記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスに転職するのは難しい?採用面接の対策とコツを解説

企業のIT化が加速する近年、さまざまな企業が「情シス」を求めています。情シスは「情報システム部」といわれ、社内の情報管理システムを運用する専門部署です。エンジニアをはじめ多くの求職者に人気が高い職種であり、情シスへの転職は競争率が高く難しいと言われています。

そこで、この記事では情シスへの転職を叶えるために、面接対策のコツや情シスの採用基準について解説。難しいといわれている情シスへの転職ですが、コツをつかめば転職を成功させられるはずです。情シスへの転職を考えている人は、本記事を参考に面接に臨みましょう。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シス転職が難しいと言われる理由5選

最初に、情シス転職が難しいといわれている5つの理由を紹介します。情シスへの転職が難しい理由を理解できれば、適切な対策が可能です。その結果、面接合格につながるでしょう。

面接合格で情シスへのキャリアを叶えるためにも、以下で紹介されている5つの理由をしっかり理解してください。

理由1:幅広いITスキルが求められる

情シスは、SIerやベンダー企業に所属するエンジニアとは業務内容が異なります。具体的には、事業サイドの一員としてITシステムの管理や運用、それらを導入するための企画や準備などが情シスの役目です。そのため、SIerなどに比べると求められるITスキルの幅が広く、求められるスキルが高いため難しいと言われています。

もちろん、企業によって求められる仕事内容は異なりますが、基本的な仕事内容は同じです。基礎のIT知識や社内システムに関する知見やスキル、また他部署との連携ができるコミュニケーション能力なども求められます。

情シスへの転職を目指す際は、基礎のIT知識の習得は必須です。基礎知識がないと面接通過は難しく、情シスへの転職は困難だと考えておきましょう。

理由2:実務経験が求められる

先述したとおり、情シスは幅広い知識が求められます。また、それらの知識を活かした技術力が求められるでしょう。

企業は、初心者に情シスを任せる場合、研修を実施しなくてはいけません。また、研修で知識を得ても実践で活用できるように経験を積ませる必要があります。これらの時間は企業にとって利益が出ず、マイナスです。そのため、企業は可能ならば実務経験がある求職者を採用したいと考えています。その結果、企業が求める人材レベルが高くなり、情シスへの転職が難しいと言われているのです。

情シスの実務経験は、企業によって仕事内容が異なるので、求職者によってアピールできるスキルが違います。ただし、情シスにとって必要な基本スキルは変わりません。実務経験がある人は自分の経験を転職先の企業でどのように活かせるか分析してみましょう。

理由3:業界の知識と専門性が求められる

「IT」と一概にいっても、その領域は幅広いです。情シスは幅広いIT業界の知識と、それぞれの専門性を理解しておく必要があります。

たとえば、IT業界の中にもインフラと開発が存在します。インフラは、サーバやネットワーク、開発はアプリケーションなどです。これらのシステムの運用方法は異なり、それぞれの特徴を理解しなくてはいけません。また、ハードウェアやソフトウェアなど、似ているようで全く異なる性質のものがIT業界には存在します。

IT知識に精通していない従業員たちは、このようなシステムの違いはもちろん、システムの使い方を理解していないことがほとんどです。その際、情シスへ問い合わせが寄せられるでしょう。情シスは、寄せられた問い合わせに対し、質問者がわかりやすいように説明しなくてはいけません。

そういった意味でも、情シスは専門性が求められ、業界に対する深い知識が必要です。

理由4:技術トレンドのキャッチアップ

IT技術は常に進化しています。情シスは、変化が激しい情報技術のトレンドに遅れないように、常にアンテナを張って情報を吸収することが大切です。これは根気強い意志と責任感がなくては継続できません。そのため、情シスへの転職は、強い意志がないと難しいでしょう。

技術のトレンドはさまざまな媒体やサイトで掲載されています。また、書籍の発売やセミナー開催は常にあり、多くの人が最新情報を集めるために努力しているのです。このように高い意欲がある求職者がライバルである情シスへの転職は、レベルが高く難しいです。採用面接の際も、どの程度情シスへの意欲があるか確かめられるでしょう。

情シスへの転職を考えている人は、常に高いアンテナをもって情報をキャッチアップしていく強い意志を持ってください。

理由5:求人倍率の高さ

情シスの求人は非常に人気です。人気な理由には、勤務場所が変わらない・残業が少ない・IT知識を身につけられるなどが挙げられます。また、SIerのようなお客さまからのシステム受託ではなく、社内システムの開発のため、納期の融通が利かせやすいという点も魅力でしょう。

このような魅力を求め、多くの求職者が情シスへの求人に応募し、求人倍率は高騰しています。

求人倍率が高い求人は、掲載されてもすぐに応募を終了してしまうケースや、書類選考が通過しにくいケースが多いです。また、採用面接の選考フローが多く、難易度が高い面接も多いでしょう。

情シスへの転職を成功させるには、難しい採用面接をすべて通過する必要があり、かなり難易度が高いです。

情シス転職の現状と動向

多くの企業が経営課題として重要視しているのがDX化です。IoTやAI、ビッグデータなどのデジタル技術を用いて業務改善や新しいビジネスの創出を考えています。また、組織改革をDX化で実現も可能です。

そのため、社内に情シスを設置する企業は年々増加しています。情シスに経営戦略から改革プランの策定、デジタル技術の導入判断などを任せたいと考えている企業が多く、求人数も増加傾向です。そのため、情シスへの転職は企業からの需要が高く、安易だと考える求職者は多いでしょう。

しかし、企業が求めているのはあくまで業務経験者です。情シスといっても、情報システム部として数名の規模で部署を配置している企業もあれば、「一人情シス」として兼任している会社も少なくありません。営業や人事に比べると、まだまだ体制が整っていない情シスだからこそ、経験者は求められるのです。そのため、未経験から情シスへの転職はかなり難しいでしょう。

また、情シスへの募集は枠がかなり少ないのが特徴です。1社あたりの募集枠は多くても1〜2名が一般的なため、競争率はかなり高いでしょう。

希望の企業へ入社したいと考える場合、情シスの基礎知識はもちろん、一定期間の実務経験はあった方が転職を成功させやすいです。

情シスは、今後もなくなることがないと予測されています。求人も増え続けるでしょう。焦らずに、まずは自分に何が足りていないか分析をしてみましょう。その後、情シスへの就業を目標に転職活動に挑戦するのがオススメです。

難しい情シス転職を成功させるコツ

次は、情シスへの転職を成功させるためのコツについて解説します。情シスへの転職を成功させるには「採用面接の準備」と「採用面接の対策」が重要です。大量の求職者の中から、採用担当者に「この人になら任せられる」という信頼と好印象を与えることが面接成功の鍵とも言えます。

面接の準備や回答は、情シスへの転職成功に大きく寄与するので、以下で紹介されている内容を参考にしっかり準備していきましょう。

情シス採用面接の準備

まずは、情シスへの転職を成功させるための採用面接の準備を紹介します。どれだけ面接対策ができているかで、面接の合否は左右されると考えておきましょう。採用面接の際に後悔しないためにも、しっかり準備してから面接に臨んでください。

技術スキルのレビュー

これまでの経験を振り返り、志望企業で活かせる技術スキルを洗い出しましょう。

企業が求めている情シス担当者は、実務経験がある人です。入社後、自社のためにさまざまなITシステムの運用から管理、導入をしてくれる即戦力を求めています。そのため、面接では自分がどんな経験をしてきて、どんなスキルを企業で活かせるかをアピールできるように準備しましょう。

情シスは、社内システムの開発を任される機会が多いです。できれば開発経験をアピールするのがいいでしょう。すでにエンジニアとしてIT業界で働いていたならば、どのようなシステムを作り、その際の役職や役割も説明できるようにしておくのがオススメです。

また、過去の経験だけでなく今後のために学習中に言語やIT知識があれば、それらもアピールしましょう。勉強意欲があり、入社後も高いアンテナを貼りながら最新のトレンドを追ってくれると期待されるはずです。

面接シミュレーション

どんなに頭の中で考えていても、いざ面接本番になると緊張して思っていることが口に出せないケースは少なくありません。面接を受ける前は、何回か面接練習をしておくのがオススメです。

情シスの面接では、これまでの経験や保有スキルについて聞かれる傾向が高いでしょう。また、情シスとしてどのような活躍をしたいのか、なぜ情シスを希望しているのかなども聞かれます。

情シスになりたい理由はもちろん、なぜその企業ではないといけないのかを明確に回答できるように準備してください。数多く存在する候補者の中から、面接官が「この人になら自社の情シスを任せられる」と信頼してもらえるように、志願企業への意欲の高さをアピールしましょう。

職務経歴書とポートフォリオの整備

情シスに限らず、転職活動をする際には職務経歴書やポートフォリオは必須です。これらの書類がないまま転職活動を成功させることは、難しいでしょう。

職務経歴書は、初めて見る人でもわかりやすいように整理してください。これまでの経歴や実務内容、在籍期間やその際の役職などわかりやすくまとめると、面接官への印象がよくなります。

また、ポートフォリオを事前に準備しておけば、面接の際口頭では伝えきれなかった技術のアピールができます。面接感がポートフォリオ見て「こんな経験もしてきた人なのか!」と魅力に気づいてくれる可能性が高いです。

面接の機会を得るためにも、応募時の書類はしっかり準備しておきましょう。

情シスの採用面接の具体的な対策

面接前の準備を理解した次は、実際に採用面接の具体的な対策を理解していきましょう。以下では、採用面接の対策を紹介しています。

面接官の質問に対して焦らずに回答できるよう、しっかり準備して面接に臨みましょう。

技術質問への準備

情シスの採用面接では、技術に関する質問が多い傾向にあります。その際、焦らずに面接官にわかりやすく伝えられるように準備しておきましょう。

情シスの採用面接で技術質問をされた際、「何をやってきたか」よりも「経験をどのように活かせるか」が重要です。過去の経験がどれだけ素晴らしいかではなく、その経験を自社で活かせるかを面接官は判断します。また、トラブルやシステム障害に対して、どのように考え対処をしたのかなど柔軟な対応ができるかも見られるでしょう。

技術に対する質問への準備は、ただ経験を回答するのではなく、それをどう活かして活躍するかまで答えられるように準備してください。

業界トレンドへ理解

ITのトレンドは日々変わっています。情シスは変化が激しいITトレンドを常にキャッチアップすることが大切です。

情シスの採用面接の際は、今業界ではやっているトレンドについて語れるように準備しておきましょう。面接官が「そんなことも知っているのか!」と感じれば、好印象を残せるはずです。

また、業界のトレンドでは自社が位置しているポジションやその市場についてもしっかり理解しておくことが重要です。市場を理解しておけば、「その市場において何が優位か」「他社との差別化をする際に大切なことは何か」などを考えるヒントになります。

業界のトレンドは、新聞やニュースを毎日チェックしていれば次第に流れがわかるようになるでしょう。面接成功のためにも、毎日の習慣としてトレンドをチェックする癖をつけてください。

プロジェクト経験

企業は情シスの経験者を求めていますが、その中でもプロジェクトマネジメントの経験や上流工程の経験に注目します。

情シスの採用面接の際は、これまで自分が参画したプロジェクト経験をしっかり自分の言葉で語れるように準備しましょう。その際、プロジェクトマネジメントの経験や上流工程の経験があればさらに効果的です。

ITのプロジェクトは、企業によって規模が異なります。単価が高いプロジェクトをひとつこなした経験や単価が低いプロジェクトを複数こなした経験など、人によってさまざまです。何がいいかではなく、そのプロジェクト経験で何を学び、どのようなスキルを身につけたかが重要になります。

自分のこれまでのプロジェクト経験に自信をもって、しっかり語れるように準備してください。

情シスの採用面接の質問例

最後に、情シスの採用面接の際よくある質問を紹介します。以下で紹介されている質問は、採用面接の際出される質問の一部です。これ以外にも情シスの面接では難しい質問をたくさんされるでしょう。

まずは、以下で紹介されている基本の質問事項に対する回答内容を参考に、面接対策をしてみてください。

技術スキルに関する質問

情シスの面接では、技術についての質問が多いです。どの程度の技術スキルがあるかを面接官は確かめようとします。その際、以下のような質問をされるケースが多いので、面接対策の参考にしてください。

▼質問例

  1. 「使用経験のあるプログラミング言語を教えてください。どの言語が最も得意ですか?」

    得意な言語を使ってどのような功績を出したか話せるようにしましょう。また、志望企業ではその経験を活かしどう貢献するかも伝えてください。

  2. 「最近取り組んだプロジェクトで用いたシステム設計のアプローチについて説明してください。」

    面接官は、プロジェクトの詳細までは理解していません。理解していない相手でもわかるような説明をするようにしましょう。また、システム設計の際注意したポイントや大変だったこと、工夫した点なども伝えられると良いです。主体的にプロジェクトに参加したことがアピールできます。

  3. 「大規模なデータベースを管理する際の最適なプラクティスは何だと考えますか?」

    なぜそう考えるかという根拠が大切です。これまでの経験をもとに、自分なりの考えを伝えましょう。もしわからない場合は、素直に「わからない」と伝えても大丈夫です。その際は「知識不足のため今後勉強します」と、学習意欲を示す前向きな発言をしてください。

    問題解決に関する質問

トラブルが発生したとき、焦らずに対処できるかは情シスにとって重要な素質です。面接官は、柔軟に対応できる人材か、応用力がある人材かを面接で判断しています。以下の質問はその際によく出される質問です。

▼質問例

  1. 「技術的な障害に直面した時の対応策を具体的な事例を交えて教えてください。」

    これまでの経験をもとに解決策を伝えましょう。「具体的な」と指定されているため、経験談を語るのがオススメです。トラブルをどのような工夫をして乗り越えたか、その時のマインドなどポジティブな意見を伝えるようにしてください。

  2. 「期限内にプロジェクトを完了できなさそうな場合、どのように対処しますか?」
    イレギュラーな事態への対応力を判断されている質問です。どれだけ適切な対応をできるか、周りを巻き込んでトラブル解消ができるかなどが重要です。自分なりの意見を、わかりやすい理由と一緒に伝えましょう。

コミュニケーション能力に関する質問

情シスは、さまざまな部署との連携が必須です。他部署からの依頼や問い合わせに対する対応、またチーム内でのコミュニケーションも欠かせないでしょう。そのため、面接の際はコミュニケーション能力を確かめられます。

▼質問例

  1. 「非技術的なチームメンバーに複雑な技術的内容をどのように説明しますか?」

    マネジメントの経験がある人は、その時の経験談を話しましょう。もしマネジメント経験がない人は、自分が受けてきたマネジメントの良かった点や、もっとこうしてほしかったという要望を参考に回答しましょう。企業はマネジメントができる人材を求めています。ここでアピールできれば面接の合格率は格段に高くなるでしょう。

  2. 「過去に困難なクライアントやチームメンバーとどのように対話しましたか?」

    コミュニケーション能力は、相手に合わせたコミュニケーションができることを言います。情シスはさまざまな部署や世代、経験の人と会話する機会が多いため、柔軟なコミュニケーション能力があるかを確かめられている質問です。コミュニケーション能力があることをアピールできるような回答を考えておきましょう。

    業務適応能力に関する質問

即戦力になってくれる人材かを面接官は判断します。自社の環境や仕事にスムーズになじめる適応力があるかが判断できる質問されることが多いです。適応力があることをアピールできる回答を準備しておきましょう。

▼質問例

  1. 「新しい技術やツールを学ぶ際のアプローチはどのようなものですか?」

    普段からよく見ているニュースや書籍、情報サイトなどに回答しましょう。またなぜそれらの媒体を利用しているか説明できると良いでしょう。情報が多いから・トレンドが掲載されているからなど根拠があると「なるほど」と面接官を納得させられます。

  2. 「急なプロジェクトの変更にどのように対応するか、経験を基に説明してください。」

    まずは、これまでの経験について回答しましょう。その際工夫したことも必ず説明してください。どのような状況だったからこういう選択肢にしたという根拠とその結果を伝えれば、面接官も理解しやすいです。

リーダーシップとチームワークに関する質問

情シスでは、トラブル発生時も焦らずメンバーと協力できる人材が求められています。チームに対して主体的に行動しリーダーシップを発揮できるかという点も重要です。

▼質問例

  1. 「チームプロジェクトでリーダーを務めた経験について教えてください。具体的な成果は何でしたか?」

    プロジェクトリーダーでは、どのような業務を行っていたか、何名程度のメンバーをマネジメントしていたか、プロジェクトの成果はどうだったかなど回答しましょう。また、リーダーとして大切にしていたことなども語れると面接官の印象に残りやすいです。

  2. 「チーム内で意見の対立があった際、どのようにして解決に導きましたか?」

    メンバーとの関係性を良好に保つために、対人スキルがあるかを判断されています。経験や年齢、性別が異なるメンバーと良好な関係を築きながら良い成果を出すために、何を意識しどのような行動をするか考えておきましょう。

    倫理的判断に関する質問

企業にとって、情報漏洩や不正は悪影響です。情シスで何かトラブルが発生した際、企業の経営状況に影響する可能性もあります。面接官は、最悪の事態を未然に防ぐために、採用面接の際候補者の倫理観を確かめたいと考えることが多いです。

▼質問例

  1. 「職場で倫理的に問題のある状況に遭遇した場合、どのように対処しますか?」

    トラブルの際、適切な対応ができるかが問われています。企業内で決められたルールをしっかり理解し、対応できるということをアピールしましょう。

  2. 「情報セキュリティに関連する倫理的問題にどのように取り組むべきだと考えますか?」

    情報セキュリティは、近年多くの企業で重要視されています。情シスは社内のシステムや機密情報を最も扱う部署といっても過言ではありません。セキュリティに対する高い意識と責任感があることをアピールできるように準備しましょう。

WARCエージェントを利用して情シス職に転職しよう

IT化が加速する現在、情シスへの転職を希望する求職者は多いです。情シスは、残業が少ない、転勤が少ない、IT知識を身につけられるという利点が多い一方で、転職が難しいと言われています。競争率が高く、多くの人が情シスへの転職に苦戦しているのは事実です。

しかし、情シスへの転職は今回紹介したコツをしっかり理解すれば成功に繋がるでしょう。もし、自分だけでの転職活動が不安な場合はプロに相談してみましょう。

転職支援サービスを展開するWARCエージェントであれば、プロがあなたに合った求人を紹介してくれます。また、内定獲得まで面接対策や面接準備など、プロの目線でアドバイスをくれるでしょう。

WARCエージェントの利用は無料です。気になる方はまずは登録をしてみましょう。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。