記事FV
情シス
2024/07/10 更新

情シス(情報システム)と社内SEの違いや異なる点とは|業務内容や長所と短所も解説

IT関連の求人には「情シス」と「社内SE」という表現が頻繁に登場するため、違いがわからず混乱している人もいるでしょう。それぞれの職種はもともと別な意味を持ちますが、近頃はほぼ同じ仕事を指す場合が多いです。

この記事では、情シスと社内SEの仕事内容や向いている人、年収動向について解説します。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シス(情報システム)と社内SEは別な職種?

情シスと社内SEには、もともと以下のような違いがあります。

情シス

組織全体のIT戦略と運用を担う

社内SE

特定のプロジェクトやアプリケーションを担当

情シスは企業全体のIT運用を担うマクロ的な役割、社内SEは特定のプロジェクトを担うミクロ的な役割を持ちます。

しかし、近頃は情シスに配属される人材を社内SEと呼ぶため、両者の違いがなくなってきているのも事実です。また、企業によってはそれぞれを別な部門と位置づけ、兼任体制をとる場合も少なくありません。

よって、求人で情シスと社内SEを見分けるには、仕事内容をチェックし求められる役割から推測する必要があります。

情シス(情報システム)と社内SEの業務内容

情シスと社内SEの主な業務内容は、以下の4つです。

  • IT戦略の策定と実行
  • 社内システムの設計・管理・維持
  • サポートデスク・障害処理
  • セキュリティ対策の推進

IT戦略の策定からセキュリティ対策の推進まで、手掛ける範囲が幅広いことが特徴です。特定のプロジェクトやアプリケーションへのミクロな対処能力はもちろん、会社の戦略を見据えたマクロ視点の業務も行います。

また、分業体制の企業であれば、上記の一部のみを担当する場合も少なくありません。「ヘルプデスクのみ」「企画から運用まで」と、業務を範囲を限定するケースもあります。

なお、以下の記事では情シスの仕事内容について、さらに詳しく解説しています。

情シス(情報システム)と社内SEに必要なスキル

情シスと社内SEには、以下のスキルが求められます。

  • IT知識
  • コミュニケーション能力
  • プロジェクト遂行能力

情報技術の基本知識はもちろん、他部署スタッフにわかりやすく説明するコミュニケーション能力も求められます。

なお、限られた時間と資源で物事を解決に導くための、プロジェクト遂行能力も必要です。情シスの問題解決スピードは、他部署の仕事のしやすさに直結します。スケジュールやコストを管理しながら、最速で遂行する能力が求められます。

情シスに求められるスキルは、以下の記事でも詳しく解説しています。

情シス(情報システム)と社内SEの年収

2024年4月時点における情シスの正社員の平均年収は、490万円(※1)です。令和3年の日本人の平均給与は443万円(※2)であるため、情シスの年収は日本の平均よりも高いといえます。

ただし、正社員の給与分布を見るとボリュームゾーンは303〜380万円です。情シスの平均年収である490万円よりも低い水準であるため、年収の高い層が平均値を引き上げていることがわかります。

年収アップのために情シスへの転職を考える場合、希望企業の将来性や既存社員の給与動向についてもチェックする必要があるでしょう。

(※1)参考:求人ボックス「社内SEの仕事の年収・時給・給料」

(※2)参考:民間給与実態統計調査 17ページ 「2 平均給与」

情シス(情報システム)と社内SEの勤務体制

情シスと社内SEの求人は増えていますが、転職時は企業の勤務体制について必ずチェックしましょう。情シスと社内SEは、企業規模によって勤務体制が大きく異なるためです。よくある勤務体制として、以下の3つが挙げられます。

  • 一人情シス:部門を一人だけで担当する
  • 兼任情シス:ほかの部署と兼任で担当する
  • 複数情シス:複数のメンバーと協働する

企業の中には、人件費や人手不足の影響で「一人情シス」を強いられるケースもあります。すべての業務を一人で担当しなければならず、時間外労働や過労が深刻です。

情シスや社内SEへの転職を考える場合は、勤務体制をチェックしたり、面接で直接確認したりすることで働き方のイメージを掴みましょう。

一人情シスについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

情シスが向いている人とは

ここまでの説明を読み、自分が情シスや社内SEに向いているか気になっている人も多いでしょう。シスや社内SEに向いている人材像として、以下の3点について解説します。

  • 高い学習意欲がある
  • チームで働くのが好き
  • 緊急の場面でも動じない

高い学習意欲がある

IT分野への興味関心があり、高い学習意欲を持つ人は情シスや社内SEに向いているでしょう。情報技術は日々進化しており、新しい考え方やツールが絶えず登場します。

プロとして最新のトレンドを追い続けるには、新しい情報にアンテナを張り、知識をアップデートしようとする姿勢が必要です。単に仕事を行うだけでなく自ら学習し続ける人は、情シスや社内SEとして成功する可能性があるでしょう。

チームで働くのが好き

情シスや社内SEはさまざまなプロジェクトをチームベースで進めるため、メンバーと協働するのが好きな人に向いています。情シスの業務は企画から運用まで多岐にわたるため、役割分担によるチーム体制が一般的です。

ときには、関係部署や外部ベンダーなど、部門を超えたメンバーと連携する場合もあります。ほかのメンバーと意見を共有し、よい影響を与え合える人は情シスの仕事を楽しむことができるでしょう。

緊急の場面でも動じない

情シスや社内SEでは予期せぬトラブルへの対応が発生するため、緊急の状況でも動じない人に向いているでしょう。情シスには、システムダウンやセキュリティインシデントなど、緊急の問題に対処する場面が多くあります。

プレッシャーの高い状況でも動じず、トラブルに冷静に立ち向かう忍耐力が必要です。ときには、対処が長時間に及ぶケースもあるため、高い集中力や問題を順序立てて解決する能力も求められます。

情シス(情報システム)と社内SEについて理解し自分に合う企業を選ぼう

近頃は、情シスと社内SEをほぼ同じ職種として表現する求人が多く見受けられます。ただし、企業によって求められる業務内容や勤務体制が異なるため、求人情報の読み込みが必要です。

情シスと社内SEについて理解し、自分が活躍できそうな企業を選びましょう。

なお、勤務体制や職場の雰囲気など、企業の内情をよく知ったうえで転職したい人には、転職エージェントがオススメです。専門のアドバイザーによる助言のもと、転職を効率よく進めましょう。

以下の記事では、転職エージェントについて詳しく解説しています。

情シスの関連記事

情シスが集まるコミュニティ

情シスの属人化の解消方法

情シスの生産性を上げる方法

新卒で情シスに就職するメリット・デメリット

情シスの目標設定の仕方

情シスが不要と言われる理由

情シスのスキルセット

情シスがきつい理由

情シスのコスト削減法

情シスのおすすめ運用代行サービス

情シス関連の職種

情シスにコンサルを入れるメリット

情シスの働き方改革

他業務と兼務するリスク

情シスの退職理由

情シスがDX時代に担うべき役割

システムの冗長化とは

情シスのおすすめ勉強法

情シスを業務委託するメリット

社内SEの働き方

情シスのキャリアアップ方法

愛される情シスになる方法

情シスへの丸投げが危険な理由

情シスの採用面接対策

ゼロ情シスの問題点

情シスのアウトソーシング方法

システム管理効率化のポイント

情シスの業務効率化ツール

情シスの年収の上げ方

社内ヘルプデスクの業務内容

情シスに派遣を使うメリット・デメリット

情シスが無能と言われる理由

情シスの悩みあるある

情シスで行うべきセキュリティ対策

情シスのテレワーク化

一人情シスの役割

情シスの副業はOK?

情シスが持っておきたい資格

情シスにおすすめの書籍

情シスと社内SEの違い

情シスの業務詳細

情シスの年収を増やす方法

情シスのおすすめ転職エージェント

情シスの志望動機例

情シスのキャリアパス

情シスの仕事内容

未経験からの情シス転職方法

情シスのおすすめ転職サイト

情シス転職で気をつけたいこと

情シス担当者のための効果的なツール

著者画像

株式会社WARC

向井 達也

レバレジーズに入社し、IT領域を中心とした人材紹介事業に従事。その後ベンチャー企業の紹介事業においてグロースフェーズに携わり、2020年WARC入社。現時点でのキャリアやスキルを掘り下げ、潜在的な希望を引き出すキャリアアドバイスを心がける。ベンチャー、スタートアップにおける情報システム部門に強みを持ち、国家資格キャリアコンサルタントを保有。