記事FV
情シス
2024/03/19 更新

情シス(情報システム)への転職は絶好のタイミング|必要なスキルと気を付けたいポイントとは

テクノロジーの進化が著しい今、情シス(情報システム)のエキスパートとしての道は広がっています。とはいえ、情シスへの転職に迷っている人は少なくありません。

情報システム転職時の一般的な疑問

  • 情シスへの転職がなかなか進まないのはなぜ?
  • 未経験者でも情シスの仕事に取り組めるのか?
  • 情シスで必要なスキルや知識は何か?

本稿では、情報システムの魅力や具体的な転職ステップ、そして成功のためのアドバイスについて紹介します。

情シス転職なら「WARCエージェント」がおすすめ!

  • 人材業界には珍しい、情シス・コーポレートIT専門のチームがあるエージェント
  • 大手上場企業・IPO準備企業・ベンチャーなど幅広い求人あり
  • 業界トップクラスの転職実績

無料カウンセリングはこちら

情シス(情報システム)への転職がなぜ厳しいとされるのか

情報システムへの転職の難しさの背後にある要因を明らかにします。

  • 募集人数が限られている
  • 実践力を持つ人材が求められている
  • 希望する年齢層が狭い

これらの背後にある事情を理解し、適切な手段を取ることで、情報システムへの転職のチャンスを増やすことができるでしょう。

①募集人数が限られている

情報システムへの転職が困難な原因の一つは、採用枠の狭さ。多くの企業では情報システム部門は不可欠である一方、その人員は限定的です。採用人数は1〜2人というケースも見られます。

情報システム関連の仕事は人気が高まっています。ITスキルが重視される社会で、この分野への志望者は増加傾向にあります。限られた枠に多数の希望者が殺到するため、選ばれることは容易ではありません。大規模な会社でも、情報システム部門の年間採用数はごくわずか。特定の業界では、独自のシステムやプラットフォームの知識が必要とされることもあり、より高度な専門性が求められます。

情シスへの転職を考える際は、募集枠の少なさと競争の激しさを踏まえ、どのような能力や経歴が求められているのかをきちんと確認して、転職活動を進めることが大切です。

②実践力を持つ人材が求められている

情シスは実力を即座に発揮できる経験者を重視しています。多岐にわたるプロジェクトで、多様な能力が必要とされるため、多才な専門家が望まれるでしょう。そのため、この領域への転職はハードルが高い面があります。

しかし、高い実力と実績を持つ方には、魅力的なキャリアと待遇が約束されています。必要な能力と経験をしっかり身につけ、転職のチャンスを掴むことは十分価値があると言えるでしょう。

③希望される年齢層が狭い

情シスへの転職を検討する方には、年齢による採用の難しさがあることを認識しておく必要があります。企業の理想の候補者は、ビジネスの深い理解やリーダーシップを持った30代が中心です。

20代前半や、経営層として活躍され実務から離れた年代の方は、採用されるのが難しい傾向にあります。情報システムの世界でも、即戦力として期待される30代が中心的な存在となっています。

年齢だけではなく、スキルや経験も大きく影響します。この状況を正しく理解し、自身の強みや経験を如何に活かすかを検討することが、情報システムへの転職の成功の鍵となるでしょう。

情シス(情報システム)への転職の現状はどう?

ここからは情シスの転職トレンドについて解説します。

  • DXの進行とともに情シスの求人は増えている
  • 情シスの求人要件も変わってきている

DXの進行と求人の増加

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が高まる中、情シスの求人は増えています。多くの企業がシステムの内製化を推進しており、これが増加の一因となっています。その一方で、情シスの職種で要求されるスキルは多岐に渡っています。技術だけでなく、ビジネス側の要件の理解やプロジェクト管理の能力も必要とされることが多いです。

DXの動きは、情シスの転職市場にとって好機といえます。しかし、必要なスキルが広がっているので、キャリア設計をしっかりと行うことが求められます。

求人の要件の変化

情シスの求人が増える中、40代~50代へのニーズも高まっています。それは、新型コロナの影響でのリモートワークの拡大や、ITシステムの重要性の増大が背景にあります。また、IT業界だけでなく、非IT業界でも情シス部門の拡大が見受けられます。これらの変動を把握し、転職活動を進めることが推奨されます。

情シス(情報システム)は未経験者でも転職可能?

情シス職への転職に関心があるが、未経験からは可能なのかという疑問を持つ方は多いでしょう。実際、情シスの仕事は様々で、すべてが専門知識を必要とするわけではありません。たとえば、設計と運用のポジションでは必要とされるスキルが異なります。そのため、一部の職種では未経験からでもスタートが可能です。

未経験からの挑戦を考える場合、新しいスキルや知識を習得する意欲が必要です。技術力だけでなく、コミュニケーションやプロジェクト管理のスキルも大切です。

未経験からの道は挑戦が伴いますが、しっかりとした準備とアピールを行えば、転職のチャンスを掴むことができるでしょう。

情シス(情報システム)での職種に必要なスキルとは?

情シス業界への移籍を検討するとき、必要とされる主なスキルは何でしょう?

  • 対人コミュニケーション能力
  • システムの設計・管理能力
  • プロジェクト運営の技術

企業が重視するスキルを選考過程で強調することが肝心です。以下で説明します。

参考:情シス(情報システム)とは?業務内容、必要スキル、役割について解説

対人コミュニケーション能力

情シスの役割は、他の部署との連携が不可欠であり、そのためにはコミュニケーションが欠かせません。単純に技術的な能力だけでは十分ではありません。

たとえば、ヘルプデスク業務では、トラブルが発生した際にユーザーと効果的に対話することが求められます。また、非専門家とのコミュニケーション時に、専門用語を避けて明瞭に伝える能力も不可欠です。

新しいシステムの導入や変更を提案する際、その理由やメリットを上層部へ伝えることも大切です。そのため、プレゼンテーション技術やチームリーダーとしての資質も重要視されます。

システムの設計・管理能力

情シス領域での職務には、システムの構築・管理の能力が求められます。情シスの役目は、会社のIT基盤の維持と向上です。その範囲はシステムの構築から、保守、インフラの最適化、セキュリティの管理まで広がっています。

常に最新のITの動向やセキュリティリスクを把握し、新技術の導入を検討することも期待されます。

プロジェクト運営の技術

情シス領域においては、プロジェクトの進行管理能力も大変重要です。中高年の方や経験者向けのポジションでは、特に求められるスキルとなっています。情シスのプロジェクトは、多くの関係者との協力の下、目標の達成を目指するためです。

情シスが関わるプロジェクトでは、関連する部門との協力で、予算やスケジュール、人員の配置などを調整することが必要です。また、技術的な問題を効果的に管理し、解決する能力も欠かせません。

プロジェクト運営の技術を磨けば、リーダーシップをとるポジションでのオファーが期待できるでしょう。特に経験を積んできた方は、その経験を活かし、組織全体をリードする役割を果たせるチャンスが増えます。

情シス(情報システム)転職時に持っておくべき知識

情報システムの職へ転職を検討する方は、以下のような知識が求められます。

  • PCとハードウェアの基本知識
  • 要件定義からコーディングまでの一連の流れ
  • 主要なOSとネットワークの概要
  • 基本的なサーバーとネットワークの理解

これらの知識を面接などでしっかり伝えることで、採用される可能性が高まります。

PCとハードウェアの基本知識

情報システムの業務には、企業のPC環境の運用や管理が含まれます。CPUやメモリ、ストレージなどのハードウェアの基礎を知っておくことは欠かせません。それぞれの部品の機能や特性を理解し、市場に出ている製品の違いを把握しておくと良いでしょう。

要件定義からコーディングまでの一連の流れ

近年、一貫してシステム開発を手掛けるケースが増えています。プロジェクトの初期から終盤までの知識、特に要件定義や設計の段階の理解は、後の開発の品質に直結します。また、基本的なプログラミング知識も必要です。

主要なOSとネットワークの概要

OSはコンピュータの基本的な動作を制御するもので、WindowsやLinux、macOSなどの違いを理解しておくことは不可欠です。さらに、ネットワークの基礎、セキュリティやプロトコルについての知識も必要です。これらの知識は、システムのトラブルシューティングや保護にも役立ちます。

基本的なサーバーとネットワークの理解

情報システムの仕事でよく触れるのが、業務システムやサーバーの管理です。そのため、サーバーやネットワークの基本を理解していると、トラブル時の対応や日常の管理業務がスムーズになります。これらの基礎知識は、多くのIT職種でも有用です。

情報システムの仕事を効率的にこなすためには、これらの知識が不可欠です。転職の際には、これらをアピールポイントとして伝えることで、自分の価値を高めることができるでしょう。

情シス(情報システム)転職を検討する上での注意点

情報システムの転職を考える上での注意点をご紹介します。

  • 技術的スキルよりも企業文化への適合が大切
  • 職種とのミスマッチに注意
  • 必ずしも残業が少ないわけではない

これらの点を踏まえて、情報システムの転職を進めてください。

技術的スキル以上に企業文化の適合が大切

情報システム分野での転職を考慮する際、専門的なスキルだけではなく、企業文化との適合性が重要である場合が増えてきています。技術や資格は大切ですが、自身の価値観と企業の文化がマッチしているかどうかが、転職の成功に繋がります。

例えば、スキルや成果よりも、チーム内でのコミュニケーションの質を評価する企業も増えています。面接では、技術に関する質問だけでなく、対人関係やコミュニケーションのスタイルに関する質問も多くなっています。

転職を検討する方は、専門的スキルだけでなく、企業のカルチャーや働き方についても考慮することをおすすめします。

職種とのミスマッチに注意

情報システムの領域は多岐に渡るため、求められるスキルと自分のスキルが合致しないミスマッチが起こりやすいです。コーディングのみならず、データアナリティクス、システム管理、プロジェクトの管理など多様な業務が考えられます。

各企業によって、情報システムの部門の役割や業務の内容は異なるため、事前の情報収集と面接での確認は必要です。自分の得意分野や希望する業務内容を明確にして、適切な企業を選ぶことがポイントです。

必ずしも残業が少ないわけではない

情報システムの職種で、少ない残業を前提とするのは難しい場合があります。業務の内容は企業ごとに異なり、一部の企業ではシステムの設計や運用に留まらず、急な問い合わせ対応などの業務も含まれることがあります。

こうした緊急のトラブル対応などで、想定以上の残業が発生する場合も考えられます。情報システム分野で転職を考える際、具体的な業務内容とそれに伴う労働時間について、事前に確認しておくことが重要です。

情シス(情報システム)への転職を成功させるための手順

情報システム転職の成功の手順を以下にご紹介します。

  • 迅速に動く
  • 技術の最新トレンドを継続して学ぶ
  • 希望の企業を徹底的にリサーチ
  • 転職サポートエージェントを活用

これらのステップをきちんと踏むことで、情報システム転職の成功率が高まります。

迅速に動く

情報システム分野での好条件の求人は、あっという間に埋まることが多いです。特に、注目の求人は募集開始から1週間もしないうちに締め切られることも。早めに行動し、必要な書類を整えておくことで、良いチャンスを逃さずに済みます。

技術の最新トレンドを継続して学ぶ

情報システムの分野は日々進化しています。新しい技術やセキュリティ対策の知識を持つことは、自分の市場価値を高める要素となります。さまざまなリソースを活用して、学び続ける意欲が大切です。

希望の企業を徹底的にリサーチ

転職を成功させるためには、自分の希望と企業の要望が合致しているかを確認することが欠かせません。事前の情報収集と研究をしっかり行うことで、スムーズな転職活動が期待できます。

転職サポートエージェントを活用

情報システムの転職に際して、転職サポートエージェントは大いに役立ちます。これらのエージェントは多くの非公開求人を持っており、専門的なアドバイスを提供してくれます。

情シス(情報システム)への転職はエージェントと連携を

計画的に情報システムの転職を進めることで、成功の確率はさらに高まります。技術の習得だけでなく、非公開求人の活用など、多角的なアプローチで最適な選択を。

情報システムへの転職を検討中の方には、転職エージェントへの登録をおすすめします。専門的なサポートと多数の非公開求人情報が、あなたの転職活動を後押ししてくれるでしょう。

情シス(情報システム)の悩みはさまざまな工夫で軽減できる

情シスの職員は日頃の業務や問い合わせで忙殺されています。しかし、情シスの抱える悩みはこの記事で紹介したような方法で解消できるので、コストなどと見合わせて、企業ごとに合った方法で対応を図りましょう。

情シスの職員は他部署の職員から、IT関連なら何でも知っていると思われがちです。私用のスマートフォンや家電の相談まで受けさせられている職員もたくさんいます。情シスの悩みを軽減するには、情シスの担当範囲を明確にする・企業全体のITスキルやリテラシーを向上させて自力解決の力を養うなどの対策も重要です。

参考:【2024年版】情シス(情報システム)に強いオススメ転職エージェント9選

参考:【2024年版】情シス(情報システム)のオススメ転職サイト8選

著者画像

株式会社WARC

WARCエージェントマガジン編集部

「人材紹介の『負』の解消を目指す、新しい転職エージェント」をビジョンに、ハイクラス人材紹介事業を展開しているWARC AGENT。WARCエージェントマガジン編集部は、このビジョンを支えるために、転職者に役立つ情報を執筆し、個々のキャリア形成をサポートしていきます。