記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職アセスメントの重要性を解説。効果的な実施方法やおすすめのツールもご紹介

管理職アセスメントは、組織の未来を担うリーダーを正しく選抜し、育成するための重要なプロセスです。

本記事では、管理職アセスメントの基本的な概要からその目的、実施方法、そしておすすめのツールについて詳しく解説します。自分に合ったツールの選定に役立ててみてください。

管理職アセスメントとは?

管理職アセスメントとは、企業の管理職候補者や現職管理職の能力や適性を評価するプロセスのこと。この評価は、適切な人材を適切なポジションに配置するために行われ、組織の目標達成に必要なリーダーシップやスキルを持つ人物を見極めることを目的としています。

評価手法には、コンピテンシー評価、適性検査、アセスメントセンターなどがあり、これらを組み合わせて総合的に判断することが一般的です。

管理職アセスメントの目的

管理職アセスメントの目的は、主に以下の3つです。

  • 管理職候補者の選抜
  • 管理職の能力開発
  • 組織全体の効率化


それぞれについてご紹介します。

管理職候補者の選抜

管理職アセスメントは、まず管理職に求められる能力や資質を明確にすることから始まります。

リーダーシップ、意思決定力、コミュニケーションスキルなど、求められる要素を具体的に定義することで、候補者の適性を客観的に評価できます。

次に、候補者の強みと改善点を詳細に把握することで、適切な育成計画を立案することが可能。さらに、組織の特性や文化に適合する管理職を選抜するため、アセスメントは公平で客観的なプロセスを実現する必要があります。これにより、偏りのない透明な選考が行われ、組織全体のパフォーマンス向上につながります。

管理職の能力開発

管理職アセスメントでは、まず現状の能力レベルを正確に把握することが重要。これにより、各管理職の強みを活かした能力開発の方向性を明確にすることができます。具体的には、強みを最大限に引き出すと同時に、改善すべき点を特定し、これに基づいた育成施策を立案します。

こうしたプロセスを通じて、管理職としてのスキルアップを促進し、組織全体の効率化とパフォーマンス向上を図ります。継続的な能力開発は、管理職の成長を支え、組織の競争力を高める鍵となるでしょう。

組織全体の効率化

組織全体の効率化を実現するためには、まず組織が求める管理職像を明確にし、それを全員と共有することが重要。この共通理解に基づき、評価基準の透明性と公平性を確保することで、信頼性の高い評価プロセスを構築します。

また、フィードバックを通じて、組織風土の改善を図り、社員全員が組織の価値観と行動様式を理解し実践できる環境を整えます。これにより、管理職が一貫したリーダーシップを発揮し、組織全体の効率化とパフォーマンス向上が期待できます。

管理職アセスメントの重要性

つづいて、管理職アセスメントの重要性をご紹介します。

企業における管理職の役割

企業における管理職は、組織の戦略を実行し、チームを効果的に導く中心的な役割を担います。管理職が優れたリーダーシップを発揮することで、組織全体の生産性や士気が向上。効果的な管理職は、問題解決能力や意思決定力に優れ、組織の目標達成に貢献します。

また、社員の成長を促進し、チームの連携を強化することで、業務効率の向上にも繋がります。さらに、管理職が公正で透明な評価を行うことで、組織内の信頼関係が強まり、職場環境が改善。このように、管理職の存在は組織の成功に不可欠であり、その影響は組織全体に広がります。

管理職アセスメントの効果

管理職アセスメントは、適材適所の実現に大きく貢献します。アセスメントを通じて、候補者や現職管理職のスキルを可視化し、詳細な開発計画を策定することが可能。これにより、各人が最も適したポジションでその能力を発揮できるようになります。

また、公正かつ透明な評価プロセスにより、社員のモチベーションが向上し、離職率の低下にもつながるのもポイント。適切なフィードバックと育成計画を通じて、管理職としての成長を促進し、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。

代表的な管理職のアセスメント

代表的な管理職のアセスメントは、以下の3つです。

  • コンピテンシー評価
  • 適性検査(心理アセスメント)
  • アセスメントセンター

以下でそれぞれ詳しくご紹介します。


コンピテンシー評価

コンピテンシー評価は、管理職に求められる行動特性の評価を行うための手法。この評価では、リーダーシップ、問題解決力、コミュニケーション力など、管理職に必要とされるスキルを測定します。

具体的には、コンピテンシーモデルに基づいて評価項目を設定し、多面的な視点から候補者を評価。多面評価(360度評価)を活用することで、上司、同僚、部下からのフィードバックを取り入れ、より客観的で公正な評価が可能となります。

これにより、管理職の強みと改善点を明確にし、適切な育成計画を立案することができます。

適性検査(心理アセスメント)

適性検査(心理アセスメント)は、管理職候補者の性格特性や行動傾向を評価するための重要な手法。特にビッグファイブ理論に基づく性格検査を実施することで、候補者の外向性、協調性、誠実性、情緒安定性、開放性などの特性を詳細に把握できます。これにより、管理職に求められる性格特性を分析し、適性を判断することが可能です。また、ストレス耐性や適応力の測定を通じて、候補者が高圧的な環境でも適切に対処できるかを評価します。これらの情報は、適材適所の配置と効果的なリーダーシップ発揮のために欠かせません。

アセスメントセンター

アセスメントセンターは、複数の評価手法を組み合わせた総合的な評価を行うための方法です。この手法では、ロールプレイングやグループディスカッションを実施し、候補者の実践的なスキルを評価します。さらに、経営ケーススタディを通じて意思決定力を評価し、プレゼンテーション能力も測定します。アセッサーは、これらの活動中の候補者の行動を詳細に観察し、総合的な評価を行います。これにより、管理職に求められる多様なスキルと特性を総合的に判断することができ、より精度の高い適性評価が可能となります。

管理職のアセスメントにおすすめのツール3選

次に、管理職のアセスメントにおすすめのツールを3つご紹介します。


ツール

種類

活用シーン

導入が適している企業

NMAT

適性検査

管理職適性評価

・管理職ポジションに関心のある
・リーダーシップやマネジメントスキルがの育成に関心がある

アセスメントセンターR

適性検査

昇進昇格審査など

・リーダーシップや管理能力を重視

・管理職候補者の選抜や育成に関心がある

360度評価ツール

360度評価


人材アセスメントツール「NMAT(エヌマット)」

管理者適性検査NMATは、リクルートマネジメントソリューションズが提供する、管理職適性評価に特化したアセスメントツールです。

ツール

人材アセスメントツール「NMAT(エヌマット)」

活用シーン

管理職適性評価

対象層

中間管理者層 およびその候補者層

測定内容

性格/基礎能力/役職タイプ別適正/役職タイプ別指向

費用

WEBテスティング 6,600円/1人

公式サイト

https://www.mat.recruit.co.jp/

提供企業

リクルートマネジメントソリューションズ

NMATは、公平性と納得感を重視した管理職アセスメントを求める企業に特におすすめ。

標準得点(偏差値)で表示される結果は、自社内だけでなく、全国の管理職層との比較が可能で、適性と職業観を一目で把握できます。これにより、相対的な適性を評価し、効果的な人材配置と育成を支援します。

マネジメントスキル診断「アセスメントセンターR」

アセスメントセンターRは、マネジメントスキルの診断に特化したツールです。

ツール

マネジメントスキル診断「アセスメントセンターR」

活用シーン

昇進昇格審査/マネジメント研修/意識改革研修など

対象層

管理者/リーダー・監督者/中堅社員

測定内容

■アセスメント

【ケース試験】

紙の問題冊子 / テストセンター /インターネット受験

【アセスメント研修型】

集合 / オンライン研修

■フィードバック

個人面談(アセッサーと1対1面談)

フィードバックセッション(集合/オンライン研修)

費用

未公表(公式サイトよりお問い合わせください)

公式サイト

https://www.jmam.co.jp/hrm/course/assess/item_ass_cnt.html

提供企業

JMAM 日本能率協会マネジメントセンター


アセスメントセンターRは、候補者のリーダーシップや管理能力を客観的に評価し、組織のニーズに適した管理職候補者を見極めることができます。

また、候補者のポテンシャルや適性を明確に把握することで、役割や責任を適切に割り当てることが可能。さらに、アセスメント結果は豊富なデータに基づいており、その信頼性が高い特長があります。

フィードバックによる具体的な成長計画の提供が行われるため、候補者の能力開発やキャリアプランニングに役立ちます。

360度評価ツール「HiManager」

HiManagerは、企業の人事部門向けに、従業員の業務効率化とエンゲージメント向上をサポートするクラウド型のサービスです。

ツール

HiManager

活用シーン

従業員のパフォーマンス改善・評価/OKR管理/エンゲージメント管理など

対象層

全体

測定内容

【全プラン共通】

  • 目標設定
  • 1on1
  • フィードバック
  • 称賛
  • アップデート
  • 評価・360度評価
  • エンゲージメントサーベイ

    【コンサルティングプラン以降のみ】
  • エンゲージメント・サーベイ分析
  • 定例MT +各種ワークショップ実施

    【プレミアムプランのみ】
  • 評価制度設計・運用

費用

【スイートプラン】

  • 月額:1,500円/人
  • 最低契約金額:30,000円

【コンサルティングプラン】

  • 月額:2,000円/人
  • 最低契約金額:200,000円~

【プレミアムプラン】

  • 月額:3,000円/人
  • 最低契約金額:400,000円~

※料金は年間契約の場合の一人あたりの月額です。

公式サイト

https://himanager.me/

提供企業

ハイマネージャー株式会社

HiManagerでは、人事評価、目標管理、1on1ミーティング、エンゲージメントサーベイなど、人事に関する様々な機能を一元管理できます。シンプルで直感的なUIにより、人事担当者の業務負荷を軽減し、従業員とのコミュニケーションを円滑にします。また、蓄積されたデータを分析することで、組織の課題を可視化し、生産性向上やエンゲージメント向上につなげることができます。

管理職アセスメントの実施の手順

管理職アセスメントは、一般的に下記の流れで実施します。

  1. アセスメントの準備
  2. 実施
  3. 結果の分析とフィードバック

それぞれ見ていきましょう。

1. アセスメントの準備

まず、アセスメントの目的と範囲を明確化し、適切な評価基準を設定しましょう。参加者やアセッサー(アセスメントや評価を行う専門家や担当者)の選定、アセスメントセンターや適性検査の手配、参加者への事前説明と準備を行います。

ここでは、アセスメントの透明性と公平性を確保するために、参加者への説明が重要です。

2. 実施

事前に定められた評価手法に基づいて、ロールプレイングやケーススタディなどの評価が行われます。参加者はそれぞれの課題やシナリオに対して行動し、アセスメントセンターやオンラインプラットフォームを通じて実施されます。アセッサーは、参加者の行動やパフォーマンスを観察し、評価します。

3. 結果の分析とフィードバック

最後に、アセッサーが収集したデータや評価結果を分析し、参加者ごとに詳細なフィードバックレポートを作成します。フィードバックセッションでは、参加者に対して強みや改善点を明確に伝え、キャリアの成長や能力開発に役立つ具体的なアドバイスや育成プランを提供。また、アセスメントのプロセスや結果に関する透明性を保ち、参加者の理解と信頼を構築します。

管理職のアセスメントの課題と解決方法

最後に、管理職のアセスメントの課題とその解決方法について見ていきましょう。

アセスメント項目と評価基準の妥当性の確保

アセスメント項目と評価基準の妥当性を確保するためには、まず組織の戦略や価値観に基づいた評価項目を設定し、それらを具体的な行動レベルで定義します。

さらに、複数の評価者によるクロスチェックを実施し、評価の客観性と一貫性を確保。そして、定期的に評価項目と基準を見直し、改善することで、アセスメントの有効性と適応性を高めます。

アセスメント実施の負荷軽減と対象者の理解促進

アセスメントの実施においては、対象者の負荷軽減と理解促進が重要な課題です。まずアセスメントの目的と活用方法を丁寧に説明し、自身の強み弱み把握や計画的育成などのメリットを示して動機づけを図ります。実施時期と所要時間についても、業務負荷に配慮し過度な負担がかからないよう調整します。

オンラインツールの活用により、場所や時間を選ばずに参加でき、データ集計・分析の効率化も期待できます。さらに、対象者からのフィードバックを広く収集し、評価項目や手続きの分かりにくさ、時間的負荷など、アセスメント方法の継続的改善に生かしていきます。こうした取り組みで対象者の理解と納得が深まれば、主体的な参加意欲が高まり、質の高いデータが得られ、人材育成の実効性向上にもつながるでしょう。

アセスメント結果の有効活用と育成施策の強化

アセスメント結果の有効活用と育成施策の強化が重要です。まずアセスメント結果を詳細に分析・解釈し、個人の強みと改善点を明らかにします。それに基づいて一人ひとりの育成計画を立案する必要があります。上司は部下にフィードバックを行い、具体的な育成目標と行動計画を共有し、定期的な面談を実施しながら育成を進めていきます。

また、育成施策の効果測定を行い、次のアセスメントと連動させることが大切です。アセスメント結果は人事評価にも適切に反映され、その方法は従業員に明確に説明されるべきです。さらに中長期的なキャリア開発にもアセスメント結果を活用し、適材適所の人材配置と従業員の成長、ひいては組織の活性化につなげます。このように、アセスメント結果を単なる数値としてではなく、育成施策の強化に生かすことが何より重要となります。

管理職のアセスメントができる人材を採用するならWARCエージェント!

この記事では、管理職アセスメントの概要、目的、実施方法、代表的なアセスメント手法について詳しく解説しました。

適切な管理職の選抜と育成は組織の成功に不可欠であり、公正で客観的なアセスメントを通じて、適材適所の実現とパフォーマンス向上が期待できます。

管理職のアセスメントができる人材を採用するならWARCエージェントがおすすめです。

WARCエージェントでは、管理職をはじめとするマネージャー層の人材紹介に特化しており、組織のフェーズに合わせた人材を採用することができます。






著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。