記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職の資格おすすめランキング12選と取得ガイド

管理職としてキャリアアップを目指すなら、どの資格を取るべきか悩んでいませんか?この記事では、管理職におすすめの資格12選をランキング形式で紹介します。資格取得のメリットは市場価値を高め、スキルアップを図り、指導や指示に説得力を持たせることです。各分野ごとに厳選した資格の特徴や取得方法も詳しく解説しています。

この記事を読むことで、キャリアアップに適した資格が見つかり、効率的に目標を達成する方法がわかるでしょう。

管理職に資格をおすすめする理由

管理部門の人が資格を取得すべき理由は以下の3つです。


  • 自身の市場価値を高めることが出来る
  • 具体的な目標を持つことで一気にスキルアップできる
  • 指示や指導に説得力が生まれる


それぞれの理由を詳しく解説します。

自身の市場価値を高めることが出来る

資格取得は自身の市場価値を高める有効な手段です。市場価値を高めるには、どの職場でも通用するポータブルスキルが重要です。資格を取得することで、このスキルを証明できます。たとえば、「経営に関わる数字を分析することが得意です」より、「簿記検定2級を持っているため、経営に関わる数字を分析できます」と言う方が説得力があります。資格を持つことで、自分のスキルや知識を客観的に評価してもらえるため、転職や昇進の際にも有利です。

具体的な目標を持つことで一気にスキルアップできる

資格取得は自身の市場価値を高める有効な手段です。ポータブルスキルとは、どの職場でも通用するスキルのことです。資格を取得することで、このスキルを身につけられます。たとえば、「経営に関わる数字を分析することが得意です」より、「簿記検定2級を持っているため、経営に関わる数字を分析できます」と言う方が説得力があります。資格を持つことで、自分のスキルや知識を客観的に評価してもらえるのです。

指示や指導に説得力が生まれる

資格を取得することで、指示や指導に説得力が増します。管理部門での仕事は、これまでの経験や実績に基づいて評価されることが多いですが、新しい職場や専門性の高い職場では、資格が大きな武器となります。たとえば、金融系の職場では「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格を持っている人材が重宝されます。部下の立場から見ても、資格を持っている上司の指示や指導は信頼性が高いと感じられるでしょう。管理部門での仕事において、「信頼」と「説得力」を得ることは非常に重要です。資格を持つことで、あなたの指示や指導がより受け入れられやすくなります。

【人事・労務】系の主なおすすめ資格2選

人事労務系におすすめの資格は下記の通りです。


  • 社会保険労務士
  • メンタルヘルス・マネジメント検定


それぞれの資格について詳しくみてみましょう。

社会保険労務士

社会保険労務士は、労働環境や雇用契約についての深い知識を求められる国家資格です。例年の合格率が5%前後と高難易度で、独学の場合は約1000時間以上の勉強時間が必要です。この資格を取得することで、労働に関する法的知識や社会保険に関する知識を幅広く学ぶことができます。そのため、事業主を目指したい方にとても向いています。


独学での合格はかなり難しいですが、ベースとなる知識があれば挑戦する価値があります。全くの初心者から始める場合は過去問や公式テストを活用し、実務に役立つ知識を身につけることが重要です。社会保険労務士の資格にこだわらない場合でも、テキストを使った学習は普段の業務で役立ちます。

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定は近年注目度が高まっている資格です。全部で3つのコースに分かれており、各コースごとに難易度が異なります。一番レベルが低いⅢ種(セルフケアコース)であれば、独学で40〜50時間程度の勉強時間が目安です。


メンタルヘルス・マネジメント検定の特徴は受験料が安く、各コースが分かれているため、自分のレベルに合わせて挑戦できる点です。Ⅲ種では自らの体調を的確に把握し、セルフケアを行うスキルが求められます。部下の健康面もマネジメントしたい方には、Ⅱ種(ラインケアコース)やⅠ種(マスターコース)がおすすめです。これらのコースでは部下の不調を早く察知し、適切に対応する能力や全社的なメンタルヘルス対策を企画・実行するスキルが求められます。

【実務・マネジメント】系の主なおすすめ資格5選

経営系の管理職におすすめな資格は下記の通りです。


  • ビジネスマネジャー検定
  • 中小企業診断士
  • 経営学修士号(MBA)
  • ITストラテジスト
  • 簿記検定(日商簿記)2級


それぞれの資格について解説していきます。

ビジネスマネジャー検定

ビジネスマネジャー検定は、管理職に必要なマネジメントの知識を体系的に学べる資格です。ミッションは「チームとして成果を出すこと」と定義され、そのために必要な知識を厳選して学びます。この資格は管理職の心構えやチームの意義、働き方、事業計画、マーケティング、財務諸表の見方など、経営者としての知識も幅広く習得できる内容です。


受験者は主に課長層で、会社で管理職向けの研修がない方や管理職になりたてで基本的な知識を身に着けたい方におすすめです。公式テキストと過去問を使えば、20時間程度の勉強時間で合格を目指すことができます。受験料も2万円以内と比較的お手軽なので、気軽に取り組める資格です。検定に合格すると「ビジネスマネジャー」の称号を名刺に記載できるようになり、社内外での信頼度が高まります。

中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う国家資格です。例年の合格率は20%前後で、難易度は非常に高いです。独学で合格を目指す場合、1,000〜1,300時間の勉強時間が必要とされています。多くの人が予備校に通いながら取得を目指しています。


中小企業診断士は、「会計」「財務」「事業運営」「人事」など幅広い知識を求められる資格です。経営コンサルタントとして活躍するために必須の資格であり、将来起業したい人や管理職として直接的に経営に携わっていきたい人に向いています。この資格を取得することで、中小企業の経営戦略に関する深い知識を身につけることができ、実務でも大いに役立ちます。

経営学修士号(MBA)

経営学修士号(MBA)は、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。資格ではなく学位に該当するため、MBAプログラムを開講している大学院の課程を修了する必要があります。取得には高額な費用と多くの時間がかかりますが、その分高度な経営学を体系的に学ぶことが可能です。


MBAは、管理職への昇進やグローバルに展開する事業の展開を考えている人に向いています。各大学院には「到達目標」「得意分野」「夜間授業や通信授業の有無」など、さまざまな特徴があります。自分の目指す方向性に合った大学院を選ぶことが重要です。MBA取得によって、経営に関する高度な知識を身につけ、より高いレベルでのマネジメントを実現できます。

ITストラテジスト

ITストラテジストは、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が運営し、経済産業省が認定する国家試験です。情報処理技術者試験の「スキルレベル4」に相当し、合格率は15%前後と難易度が高い試験です。試験内容は法務、マネジメント、システム戦略やシステム企画など、ITに関連する幅広い領域にわたっています。


この資格は、IT戦略を立案・実行する能力を証明するものであり、企業のIT部門や経営戦略部門での活躍を目指す人に非常に適しています。ITストラテジストの資格を取得することで、ITに関する高度な知識とスキルを身につけ、企業のIT戦略をリードする立場としての信頼を得ることができます。IT分野の知識と経営戦略を結びつける力を養いたい方におすすめです。

簿記検定(日商簿記)2級

簿記検定2級は、企業から最も求められる資格の一つであり、商業簿記と工業簿記(原価計算を含む)の高度な知識を修得します。例年の合格率は20%前後ですが、独学でも十分に合格できるレベルです。勉強時間の目安は150〜200時間程度です。


この資格を取得することで会社のお金の流れを把握し、数字から会社の状況や改善点を分析する能力が身につきます。受験料が5,000円以下と手軽に受験できる点も魅力です。簿記2級を取得することで具体的で明確な指示・指導ができるようになり、実務にも活用できます。会社での業績を効率的に上げたいと考えている管理職の方におすすめの資格です。

【法務】系の主なおすすめ資格2選

法務系の管理職におすすめの資格は下記の通りです。

  • ビジネスコンプライアンス検定
  • 個人情報保護士 

それぞれの資格について詳しくみていきましょう。

ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定は法務職への転職に有利になる資格です。この検定は初級と上級に分かれており、初級の合格率は40%程度です。独学でも20〜40時間程度の勉強時間で合格を目指せます。


この資格の特徴はコンプライアンスに関連した法律知識の習得を求められる点です。資格を取得することで、実践的な価値判断基準をアピールできるようになります。また、ビジネスコンプライアンス検定は「EY新日本有限責任監査法人」公認の資格であり、ビジネス実務法務検定とは異なり、コンプライアンスに特化している点が特徴です。

個人情報保護士

個人情報保護士は個人情報の正しい管理方法や運用方法に関する知識を習得するための資格です。例年の合格率は35%前後で、独学では50〜60時間程度の勉強時間が目安です。


この資格は2005年の個人情報保護法施行に伴って設けられました。法律関係に詳しくない人でも、日常生活と関わりが深いため理解しやすい内容です。また、社員教育として団体受験を導入している企業も多く、法務職での認知度も高いです。

【経理】系の主なおすすめ資格3選

経理系の管理職におすすめの資格は下記の通りです。


  • FASS
  • MOS
  • 文書情報管理士

 

それぞれの資格について詳しく解説していきます。

FASS

FASSは経済産業省の提案により生まれた資格で、レベルEからレベルAまでの5段階で評価されます。レベルEは実務的な知識を部分的に理解している状態を示し、レベルAは経理や財務部門での業務を問題なく遂行できることを示します。独学での勉強時間の目安は、レベルEで40〜60時間程度です。


FASSの試験内容は「決算」「税務」「資産」「資金」の4分野に分かれており、実務的要素の高い知識が求められます。日商簿記検定よりも実務に直結したスキルが求められるため、定期的に受験をすることで実務的なスキルを磨くことができます。

MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)は、Microsoft Officeの利用スキルを証明する資格です。ソフトウェアごとに評価基準が異なり、ExcelやWordはスペシャリストとエキスパートの2段階に分かれています。Officeに関する知識が全くない場合、独学での勉強時間は60〜80時間程度が目安です。


この資格を取得することで、Microsoft Officeを利用する高い実務スキルをアピールできます。とくにExcelやWord、PowerPointの資格取得は、管理職としての業務でも大きな強みです。Officeを日常的に使用する方であれば、問題集を購入して不安なポイントをカバーするだけで十分に合格が狙えます。

文書情報管理士

文書情報管理士は公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認定している資格です。試験は2級、1級、上級の3種類に分かれており、2級の合格率は70%前後、上級の合格率は40%前後となっています。2級の勉強時間の目安は40〜50時間程度です。


この資格を取得することで職場での伝票や資料、帳票などをスキャナーでデータ化するスキルやマイクロフィルムを利用して文書や資料を保存するスキルをアピールできます。また、関連する法的知識を持っていることの証明にもなります。資格の有効期間は5年ですが、定期的に受験対策セミナーに参加することで、最新の知識を維持することが可能です。

資格を取得したいと思ったらやるべきこと

資格を取得したいと思ったらやるべきことは下記の通りです。


  • 資格が本当に必要か否かの判断
  • 難易度や合格に必要な勉強時間の調査
  • 資格取得に向けたスケジュール調整

 

それぞれ詳しく解説していきます。

資格が本当に必要か否かの判断

まずは、その資格が本当に必要かどうかを慎重に考えましょう。資格を取得するだけでは、実務能力が自動的に向上するわけではありません。実際の業務で資格をどのように活かすかが重要です。今回ご紹介した資格や学位には、特定の実務経験が不要なものもありますが、ITストラテジストのように実務経験があると有利な資格も存在します。自身のキャリアプランや業務内容に合った資格にフォーカスすることをおすすめします。

難易度や合格に必要な勉強時間の調査

次に、資格の難易度や合格に必要な勉強時間を調査しましょう。資格ごとに必要な勉強時間や勉強方法は異なりますので、公式Webサイトなどを活用して正確な情報を収集することが大切です。資格取得者から直接話を聞くことができれば、勉強方法や学習計画について具体的なアドバイスをもらうのも有効です。公式サイトには、試験の概要や合格基準が詳細に記載されています。それらを参考にして効率的な学習計画を立てましょう。

資格取得に向けたスケジュール調整

資格取得に向けたスケジュール調整も重要です。資格試験は年に一度しか実施されないものもありますので、出願時期や受験日をしっかり確認して計画を立てましょう。たとえば、1,000時間の勉強時間が必要な資格を1年後に取得する場合、平日2時間、週末に7時間の勉強時間を確保すると41週間で目標に到達できます。無理のない範囲でプライベートの時間を調整し、確実に勉強時間を確保する計画を立てましょう。

管理部門におすすめの資格を取得してキャリアアップを目指そう!

管理部門でのキャリアアップを目指すなら、資格取得が有効です。FASSやMOS、文書情報管理士など、実務に直結する資格を取得することで、専門知識やスキルが証明され、業務の効率化や正確性が向上します。また、資格取得の過程で学んだ知識は日常業務にも役立ち、自身のスキルを高めるだけでなく、職場での評価も向上させる大きな一歩となります。

もし、キャリアアップのために資格取得をした場合は、WARCエージェントを活用して転職活動を進めることがおすすめです。WARCエージェントは、管理職の転職支援に特化した転職エージェントで、あなたのスキルや経験に合った求人を紹介し、転職活動を効率的に進める手助けをしてくれます。資格を取得して市場価値を高めた後は、WARCエージェントを利用して理想の職場を見つけ、さらなるキャリアアップを実現しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。