されています。例えば、営業部門の管理職が新規顧客を開拓し売上を伸ばすことで、会社全体の業績向上に寄与するでしょう。


人事部門の管理職は、優秀な人材の採用や育成を通じて、組織の競争力強化に貢献します。このように、管理職は組織の各部門において中心的な役割を果たし、その成果が直接的に会社の業績に反映されるのです。このような組織への貢献度と責任の重さに見合った報酬体系が、管理職の高い年収を支えています。

日本の平均給与との年収比較

国税庁の調査によると、日本の平均給与は年間443万円ですが、管理職の平均年収はこれを大きく上回ります。具体的には、管理職の平均年収は約665万円から886万円で、一般社員の1.5倍から2倍程度です。特に年功序列型の日本企業では、管理職への昇進が大幅な年収アップのチャンスとなります。課長級で平均700万円、部長級で平均900万円を超えるケースも珍しくありません。


役員クラスともなれば、平均年収は1000万円を優に超えます。このような管理職と一般社員の年収格差は、社員のモチベーションや生産性にも影響を与えるでしょう。高い年収を目指して管理職を目指す社員が増えることで、組織全体の士気が高まり、業績の向上にもつながります。一方で、この格差が過度に大きくなりすぎると、一般社員の不満を招く恐れもあるため、適切なバランスを保つことが重要です。


参考:国税庁「民間給与実態統計調査


【年代別】管理職の年収はどれくらい?

ここでは、20代と30代の管理職の平均年収について、詳しく解説します。

20代管理職の平均年収

マイナビAGENTの2019年12月〜2020年5月末までの調査によると、20代の管理職の平均年収は449万円で、男性が468万円、女性が390万円です。この年代で管理職に就くことは稀ですが、優れたスキルや成果を上げた若手社員が抜擢されるケースがあります。20代の管理職は、主にチームのサポートや業務の調整を担当し、将来のリーダーとしての育成が期待されています。


特に営業部門では、個人の売上だけでなく、チーム全体のパフォーマンス向上に貢献することが求められるでしょう。また、この年代の管理職は、上司や先輩からの指導を受けながら、マネジメントスキルを磨いていくことが重要です。20代での管理職経験は、キャリアの初期段階でリーダーシップスキルを磨く貴重な機会となり、将来的な昇進や給与アップに繋がる可能性が高くなります。


ただし、経験不足から生じる課題もあるため、適切なサポートを受けながら成長していくことが求められるでしょう。

30代管理職の平均年収

マイナビAGENTの2019年12月〜2020年5月末までの調査によると、30代の管理職の平均年収は540万円で、男性が544万円、女性が513万円となっています。この年代の管理職は、経験を積み重ね、より大きな責任を担うことが一般的です。例えば、営業部門の管理職は、チーム全体の売上目標達成のための戦略立案や部下の育成、マネジメントに注力します。


また、他部門との連携や上位管理職との調整など、組織全体の視点で業務を遂行する能力が求められるのです。30代の管理職は、部下の業績向上やチームの目標達成に直接的に貢献し、組織全体の成果に大きな影響を与える重要な役割を果たします。


このように、30代の管理職は組織の中核を担う存在として、高い期待が寄せられているのです。ただし、責任の重さから生じるストレスへの対処も必要となります。

40代管理職の平均年収

転職会議の調査によると、40代の管理職(営業マネージャー)の平均年収は765万円です。この年代では、多くの管理職が部下のマネジメントや組織運営に関する豊富な経験を積んでおり、高度な専門性とリーダーシップが求められます。会社への貢献度が高く評価され、それに見合った報酬が支払われるのが一般的です。また、40代は家庭での経済的責任も大きくなる時期であり、ライフステージに合わせた適切な年収が必要とされます。


同年代の平均年収と比較しても、管理職の年収は高い水準にあると言えるでしょう。この背景には、40代管理職の多くが、会社の中核を担う重要な人材として認識されていることがあります。業績向上や組織の安定化に向けて、管理職には高いパフォーマンスが求められます。そのプレッシャーに応えるためにも、会社は適切な報酬を用意する必要があるのです。


ただし、管理職の年収には個人差も大きく、業界や企業規模、役職によって差が生じることに注意が必要です。

50代管理職の平均年収

ファイナンシャルフィールドの調査によると、50代の管理職(課長級)の平均年収は1000万円です。この年代の管理職は、長年の経験と実績から、組織におけるキーパーソンとして重要な役割を担います。事業戦略の立案や実行、部門間の調整など、より高次の責任が求められるのが特徴です。また、後進の育成や組織文化の醸成といった面でも、大きな貢献が期待されます。


会社としては、これらの役割を担う管理職に対して、それに見合った高い報酬を用意することが一般的です。50代の管理職の年収は、同年代の平均を大きく上回る水準になっています。この高い年収は、50代管理職の持つ専門性やマネジメント能力に対する評価の表れだと言えます。


ただし、50代になると管理職としてのキャリアプランを見直す必要も出てくるでしょう。定年までのキャリアを見据えた上で、自身のスキルや経験を活かせる役割を見つけることが重要です。ワークライフバランスを考慮しながら、管理職としての責務を果たしていくことも求められます。


【職種別】管理職の年収はどれくらい?

ここでは、職種ごとの管理職の平均年収について、具体的な役職別の数字を交えて解説します。解説する管理職の職種は次のとおりです。

  • 営業部門
  • 財務部門
  • 人事部門
  • マーケティング部門
  • 開発・技術部門
  • 企画部門
  • 総務部門


また、各平均年収は厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察しております。

営業部門の管理職の平均年収


営業部長

1,000万円〜1,500万円

営業課長

800万円〜1,200万円

エリアマネージャー

900万円〜1,300万円

営業部門の管理職の平均年収は、役職によって異なります。厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、営業部長は1,000万円〜1,500万円、営業課長は800万円〜1,200万円、エリアマネージャーは900万円〜1,300万円です。営業職の管理職は、個人の売上達成だけでなく、チーム全体の売上管理や戦略立案を担当するため、高いマネジメント能力が求められます。

特に営業部長は大規模なプロジェクトを統括し、全体の売上を伸ばす役割を担っているため重要な役職です。一方、営業課長やエリアマネージャーは、地域や特定のチームを管理し、目標達成に向けて尽力します。さらに、営業部門の管理職は、市場動向の分析や顧客ニーズの把握、競合他社への対策など、幅広い業務をこなす必要があるでしょう。

これらの役職に求められる高度なスキルと重い責任が、高い年収につながっています。

財務部門の管理職の平均年収


財務部長

1,200万円〜1,800万円

経理部長

800万円〜1,200万円

財務企画マネージャー

900万円〜1,400万円

厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、財務部長は1,200万円〜1,800万円、経理課長は800万円〜1,200万円、財務企画マネージャーは900万円〜1,400万円です。財務部門の管理職は、企業の資金管理や財務戦略の立案、経営陣への報告といった重要な役割を担うため、高度な専門知識と判断力が必要とされます。

財務部長は全社の財務戦略を統括し、経理課長は日常の会計業務を管理する役職です。また、財務企画マネージャーは中長期的な財務計画を策定し、企業の成長を支えます。加えて、財務部門の管理職は、投資家との折衝や資金調達、M&Aの実行など、企業の財務状況に直結する業務も担当することもあるでしょう。これらの役職の重要性と専門性の高さが、高い年収に反映されているのです。

人事部門の管理職の平均年収


人事部門

1,100万円〜1,600万円

人事課長

800万円〜1,100万円

採用マネージャー

800万円〜1,200万円

人材開発マネージャー

900万円〜1,300万円

厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、人事部長は1,100万円〜1,600万円、人事課長は800万円〜1,100万円、採用マネージャーは800万円〜1,200万円、人材開発マネージャーは900万円〜1,300万円です。人事部門の管理職は、採用活動や人材育成、労務管理などの重要な業務を担当し、組織の成長と社員の満足度向上に直結する役割を果たします。

人事部長は全社の人事戦略を策定し、実行を監督します。人事課長は日常の人事業務を管理し、採用マネージャーは新規採用の計画と実行を行う役職です。さらに、人材開発マネージャーは社員のスキルアップやキャリア開発を支援します。また、人事部門の管理職は、労使交渉や人事制度の設計、組織変革の推進など、高度なコミュニケーション能力と調整力が求められる業務も担うでしょう。

これらの役職の重要性と必要とされる能力の高さが、高い年収水準につながっているのです。

マーケティング部門の管理職の平均年収


マーケティング部長

1,200万円〜1,800万円

ブランドマネージャー

900万円〜1,400万円

製品企画課長

800万円〜1,200万円

マーケティング部門の管理職の平均年収は、役職によって以下のように異なります。厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、マーケティング部長は1,200万円〜1,800万円、ブランドマネージャーは900万円〜1,400万円、製品企画課長は800万円〜1,200万円です。

マーケティング部門の管理職は、ブランド戦略や製品企画、市場分析などを担当し、企業の市場競争力を高めるために重要な役割を果たします。マーケティング部長は全体のマーケティング戦略を統括し、ブランドマネージャーは特定ブランドの管理とプロモーションを行う役職です。また、製品企画課長は新製品の企画と市場投入を担当します。

さらに、マーケティング部門の管理職は、顧客データの分析や販促施策の立案、広告宣伝の管理など、幅広い業務をこなす必要があるでしょう。これらの役職の専門性と影響力の大きさが、高い年収水準につながっています。

開発・技術部門の管理職の平均年収


技術部長

1,300万円〜2,000万円

開発課長

900万円〜1,400万円

プロジェクトマネージャー

1,000万円〜1,600万円

厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、技術部長は1,300万円〜2,000万円、開発課長は900万円〜1,400万円、プロジェクトマネージャーは1,000万円〜1,600万円です。開発・技術部門の管理職は、新技術の開発やプロジェクトの進行管理を担当し、高度な技術力と管理能力が必要とされます。

技術部長は全体の技術戦略を策定し、開発課長は具体的な技術開発の進捗を管理する役職です。また、プロジェクトマネージャーは特定のプロジェクトをリードし、期限内の完了と成果物の品質を保証します。さらに、開発・技術部門の管理職は、技術トレンドの把握や知的財産管理、外部パートナーとの連携など、専門性の高い業務も担うことが考えられるでしょう。

企画部門の管理職の平均年収


企画部長

1,200万円〜1,800万円

事業企画課長

900万円〜1,300万円

新規事業開発マネージャー

1,000万円〜1,500万円

厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、企画部長は1,200万円〜1,800万円、事業企画課長は900万円〜1,300万円、新規事業開発マネージャーは1,000万円〜1,500万円です。企画部門の管理職は、事業戦略の立案や新規事業の開発を担当し、企業の成長を牽引する重要な役割を果たします。

企画部長は全体の事業戦略を統括し、事業企画課長は具体的な事業計画を策定する役職です。さらに、新規事業開発マネージャーは新しいビジネスチャンスを探索し、実行計画を立案します。また、企画部門の管理職は、市場調査や競合分析、社内外との調整など、幅広い業務をこなす必要があるでしょう。

総務部門の管理職の平均年収


総務部長

1,000万円〜1,500万円

総務課長

700万円〜1,100万円

法務マネージャー

900万円〜1,400万円

厚生労働省の「役職別にみた賃金」をもとに考察したところ、総務部長は1,000万円〜1,500万円、総務課長は700万円〜1,100万円、法務マネージャーは900万円〜1,400万円です。総務部門の管理職は、社内の総務業務や法務関連の業務を担当し、企業の内部運営を円滑に進めるために不可欠な役割を果たします。

総務部長は全体の総務戦略を統括し、総務課長は日常の総務業務を管理する役職です。また、法務マネージャーは企業の法務リスクを管理し、法的問題の解決にあたります。加えて、総務部門の管理職は、コンプライアンス体制の整備や情報セキュリティ管理、社内イベントの運営など、多岐にわたる業務を担当することもあるでしょう。

【役職別】管理職の年収はどれくらい?

ここでは、役職ごとの管理職平均年収について、具体的な数字を交えて解説します。解説する役職は次のとおりです。

  • ラインマネージャー(課長級)
  • ミドルマネージャー(部長級)
  • トップマネージャー(役員級)
  • プロジェクトマネジャー

ラインマネージャー(課長級)の平均年収

厚生労働省の「役職別にみた賃金」の情報をもとにすると、ラインマネージャー(課長級)の平均年収は、男性が495.6万円、女性が435万円です。ラインマネージャーは、部下を直接指導・監督し、業務の計画、実行、評価、改善を担当します。また、部下の業績管理、育成、モチベーション管理も重要な役割です。


この役職は、日常の業務運営において中心的な存在であり、その責任とスキルに見合った報酬が設定されています。ラインマネージャーの年収は、企業規模や業種によっても異なりますが、一般的に500万円前後が相場と言えるでしょう。ただし、業績や評価によっては、年収が大きく変動する可能性もあります。


ラインマネージャーは、部下の成長と業績向上に直結する重要な役職であり、その貢献度が年収に反映される傾向にあるのです。

ミドルマネージャー(部長級)の平均年収

厚生労働省の「役職別にみた賃金」の情報をもとにすると、ミドルマネージャー(部長級)の平均年収は、男性が593.1万円、女性が520.1万円です。ミドルマネージャーは、複数の部署やチームを統括し、組織の方針や戦略の実行を担当します。また、部下のマネージャーの育成や評価も重要な役割です。


この役職は、組織全体の方向性を導き、部下の能力を最大限に引き出すことが求められ、その責任の重さに見合った高い年収が設定されています。ミドルマネージャーの年収は、企業規模や業種、役割の範囲によって異なりますが、600万円前後が一般的な水準です。ただし、業績や評価によっては、年収が大きく上下する可能性もあります。


ミドルマネージャーは、組織の成長と変革を推進する重要な役職であり、その貢献度と影響力の大きさが年収に反映される傾向にあるのです。

トップマネージャー(役員級)の平均年収

役員報酬.comの情報をもとにすると、トップマネージャー(役員級)の平均年収は、役位によって大きく異なります。会長は6,391万円、社長は5,196万円、副社長は4,494万円、専務は3,246万円、常務は2,480万円、取締役(兼務は除く)は2,086万円です。トップマネージャーは、組織全体の方向性を決定し、経営戦略の立案や意思決定を担当します。


また、組織文化の醸成やステークホルダーとの関係構築も重要な役割です。これらの役職は、企業の成功に直接影響を与える重大な責任を負っており、その責任の重さに見合った非常に高い年収が設定されています。トップマネージャーの年収は、企業の業績や規模、業界の状況によって大きく変動するため注意しましょう。また、ストックオプションや各種報酬制度の有無によっても、年収の構成は異なってきます。


トップマネージャーは、企業の将来を左右する重要な意思決定を行う役職であり、その判断力と指導力が年収に反映される傾向にあるのです。

プロジェクトマネージャーの平均年収

求人ボックスの情報をもとにすると、プロジェクトマネージャーの平均年収は約645万円です。プロジェクトマネージャーは、特定のプロジェクトを遂行するために任命され、プロジェクトの計画、実行、監視、統制を担当します。また、プロジェクトチームのリーダーとしてメンバーを指揮し、プロジェクトの成功に導く重要な役割です。


この役職は、期限内に目標を達成するための調整力と管理能力が求められ、その責任とスキルに見合った報酬が設定されています。プロジェクトマネージャーの年収は、プロジェクトの規模や複雑さ、業界によって異なるため注意しましょう。IT業界やコンサルティング業界では、高い年収水準となる傾向があります。また、プロジェクトの成果や個人の能力によっても、年収は大きく変動することも理解しておきましょう。


プロジェクトマネージャーは、企業の重要な施策を推進する役職であり、その貢献度と専門性の高さが年収に反映される傾向にあるのです。

管理職のボーナスはどれくらい?

日本経済団体連合会の情報をもとにすると、2021年度の管理職のボーナスは、非管理職と比べて大幅に高い金額が支給されています。2021年度の非管理職の夏季ボーナスは72万58円、冬季ボーナスは69万2,033円であるのに対し、管理職の夏季ボーナスは146万1,602円、冬季ボーナスは134万2,201円と、非管理職の約2倍の金額です。

この差は、管理職の業績に対する責任の重さや意思決定への関与の大きさを反映しています。管理職は組織の成果に直結する重要な役割を担っており、その成果に応じた報酬体系が設定されているのです。また、ボーナスは基本給と連動することが多く、基本給の高い管理職はそれに伴ってボーナスも高くなる傾向があります。

管理職になって年収が下がったらチェック!

管理職になったにもかかわらず、年収が下がったり待遇が改善されない場合、「名ばかり管理職」になっている可能性があります。自身が適切な権限と報酬を得ているかを確認し、必要に応じて対策を講じることが重要です。ここでは、これらの点について詳しく解説します。

「名ばかり管理職」になっていないか確認する

「名ばかり管理職」とは、管理職の肩書きを持ちながら、実際には管理職としての権限や待遇が十分に与えられていない状態を指します。以下のチェックリストを参考に、自身の状況を確認してみましょう。

  • 重要な会議に出席できない
  • 経営方針や事業計画への決定権がない
  • 現場での裁量権が制限されている
  • 非管理職と同様の勤務時間管理がある
  • 採用の最終決定権がない
  • 部下の評価権限がない
  • 遅刻や早退で給与控除される
  • 役職手当が少額または支給されない


これらの項目に当てはまる場合、名ばかり管理職である可能性が高いと言えるでしょう。この状況を改善するには、上司や人事部門に相談し、適切な権限と待遇を求めることが重要となります。

自身の市場価値を知り、適切な年収を知る

自分の市場価値を知ることは、適切な年収を判断する上で重要です。以下の方法を活用し、自身の価値を把握しましょう。

  1. 転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受ける
  2. オンラインの年収査定サービスを利用する
  3. 業界の給与調査報告書を参照する
  4. 業界イベントに参加し、ネットワーキングを通じて情報収集する


これらの方法で自身の市場価値を知ることで、現在の年収が適切かどうかを判断できます。また、定期的にスキルや経験をアップデートすることで、市場価値を高め、適切な年収を得られるでしょう。

管理職として年収を上げるには

ここでは、管理職として年収を上げる方法について詳しく解説します。管理職として年収を上げる方法は次のとおりです。

  • 同じ会社で長く働く
  • 昇進や昇給を目指す
  • 将来性のある企業に転職する

同じ会社で長く働く

同じ会社で長く働くことで、年功序列による昇給や昇進の機会が増えます。日本の企業文化では、勤続年数の長い従業員は経験や知識が豊富と見なされ、信頼性が高まります。その結果、重要なプロジェクトに参加する機会が増え、評価が高まることで年収が上がるのです。具体的なメリットとして、定期的な昇給、ボーナスの増額、退職金の増加が挙げられます。


また、社内ネットワークの構築が進み、役職や責任の範囲が広がることで、さらなる収入アップの機会が得られるでしょう。長期的な視点で会社に貢献することが、年収アップの鍵となります。ただし、同じ会社で働き続ける場合、業界の変化に敏感になり、自己研鑽を怠らないことが重要です。技術の進歩や市場の変化に対応できるよう、常にスキルアップを心がける必要があります。


また、社内の人脈を活かしながらも、外部とのネットワークを広げ、新しい知見を取り入れることも大切です。このように、同じ会社で長く働きながら自己成長を続けることで、管理職としての価値を高め、年収アップを実現できるのです。

昇進や昇給を目指す

昇進や昇給を目指すためには、自分のスキルや能力を積極的にアピールすることが重要です。具体的な目標を設定し、それを達成することで評価を高めましょう。定期的に成果を報告し、上司や同僚に自分の貢献を認識させることが効果的です。また、資格取得や研修参加などでスキルを向上させ、専門性を高めることも重要となります。


特に業務に直結するスキルを優先的に磨くことがポイントです。さらに、チームリーダーとしての役割を果たし、プロジェクトの成功に貢献することでリーダーシップをアピールします。定期的に上司と面談し、キャリアパスや昇進の機会について話し合うことも大切です。自分の意欲や目標を明確に伝え、昇進や昇給の機会を得ることで、年収アップを実現しましょう。


加えて、社内外のネットワークを活用し、他部署や他社の情報を収集することも有効です。業界動向や他社の事例を学ぶことで、自社での改善点や新たな取り組みのアイデアが生まれます。これらを実践に移し、成果を上げることで、昇進や昇給の可能性が高まるのです。

将来性のある企業に転職する

将来性のある企業に転職することは、年収アップの大きなチャンスです。特に成長が期待される業界や企業は、高い給与水準や充実した福利厚生を提供する傾向にあります。転職活動では、以下のことを意識するとよいでしょう。

  • 自分のスキルや経験が評価される業界や企業をリサーチする
  • 転職サイトや業界誌を活用して、最新の求人情報を収集する
  • 専門の転職エージェントに登録し、自分のキャリア目標に合った企業を紹介してもらう
  • エージェントのアドバイスを参考にしながら、効果的な履歴書や職務経歴書を作成する
  • 業界のセミナーや交流会に参加し、将来性のある企業の情報を得る
  • 同業界の知人から内部情報を収集し、企業選びの参考にする
  • 自分の強みや弱みを明確にし、転職先で発揮できるスキルを整理する
  • 面接時には、具体的な実績や成功事例を挙げて自分をアピールする


これらを意識することで、将来性のある企業への転職を成功させ、年収アップを実現できるでしょう。ただし、転職には一定のリスクが伴うことも理解しておく必要があります。


新しい環境への適応や人間関係の構築など、挑戦すべき課題も多くあります。しかし、自分のキャリアを見据えた長期的な視点を持ち、適切なタイミングで転職に踏み切ることが、管理職としての成長と年収アップにつながるのです。

管理職の年収を知り、転職で給与アップを目指そう

本記事では、管理職の年収の実態や給与アップの方法について詳しく解説しました。


管理職への昇進を早めたいとお考えなら、WARCエージェントにご相談ください。WARCエージェントは、キャリアアップを目指す方に特化したエージェントサービスを展開しています。豊富な求人情報と専門のキャリアアドバイザーが、あなたにぴったりのポジションを見つける手助けをしてくれるでしょう。


さらに、昇進に必要なスキルや資格の取得支援も行っており、早く管理職に就くための最短ルートを案内します。キャリアの成功を全力でサポートいたしますので、ぜひWARCエージェントをご活用ください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。