記事FV
情シス
2024/05/02 更新

情シスが無能と言われる理由5選!企業や転職先で成果を出すポイントを解説

情報システム部門(以下、情シス)は、企業の根幹をサポートする重要な役割を担っています。しかし、一部では「情シスは無能」、と言われがちです。

この記事では、情シスが「無能と言われる5つの理由」と「それを回避するための対策」について解説します。さらに、「個人としてのスキルアップ方法」や「転職を検討する際のポイント」もまとめました。

情シスに求められているスキルを身に着けて、自分にぴったりな企業への転職を目指しましょう!

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シスが無能と言われる5つの理由

「情シスが無能」と言われてしまう5つの理由を紹介します。情シスは、企業の根幹をサポートする重要な役割を担う部署です。それなのに、なぜ無能だと言われてしまうのでしょうか?一緒に考察してみましょう。

1. 情シスの業務内容がわかり辛い

情シスの業務内容は、システムメンテナンスのように、他部署からはわかり辛いものが含まれます。

しかし、取り扱っている業務は「システムの構築・運用」「データ管理」「セキュリティ対策」など、企業にとって無くてはならない重要なものばかりです。

「他部署から見て何の業務をやっているのか分かりづらい」、という問題を解決する必要があるでしょう。

2. 売上に直結しない

情報シスの企業内の立ち位置は間接部門になります。そのため、業務効率化のための基盤整備・データ管理・セキュリティ対策など、直接的な売り上げに繋がらない業務が大半です。運営を円滑にするための「企業の投資」に近いそのため、売上への貢献が見えづらく「無能」と評価されてしまうケースが多いです。

しかし情報シスは、企業の効率的な運営を裏からサポートする重要な存在です。生産性向上やライバル企業との競争力強化に大きく貢献しています。間接的ではありますが、結果として売上げにもプラスの影響を与えています。

3. ケースによって解決に時間がかかる

情シスが担当する業務には、時間を要するケースがあります。例えば、「システムトラブルの対応」「ひとり情シスのようなマンパワーの問題」が原因です。

このようなケースは「仕事が遅い」、といった不満が発生しやすくなります。解消するまで業務に支障が出ることが多く、他部署の「情シスが無能だから」、といった考えに繋がってしまいます。

4. 他の業務と兼任している場合がある

企業の中には、他の業務を行いながら情シス業務もこなす場合があります。そのため、本来の情シス業務に専念できず、対応が遅くなることで、無能と言われる原因を作ってしまいます。

原因を解消するには、情シスが業務に専念できるよう仕事の分担を見直す必要が出てくるでしょう。

5. 膨大な業務量やマンパワー不足で対応が遅くなる

情シスのマンパワー不足により、依頼された業務の対応が遅くなり「無能」と言われてしまうケースも多いです。先述の「兼業情シス」以外にも、「ひとり情シス」のように1人で膨大な業務と向き合っている方も多い事でしょう。

近年のDX化により、情シス部門の業務量は増加しています。マンパワー不足は、対応が遅れがちになる大きな要因の1つです。改善には、人材の確保が必須となるでしょう。

情シスは無能と言われないための5つの対策

情シスが「無能」、と言われ無いための5つの対策を紹介します。中には、自分自身だけでなく「組織全体へのアプローチ」や「他部署への協力が必要になるもの」もあるでしょう。上手に活用してくださいね!

業務内容を明確にする

情シスの役割や業務内容を、社内に明確に示すことが大切になります。情シスは、「システムのメンテナンス」「ヘルプデスク業務」のように、サポートに回ることが多い職種です。

企業の運営を円滑にするために、無くてはならない存在と言えます。情シスの役割や業務について理解を深めてもらい、企業にとっての重要性を認識してもらいましょう。

コミュニケーションを取る

情シスが無能と誤解されないために、他部署とコミュニケーションを取ることが大切です。

情シスは裏方でのサポートが多いため、他部署からは「対応している業務内容」や「ケースの進捗」が見え辛くなっています。そのため、他部署とコミュニケーションを取り、状況を共有する事が大切です。相互理解を深めることで、無能とのイメージを払拭しましょう。

対応に必要な目安期間の提示や進捗を共有する

情シスが無能と勘違いされないためには、「対応に必要な目安日数の提示」「ケースの進捗共有」を行いましょう。

業務を受けた情シスと他部署との認識違いで発生する「思ったよりも対応が遅い」、といった誤解を防ぐことができますよ。着手している業務の進捗を共有すれば、他部署に対し「作業がどこまで進んでいるのか」を把握してもらう事が可能です。

必要に応じて、情報を共有し相互理解を深めましょう。

優先順位を考えて対応する

情シスが依頼される業務は、多岐に渡ります。依頼された内容を確認し、優先順位を考えて取り組まなければ、他の業務に支障をきたす可能性が出てきます。

企業の規模が大きくなれば、対応するケースも増加します。中には情シスの人材不足が深刻な現場もあり、結果的に依頼への対応が遅くなり「無能」と言われてしまうことが多いです。

依頼を受けた際は、他の業務にどれくらいの影響を与えるのか、重要度やスケジュール感を見極めましょう。今対応しなければ、他の業務に支障が出て企業の運営に大きくダメージを与えるものは、最優先で着手しましょう。また、優先順位を立てて対応することで業務の効率が上がり、作業スピードが速くなるメリットもあります。

作業スピードが早くなれば、対応できる依頼件数も多くなるため「無能」と言われるケースを回避することが可能になるでしょう。

社内のITリテラシーを高める

社員のITリテラシーを高めれば、情シスの役割や重要性への理解が深まり、無能視されにくくなります。また、企業全体のITリテラシーが高まれば、PC操作や簡単なシステムトラブルなら、各社員が個々で対応できるようになります。

そのため、今まで発生していた細々とした依頼が減り、情シスが取り組まなければならない専門的で複雑な業務に集中することができるでしょう。

社内のITリテラシーが高まれば、情シスが行っているサポート業務への理解が深まり、「自分たちの業務を円滑に進めるために必要な人材」として、認識してもらえます。

「情シスは無能!」を回避する個人スキルの上げ方

ここでは、情シスが個人で取り組める、スキルアップ方法についてご紹介します。スキルアップに取り組むことで、「無能」と言われるリスクを回避することができますよ。今すぐ対策したい方は、参考にしてくださいね。

 コミュニケーション力を磨く

情シスにとって、コミュニケーション力を磨くことは大切です。他部門の方々と円滑にコミュニケーションを取ることで、相互理解が深まります。

「頼んだ仕事は進んでいるのか?」「何を考えているのかわからない」、といった不信感の払拭に繋がり、無能なイメージを払拭することが可能です。

日頃から、積極的にコミュニケーションを取るよう努めましょう!

 相手目線で物事を考える

業務に携わる時、相手の立場に立って物事を考えるように心掛けましょう。

情シスは、企業全体の業務が円滑に回るサポート役です。相手のニーズを汲み取り、適切な対応を行うことで必要な存在と認めてもらえます。

関係性が深まれば、積極的に頼ってもらう事も可能です。相手が何を求めているのか、話を聞き取りながらニーズを把握できるよう努めましょう。

常に新しい技術を取り入れ自己研鑽をする

情シスは、近年のDX化推進に伴い無くてはならない存在です。企業が期待しているのは、日々進化する最新のIT技術を常に取り入れて、業務が円滑に進むことです。

そのため、日々の自己研鑽が大切になります。高い専門性を身につけて、戦力と認めてもらえるよう努力しましょう。

情シスは企業との相性もあり|自分に合う転職先を見つけるコツ

現在の職場環境で、自分の力だけでは解決できず「無能」と言われ辛い思いをしているなら、転職を検討するのも1つの選択です。ここでは、自分に合った転職先を見つけるためのポイントについて紹介します。

 自分に合った社風かをチェック

転職先の企業の社風が、自分に合っているかをチェックしましょう。環境が合えば、自分らしさを存分に活かすことができますよ。転職候補の職場の雰囲気や、働く方の表情・様子をチェックするのがポイントです。

例えば、スピード重視で頻繁に残業が発生する企業なら、プライベートを大切にする人には合わないかもしれません。反対に、フォーマルで上下関係を重視する企業は、フラットな人間関係を望む人には窮屈でストレスを感じてしまう可能性があります。

業務内容だけでなく、企業の社風も忘れずに確認しましょう。

メインとなる業務内容をチェック

情シスとして転職するなら、メインとなる業務内容をチェックしておきましょう。自分のスキルと合う職場であれば、自分の強みを生かして即戦力として活躍することができます。

反対に、苦手な業務や新たなスキルの取得が必要になれば、業務を円滑に行うまでに時間を要します。新しい挑戦をしたい場合は、先方の希望の確認が必須です。

転職先が求める条件と、自分の能力がミスマッチしてしまうと「無能」、と言われるリスクが高まります。転職の際は業務内容をチェックして、「先方が何を期待しているのか?」、をしっかりと把握しましょう。

給与・福利厚生をチェック

転職を検討する場合、給与や福利厚生をチェックしましょう。

給与や福利厚生を含む待遇が良ければ、仕事のモチベーションを保ちやすくなりますよ。モチベーションが上がれば、仕事に対する姿勢も積極的なものになり、結果に繋がる可能性も高まります。

転職前に、自分の求める待遇について洗い出しておきましょう。

転職エージェントを活用する

おすすめなのは、転職エージェントを活用する方法です。転職エージェントを活用すれば、自分に合った求人を効率的に探せます。

個人では分からない内部の事や、確認し辛い給与や福利厚生などの待遇面についても、遠慮なく聞くことができますよ。

転職活動が上手くいくよう、サポート態勢が徹底しているのもメリットです。「転職に失敗したくない!」、という方は転職エージェントの活用を検討しましょう。

情シスは無能ではない!企業と相性が合わなければ転職も検討しよう

情報シスは、企業の根幹を支える重要な役割を担っています。しかし、他部署から業務内容が分かり辛かったり、理解を得られずに無能視されることが多いのも現実です。

サポート業務が多いため、企業に直接的な売上として残すことができないのも「無能」と言われてしまう原因の1つと考えられます。

しかし情シスは、企業の運営を円滑にするためには必須の部署です。無能と言われてしまう原因を捉え、適切に対応することで「無能」と言われるリスクを回避する事ができます。

もし、自分一人の力では成すすべがなく辛い思いをしている場合は、転職も検討しましょう。その場合、転職エージェントの活用がおすすめです。転職活動を徹底的にサポートをしてもらえるので、安心して自分に合った転職先を見つけることができます。悩んでいる方は、ぜひ気軽に相談してみてくださいね!

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。