記事FV
管理
2024/06/19 更新

女性が管理職を辞めたいと思うのはなぜか?打診された場合の断り方や対処方法も解説

女性が管理職を辞めたくなる理由

この章では、女性が管理職を辞めたいと感じる主な理由を5つ詳しく解説します。


  • ワークライフバランスの崩れ
  • キャリアの見直し
  • メンタルヘルスの問題
  • 男性中心の職場環境への疲れ
  • 部下と上司の板挟みによるストレス


それぞれの理由について詳しく見ていきます。


ワークライフバランスの崩れ

女性管理職が辞めたいと感じる大きな理由の一つに、ワークライフバランスの崩れがあります。育児や介護といった家庭の役割を担いながら、管理職としての責任を果たすのは非常に困難です。残業が増え、退勤時間が遅くなることで家族と過ごす時間が減ってしまい、その結果、育児や介護の負担がさらに大きくなり、ストレスが増えてしまいます。働き方改革により、育児休暇や介護休暇が導入されつつありますが、依然として改善の余地が多く残っていると感じる女性は少なくありません。ワークライフバランスを維持しながら管理職として働くためには、職場全体の協力と柔軟な働き方が求められます。

キャリアの見直し

キャリアの見直しも女性が管理職を辞めたくなる理由の一つです。管理職としての役割を果たす中で、自分のキャリアパスに疑問を抱くことがあります。自身のスキルや興味に合った仕事を追求したいと考えるようになることも少なくありません。また、管理職のプレッシャーや責任の重さから、別のキャリアを模索する女性も増えています。自分のキャリアを再評価し、新たな目標を設定することで、より充実した生活を送ることができるでしょう。企業側も社員のキャリアパスをサポートし、さまざまな働き方を認める環境作りが求められます。

メンタルヘルスの問題

メンタルヘルスの問題も管理職を辞めたいと感じる大きな要因の一つです。管理職は高いストレス環境にさらされることが多く、精神的な負担が増えます。仕事のプレッシャーや長時間労働、部下との関係に悩むことが頻繁にあるでしょう。このような状況が続くとメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性が高まります。定期的なメンタルヘルスチェックやカウンセリングの導入、ストレスを軽減するための対策が必要です。また、職場内に相談窓口を設置し、上司とのコミュニケーションを活性化させることも有効です。

男性中心の職場環境への疲れ

男性中心の職場環境に疲れることも女性が管理職を辞めたいと感じる理由の一つです。多くの企業では依然として男性が主導権を握っており、女性が発言しづらい環境が残っています。このような職場環境では、女性管理職が孤立感を感じやすくなります。女性が働きやすい職場を作るためには男女問わず活躍できる環境作りが重要です。企業は女性の意見を積極的に取り入れ、ダイバーシティを推進することで、より良い職場環境を実現できます。職場の文化を変えることが女性のストレス軽減につながるでしょう。

部下と上司の板挟みによるストレス

部下と上司の板挟みによるストレスも管理職を辞めたいと感じる大きな要因です。管理職は上司の期待に応えながら部下をサポートする役割を担います。このバランスを取るのは難しく、どちらかに偏ることでストレスが増します。上司からのプレッシャーと部下の不満を同時に受けることで、精神的に疲弊する場合もあるでしょう。上司と部下のコミュニケーションを円滑にし、双方の意見を取り入れる柔軟な姿勢が求められます。また、定期的にフィードバックを行い、職場の問題点を解決することも重要です。企業としても管理職をサポートする体制を整え、ストレスを軽減するための対策が必要です。

女性が管理職を辞める・断る場合の注意点

この章では、女性が円滑に管理職を辞めたり断ったりできるように、以下の4つの注意点を解説します。


  • めたい理由を明確にする
  • 自分の決断を肯定的に判断する
  • 会社に貢献できる事を伝える
  • 上司に伝えるタイミングを見計らう


それぞれについて詳しく説明します。


辞めたい理由を明確にする

管理職の打診を受けた際に辞退を考えるなら、まず辞めたい理由を明確にすることが重要です。理由が曖昧だと上司や同僚に対して説明する際に説得力が欠けてしまいます。具体的な理由としては、家庭の事情や現在の業務に専念したい、自己評価に基づくものなどが考えられます。たとえば、「家族との時間を大切にしたい」「現在の仕事に満足しており、さらなるスキル向上に専念したい」「管理職としての役割に対する自信がない」などです。これらの理由を整理し、自分自身でも納得できる形で表現することが大切です。

自分の決断を肯定的に判断する

出世を辞退する決断をした後は、自分の選択を前向きに受け入れることが大切です。出世には確かに多くのメリットがありますが、それが全ての人にとってベストな選択とは限りません。自分のキャリアやライフスタイルにおいて何が最も重要かを見極め、自分の決断が正しいと信じることが必要です。たとえ周囲からの期待があっても、自分の価値観や目標に基づいて選択することが、長期的な満足感や幸福感につながります。ポジティブな姿勢で自分の決断を受け入れ、前向きに進んでいきましょう。

会社に貢献できる事を伝える

管理職を辞退する際には、それでも会社に貢献する意欲があることを伝えることが重要です。管理職以外の形で会社に貢献できる具体的な方法を示すことで、上司や同僚にも理解されやすくなります。例えば、専門的なスキルを活かしてプロジェクトをリードする、チームのメンバーとしてサポート役に徹する、業務効率化の提案を行うなどです。これにより、管理職としての昇進は断ったものの、会社に対して積極的に貢献する姿勢を示すことができます。自分の強みを活かし、会社の成長に貢献する意欲をアピールしましょう。

上司に伝えるタイミングを見計らう

管理職を辞退する意思を上司に伝えるタイミングは非常に重要です。急な辞退は上司やチームに混乱を招く可能性があるため、慎重にタイミングを見計らいましょう。業務の繁忙期や重要なプロジェクトの最中は避け、比較的落ち着いた時期に相談するのが理想的です。また、上司が時間を取れるタイミングを選び、事前にアポイントを取ることで時間をかけて話をする場を設けることができます。誠意を持って感謝の気持ちを伝え、自分の決断を丁寧に説明することで上司の理解を得やすくなります。

女性が管理職を辞める・断った後の働き方

この章では、女性が管理職を辞めた場合や断った後の働き方について、仕事とプライベートのバランスを保ちながら満足度の高いキャリアを築くための方法を紹介します。


  • 管理職業務以外で会社に貢献する
  • キャリアチェンジを考慮
  • 働きやすい環境への転職


それぞれについて詳しく解説します。


管理職業務以外で会社に貢献する

管理職を辞めても、会社に貢献する方法は多くあります。自分の専門分野のスキルを高め、「この仕事はこの人にしかできない」と思われる存在になることが重要です。専門知識や技術を深めることで、プロジェクトのリーダーや指導役として活躍することができます。また、後輩の育成やチームのサポートを積極的に行うことでチーム全体のパフォーマンス向上に貢献できます。さらに、業務改善提案や新しいプロジェクトの立ち上げなど自発的に取り組むことで、管理職ではなくても会社にとって欠かせない存在になることが可能です。

キャリアチェンジを考慮

昇進を断った場合、キャリアチェンジを検討するのも一つの方法です。自分の得意分野や興味のある分野を見つけ、新しい道に進むことで、より満足度の高い仕事を見つけることができます。たとえば、技術職からマーケティングや企画職に転向することで、違う視点から会社に貢献することができます。また、スキルアップのために新しい資格を取得したり、セミナーや研修に参加することも有効です。キャリアチェンジは一見ハードルが高く感じるかもしれませんが、自分の成長と会社への貢献を両立させるための有力な方法となります。

働きやすい環境への転職

現在の職場で昇進を断った場合、働きやすい環境への転職も検討する価値があります。自分のライフスタイルや価値観に合った職場を見つけることで、仕事とプライベートのバランスを保ちながら働くことができます。たとえば、リモートワークが可能な企業や時短勤務制度が充実している企業を探すと良いでしょう。転職活動を始める際には自分の希望条件を明確にし、それに合った企業を選ぶことが重要です。また、転職エージェントを利用することで専門的なアドバイスを受けながらスムーズに転職活動を進めることができます。新しい環境で自分らしく働ける職場を見つけることが、充実したキャリアと生活につながります。

女性が管理職を辞める・断った後のキャリアに悩んだらWRACエージェントへ相談!

女性が管理職を辞める、または昇進を断った後のキャリアに悩むことはよくあります。そんな時は、WRACエージェントに相談することをおすすめします。WRACエージェントは、キャリア支援の専門機関として、多くの女性のキャリア形成をサポートしてきました。専門のキャリアコンサルタントが、あなたのスキルや経験、希望する働き方に基づいて、適切なキャリアプランを提案します。


また、転職先の紹介や面接対策、履歴書の書き方のアドバイスなど転職活動全般をサポートするサービスも充実しています。管理職を辞退した後でもキャリアを前向きに進めるための手助けが必要な時は、WRACエージェントにご相談ください。専門的なサポートを通じて、新たな職場環境での成功を目指しましょう。

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。