記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職のやばい退職理由|会社への影響と円満な引き継ぎのポイントを解説

管理職として働いていると、「人事評価や給与に不満がある」「会社の方針に賛同できない」「経営層と部下の板挟みに悩んでいる」「新しいキャリアに挑戦したい」といった理由で退職を考えることがあるでしょう。しかし、管理職の退職は会社全体に大きな影響を与えます。特に、引き継ぎが不十分だと業務の停滞や部下のモチベーション低下を招きかねません。

この記事では、管理職の退職理由とその影響、円満な引き継ぎのポイントを詳しく解説します。

管理職が退職・転職を考える理由とは?

管理職が退職や転職を考える理由には、さまざまなものがあります。その主な理由について詳しく見ていきましょう。

人事評価・給与に不満がある

まず、人事評価や給与に不満があることが挙げられます。


評価が適正でない、給与が他社と比べて低いと感じることは、モチベーションの低下につながります。


例えば、長年の功績が正当に評価されなかったり、同じ業務内容でも他の社員と給与差が大きかったりすると、不満を抱くのは当然です。


このような不満が蓄積すると、退職を真剣に考えるようになります。

会社の考え方に賛同できない

次に、会社の考え方や方針に賛同できないことも大きな理由です。


企業のビジョンやミッションに共感できない場合、仕事に対する意欲が失われます。


例えば、倫理的に問題がある方針が取られていたり、経営方針が頻繁に変更されると、一貫性のない運営に対して不信感を抱くことがあります。


このような状況では、長く働き続けるのは難しいでしょう。

経営層と部下との板挟みに悩んでいる

管理職は、経営層と部下の間に立つ立場です。


この板挟みの状況に悩むことも少なくありません。


例えば、経営層からの厳しい要求と、部下からの現実的な期待との間で調整が難しいことがあります。


このようなストレスが長期間続くと、精神的な負担が大きくなり、退職を考えるようになります。

他に挑戦したいキャリアがある

最後に、他に挑戦したいキャリアがある場合です。


新しい分野や職種にチャレンジしたいという意欲が強い場合、現在の職場に留まることは自己成長の妨げになると感じることがあります。


例えば、技術職からマネジメント職に移りたい、または全く異なる業界で新しいスキルを身につけたいといった具体的な目標がある場合、退職を選択することが多いです。


これらの理由から、管理職が退職や転職を考えることは決して珍しくありません。それぞれの理由に対して、適切な対応を取ることが企業に求められています。

管理職が退職の前に考えるべき選択肢

管理職が退職を決意する前に、まずは他の選択肢をじっくりと検討してみましょう。今の会社で専門職になる選択肢と、新たなキャリアに向けて転職する選択肢について解説します。

今の会社で専門職になるという選択肢もある

管理職から専門職に転身することは、キャリアの新たな可能性を広げる有効な手段です。専門職になることで、自分の専門知識やスキルを深め、特定の分野でのプロフェッショナルとして活躍できます。


これは、管理業務によるストレスを軽減し、専門分野に集中することで、より大きな成果を上げることができるからです。


例えば、営業部の管理職が営業戦略のスペシャリストに転身するケースがあります。こうすることで、マネジメントの負担を減らし、戦略策定に専念できます。結果的に、会社に対しても大きな貢献が可能となります。


専門職に転身することは、管理職の経験を活かしながら、自身のキャリアを新しい方向に進める素晴らしい選択肢です。

新たなキャリアに向けて転職

一方で、新たなキャリアに向けて転職することも選択肢の一つ。現在の職場では得られない新しい経験やスキルを積むことができ、個人の成長とキャリアアップに繋がります。


転職により新しい環境で挑戦することで、キャリアの幅が広がり、さらなる成長が期待できます。


例えば、IT業界の管理職が教育分野に転職する場合、新しい視点やスキルを得られます。このようなキャリアチェンジは、自分のキャリアに新たな価値を加える良い機会となります。


新たなキャリアに向けて転職することは、自分自身の可能性を広げるための大きな一歩です。現状に満足せず、新しい挑戦を恐れずに進むことが大切です。

管理職の退職や転職が無責任とされる理由

管理職が退職や転職を決断する際、無責任だと批判されることがよくあります。その理由と対策について詳しく説明します。

重要なのは「退職の仕方」

管理職の退職で最も重要なのは、どのように退職するかです。


管理職が組織の中枢にいるため、その退職が会社全体に大きな影響を与えます。突然の退職は業務の混乱を招き、部下や同僚に大きな負担をかけてしまいます。


例えば、ある管理職が急に退職を申し出た結果、引き継ぎが不十分となり、プロジェクトの進行が大幅に遅れるケースがあります。このような事態を避けるためには、退職の意思を早めに伝え、しっかりとした引き継ぎ計画を立てることが必要です。


管理職が退職する際には、計画的かつ丁寧な引き継ぎが重要です。これにより、会社や同僚への影響を最小限に抑えることができます。

会社や部下への影響について留意すべき点

管理職の退職に際しては、会社や部下への影響に十分留意する必要があります。


管理職の退職が、会社の業績や部下のモチベーションに直接影響を与えます。管理職は日々の業務を統括し、部下の指導・育成を行う重要な役割を担っています。そのため、退職は組織全体に大きな波紋を広げます。


例えば、管理職が退職した際、後任の選定や育成に時間がかかり、部下たちは指導者を失い、業務の進行が滞ることが考えられます。このような事態を避けるためには、管理職の退職前にしっかりと後任を選定し、引き継ぎを行うことが不可欠です。


管理職が退職する際には、会社や部下に与える影響を最小限にするための準備と配慮が必要です。これにより、円満な退職が実現し、組織の安定性を保つことができます。

管理職が退職するタイミングは何ヵ月前?

管理職の退職は最低でも3ヵ月前には伝えるべきです。


管理職が組織の中枢を担う重要な役割を果たしているため、引き継ぎや後任の選定、業務の移行に時間がかかります。短期間での退職は、会社全体に混乱をもたらし、業務の停滞や部下の士気低下を招く恐れがあります。


例えば、企業で管理職が1ヵ月前に突然退職を告げたケースでは、後任の選定や引き継ぎが間に合わず、プロジェクトの進行が大幅に遅れる場合があります。結果として、会社全体の業績にも悪影響を及ぼすことになるでしょう。このような事態を避けるためには、十分な準備期間を確保することが重要です。


管理職の退職は最低でも3ヵ月前に告知することで、円滑な引き継ぎと組織の安定を保つことができます。これにより、会社や部下に対する影響を最小限に抑え、退職後も良好な関係を維持することが可能です。

管理職の後任がいないのに退職しても大丈夫?

管理職が退職を考える際、後任が決まっていない場合でも問題ないのでしょうか。以下に、その点について詳しく説明します。

法律上は退職日の2週間前の申告で退職できる

法律上は退職日の2週間前に申告すれば退職できます。


民法第627条に基づき、労働者は退職の意思を2週間前に通知すれば退職できる権利があります。管理職もこの法律の対象であり、退職の申告を2週間前に行えば、法的には問題ありません。


例えば、企業で管理職が退職を希望した際、2週間前に退職の意思を正式に伝えた場合、会社はこれを拒否することはできません。


法律上、退職日の2週間前に申告すれば退職は可能です。

後任がいなくても退職は可能

後任がいない場合でも退職は可能です。


退職は労働者の基本的な権利であり、後任が決まっていないことを理由に退職を引き止めることはできないからです。会社は後任を見つける責任を負います。


例えば、急な退職で後任が決まっていない場合でも、会社は一時的に他のスタッフで業務をカバーしつつ、新しい後任を探すなどの対策を講じる必要があります。



後任がいない状態で退職して損害賠償を請求される可能性

後任がいない状態で退職した場合、損害賠償を請求される可能性は非常に低いです。


退職は労働者の権利であり、後任がいないことによる損害を労働者に負わせることはできないからです。ただし、契約違反があれば例外となることもあります。


例えば、重要なプロジェクトの途中で急に退職し、特定の損害を与えた場合は、特別な契約がある場合に限り損害賠償を請求されることも考えられます。しかし、通常は退職が正当な手続きに従って行われていれば、損害賠償を請求されることはほとんどありません。


円満退社を望むなら早めの申告と引き継ぎ計画が重要

円満退社を望むなら、早めの退職申告と綿密な引き継ぎ計画が重要です。


早めに退職の意思を伝えることで、会社が後任を探す時間を確保でき、引き継ぎもスムーズに進められます。これにより、業務の停滞を防ぎ、部下や同僚への負担を最小限に抑えることができます。


例えば、退職を3ヵ月前に申告し、具体的な引き継ぎ計画を立てて実行することで、後任へのスムーズな業務移行が可能になります。計画的に退職することで、会社や同僚からの信頼も維持できます。


管理職から突然退職を申し出られた場合にやるべきこと

管理職から突然退職の申し出があった場合、適切な対応を迅速に行うことが求められます。以下に、その具体的な対応策を紹介します。

管理職の退職に備えた全体的なスケジュール

管理職の退職が決まったら、まずは全体的なスケジュールを立てましょう。


計画的に対応することで業務の混乱を最小限に抑えられます。具体的なスケジュールを作成することで、退職までの期間に必要な手続きを効率よく進めることができます。


例えば、退職が決まった日から引き継ぎ完了日までの詳細なスケジュールを作成し、それに基づいて行動することで、後任への業務移行がスムーズに進みます。


管理職の退職には、計画的なスケジュールの設定が不可欠です。

退職理由や状況をヒアリングする

退職の申し出があったら、まずは退職理由や状況をしっかりとヒアリングしましょう。


退職理由を把握することで、会社側の問題点を見つけ出し、改善につなげることができるからです。また、退職の背景を理解することで、今後の対応策を考える材料にもなります。


例えば、業務上の問題や人間関係のトラブルが原因で退職を決意した場合、その具体的な理由を聞くことで、同様の問題が再発しないよう対策を講じることができます。


退職理由のヒアリングは組織改善の第一歩となります。

管理職の退職日を決定する

退職の意思が伝えられたら、速やかに退職日を決定しましょう。


退職日を早めに確定することで、後任の選定や引き継ぎの計画を立てやすくなるからです。退職日が不明確なままだと、計画が立てにくくなり、業務に支障をきたす恐れがあります。


例えば、退職の申し出があった日に具体的な退職日を設定し、その日を基準に引き継ぎスケジュールを作成することで、業務の混乱を防ぐことができます。


管理職の退職日を早めに決定することは、スムーズな業務継続のために欠かせません。

後任の選定方法を検討する

退職が決まったら、後任の選定方法を早急に検討しましょう。


適切な後任を早めに選定することで、引き継ぎがスムーズに進み、業務の滞りを防ぐことができます。後任選定が遅れると、引き継ぎの時間が短くなり、業務に支障をきたす可能性があります。


例えば、社内から適任者を探す場合、候補者のスキルや適性を評価し、迅速に決定することが重要です。また、必要に応じて外部からの採用も検討しましょう。


後任の育成計画を立てる

後任が決まったら、育成計画を立てましょう。


後任がスムーズに業務を引き継ぐためには、計画的な育成が必要だからです。育成計画を立てることで、後任が短期間で必要なスキルや知識を習得できるようになります。


例えば、新任の管理職に対しては、前任者との引き継ぎ期間を設け、その間に業務の流れや重要なポイントを学ばせることが有効です。また、必要に応じて研修やトレーニングを行いましょう。


退職者との連絡を継続する

退職者との連絡を継続することで、円滑な業務運営をサポートすることができます。


退職後も必要に応じてアドバイスや情報提供を受けられるようにするためです。退職者との良好な関係を保つことで、引き継ぎのフォローや急なトラブル対応がスムーズにに行えます。


例えば、退職後も定期的に連絡を取り合い、業務上の疑問点や問題が発生した際には迅速に相談できるようにしておくことが望ましいです。



管理職の転職成功にはWARCエージェントがおすすめ

管理職の転職にはWARCエージェントの利用がおすすめです。


WARCエージェントが管理職の転職支援に特化し、豊富な実績と専門的なサポートを提供しているからです。管理職の転職には独自の課題が多くありますが、WARCエージェントはそれに対して的確なアドバイスと支援を行います。


管理職への転職を考えている方は、一度WARCエージェントに相談してみてください。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。