記事FV
管理
2024/05/31 更新

管理職が実務をしない理由とその影響とは?効率的なチーム運営の秘訣

管理職の役割とは?

管理職の役割は、組織内での業務遂行と人材育成において重要な位置を占めています。


【管理職の主な役割】

  • チームの目標設定と計画立案
  • リソースの管理
  • 人材の育成
  • コミュニケーションの促進
  • 問題解決

など


この章では、管理職の役割について詳しく見ていきましょう。

管理職の基本的な定義

管理職とは、組織内でチームや部門を統括し、業務の遂行と人材の育成に責任を持つポジション。企業の戦略を実現するために重要な役割を果たし、経営陣と現場の橋渡し役を担っています。


また、業務の効率化や生産性向上を図るために、計画の策定やリソースの最適配分を行いチーム全体の目標達成を導くリーダーシップを発揮。メンバーの成長をサポートし、問題解決に迅速に対応することで、組織の健全な運営を支えます。


このように、管理職は組織の成功に不可欠な役割を担っているのです。

管理職の役割と責任範囲


管理職の役割は多岐にわたり、その責任範囲も広範囲にわたります。まず、チームの目標設定とその達成に向けた具体的計画の立案が求められ、この過程で管理職の意思決定力と先見性が問われます。


【管理職の主な責任範囲】

  • 目標設定、計画立案
  • 人材・予算・時間などリソースの適切な配分と管理
  • メンバーの育成、スキルアップのサポート
  • チーム内外の円滑なコミュニケーションと連携強化
  • 課題や問題への迅速な対応と解決


このように、限られたリソースの適切な管理と最適な活用、メンバーの育成とモチベーション向上、組織間の円滑な情報共有と連携強化、問題や課題への迅速な対応と解決が、管理職の重要な責務に含まれます。

実務と管理業務の違い

実務と管理業務には、異なるスキルセットと視点があります。


実務は日々の業務遂行に直結し、具体的なタスクをこなすことが求められるもの。一方、管理業務は、全体の進捗を把握しチームのパフォーマンスを最大化することに焦点を当てます。


そのため、管理職は直接的な実務から離れ、全体を見渡しながら戦略的に物事を進めることが求められるのです。

なぜ管理職は実務をしないのか?

管理職が実務をしないのには、以下のような理由が挙げられます。


  • 効率的なリソース配分
  • チーム全体のパフォーマンス向上のため
  • 管理職が集中すべき戦略的業務の重要性


この章では、「なぜ管理職は実務をしないのか?」ということに焦点を当てて深掘りしていきましょう。

効率的なリソース配分の観点

管理職が実務を離れる一つの理由は、リソースの効率的な配分です。


管理職が自身の時間を実務に費やすと、全体の計画立案やリソースの最適化が疎かになる可能性があります。管理職は、各メンバーの強みや弱みを把握し、それに基づいて業務を適切に割り振ることに注力しているのです。


これにより、チーム全体の生産性を向上させ、効率的にプロジェクトを進行することが可能になります。

チーム全体のパフォーマンス向上のため

管理職が実務に直接携わらないことは、チーム全体のパフォーマンスを向上させるためにも重要です。


管理職が現場の業務に関与しすぎると、メンバーの自主性や成長機会が減少し、モチベーションが低下するリスクが生じます。管理職には、メンバーのサポートや指導に専念し、各自が最大限の力を発揮できる環境を整えることが求められるのです。


これにより、チーム全体の士気が高まり、組織全体の成果が向上していきます。

管理職が集中すべき戦略的業務の重要性

管理職が実務をしないもう一つの理由は、戦略的業務に集中する必要があるためです。


経営戦略の策定や長期的なビジョンの実現には、全体を俯瞰する視点と深い洞察が求められます。そのため、管理職は短期的な業務の遂行よりも、企業の方向性を定めるための意思決定や新しいビジネスチャンスの発見に時間を割くべきなのです。


これにより、組織全体の競争力が高まり、持続的な成長が可能となります。

管理職が実務をしないことのメリット

管理職が実務を離れることには多くのメリットがあります。


【管理職が実務をしないことのメリット】

  • チームメンバーの成長機会を与えられる
  • 長期的なビジョンと戦略に集中できる
  • 全体的な業務効率の向上


上記のようなメリットにより、チームメンバーの成長機会が増え、管理職自身は長期的なビジョンと戦略に集中できるのです。その結果、全体的な業務効率も向上していきます。


この章では、管理職が実務をしないことのメリットについて詳しく見ていきましょう。

チームメンバーの成長機会を与えられる

管理職が実務を担当しないことで、チームメンバーに実務を任せる機会が増えます。これにより、メンバーは新しいスキルを習得し、実務経験を積めるのがメリットです。


メンバーが主体的に業務に取り組むことで、責任感や自主性が育まれ、個々の成長が促進。さらに、メンバーが自分の役割を果たすことで、チーム全体の能力が向上し、組織の強化につながります。

長期的なビジョンと戦略に集中できる

管理職が実務に追われないことで、長期的なビジョンや戦略の策定に集中する時間が増えます。日常業務から離れることで、広い視野を持ち、将来的な目標設定や計画立案に専念できるようになるのがメリットです。


これにより、組織全体の方向性を明確にし、持続的な成長を図るための戦略を練ることが可能に。管理職が戦略的業務に専念することで、組織全体の競争力が高まり、成功への道が開かれます。

全体的な業務効率の向上

管理職が実務を離れ管理業務に専念することで、業務全体の効率が向上します。


管理職は、チームのパフォーマンスを常に把握し、リソースの最適配分や業務プロセスの改善を図れます。これにより、チーム全体が効率的に動き、無駄を省いた生産的な環境が整っていくのです。


管理職が全体の進捗を監視し適切にサポートしていくことで、チームはスムーズに業務を進められ、組織全体の生産性が向上します。

管理職が実務をしないことのデメリット

管理職が実務を離れることにはメリットが多い一方で、デメリットも存在します。


主なデメリットとして、以下の項目が挙げられます。

  • コミュニケーション不足のリスク
  • 管理職と現場のギャップが生じる可能性がある
  • 現場感覚の喪失


上記のようなデメリットは、組織の運営やチームの士気に影響を及ぼす可能性があります。管理職はこれらのリスクを認識し、適切な対策を講じることが重要です。


この章では、管理職が実務をしないことのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション不足のリスク

管理職が実務を離れると、現場とのコミュニケーションが希薄になるリスクがあります。現場の状況や課題を直接把握する機会が減少し、情報の伝達が滞りやすいのがデメリット。


コミュニケーション不足は、メンバーのモチベーション低下や誤解を生む原因となり、チーム全体のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。場合によっては、チームメンバーが抱える課題や要望が管理職に伝わらず、適切な支援や対応が遅れてしまうリスクを生じかねません。


管理職は、定期的なミーティングやフィードバックの機会を設け、現場とのコミュニケーションを維持することが重要です。

管理職と現場のギャップが生じる可能性がある

管理職が実務から離れることで、現場の実情と管理職の認識に溝ができかねません。


現場で実際に働くメンバーが直面している課題やニーズを理解しないまま管理職が意思決定を行うと、実行性の低い計画や方針を生んでしまう恐れがあります…。これにより、現場のメンバーが管理職の指示に従いにくくなり、組織内の一体感が損なわれかねません。


管理職は、現場を定期的に訪問したり、メンバーとの対話を通じて現場の状況を正確に把握したりすることを意識しましょう。

現場感覚の喪失

管理職が長期間実務を離れることには、現場感覚を失いやすいというデメリットがあります。


現場感覚がないと、実際の業務プロセスやメンバーが直面する具体的な問題を理解することも難しいです。そのため、管理職が提供する指示や支援が現実的でなくなり、メンバーにとって実効性が低いものとなってしまうことも考えられます。


現場感覚の喪失は、チームの士気やパフォーマンスに悪影響を与えるだけでなく、組織全体の効率性を低下させる原因につながります。管理職は、現場の業務に一定の関与を保ち、現場感覚を維持する努力を続けることが重要です。

管理職が実務をするべきシチュエーション

管理職は、実務を離れて戦略的な業務に集中することが多いポジション。しかし、特定のシチュエーションでは実務に直接関与することが求められます。


【管理職が実務をするべきシチュエーションの例】

  • 緊急時の対応
  • 新しいプロジェクトの立ち上げ時
  • スキルアップやリーダーシップの実証


上記のような状況では、管理職の実務参加がチームの成功と組織全体の成果に大きな影響を与えます。


以下で、それぞれのシチュエーションについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

緊急時の対応

緊急事態が発生した際には、管理職が実務に直接関与することが重要です。危機的な状況では、迅速かつ的確な対応が求められ、管理職の経験と判断力が大いに役立ちます。


例えば、重大なトラブルやクライシスが発生した場合、管理職が現場に立ち入って状況を把握することが重要。即座に適切な指示を出すことで、被害を最小限に抑えられます。


また、緊急対応時にはメンバーの士気を高めるために、管理職自らが前線に立つ姿勢が重要です。これにより、チーム全体の結束力が強まり、迅速な問題解決が可能となります。

新しいプロジェクトの立ち上げ時

新しいプロジェクトを立ち上げる際には、管理職が実務に深く関与することが成功の鍵となります。


プロジェクトの初期段階では、方向性の設定や戦略の策定が必要であり、これらは管理職の経験と知識が最も発揮される場面です。


また、初期の段階で適切な基盤を築くことでプロジェクトの進行がスムーズになり、その後の問題発生を防げます。


さらに、管理職が初期段階でメンバーと一緒に働くことで、チームの士気が高まりプロジェクト全体の一体感が生まれるのもメリットです。

スキルアップやリーダーシップの実証

管理職が実務に関与することは、スキルアップやリーダーシップを実証する絶好の機会となります。


例えば、新しい技術や方法を導入する際には、管理職が実際にその技術を使って示すことで、メンバーに対する信頼性と説得力がアップ。


また、管理職が自ら実務に取り組む姿勢を見せることで、メンバーに模範を示し、部下のスキルアップを促進できます。


管理職がリーダーシップを実証することで、チーム全体の士気が高まり、組織の成果が向上。時折実務に関与することで、管理職は自らの能力を証明し、メンバーの信頼を得られるのです。

実務をしない管理職への対処法

管理職が実務を離れることには多くのメリットがありますが、それに伴うデメリットやリスクが存在するのも事実です。デメリットやリスクを軽減するために、適切な対処を行っていきましょう。


この章では、実務をしない管理職への対処法について詳しく解説していきます。

コミュニケーションの改善

オープンな対話は、管理職とチームメンバーの間の信頼関係を築くために不可欠。しかし、管理職が実務を離れると、現場とのコミュニケーションが疎かになる可能性があります。


このリスクを回避するためには、定期的なミーティングの設定とその進行方法が重要です。週次や月次のミーティングを通じて、進捗状況や課題を共有し、オープンな対話を促進しましょう。

明確な役割分担

管理職の役割と期待される業務の明確化は、チーム全体の効率を高めるために重要です。


管理職が自身の役割を理解しそれに集中することで、メンバーとの役割分担が明確になります。これにより、チーム内での混乱や重複作業を防げるのです。


その際、チームメンバーとの役割分担の再調整も必要。各メンバーが自分の役割を理解し、適切に業務を遂行できるように、役割と責任のドキュメント化を行いましょう。


これにより、「誰が何を担当しているか」が明確になり、全体の業務効率が向上します。

トレーニングとサポート

管理職向けのリーダーシップトレーニングは、管理職が効果的にチームを指導するために不可欠です。管理職がリーダーシップスキルを向上することは、チーム全体のパフォーマンスにも直結します。


また、コーチングやメンター制度の導入も有効です。経験豊富なコーチやメンターからのアドバイスを受けることで、管理職は自身のスキルを磨き、現場での課題に対処する力を高められます。


さらに、継続的なスキルアップの支援を行うことで、管理職が常に最新の知識とスキルを持ち続けることが可能に。これにより、管理職は現場のニーズに応じた適切なリーダーシップを発揮できるようになります。

実務をうまくこなせる管理職を採用するならWARCエージェント!

実務をうまくこなせる管理職を採用するなら、WARCエージェントがおすすめです。


WARCエージェントで厳選された候補者は、リーダーシップスキルが高いだけでなく、現場の実務経験も豊富で即戦力として活躍できる人材ばかりです。


組織の成長と成功を確実にサポートしたいなら、WARCエージェントで理想の管理職を見つけましょう!

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。