記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理監督者と管理職の違いとは?名ばかり管理職の時間外労働への対処法も解説

管理監督者とは

管理監督者とは、労働基準法に基づいて特別な役割と責任を持つ従業員のこと。具体的には、経営者と一体の立場で業務を遂行し、他の労働者を指揮監督する役割を担います。


管理監督者は、組織内で重要な意思決定に関与し、経営方針の実行において大きな裁量を持っている役職。そのため、労働時間の管理や休憩、休日などの規制が適用されず、自由度の高い働き方が求められます。


例えば、業務の都合に応じて柔軟に勤務時間を調整できるため、迅速な意思決定が求められる場面でも対応が可能です。また、管理監督者は部下の労働条件の管理や業務の進行状況の監督も行うため、高いリーダーシップと責任感が必要とされます。


このように、組織運営の中核を担い、通常の労働者とは異なる特別な待遇が適用される存在が「管理監督者」です。

管理監督者と管理職の違いとは

管理監督者と管理職はしばしば混同されますが、実は大きな違いがあります。


管理監督者は業務の進行管理や部下の労働条件の監督を行いますが、経営方針の決定には直接関与しません。


一方で、管理職は組織全体の経営戦略や運営方針を策定し、組織全体のパフォーマンスに対して責任を追うのが役職です。


この違いは、労働基準法上の待遇や義務に影響を与えます。

管理監督者の定義

管理監督者とは、労働基準法に基づき、企業内で特別な役割と責任を担う従業員を指します。


管理監督者は、経営者と一体の立場で業務を遂行し、他の労働者を指揮監督する役割を担っているのが特徴。そのため、通常の労働者とは異なり、労働時間の管理・休憩・休日などの規制が適用されず、自由度の高い働き方が求められます。


また、管理監督者は、企業の方針決定や重要な業務運営において大きな裁量を持ち、その結果に対する責任も負う役職。さらに、適正な待遇が与えられ、組織内での地位に見合った報酬や福利厚生が提供されることが期待されます。


この章では、管理監督者の定義についてさらに詳しく解説していきます。

重要な職務内容を有する

管理監督者は、企業の業務運営において重要な職務内容を担う役職です。


具体的には、経営者と一体となって事業計画の策定や戦略的意思決定に関与し、組織全体のパフォーマンス向上を図ります。


例えば、新規プロジェクトの立ち上げや業務プロセスの改善、部下の指導・育成など、幅広い業務を担当。部門ごとの目標設定や業績評価を行い、企業全体の目標達成に向けてリーダーシップも発揮します。


このように、管理監督者は企業の中核的な役割を担い、組織の成長と発展に不可欠な存在です。

重要な責任と権限を有する

経営方針の実行や業務運営において自主的な判断を行う権限を持ち、その決定が企業の成果に直結する管理監督者。


例えば、「予算管理」「コスト削減」「効率的なリソース配分」など、企業の経営に直接影響を与える業務を担当します。


また、部下の労働条件や勤務状況も監督。適切な指導を行うことで、組織全体の生産性向上を目指します。


さらに、問題解決やリスク管理においても重要な役割を果たし、企業の安定的な運営に貢献。企業内で高い責任感とリーダーシップを発揮し、重要な意思決定を行う立場にあります。

労働時間などの規制になじまない勤務態様

管理監督者は、その役割の特性上「労働時間」「休憩」「休日」などの労働基準法による規制に適合しない勤務態様が求められます。


通常の労働者と異なり、固定的な勤務時間に縛られず業務の必要に応じて柔軟に働くことが期待されるのが特徴。例えば、緊急の業務対応や重要な会議がある場合、長時間の勤務や不規則な勤務時間が発生することがあります。


また、業務の性質上、成果を重視した働き方が求められるのも特徴。労働時間よりも、業務の達成度や効率性が重視されるのです。


このため、管理監督者は高い自己管理能力と柔軟な働き方が求められます。

地位にふさわしい待遇を受けている

管理監督者は、その重要な役割と責任に見合った待遇を受けるべきです。具体的には、「高い報酬」「特別な福利厚生」「昇進の機会が提供されること」が期待されます。


例えば、通常の労働者よりも高い基本給や業績に応じたボーナス、さらには健康保険や年金制度の充実などが挙げられます。


また、管理監督者は組織の中での地位や影響力を持ち、その地位にふさわしい尊敬と信頼を得ることが重要です。


このように、管理監督者はその責任と貢献に対する適切な待遇を受けることで、モチベーションを高め、企業の成功に向けてさらに努力することが期待されます。

管理監督者は労働時間や休日の扱いも異なる

管理監督者は、一般の労働者と異なり、労働時間や休日の扱いにおいて特別な規定が適用されます。


【管理監督者に適用される具体的な規定】

  • 欠勤控除ができない
  • 時間外労働の残業代が支払われない
  • 休日手当がない
  • 労働者の過半数代表者になれない


以下で、それぞれの規定について詳しく解説していきます。

欠勤控除ができない

管理監督者は、労働時間の管理が一般の労働者とは異なるため、欠勤控除が適用されません。


通常の労働者の場合、欠勤した日数に応じて給与が減額されることがあります。しかし、管理監督者はその職務の特性上、業務の遂行が重視されるため欠勤による給与の減額は行われません。


これは、管理監督者が自己の裁量で業務を遂行することを前提としており、結果を重視する働き方が求められるからです。

時間外労働の残業代が支払われない

管理監督者は、時間外労働に対する残業代が支払われません。


労働基準法では、管理監督者は労働時間の規制から除外されており、通常の労働者に適用される時間外労働の賃金支払い義務がありません。これは、管理監督者が業務の遂行において高い自由度を持っており、その働き方が自己管理に基づくためです。


そのため、管理監督者は成果を重視した働き方を行い、時間に縛られない柔軟な労働が求められます。

休日手当がない

管理監督者には、休日手当が支給されません。


通常の労働者は、休日出勤した場合に「休日手当」が支給されます。しかし、管理監督者はその職務の特性上、休日の規定も適用されません。


これは、管理監督者が企業の経営に深く関与し、自らの判断で勤務日や休日を調整することができるためです。


このように、管理監督者は通常の労働者とは異なる待遇を受けることで、経営に対する責任と自由度を持つ働き方が求められます。

労働者の過半数代表者になれない

管理監督者は、労働者の過半数代表者として選出されることができません。


労働基準法では、労働者の過半数代表者は労働者の利益を代表して行動する立場にあります。しかし、管理監督者は経営者と一体の立場にあるため、その役割を担うことが適当ではありません。


これは、管理監督者が企業の経営方針を遂行する立場にあるため、労働者全体の利益を代表することができないからです。

「名ばかり管理職」問題が深刻

近年、「名ばかり管理職」と呼ばれる問題が深刻化しています。


これは、実際には管理職としての権限や責任を持たないにもかかわらず、管理職の称号を与えられることで、労働基準法の規制から除外される労働者のこと。このような状況は、労働者にとって不利益をもたらし、企業内での不満やトラブルの原因となります。


この章では、「名ばかり管理職」が直面する具体的な問題について深掘りしていきます。

残業代が支払われない

「名ばかり管理職」の問題の一つは、残業代が支払われないことです。


通常、管理職には時間外労働に対する残業代の支払い義務がありません。しかし、本来の管理職としての権限や責任がない「名ばかり管理職」も同様に扱われることがあります。これにより、通常の業務時間を超えて働いても、適正な報酬を受け取れません。


労働基準法では、管理職としての実質的な要件を満たさない場合、残業代の支払いが必要とされますが、実際には多くの企業でこの規定が守られていないのが現状です。

長時間労働を強いられる

「名ばかり管理職」は、長時間労働を強いられるケースが多いです。管理職の称号を与えられることで、労働時間の管理から除外され、無制限に働かされることも少なくありません。


これにより、過労や健康問題が生じるリスクが高まります。実際の業務内容や権限が管理職に相応しくないにもかかわらず、長時間の労働を強いられることで、労働者のモチベーションや効率が低下し、企業全体の生産性にも悪影響を及ぼすことも…。


このような状況を改善するためには、企業が適正な労働時間管理を行い、実質的な管理職としての要件を満たさない場合には、適切な労働条件を提供する必要があります。


「名ばかり管理職」問題の解決には、労働基準法の遵守とともに、企業の意識改革が大きなポイントです。労働者の権利を守り、健全な労働環境を整備することが、企業の持続的な発展につながります。

「名ばかり管理職」に関する2つの判例

ここでは、「名ばかり管理職」に関する2つの判例をご紹介します。


  • 医療法人徳州会事件
  • 日本マクドナルド事件


「名ばかり管理職」問題をより深く知るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

医療法人徳州会事件

医療法人徳州会事件では、人事課長として看護師の募集業務を担当していた労働者が、管理監督者としての地位にはなかったとして、時間外労働の割増賃金を求めました。


大阪地裁は、労働者が経営者と一体的な立場にあり、出勤・退勤についての裁量権を有し、責任手当が支給されていたことから、「管理監督者として認められる」と判示しました。

日本マクドナルド事件

日本マクドナルド事件では、直営店の店長が管理監督者に該当しないとして、過去2年分の割増賃金を求めました。


東京地裁は、店長が店舗運営において重要な職責を負っているものの、企業経営上の必要から経営者と一体の立場にあるとは認められず、法定労働時間を超える長時間労働を余儀なくされていることから、「管理監督者に該当しない」と判示しました。

「名ばかり管理職」が立場を守るには?

「名ばかり管理職」は、適切な対策を講じることで、自身の立場と権利を守ることができます。


この章では、「名ばかり管理職」が立場を守るために実践したい具体的な方法を解説します。

「名ばかり管理職」になっている証拠を集める

まず、自分が「名ばかり管理職」であることを証明するための証拠を集めましょう。具体的には、「業務内容」「労働時間」「指示された仕事内容の記録を取ること」が重要です。


また、実際の業務が管理職としての役割と一致していない場合、その証拠も集めましょう。これには、「勤務シフト」「業務指示書」「給与明細」などが含まれます。さらに、上司や同僚とのやり取りの記録を取ることも有効です。これらの証拠を整理し、必要なときに提示できるようにしておきましょう。

残業代を請求する

次に、適切な手続きを踏んで残業代を請求しましょう。労働基準法に基づき、管理監督者としての実質的な要件を満たさない場合、残業代の支払いが求められます。


まずは、上司や人事部門に対して、証拠をもとに残業代の支払いを求める文書を提出。この文書には、具体的な業務内容・労働時間・指示された仕事内容・給与明細などを詳細に記載し、自分が実質的に管理監督者でないことを明確に説明します。


さらに、労働基準法の規定に基づく権利を主張し、適切な補償を求める姿勢を示すことが重要です。このようにして、正式な手続きを踏むことで、会社が適正に対応することを促し、未払いの残業代を受け取るための一歩を踏み出せます。


また、労働基準監督署への相談や、労働組合のサポートを受けることも有効です。

残業代を計算する

「名ばかり管理職」が立場を守るためには、請求する残業代の金額を正確に計算することが重要です。具体的には、過去の労働時間と給与明細をもとに、時間外労働や休日労働に対する割増賃金を算出します。


まず、過去数ヶ月分の勤務時間を正確に記録し、それぞれの時間帯で働いた時間数を特定しましょう。


次に、給与明細から基本給や各種手当を確認し、労働基準法に基づく割増率を適用して計算。例えば、時間外労働には基本給の1.25倍、休日労働には1.35倍、深夜労働には1.5倍の割増率が適用されます。


計算方法や詳細がわからない場合は、労働基準監督署や専門家の助言を求めましょう。専門家のサポートを受けることで、正確かつ適正な金額を請求することが可能になります。


これにより、未払いの残業代を適正に受け取るための準備が整います。

交渉を行う

残業代の請求書を提出したら、いよいよ会社と交渉を行います。交渉の際には、労働基準法に基づく正当な要求であることを強調し、適切な解決を目指しましょう。


そのためには、事前に法的な根拠や請求の正当性を明確に準備しておくことが重要です。


また、交渉が難航する場合には、労働組合や労働基準監督署の支援を受けることが有効。労働組合は、労働者の権利を守るための組織であり専門的な知識と経験を持っているため、会社との交渉がうまくいくようにサポートしてくれます。


また、労働基準監督署は法的なサポートを提供し、労働条件の適正化を図るための公的機関です。これらの支援を活用することで、交渉をスムーズに進めることができ、労働者の権利を守るための効果的な手段となります。

労働審判や訴訟に持ち込む

会社との交渉が不調に終わった場合、労働審判や訴訟に持ち込むことを検討しましょう。


労働審判制度は、迅速かつ低コストで労働問題を解決するための手段です。労働審判は、裁判所が迅速に事案を審理し、労使双方にとって公正な解決策を提供します。


一方、訴訟を選択する場合には、法的手続きを進めるために弁護士の助言を受けることが重要です。弁護士は、法律の専門知識を活用して、あなたの権利を守るために最適な戦略を提案してくれますよ。


労働者の権利を守るためには、これらの法的手段を適切に活用することが必要です。労働審判や訴訟を通じて、労働条件の改善を求めることで、不当な扱いに対して効果的に立ち向かえます。

管理監督者と管理職の違いを知り、信頼できる転職先を探そう

管理監督者は、労働基準法の適用外であり、労働時間や休日に関する規制がない一方で、管理職は組織の運営や経営において重要な役割を果たします。しかし、「名ばかり管理職」として適正な待遇を受けられない場合も…。


もし「名ばかり管理職」として苦しんでいるなら、WARCエージェントを通じて転職を検討するのがおすすめ。WARCエージェントは、あなたのキャリアに適した信頼できる企業を紹介し、より良い労働環境を提供します。


専門のエージェントがサポートし、適正な待遇と働きやすい環境を確保するための転職活動をサポートしてくれますよ。転職を通じて、より充実したキャリアを築きましょう!


著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。