記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職が成功するための転職ガイド|メリット・デメリットと成功の秘訣

「管理職の転職は難しい」と感じている方も多いのではないでしょうか。この記事では、管理職として転職を成功させるための記事をご紹介します。

転職サイトでの求人の少なさや実績のアピールの難しさ、年齢的な問題など管理職特有の転職の難しさを解説し、その対策をお伝えします。また、転職のメリットとデメリットを理解し、成功するための秘訣を知ることで、転職活動をスムーズに進めることができます。この記事を読むことで管理職の転職活動に役立つ具体的なポイントや成功事例を学び、自信を持って次のキャリアステップに進む準備を整えましょう。

管理職の転職が難しいと言われる5つの理由

管理職の転職は難しいと言われることが多いですが、その理由は大きく分けて5つあります。以下では、各理由について詳しく解説していきます。

転職サイトに求人が少ない

管理職のポジションは限られたものであり、一般的な転職サイトには求人数が少ないです。多くの転職サイトは一般職向けの求人をメインに掲載しており、管理職の求人は全体の2割程度に過ぎません。これは、管理職を求める企業が通常の選考手続きを行わず、ヘッドハンティングなどの手法で人材を探すことが多いためです。そのため、管理職の方が転職サイトで自分に合った求人を見つけるのは難しい状況です。

今以上の条件を探すことが難しい

現在の勤務先で高い給与や待遇を受けている管理職の方が、転職先で同等以上の条件を見つけるのは簡単ではありません。管理職は一般的に残業代が支給されないため、転職後に年収が下がるリスクもあります。また、労働基準法上の管理監督者として扱われることが多く、広い裁量権が与えられる一方で、法的保護が減少するケースもあります。このため、より良い条件を求めて転職を試みても結果的に現在の職場の方が良いという状況に陥りやすいのです。

実績のアピールが難しい

管理職の業務は部下の指導や育成、他部署や外部企業との交渉など多方面に渡ります。これらの業務は、数字や具体的な成果としてアピールしづらい面があります。職務経歴書や面接でこれらの実績を効果的に伝えられないと転職活動が難航することになるでしょう。とくに定量的な実績が少ない場合、採用担当者に自分の能力や適性を理解してもらうのは難しくなります。

年齢的な問題

管理職に就いている方の多くは比較的年齢が高いことが一般的です。このため、転職市場では年齢を理由に不利になることがあります。企業側は若い社員を育成するための投資や長期的なキャリアプランを重視する傾向があります。そのため、一定以上の年齢層の管理職が新たなポジションを見つけるのは難しくなることが多いです。

転職を「裏切り」と捉える人もいる

とくに長く勤めている会社を離れる場合、同僚や上司から「裏切り」と捉えられることもあります。このような心理的なプレッシャーが、転職を躊躇させる要因となります。加えて、企業文化やチームの一体感を重視する企業では管理職の転職が組織全体に与える影響を懸念することが多いです。結果として、転職を決断する際に大きな障壁となることがあります。

管理職から転職するメリット

管理職が転職することには、多くのメリットがあります。以下では、とくに年収や待遇のアップ、業務や環境の不満からの解放、そして経営に近いポジションでの仕事に焦点を当てて詳しく解説します。

年収や待遇がアップする

転職することで、年収や待遇が大幅に改善される可能性があります。管理職としての経験を評価してくれる企業に移ることで、現在の会社よりも高い年収が期待できます。とくに現職で評価されていないと感じている場合は、大きなメリットです。また、企業の経営状態や評価基準が異なるため、転職先では新たな基準での評価が期待でき、年収アップにつながることが多いです。待遇面でもより良い福利厚生や労働条件を整えている企業に転職することで働きやすさも向上します。

業務や環境の不満から抜け出せる

現在の職場に不満を感じている場合、転職はその不満を解消する良い機会です。たとえば、業務内容にマンネリを感じていたり、会社の将来性に不安を抱えている場合、新しい環境で新たな挑戦をすることで、これらの問題を解消できます。また、自分のスキルや経験を活かせる職場に移ることで、仕事に対するモチベーションも向上しやすくなります。転職先で新たなプロジェクトや業務に取り組むことで、自分のキャリアをより充実させることが可能です。

経営に近いポジションで働ける

管理職としての経験を持つ方にとって、転職先で経営に近いポジションに就くことも大きな魅力です。現在の会社ではポジションに空きがなかったり、評価基準が厳しかったりして昇進が難しい場合でも、転職によって一気に経営層に近いポジションに就くことが可能です。たとえば、CXO(Chief Experience Officer)やCFO(Chief Financial Officer)などのポジションで採用されれば、経営戦略に直接関わることができ、キャリアを一層充実させることができます。また、経営者視点を持つことで、自身の能力を広げることもでき、将来的なキャリア形成にも有利に働きます。

管理職から転職するデメリット

管理職の方が転職する際には、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが重要です。以下では、入社後のプレッシャーとスキルや実績を活かせない可能性について詳しく解説します。

入社後に大きなプレッシャーがかかる

管理職として新しい会社に入社すると、即座に高い成果が期待されます。新しい環境に慣れる前に、新規プロジェクトの立ち上げや既存の課題解決を求められることが多いです。このような状況では、部下の管理や新しいチームとの信頼関係構築にも時間がかかるため、プレッシャーが大きくなります。新しい環境で高い成果を求められることは大きなストレスとなり、精神的な負担が増えることが予想されます。

これまで培ったスキルや実績が生かせない可能性もある

転職先によっては管理職としてのスキルや実績を十分に発揮できない場合があります。これは、管理職候補として採用されるケースや新しい職場の文化や業務内容が自分の経験と合わない場合に起こりがちです。これまで特定の業界で培った専門知識やリーダーシップスキルが、新しい業界では通用しないこともあります。また、期待される役割と実際の業務内容にギャップがある場合、自分の強みを活かせずフラストレーションを感じることになるでしょう。

難しい管理職の転職を成功させる4つのポイント

管理職の転職は一般職よりも難しいと言われますが、成功させるためのポイントを押さえることで、その難しさを乗り越えることができます。以下では、とくに重要な4つのポイントについて詳しく解説します。

1. 企業理念に共感できる企業を選ぶ

転職先の企業理念に共感できるかどうかは非常に重要です。管理職は会社の方向性や理念を理解し、部下に浸透させる役割を担います。企業の価値観や目指す方向が自分の信念と一致していれば、業務にも一層やりがいを感じることができるでしょう。事前に企業のビジョンやミッションステートメントを確認し、自分の価値観と照らし合わせてみましょう。

2. 募集背景を把握する

転職先の募集背景を理解することも成功のポイントです。企業がなぜ管理職を募集しているのかを知ることで、自分のスキルや経験がどのように役立つのかを明確にすることができます。たとえば、新規事業の立ち上げや組織改革のために管理職を募集している場合、自分の実績や強みがそのニーズに合致しているかを確認しましょう。募集背景をしっかり把握することで、面接時に的確なアピールができるようになります。

3. 過去の実績やキャリアを具体的に伝える

面接では過去の実績やキャリアを具体的に伝えることが重要です。管理職としての経験や成果を具体的な数字やエピソードを交えて説明することで、採用担当者に自分の能力を効果的にアピールできます。たとえば、「前職での売上を20%向上させた」「新規プロジェクトを成功させ、チームの生産性を30%向上させた」など、具体的な実績を挙げると説得力が増します。自分のキャリアを整理し、どのような貢献ができるかを明確に伝える準備をしましょう。

4. 年収や待遇をしっかり確認しておく

転職先の年収や待遇について事前にしっかり確認しておくことも重要です。管理職として転職する際には、現在の待遇よりも良い条件を求めることが一般的です。しかし、実際の年収や待遇が期待に応えられるものであるかを確認するためには、詳しい情報収集が必要になります。基本給やボーナス、福利厚生、さらには残業代の有無などを確認し、総合的に判断することが大切です。また、転職後のキャリアパスについても理解しておくと、長期的な視点での転職が成功しやすくなります。

管理職の転職活動は大きく分けて3つ

管理職の転職活動にはさまざまな方法がありますが、大きく分けると「人脈を使った活動」「ダイレクトリクルーティング」「転職エージェント」の3つの方法が挙げられます。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

1. 人脈を使った活動

これまでのキャリアで培った人脈を活用して転職する方法です。たとえば、以前の上司や同僚からの紹介で管理職として新しい職場に転職するケースです。人脈を利用することで書類選考が省略され、直接面接に進むことができる場合もあります。また、自分の人となりを既に理解している人からの紹介であれば、自分に合った企業で働ける可能性が高まります。


しかし、この方法には注意点もあります。条件面の確認が不十分になりがちで、後々トラブルになることがあります。また、紹介者への配慮から断りづらい、辞めづらいといった心理的なプレッシャーも発生しやすいです。

2. ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングは職務経歴書やスキルセットを専門のサイトに登録し、それを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトを受ける方法です。求職者は気になるスカウトに対してのみ応募するため、効率的で主体的に転職活動を進めることができます。また、スカウトの数や内容を通じて自分の市場価値を把握することも可能です。


ただし、この方法は一定の実績やキャリアが求められます。スカウトされるだけの魅力がなければ、活動が思うように進まないこともあります。そのため、自分の強みや実績をしっかりとアピールできるよう、職務経歴書を充実させておくことが重要です。

3. 転職エージェント

最もサポートが充実しているのは、転職エージェントを活用する方法です。転職希望を伝えるとエージェントが希望に合った求人を紹介してくれます。応募書類の添削や面接対策、日程調整など転職全体をサポートしてもらえるため、効率的に転職活動を進めることができます。


とくに管理職に強い転職エージェントを選ぶと、企業の内情や管理職に求められる要素を把握しているため、自分に合った求人に出会いやすくなるでしょう。また、管理職としての実績を効果的にアピールする方法についてのアドバイスももらえるため、面接でのアピール力が向上します。

管理職の転職ならWARCエージェントがおすすめ

管理職への転職なら、WARCエージェントがおすすめです。WARCエージェントは管理職の転職に強みを持ち、年収アップやキャリアアップのサポートが充実しています。

専任のキャリアアドバイザーが、応募書類の添削や面接対策など、転職活動全体をサポートしてくれます。また、企業の内情や募集背景に詳しいため、ミスマッチを防ぎ、適切な求人を紹介してもらえます。管理職としてのキャリアを次のステージへと進めたい方は、ぜひWARCエージェントを活用してみてください。



著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。