記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスをアウトソーシング!おすすめ外注サービスの費用を徹底比較!

情報システム部門(情シス)のアウトソーシングは、企業にとって多くのメリットがあります。ただし、利用する際は、適切な選択と運用が重要です。

この記事では、情シスのアウトソーシングに関する「外注サービスの範囲」「おすすめのサービス」「それぞれの費用比較」などを詳しく解説。

情シスBPOの選択を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスアウトソーシング(外注)できる業務範囲

情シスアウトソーシングには「インフラ管理」「システム開発」「保守運用」「ヘルプデスクサポート」などといった、多岐にわたる業務が含まれます。

これらの業務を外部に委託することにより、企業は社内リソースをより戦略的な活動に集中させることが可能です。

特に、中小企業では外注を通じて専門技術へのアクセスが容易になり、経営の効率化を図れるのがメリット。

さらに、「大規模なデータ分析やクラウドサービスの管理」「サイバーセキュリティの強化」など、専門的かつ高度な技術が要求される業務もアウトソーシングすることが増えています。

情シスアウトソーシング(外注)のメリット

まずは、情シス業務をアウトソーシングするメリットについて見ていきましょう。

【情シス業務をアウトソーシングするメリット】

  1. 固定費を変動費化させることができる
  2. 専門技術を保有するプロに依頼できる
  3. 社内リソースの最適化

以下で、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

固定費を変動費化させることができる

情シスアウトソーシングを取り入れることで、企業は固定費を変動費に転換できます。

これは、規模が小さく、収益が安定しない企業にとって有効な戦略のひとつ。予測不能な費用を削減し、必要なときにのみサービスを利用できるのがメリットです。

これにより、企業は財務の柔軟性を増し、市場の変動に迅速に対応する能力が向上。また、事業の拡大や縮小が予想される場合、外部のリソースを調整することで、より効率的な運営が可能となります。

専門技術を保有するプロに依頼できる

情シスアウトソーシングは、特定の技術や業務知識を持つ専門家にタスクを任せられるのが特長。より高品質なサービスが期待できるだけでなく、社内で同等のスキルを持つ人材を育成するコストと時間を節約できるのがメリットです。

これにより、社内リソースをより戦略的な業務や新しいプロジェクト開発に向けることができるため、企業のイノベーションと成長が促進されます。専門家によるサポートが常に利用可能であるため、技術的な問題や緊急の対応が必要な場合にも迅速に対処できるのも大きなメリットです。

社内リソースの最適化

情シスアウトソーシングにより、社内のリソースを効率的に使い分けられるようになります。

例えば、事業やプロジェクト立ち上げ時におけるリソースの調整がしやすくなったり、社員がビジネス活動に集中しやすくなったりなど。これにより、社内全体の生産性が向上し、企業にとっても大きなメリットとなります。

さらに、アウトソーシングを活用することで、社内の専門スキルが不足している分野を補完し、全体の効率を高めることが可能。社内スタッフが重要でない日常的なタスクから解放されることで、より戦略的な仕事に集中できるようになります。

情シスアウトソーシング(外注)のデメリットとリスク

次に、情シス業務をアウトソーシングする際のデメリットとリスクについても詳しく解説します。

【情シスアウトソーシングのデメリットとリスク】

  1. コミュニケーションコストの増加
  2. クオリティの一貫性の担保
  3. 外部への情報漏えいとセキュリティ
  4. 依存度の増加
  5. 長期的なコストの増加

以下でそれぞれのデメリットやリスクについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーションコストの増加

情シスアウトソーシングは、外部との連携が必要になることから、コミュニケーションコストが増大します。

明確なガイドラインと効率的なコミュニケーション手段がなければ、誤解が生じやすくなったり、プロジェクトの遅延につながったりする可能性があるので要注意。

情シスアウトソーシングを取り入れる際は、「コミュニケーション手段」や「連携方法」について細かく確認しておきましょう。

さらに、時間差や言語の違いが存在する国際的なアウトソーシングの場合、これらの問題はさらに複雑になり、プロジェクトの管理が一層困難になることが予想されます。

そのため、適切なツールと技術を利用し、定期的なミーティングやアップデートを行うことで、効率的なコミュニケーションを確保することが重要です。

クオリティの一貫性の担保

情シスアウトソーシングは、委託先によっては求める品質を維持するのが難しい場合があります。

これは、外部サービス提供者との品質基準のすり合わせが不十分であることが原因。そのため、先述したように、委託先とのコミュニケーションをこまめに取り、しっかりと連携していく必要があります。

品質の一貫性を保証するためには、「定期的な品質チェック」「成果物のレビュー」「フィードバックのプロセス」などが必須。また、サービスレベル契約(SLA)の明確化が非常に重要となり、これによって両者の期待の齟齬を減少させることができます。

委託先とのコミュニケーションや連携を怠ると、プロジェクト全体の品質が低下するリスクが高まるので注意しましょう。

外部への情報漏えいとセキュリティ

情シスアウトソーシングは便利な選択肢ですが、セキュリティリスクを伴うことも事実です。

外部に業務を委託する際は、機密情報の漏えいリスクが高まるため、選ぶサービスプロバイダーのセキュリティ対策の質には特に注意が必要。適切な契約条項の設定や、定期的なセキュリティ監査を実施することで、リスクを最小限に抑えられます。

このようにして、アウトソーシングのメリットを生かしながら、潜在的なセキュリティ問題に対処するバランスを取ることが重要です。

さらに、情報セキュリティポリシーの厳格な適用と従業員への定期的なセキュリティトレーニングも重要なポイント。これにより、外部パートナーと協力しても情報保護の基準を維持することが可能となります。

依存度の増加

情シスアウトソーシングによってサービス提供者への依存度が高まると、自社の業務遂行能力が低下する可能性があります。

これは、社内でのスキルや知識が十分に維持されなくなることが原因。また、外部サービスプロバイダーが提供する解決策に過度に頼ることで、独自の問題解決能力やイノベーションを生む力が弱まる恐れもあります。

そのため、アウトソーシングを利用する際は、社内のキャパシティも同時に育成し、外部に依存しすぎないバランスを保つことが重要です。

さらに、アウトソーシングの効果を最大限に活用するためには、社内の専門知識と技能の維持更新が必要。これにより、外部サービスプロバイダーとの相互依存関係を適切に管理しながら、継続的な技術革新と業務の効率化を図ることができます。

長期的なコストの増加

情シスアウトソーシングを導入する主な動機の一つに、初期のコスト削減があります。しかし、この短期的な節約が長期的な負担に変わってしまうこともあります。

アウトソーシングの初期段階では、内部での業務遂行に比べて外部サービスの利用料が低いことが多いです。しかし、時間が経つにつれて、サービス提供者の料金体系の変更・契約の更新・追加サービスの必要性などにより、総コストが徐々に増加する可能性があるので注意しましょう。

また、長期契約においては、市場の変動や技術の進歩が原因で契約が不利になることも。そのため、アウトソーシング契約を結ぶ際には、将来的なコスト増加に備え、柔軟性のある契約条件を設定することが重要です。

さらに、継続的な市場分析と技術評価を行い、サービスプロバイダーとの契約を定期的に見直すことで、適切なサービスとコストのバランスを維持することができます。

おすすめの情シスアウトソーシング(外注)サービス5選

続いて、おすすめの情シスアウトソーシング(外注)サービスを5つご紹介していきます。

それぞれの「サービス概要」や「特徴」についてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

情シスフォース

「情シスフォース」は、中小・中堅企業向けに特化した低コストで利用しやすいサービス。専門人材による堅実な業務のサポートが受けられることが特徴です。

サービス名

情シスフォース

サービス概要

  • 中小・中堅企業向けの情報システム部門のトータルサポートサービス
  • IT環境改善、アカウント管理、セキュリティ運用など、案件業務全般をカバー

特徴

  • 中小・中堅企業専門で、大手向けサービスの半額以下の低コストながら高品質
  • 初期費用無料で最短1ヶ月から継続可能な柔軟性
  • 状況の専門人材が、中堅企業の対立条件に合わせた最適なサポートを行う
  • 案件相談、業務支援・改善、IT環境改善など幅広い業務に対応

情シスフォースは、特に予算制約がある中小企業や中堅企業において、ITサポートの外部化によりコスト削減と効率化を図ることができるメリットを持っています。

専門人材によるきめ細かな対応が特徴で、短期間からの契約も可能なため、必要に応じて柔軟にサービスを利用できる点も大きな魅力です。

シェアード社員

「シェアード社員」は、ユナイトアンドグロウの正社員として中小企業のIT部門に常駐。柔軟な働き方と、さまざまな経験を積んでスキルアップできるのが大きな特徴です。

サービス名

シェアード社員

サービス概要

ユナイトアンドグロウ社の正規が、中堅・中小企業の情報システム(コーポレートIT)部門に常駐し、人材・スキル・ノウハウをシェア

特徴

  • 1人の社員が複数の企業を同時に担当できる柔軟な働き方が可能
  • さまざまな業界や企業文化に触れられ、幅広い経験とスキルを身に付けられる
  • 約200名の社員のスキル・経験・ノウハウがシェアされ、自らの成長に活かせる
  • 時間課金制で、従業員自身が担当する企業数や労働時間をコントロールできる
  • 発注元の企業文化に深く関わっている

シェアード社員は、特にスキル多様化を求めるIT専門家におすすめのサービスです。

シェアード社員では、1人の社員が複数企業での業務を経験することができ、それによってさまざまな課題解決技術や業界知識を身に着けることが可能。また、時間課金制を採用しているため、働き方の柔軟性も保たれているのが魅力です。

情シス支援サービスION

「情シス支援サービスION」は、40年の実績とノウハウを持っているサービス。情シス業務全般を専門家チームによって、トータルサポートを提供してくれるのが大きな特徴です。

サービス名

情シス支援サービスION

サービス概要

情報システム業務のアドバイスから常駐支援まで、情シス業務全般をトータルでサポート

特徴

  • システムの企画・開発・保守など、40年の実績とノウハウがある
  • 多種多様な業種(情報通信、広告、不動産、化学、大学、小売、保険、サービス、電子機器、銀行、金融、建設など)と豊富な取引実績がある
  • 約半数が5年以上の長期案件で、同じ企業から継続して依頼されている実績があり、高い信頼を得ている
  • 経験豊富なITコンサルタント、PM、リーダー陣がチーム体制でサポートを行っている
  • 情シス業務の属人化を解消するために、IT専門家の視点から的確なアドバイスをしてくれる
  • IT企画、ベンダー選定、PM代行、システム保守開発の引き継ぎ、セキュリティ製品の選定・導入などを行っている

情シス支援サービスIONは、その長い歴史と広範な業界経験を通じて、企業にとって最も効果的なIT戦略を提案してくれます。

40年にわたるサービス提供の実績があり、特にシステム保守や開発の引き継ぎにおいては、その技術力と経験が大きな強み。長期にわたる支援を通じて企業のIT環境を安定させ、業務の効率化を促進するための支援を行ってくれます。

まるごと情シスBPO

「まるごと情シスBPO」は、企業の情シス部門のノンコア業務をトータルでアウトソーシングできるサービス。業務の効率化とコスト削減を実現できるのが大きな特徴です。

サービス名

まるごと情シスBPO

サービス概要

企業の情報システム部門の業務をトータルでアウトソーシング

特徴

  • 社内システムの運用管理、ヘルプデスク対応、システム開発・保守など、情シス業務全般を含めて引き受ける。 特に「社内ヘルプデスク」「キッティング(PCなどの資産管理)」「障害対応」などのノンコア業務が一目でわかる
  • 状況担当者がコア業務に専念できるよう、ノウハウが短期間でノンコア業務をトータルで検討可能。
  • 社内の対応窓口を一元化することで、業務の見える化、効率化、標準化を推進し、ITにかかるトータルコストを削減
  • 企業の状況部門を持たずに済むため、人件費の大幅な削減が期待できる
  • 障害検知、システム設定作業、レポーティングなどの業務でRPAを活用し、生産性を大幅に向上

まるごと情シスBPOは、特に中小企業においてIT部門のコスト効率を大幅に向上させることができるサービスです。

このサービスは、ヘルプデスクやキッティングなどの日常的な業務を全て外部に委託することで、社内リソースを効果的に再配分し、経営資源をより戦略的な取り組みに注力できるよう支援しているのが特徴。

また、RPA技術の活用により、業務プロセスの自動化と効率化が進められ、さらにコスト削減と生産性の向上が実現されます。

フレクシーサポート

「フレクシーサポート」は、低コストで業務全般をアウトソーシングできるのが魅力のサービス。専門エンジニアによる幅広いITサポートを受けられるのも大きな特徴です。

サービス名

フレクシーサポート

サービス概要

  • 社内ヘルプデスク、キッティング(PCなどの資産管理)、保守運用などの状況業務を代行
  • クラウドサービスのアカウント管理、クラウド化相談、作業レクチャーなど
  • ビジネスアプリ導入支援、ウェブシステム・サーバー構築などのITサポートも提供

特徴

  • 単品10万円以下の低コストで利用可能
  • 定額制で委託業務ができる
  • PC操作、ソフトウェア操作、メーカー・ベンダー調査、ネットワーク調査など、短期間のITサポートに対応
  • 専門的な知識と経験を持つエンジニアがニーズに合わせたサービスを提供

フレクシーサポートは、質の高いITサポートを低コストで利用できるため、特に予算が限られている中小企業におすすめのサービスです。

フレクシーサポートを利用することで、企業はIT運用の複雑性を低減しつつ、専門的な知識を必要とする業務を効率的に管理できるようになります。

定額制の料金体系は予算管理にも寄与し、経済的な負担を軽減しながら必要なサポートを受けられます。

情シスアウトソーシング(外注)サービスの費用比較

ここでは、上記でご紹介した5つの情シスアウトソーシング(外注)サービスの費用やサービス内容を一覧表にまとめました。

一目で比較できるので、ぜひ参考にしてみてください。

サービス名

費用

サービス内容

情シスフォース

【情シスフォースプラン】

  • ミニマムプラン/月額44万円(税別)
  • スタンダードプラン/月額 88万円(税別)

【情シスフォースLiteプラン】

  • 定常業務ミニマムプラン/月額28万円(税別)
  • 定常業務スタンダードプラン/月額48万円(税別)
  • 中小・中堅企業向けの業務全般のトータルサポート
  • IT環境改善、アカウント管理、セキュリティ運用など短期業務に対応

シェアード社員

時間課金制

  • ユナイトアンドグロウの正社員が中小企業のIT部門に常駐し、人材・スキル・ノウハウをシェア

情シス支援サービスION

月額50万円~

  • 情シス業務全般(企画、開発、保守など)をトータルでサポート
  • 長年の実績と専門家チームによるサポート

まるごと情シスBPO

要問い合せ

  • 企業の情シス部門業務(運用管理、ヘルプデスク、開発・保守など)をトータルでアウトソーシング
  • RPAも活用し効率化

フレクシーサポート

単品10万円以下

  • 社内ヘルプデスク、資産管理、保守運用などの業務を低コストで代行

一覧表で見てみると、さまざまなITアウトソーシングサービスが提供されていることがわかります。

各サービスは、月額や時間課金制など異なる料金体系を持ち、「業務全般のサポート」「IT環境改善」「アカウント管理」「セキュリティ運用」など、広範な業務に対応。

特に、効率化とコスト削減を目指し、専門的な技術とノウハウを提供することで、企業のIT運用をサポートしてくれます。

情シスはアウトソーシングよりも採用すべき理由

情報システム部門の内部採用は、多くの利点をもたらします。

この章では、情シスを直接雇用すべき4つの理由をご紹介。

  1. 直接雇用によりプロジェクト管理がしやすい
  2. 組織内での知見の蓄積と共有ができる
  3. 安全性とセキュリティの確保
  4. 長期的なコスト削減

以下で、それぞれの理由について詳しく解説します。

直接雇用によりプロジェクト管理がしやすい

情シスの直接雇用は、プロジェクトの進行状況を社内で管理しやすくなることで、チーム内のコミュニケーションをスムーズに行えるようになるのがメリットです。

プロジェクトの目標や期限の管理が効率的になるため、作業の遅延やミスを減らすことができます。

また、直接雇用により、チームメンバー間の責任の所在が明確になるのも大きなメリット。即座に調整が可能となるため、プロジェクトの柔軟性と適応力が向上します。

さらに、直接的なフィードバックループの構築によって、進行中の作業に対する即時の改善も実現可能です。

組織内での知見の蓄積と共有ができる

情シスは、社内での採用を進めることにより、専門知識や技術が組織内に蓄積されます。

これにより、社内のベストプラクティスと経験の共有による全体的な業務改善。全員が最新の技術やトレンドに対して、迅速に対応することが可能になります。

また、チーム間での知識共有が促進され、全体としての問題解決能力が向上するのも直接雇用を行うメリット。この経験の蓄積は、新入社員の教育や現場の即戦力化にも寄与し、継続的な組織の成長を促進します。

安全性とセキュリティの確保

情報システムのセキュリティは、非常に重要なポイントです。

情シスを直接雇用することで、情報が外部へ流出してしまうリスクを大幅に減らせるのがメリット。また、自社での厳格なセキュリティポリシーを設定し遵守することで、データ保護を強化できます。

その結果、社内の情報資産管理が一元化され、外部依存を減らすことが可能となり、情報漏えいのリスクが大きく低減。社員のセキュリティ意識の向上も促され、持続的な安全文化の構築を目指せます。

長期的なコスト削減

情シスの直接雇用は、初期投資としては高額な場合も。しかし、長期的には直接雇用によるトレーニング費用や人材開発コストの削減につながります。

また、社内のスキルと能力が向上することで、将来的には外部委託に頼る必要が少なくなり、総合的なコストパフォーマンスが改善。この投資は、継続的な技術革新と社員のスキル向上を通じて、企業の競争力を高める要因となります。

さらに、内製化による運用の効率化は、運用コストの削減にも大きく貢献してくれます。

WARCエージェントで情シスを採用しよう

情シスは、アウトソーシングするメリットもありますが、直接雇用する方が多くの利点があります。

情シスの内部採用を進める際には、WARCエージェントを活用するのがおすすめ。選考から採用までのプロセスがスムーズになります。

専門的なスキルと技術を持つ人材を確実に見つけ出し、組織の成長と発展に貢献させてください!

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。